« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年9月29日 - 2013年10月5日 »

2013年9月24日 (火)

「シド&リド」シリーズ ― 母原病とはこのことか ―

   例によってレンタルコミック。作者は木々というお名前。
   「ロマネスク・バリエ」という単行本のタイトルに惹かれて一巻を手に取ると、いきなり母を焼き殺して逃げてきたと語る超能力を持つ少年と、それを追って現われた兄はさらにその前に末弟を殺したと言うという。マジもんで精神の不安定な年頃の美少年たちが愛憎をぶつけあって泣いたり喚いたりする話でした。
   彼らの母はいわゆる「魔女」で、彼らもその血を引いて、超能力を持っています。しかしながらあやしげな血の儀式を行ったりとか魔法陣を描いたりとかはしません。話が進むにつれて血を与えた動物を使い魔として使役するとか、幻想鏡を通して一瞬にして行きたいところに移動したりはしますが、あとはいわゆる念動力系かな、触れずにものを動かしたり、自分が浮いて移動したりとか、炎で相手を焼き殺したりとか。まあ、そういうアクションもそれなりにありますが、それが見所ではないと。

   そういう訳ありの美少年兄弟が、どっちがママに愛されていたとか、どうせハーフの俺は能力が低いとか、実は弟は父親が違っていて純血の魔術使い(この作品では「魔法」使いではないらしい)だからママに愛されるのはそっちだとか、ママはぼくをひいきしてたって兄さんは言うけどぼくは父さんにも愛されたかったとか二人して無い物ねだり(しかしながら世界の狭い彼らにとっては死活問題)をして消耗しておるのであります。

   さりながら、ひごろ傷つけあうことも多いとはいえ、苦労してる分ひとのこころの傷に聡い2人は周囲の不思議な事件にもその裏の人々のちいさな悩みを嗅ぎつけて、円満(?)解決にこぎつけたりもするのでした。

   生きてく事は大変よね。という中盤から、彼らのママとその魔術使いの婚約者との間の子であるリド(弟の方)が魔女の世界の最後の純血の魔女であったということが判明してからは、少子化で滅びかけの魔女界を背負わされることになって兄弟は自分たちの運命に立ち向うことになるのでした。

   

魔女は強力な魔力を持つ半面精神が不安定で、ほぼ発狂して終わるという設定がきついです。そして、ハーフは魔力が弱いため、近くの魔女に影響を受けやすいというのも、後出しながら、兄、シドの苦悩を一気に説明してくれています。それがため、シドは母に疎まれたと思って育つわけで、終盤、彼女の残留思念に乗っ取られ大変なことになるわけで。
   逆に、最後の魔女であるリドは、運命から逃げるため? いや、運命に立ち向うための時間を稼ぐために男の子として生まれ、特別扱いを息苦しく思いつつも兄を慕って育ったわけです。

   「たとえ狂っていても、
   母さんに一度も
   抱きしめられずに
   平気な子供なんていないんだよ……」

   末弟エドはエクソシストに保護されて能力を失っていたために、その力を見誤ったシドの過失で死んでしまったのですが(それを偽悪的に殺したと最初言っていた)、使い魔として蘇り、同様に愛憎混沌とした感情でシドをつけねらいますが、最後にはその母を宿したシドがその心を安らげるのでした。ほんと、一気に片が付いたよ。

   そういうわけで魔女の息子達は大きな事をやってのけ、いろいろ一身の秘事も解明されてスッキリ! で一回り大きな男になってまた人間界に帰ってきて、よかったね、という話でした。めでたしめでたし……。

   娘なんかは「ホモ臭かった!」と簡単に言ってますが、ううむ、たしかにこの相互依存の強い兄弟は何だろうと思いつつ、そこまで母親の影響って強いもんか、責任重大だなと読み進めてしまいました。初期短編みたいに、それはあなたの心の闇のさせたことであって、必ずしも魔女の血のさせたことではない、明るい気持ちで日々過ごせば悪いものは近寄ってこないという解釈も嫌いじゃないです。

   奥付を見たら、これが初出はLaLa だったという。言われてみれば、清水玲子みたいな絵だわー。睫毛バサバサで体も骨っぽくて、清潔って言うかもう生き物ですらない、プラスティックでできてるような美少年、栄養もゼリーで採ってて完璧に消化分解して排泄しなさそうってカンジ。いえ、これはこれで堪能しました。

   いい話だったと思ったのに、レンタルだと布教できないのよねー。あと、途中から出版社変わって、掲載誌も色々変わって、最後はWebスピカだった模様。それでレンタルに落ちて。180ページ内外で一冊500円×全九巻。こういう作品の救済ができるならレンタルも良いものです。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

飛んで火にいる秋のパピヨンオフ

   とむ影さんから、連休東京に行くのでどうですかというご連絡に、「暇でっす」と即答したまではよかったのですが、
   「どこにしましょう? 藤子不二雄展? ネコライオン?」とこちらの趣味も考慮の上URL付きで行き先を相談してくれる優しさに甘えて自分も開催中展覧会で検索を掛けたら。

   「山種美術館 速水御舟 ― 日本美術院の精鋭たち ―」って、これは行くしかないでしょう!

   説明しよう! 速水御舟の「炎舞」という絵は重要文化財で、いちど切手にもなっていて、小学生のまいちゃんはそれに一目惚れして、「山種美術館蔵」という文字を頼りに東京に出てきてからもしつこく何度も当の美術館に通い詰めていたのだが、ものが重文なのでいつもは公開されておらず、一度も肉眼でそれを見たことはなかったのだ!

   HPに行ったら、その憧れの「炎舞」が出品されるとの情報で、バッチリ画像も上がってましたよ!

   ごろにゃ~んととむ影さんに甘えて行ってきました山種美術館。昔は兜町の自社ビル地下にあって、十畳二間みたいなこぢんまりした感じで、カフェもあえて声を掛けるのが申し訳ないぐらいの寂れっぷりだったのに(だがそれがいい ニヤリ)、なんだか恵比寿の素敵なところにリニューアルされたそうで。

   これはいよいよ行かずばなるまいて。

   恵比寿ねー、じゃあ、途中にローソンがありますからそこで待ち合わせにしましょうか、なんていっといて。

   「今恵比寿着きましたー階段上がったとこ」と電話してる最中に電池切れるスマートフォンの大食らい! 充電を怠ったおかあさんのバカバカ! 慌てて携帯ショップを探すも、こないだ充電中に踏んづけて、中の端子がポッキリ行っていて、旦那様の見たてでは、スタンドでお尻から充電する分には大丈夫、というのでお尻充電で対応していたのですが、外ではそんなの無いらしいですね……。この機種ならうちでも大丈夫かもと手に取ったauのお兄さんも首を振ってました。

   携帯やさんたちにたらい回しにされて、とりあえずDoCoMoショップにたどり着いて、電池パックをがばっと外してそこから直接充電してもらって、貸し出し用のちょっとだけ充電してあるパックを使わせて貰って、とりあえずとむ影さんに電話して、DoCoMoショップまで拾いに来て貰うことにしました。

   合流するだけで大汗かいたわ。

   とむ影さんも、この人と会うためには20分ぐらい余計に時間みとかないとともう達観しておられるようで、大丈夫よ~と笑いながら現われてくれました。ホントいつもスイマセン。

   そして汗かいて山種美術館へ移動。
   「インターネット割引券っての印刷して来ちゃった! 白黒だけど良いよね?」って、おばさんずうずうしすぎ。もちろんちゃんと百円引きしてくれました。最近はこう言うのもあるのね。HPから誘導されて、このページを印刷して持ってきてください、ってやつでした。
   そして地下へ誘導され、やっぱり作品を保護する薄暗い空間であこがれのお宝日本画たちに対面したのでした。

   ……やっぱり狭かったよ。まあ、デミタスってかんじ。いいもんはそんなお腹いっぱいになるまで飲み食いするもんじゃないか。

   御舟というとこれなんでしょうか、一対の屏風に、片方は枇杷の樹下クロネコちゃん、片方はアジサイから離れて白ウサギちゃんという「翠苔緑芝」という作品。バックは金で伝統の技法ながらちょっと雰囲気モダンという面白い作品がよかったですね。

   あとは、日本画としてふつうに、梅、桃、ボタンに芙蓉に。薔薇のスケッチがあったのには驚きました。みんなうっとりもので。

   本日のメインについて。

   「炎舞」というのは、その名の通り、炎が燃えさかっている絵であります。下の方は、仏画の技法で、不動明王のバックに燃えさかっているのと同じお作法でのの字を描いて燃えてます。それが、すすやら煙やら発しながら上の方ではぐるんと巻いて揺らいでいるのが観察の結果の御舟オリジナルなんだそうで。すごい迫力です。厨2ごころを揺さぶります(オイ)。そんでもって、そのまわりを、警句まんまに色とりどりの蛾が乱れ飛んで、惑乱のていを表わしておるのです。うぅ~ん、濃いわ。これは、BGMは往年の松任谷由実、「真夏の夜の夢」でどうでしょうか。「♪ほ~ねま~でとけるよな~」
   これがまた、蛾といいながらけっこー色とりどりです。ブラジルのアレ、モルフォ蝶みたいのから、豹かっていう黄色地に黒斑、茶色いやつやら、目玉のような模様のあるやつから。気合いを入れて羽根を見せびらかすように飛んでます。これはもう蛾っていっちゃ可哀相。パピヨ~ンで良いでしょ。 フランス語では Papillon de nuit だとエキサイトさんも言ってますし。

   我が事ながら、多分に闇の趣味のある子なら一発で魅せられて当然と思いましたです。

   大学の頃には、これと、「蝶々が一匹韃靼海峡を渡っていった」という詩と組み合わせてエッセイのネタにしてます。
   「蝶々は海峡を渡る。蛾は劫火に招かれる。わたしも歩きだそう、悲壮美にでも酔いながら」なんてね。若い子にありそうでしょ?

   この本日のメインの他によかったと思ったのは、その「炎舞」の上からヴァージョンと申しますか、同趣向の別の絵を見られたことです。
   重文の作品の方は掛け軸絵的に縦長で、サイズというかタテヨコのバランスも床の間用なんですが、ヴァージョン違いの方は、タテヨコ比がもっと正方形に近い横長で。同じような赤黒いバックに蛾、というには彩りが華やかなパピヨ~ンがまあるく群れ飛んでいる絵で。炎自体はなかったかな。でもまさしく上から見たヴァージョン。いや、「炎舞」じたいも、飛んでるパピヨ~ンはみんな正面に羽根を向けていてよく考えるとリアルではおかしい構図なんですけど(解説読むまで変だと思ってなかった。やっぱり解説って必要よね)。

   というわけで、ヴァージョン違いを見られたのは行った甲斐があったと思いました! とむ影さんありがとう!

   そしてここは ミ ュ ー ジ ア ム シ ョ ッ プ が 解 っ て る !

   収蔵作品をうまくモチーフにした小物のセレクトが見事!
   ほんとにこのバランスだっけ? という神バランスで切り取ったその枇杷の下の猫の「翠苔緑芝」のクロス(眼鏡ふき?)やら、そのネコちゃんとウサちゃんをワンポイントにした緑色のハンカチやら(ネコとウサで微妙に緑の色味が違うのがまた芸コマ!)、たしかにこの絵柄はスケッチにあったけど、どうしてこんなポップに配置できるの!? という薔薇模様ハンカチやら、近頃おみやげ物としてはやりのクリアファイル! マグネット! 一昔前はだっさい絵はがきと図録しかなかったのに! なんて素敵~~~~~~!

   バブルは日本にいい影響を残しましたとわたしは言い続けるぞ!

   もうとむ影さんと悲鳴を上げながら見て回りましたよ。

   すっごく買っちゃった(当然いい値段もした)。ふつうなら一枚1500円のハンカチなんか買わないよ! ちょっと後悔。

   そんでもって、カフェの方は、この美術館の売りなんですが、公開中の作品をイメィジした和菓子を出してるんですよ!
   先の「翠苔緑芝」は、紫陽花のモチーフに白ウサギちゃんがちいさく乗ってる練りきりだし、「ほの穂」と題された「炎舞」をイメィジしたきんとんは赤やオレンジのそぼろをまとわいつかせた上に金箔だし! またそれを活かす黒い懐紙には金のパピヨンの小さい刻印が! お茶碗も合わせて黒で。ちょっと釉薬の加減で虎斑な感じの模様が入って。狙ってる感じ。
   もう最高。
   とむ影さんは芙蓉の「しら露」を選んで、お花の形の練りきりの中の瑞々しい柚子あんを切って見せてくれました。
   抹茶付きで1100円と良いお値段ですが、もう幸せ~。たまにはいいですわ。

   よきひとと 絵を見にゆかん 火取虫         舞音

   火取虫=蛾は当然、夏の季語だそうです。ま、しょうがないか。ふわり招かれるカンジが出ましたか?

   というわけで、また行きましょう! 会期は10月14日まで。皆さんもどうぞ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

歴史は繰り返す

   文化祭シーズンで多忙自慢をしている虎美ちゃんであります。最近は生徒会でも気の合う仲間ができたようで何より。以下仮名に付きご了承下さい。
   「それでアラキがね、そんなこと女子としてできないって」
    ああ、れいの有能なアラキくんね……ん?
   「アラキというのはいつものアラキくんだよな? 男子じゃないのか?」
   「うん、メイちゃんっていう雰囲気じゃないから。最初はメイちゃんって言ってたんだけど、もうアラキーで通しちゃって」
   「母はシグリンとどっちが本命かと思っていたのだが」
   ないわー! 

   そんな人の恋路に興味津々な母の心を過ぎったのは30年前の……。

   「そんで今日も朝サルトビと一緒に行ったんやけどーサルトビんちパパが金沢大の教授やからいろいろややこしくて、うちにTVないんやってーバカになるから。一理はあるかもしれんけどきついよね」などと母にしゃべっていたときのこと。
   「ほんなが? 猿飛さんは初等部から上がっておいでた方やね? 成績もいいがで」
   なんか興味津々で身元調査すると思ったら。
   「うん。峰不二子とスリーサイズ一緒っていっとるけど、なんかどっか違う。背も高いけど、なんかこう色っぽいっていうより豪快な感じで」
   「猿飛さんは女子なんかね???
   「だから豪快な感じやからみんな呼び捨てで」
   あの有名な忍者を思わせるので最後の方はみんなサスケって呼んでました(フェイク込み)。

   まいこちゃんに素晴らしいボーイフレンドができたと勘違いをしておった母は笑い話として担任の先生に言ったところが、
   「さっぱりした姐御肌の子ですから安心ですよ」と返されて、それをまたうちに帰って言ったもんだから、うちではサルトビ嬢のあだ名は「姐御」になりました。ごめんよ。
   大学も一緒に大塚に行ったので(向こうは英文)結構長いつきあいになりましたよ。さすがに女子大生になってまでサスケは酷いと思ったので、トビィと呼んでました(それもどうよ)。

   それにしても、自分が娘の交友関係にワクドキするような身の上になるとは。回るー回るーよー歴史は回る♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年9月29日 - 2013年10月5日 »