« 2013年10月27日 - 2013年11月2日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »

2013年11月 8日 (金)

メイ曲アルバム ヴェルディのレクイエムを演歌に

   昨日の現場は寒くって、風邪をぶり返してしまいましたよ。おまけに、帰りのバスを真剣にダッシュして追ってしまったので(一緒にいたお嬢さんに脚速いんですねと言われた。ありえない!)、朝は内股の筋肉がつって眼を覚ましました。要するに一日寝てました。明日も寝て体力回復に努める模様。ほんと大変。

   ヴェルディのレクィエムをやったのは学生時代でした。あの先帝陛下不予の自粛の秋で、これを練習しても果たして発表会は開けるのかすっごく不安だったことを覚えています。ヴェルディは立派なイタリアーノでしたので、ほんと泣かせる曲づくりで、やってる間はとても楽しかったですけどね。ああいう大曲は、とくにヴェルディのは、合唱パートだけで盛り上がる部分と、ソリストが頑張る部分とが交互にあるので、練習は飛び飛びでやっといて、最終局面のリハーサルでソロの曲を聴いてへえこんなのあったんだ、と思うこともあります。モーツァルトのレクィエムは、当時お金が無くてCD買えなくて、全曲聞いたことがない状態でやってたんでコレに該当します。今でもソロ部分はおぼつかないです(オイ)。ヴェルディの方はまだ、自分でCD聴いて練習もしてたんで、ソロパート歌える方かも知れません。

   そう、歌えるんだ、ソロも

   本来のパートはアルトなんで、覚えるべきはアルトなのかも知れませんが、ヴェル・レクのアルトソロなんて地味なところなんで。そりゃ歌えと言われれば歌いますが、ソプラノや合唱部分との掛け合いを楽しむ曲作りの所なんじゃなかったかな、1人で歌っても面白くないです。歌えるのはテノール・ソロ。

   Ingemisco の部分はもうそらでいけますね。

   続唱と呼ばれるレクィエムの華の部分、最後の審判の日がやってくるぞ、神様スゲー! 悔い改めますからお許しを、というような歌詞が続いてソロも大活躍する部分のクライマックス、テノールが悔い改めるところです。

   わたしは自らの過ちを嘆き……とはじまり、多少神をヨイショしながらわたしを地獄に落としたりしないでネとお願いする実にキリスト教らしい歌です。これがまた、オペラアリアばりに朗々とやってくれるので、聴きながらいつも突っ込んでやりたいと思いつつうっとりしてます。

   これに、演歌のような歌詞をつけちゃう。だいじょうぶ、ヴェルディ節だから。けっこうフィットしました。

   言ってみれば、たやすいこと
   終わった恋など 胸の奥心の内 洗い流すさ

   夏の夜 眠れぬままに 白むまで語り明かした
   時は秋 熱は去り 呼び返せぬあの思い出

   長い夜 持てあまし 温もりの記憶は薄れ
   切なく 夜を過ごす

   忘れようとしても 忘れられぬ その瞳 そのしぐさ
   今あなたにもう一度 夢の中でも逢いたい
   あの思い出胸に返せよ

   口では軽く 言ってはみても 忘れられぬあの女(ひと)

   最初強がってはじまっても、どんどん崩れてゆくところがヘタレ。たいして悩まないで歌詞を振れたのは、身に覚えがあったからでしょうか、覚えてないわーたしか銀行の合唱団の頃には宴会芸として歌ってたから、その頃には歌詞は固まってましたね。こんなものを宴会芸にするな(いや、結構宴会でクラッシックを変な歌詞で歌うってのやってたかも、あの頃)。

   「なーあぁつーのーよー眠れぬーまーまにー」のところ(原詞ではQui mariam absolvisti,)では小節を回して欲しいし、 「時はー秋、熱はー去り」と上がって下がる上昇音型からすこーんと抜ける高音部(同, Mihi quoque spemdedisti~ )、これは氷川きよしに歌って貰いたいなーと常々思っとります。「あーのおもーいでー」からのクライマックスは高いソ (G) まで持っていくのでホント楽しみです (statuens in parte Deus)。いや、きよし以外にはやってほしくない。

   いやほんとどう見ても演歌だよこれ。
   ああ、「きよしとこの夜」があったら一度お願いしたかったのに。惜しい番組を無くした。意外と平原綾香が既に歌詞を付けてアルバムかなんかに入れてるかも知れませんけど(彼女も「木星」に限らず適当にどのクラシックにも歌詞を付けちゃう人らしい)。

   続く「Conftatis maledictis~」は、もう20年思い出しては頑張ってるけど気の利いた歌詞がいかないので、ほんとこれは出会いのものだと思います。元の歌詞でちゃんと歌えるようになってないからなんでしょうか。これはバリトンソロなので音域的にわたしはきついです。

   「つーみの重さに怯ーえ 伏ーして控える我を 主ーは許し給ーうや?」と、ターンタタッカタッカターンターン♪ というこの付点のリズムは王の登場を表わすお約束なんだそうで。そういうあたりも解って聴くとおもしろいですが。頑張っても豪傑訳にしかなりませんでした。もう日常にロマンスが足りないのかしら?   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

「ソウルキャッチャー(ズ)」 スポ根を通り越してファンタジーバトル?

   たぶん虎美は斉木楠雄と暗殺教室のコラボめあてで買ったんだと思うけど。
   「おかーさんこれ絶対気に入ると思うから読んでみて!」」とジャンプの増刊に載ってた読み切り版を薦められたのは去年の夏でしたっけね。

   ひとの心が「見える」神峰くんは逆にそのために対人関係に失敗、絶望している高校生でしたが、文化祭の日に屋上でひとり演奏するサックスの音に惹かれて彼、刻阪君の演奏を講堂まで聴きにいってしまいます。そこで見たのは、まさに刻阪くんの音色が聴衆の心を掴むさま。こいつは本物だ! と思わず声を掛けてしまう神峰くん。しかし、天に愛された才能を持つと思われた刻阪くんにも心を開いてもらえない相手がいたのでした。それも、かつてはかけがえのない音楽の理解者だった女性!
   刻阪くんの苦悩を目の辺りに、人と関わることを避けてきた神峰くんも自分の力が人の役にたつことがあることを信じて刻阪くんのトライに付き合います。神峰くんは本当に閉ざされた心を見、その原因を探ることができるのか、彼の助言で刻阪くんの演奏を向上させて彼女の心を解き放つことができるのか!?
   いわば超能力バトルの音楽への移植です。見事彼女の心を解き放ち、刻阪くんの苦悩を払ってあげることができた神峰くん、一緒に音楽をやろう、と指揮者への道が示されて読み切りは終わり。これは近いうちに彼を指揮者とする吹奏楽モノが本誌連載になるな、と思わせました。

   満を持して登場です。1巻は夏休み明けに出て。もう2巻が出ました。連載に当たって、刻阪君のだいじな女性はお姉さんから幼なじみの彼女(?)になってました。
   当然、ずぶの素人の神峰くんが指揮者をやらせてくれと入部したことで吹奏楽部の元からの部員は大反発。各部のパートリーダーに認めさせるといういわゆるジャンプ漫画の王道、「各階のボスを倒す」ミッション、死亡遊戯パターンに入りました。
   最初は打楽器の「親方」的豪快なリーダー。たしかに最初にこういうひとを攻略するとあとの戦い(戦いちゃう)でも味方になってくれそうだ。
   次はトランペットの天才肌ゆえに孤立する暴君型リーダー。彼も家庭の事情を抱えていて、親の反対をセッションを披露することで乗り越えるというのは音楽をバトルにするというこの作品の世界観においてありがちだけどいいアレンジ手法だと思いました。それにしても、「イナズマイレブン」といい、なんで漫画やアニメの世界の医者の親は子供に後を継がせようと過干渉なんだろう? そんな特権階級なのか今でも。
   このトランペットの暴君攻略の途中で2巻に入ります。展開早いです。
   実はとってもカワイイ性格だった「暴君」を攻略したところで、ライヴァル登場。「アイシールド21」における王城のような、伝説的に強い強豪校(学校としての目標)と、「ガラスの仮面」における姫川亜弓のような天才学生指揮者(神峰君にとってのライヴァル)。このひとは絶対音感を持ってて音が色で見えるという「共感覚」の持ち主。
   そんでもってラヴの要素も突っ込んできました。いや最初イケメンばっかりだからいけないおねえさん人気を当て込んでいるのかと思いました(オイ)。刻阪くんに好意を寄せるサックスのパートリーダー歌林。刻阪くんが神峰くんにばっかり構って練習に出てこない! とかみつくのです。そこで口が滑って好意はバレバレ。この時のみんなの反応がカワイイ。
   ここでその天籟高校に敵情視察に行って天才伊調君とすでにやらかしてしまった神峰くんは初心者脱出のために「暴君」から部内の「歩く音楽事典」を紹介されます。心に傷を負ってその潜在能力を隠したままのバスクラリネット・ファゴットのリーダー御器谷と、そのイトコで一緒に努力しつつも報われず絶望して向上心を失ったクラリネットのリーダー邑楽をダブル攻略のあとはフルートのリーダーの吹越の家庭の事情にまた遭遇……? イマココ。

   問題は、神峰くんが1年坊主なのに対し、パートリーダーたちは2年生なので、攻略されるリーダー達はみんなおねえさんなところですね。落ちた途端世話焼き女房になったりして、なんてうらやましいハーレム(違います)。部長(パートはトランペット)と「暴君」はイケメンだし。打楽器の「親方」は当然頼れるアニキだし、まだ彼に対する抵抗勢力っぽい言動だけが現われているチューバのリーダーとか、男子の先輩もいます(こんなにパートわけしてるわけないだろと突っ込んだら、吹奏楽部に友達の多い虎美がこれがリアルだとすぐ言い返してきました。ちぇ)。

   「心が見える」という主人公の特殊能力を解りやすく、ハートが縮み上がっている、じつは幼子である、といったふうに視覚的象徴で描いているところが読み切り版からの特色です。それなのになんで恋心には鈍いんだ、ああ、イマドキのラノベヒーローのお約束だからか。
   ド素人の神峰くんに刻阪くんが教えてくれるというかたちで音楽の知識やらこの作品世界での吹奏楽界の常識やらを説明してくれるスタイルは巧みです。まあ最初素人の方が伸びしろはあるよな。楽譜も読めないで指揮者やらせろって来たら、帰れって言う方が普通だけどね。

   ジャンプで音楽、それもスポ根な切り口で、どうなるんだろうと思ってましたが、「共感覚」というたぶん実在する概念をジャンプのバトル漫画らしい超能力概念に使って、もうファンタジーバトルにまで持ってきました。それぞれのリーダーがどれだけスゴイ実力をもってるかという描写も的確だし。一週間で楽譜100曲書き写すとかいう「苦行」もちゃんと音楽してるし。それでいて、青春ものらしい家族との相克やら、挫折の克服やらをちゃんちゃんと描いているので実に楽しみです。あれだな、「スケットダンス」(と「めだかボックス」)終了後の学園物の部分はちゃんと吸収してる感じ。音楽もちゃんと聞こえてくるしね(「暴君」攻略戦の「トランペット吹きの休日」はユーチューブで拾って聞きまくりました)。指揮棒は中身よりケースの方が高いとか、あるあるネタも面白いし。登場人物は名前が音楽に絡めてあるという小ネタも面白いし。指揮しながら喋って指示出すのは無茶だろって思ってたら、「スキルが上がって言葉を発さずに的確な指示ができるようになった」し。

   打ち切り路線からは持ち直したらしいですよ、はまるなら今のうち!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

楽天やりました!

   楽天鯖㌧㌦

   しまいにはニコニコ動画にも入れなくなっちゃって。

   楽天日本一になっちゃいました。
   昨日まーくんで負けた時点でもう心が折れちゃったと思ったのに。
   楽天しぶとかったですね。さすがだ。

   祝杯をあぐる選手をよそに見る
     永井の再起を待つと誓ひぬ      舞音

   怜さまにも投げさせてあげたかった……ほんとに来年は復活してね。
   しかしのりもっちゃんのロングリリーフといい、楽天の中継ぎはほんと信頼されてない。……怜様に中継ぎ転向して貰う?

   最後はまーくんじゃなくて小山に投げさすべきだろ、星野は大衆受けと言う名の自分の中の浪漫だけ追いすぎ。

   Kスタで7戦目までやっちゃって、これが満員なら二万五千×4で、十分十万人観客を稼げたんじゃないのと思ったんですが、甲子園で4タテで終わっても五万五千×2で動員数では負けちゃうんだ。……でもKスタでやれてよかった。今年でクリネックスと契約が切れるらしいんだけど、来年はもっと大きくしてもらって、新しい名前で出直してください。

   美馬MVPキター!

   
お兄ちゃんとも見てる最中から、これは美馬MVPクルでと言ってたんですが。なんだかんだいって今年は美馬ちゃんとのりもっちゃんが出てきたのが収穫か。
   このオフは秋保温泉にでも浸かってゆっくり養生して来年もがんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月27日 - 2013年11月2日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »