« 2013年10月13日 - 2013年10月19日 | トップページ | 2013年10月27日 - 2013年11月2日 »

2013年10月24日 (木)

まーたまたやらせていただきましたぁーーーーン!

   前の島田社長の時もドラフト会議でまーくんや長谷部を引いたりと運が強かった楽天のフロントですが、今年もやっちゃったみたい!

   桐光学園のあの奪三振の松井裕樹くん(漢字これでいい?)を引いちゃったらしいです!

   うわー。
   来年活躍が裏目、まーくんがメジャーに行っちゃうのではと噂されてただけに、ここでまた新しいエース候補が来るのは嬉しいわー♪ 左利きだって! 助かる!

   お詳しくないかたために。
   プロ野球は、お金を持っている強いチームに有望な新人が行くのを防ぐために、一応協定を結んで個別に交渉することはできなくなっています。秋の佳き日にみんな集まってドラフト会議というのを行って、弱かったその年の最下位チームから欲しい選手を指名することになっています。監督がアレで弱いチーム、オーナーがお給料ケチってるところ、なじみのない地の果て(オイ!)、TVに映らないマイナー球団など、イヤだ、と選手の方で思った場合は拒否できますが、その年は指名してくれた球団以外と交渉することはできません。どれだけ幼い頃から憧れた球団があっても、そのライヴァルから指名されたらそこに行くか、大学に行ったり企業の野球部に行って修行を積んで年季が明けるのを待つしかないのです。そこにいろいろ悲喜劇が生まれ、星野がジャイアンツを目の敵にしたり、江川が一生ダークな烙印を押されたままになっておったりするわけです。松井ヒデキは頑張ったよなあ。

   そんで、この子が欲しい! と複数球団の指名が重なったときに抽選になるのですが、これが、楽天の社長さんが強いというわけ。

   今年は5球団競合したらしいのですが、優勝チームということで最後に引いた籤が大当たり~♪彡 だったわけです。ホント凄いわ。

   楽天には松井稼頭央さん(顔が良い方の松井マルシー喬林先生)がいるので松井被っちゃいますが、登録名どうしようとネットではファンの方で既に嬉しい悲鳴が上がっているようです。松井かっこかせぐ? 今うちのおにいちゃんが松井かっこ老人の老といいました、彼には反省して貰います。松井君はえっと三振王の方の松井とか、ええと~。なにがいいですか? 松井かっこ石原裕次郎の裕、今おにいちゃんに字を説明しようと思ったら出た。昭和臭のする表現だなあ。

   あと、これはもう背番号はまーくんの18番、エースナンバーを御用意するべきだとか、それはダメになったら帰っておいでと残しておくべきだとか、もう退団だろう(故障帰国)というラズにゃん(17)からひっぺがせとか、な、永井怜さまの30番は譲らないんだからねッ(それおかあさんだけ)とかいろいろご意見が出た模様。やっぱ19かなあ、空いてるし。
   「34はどうだ? 金田だぞ」
   「それをありがたがるのはおかあさんだけ」

   ああ、もう、日本シリーズ前から嬉しい悲鳴。今年の楽天は豊作です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君去りし後

   大袈裟なこと書いちゃって、おかあさん喉痛かったのに、いっぱい歩いて汗かいて、たぶんその夜いい気分でイオンで買ってきたポンジュースのチューハイ飲んで(甘くておいしかった♪)ちょっと寒いかしら~なんてゲームしながら夜更かししたら、翌日から思いっきり風邪引いて寝込みましたよ。日曜は土砂降りの中藤沢まで出かけて、熱上がって帰ってきて。

   あほちゃうか。

   昨日ようやく動けるようになって近所の丸十医院に行ったらお嬢さん先生のななこちゃんの日で喉を見るなり「まあッ」って。かなり重篤だったらしいです。しくしく、一時の激情で一週間棒に振るみたいよ。

   ええと、「あまちゃん」が終わって、なんとか次の朝ドラの方向性も見定めて、うちの猫科の人達は、
   「悪くないけどはまるまでもない」と、朝ドラは流して毎朝ほどよい時間にお出かけするようになりました。めでたしめでたし?

   まあ、子役の時のめいこちゃん(なにやらむつかしい字の当て方をしていて、大正らしくて良いがめんどくさいのでこのままいきます)は食い意地が張っている様が度を超しているのでちょっと見苦しい感じもしましたが、そこは掴みのためなので。それみたことかと「あま後」を手ぐすね引いて待ってたようなコラムニストはこき下ろしておったようで、ネットでひっかけましたが、まあ、今時は朝ドラのヒロインも公明正大、全方位から人々のお手本にならにゃならなくて息苦しいですね、

   晴れて杏さんになっためいこちゃんは、やっぱり食い意地が張っていてでもなんだかカワイイ方向で落ち着いたみたいです。らぶこめを目指しますと放送前にいってた気もしましたが、たしかに下宿生のオーサカ男となんかかちゃかちゃやっておって面白い、かな。

   ただ、このつーてんかく男こと相手役の悠太郎さんの方言が???
   ……オーサカじゃないんだろうか?
   設定は大阪の出身でたしかに関西訛りの筈なのになんかキモチワルイ
   後半はNHK大阪制作の筈だから、方言指導が付いてるはずなのに。
   わたしの感覚がおかしいんでしょうか? 文法というか崩し方はあってる感じなのに、イントネーションが微妙に違うような……。ネイティヴのかたはどうお聞きになってます?
   ちょっとどっかでひっかけたのは、役者の東出君が首都圏の出身であるということ。
   ……ネイティヴ関西人じゃなかったのか。
   要はエセ関西弁に気がついた自分エライって話ですけどね、かっこわる
   今は東京編だからいいけど、そのうち大阪にいったら気持ち悪いことになるんじゃないかな?
   がんばってください。先は長いぞ。

   横から見ていたおにいちゃんは、彼の台詞回しやらにむりに理系らしさを出そうとしているとちょっと苦言を呈していました。そういう彼も、なにかと「塩基がどうした」といいたがる理系ぶりっこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月13日 - 2013年10月19日 | トップページ | 2013年10月27日 - 2013年11月2日 »