« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

2013年8月24日 (土)

骨までしゃぶり尽くすハーレクィン 「恋するクィーン」シリーズ

   今度はシリーズものを両面しゃぶりつくすということで。

   「別れは朝まで待って」と「シークの拒絶」、2つで「恋するクィーン」シリーズになります。原作はジェイン・ポーター。ヒットしたら、この2人の血縁(ネタバレ禁止!)としてスピンアウトでジャクリーヌ王女の恋も描かれるのでしょうか。要は「クィーン」ちゃうやん、「プリンセス」やんという話。

   アメリカ人秘書のハンナと、架空の国ブラバントのエメリーヌ王女、なぜかうり二つの2人が出会ったとき、絶体絶命だったエメリーヌ王女に妙案が! という入れ替わりもの。
   「あなた、わたしと入れ替わって頂戴! ほんの2時間だから!
   エメリーヌちゃん箱入りだったので、そんなもん巧く行くわけがありません。2時間の筈が10日になって、ハンナは大変、エメちゃんも大変なことになるお話でした。

   「別れは朝まで待って」というのはハンナ側。エメちゃんお輿入れ10日前で、そのまま行方不明になったエメちゃんの替わりにハンナは婚約者のゼイル王のもとに出発してしまったのでした。そんなん困るよ! おまけに、絶体絶命! のエメちゃんは婚約者がいるのに有名選手のおっかけをやってたらしく、ゼイル王の目は氷点下。自分のせいで結婚が破談になっては大変と、持ち前のほっとけない精神を発揮して友好的にしようと苦心するハンナ、いろいろ粘り強く会話をしてるうちに、ゼイル王が誠実ないいやつであることを知っていくのです。やばい、惚れそう! (これ入れ替わりの王道)てかなんでエメちゃんはこんないいひとがいるのに追っかけなんかやってたのよ!? 説明責任を果たさずに「ちょっと待って」と逃げ回るエメちゃんにイライラさせられつつ見捨てられないハンナはいい子。
   けれど、ハンナ的に身を引く決意をして、なんとか綱渡りのまま結婚式まで持ちこたえた筈なのに、とうとうボロが出て結婚式前日に入れかわりを告白するハメに……。ゼイル怒ったー! 鬼の国外退去命令。それが「別れは明日まで待って」なのですが……。

   やや苦しいどんでん返しでしたがまあいいか。エメちゃんが最後出てきて両方に謝らなかったのは枚数の関係でしょうか、ちょっと人としてどうよと思いました。

   「シークの拒絶」というのはエメちゃん側。シークというのはハンナの上司なんです。ハンナ有能でした。とある産油国のシークの個人秘書だったんだ。すげーな。それが、イヴェントの出先だってのにもう5日も病気で有給取ったきり顔見せない、ボスややご機嫌斜めなところにゴージャスに着飾ったその秘書が、チャラ男で有名な選手に必死に声かけてるからびっくり。
   「ハンナ、病気で有給中の身でなにやってんのきみ」
   いえそれ髪を染めてハンナになりすましたエメちゃんですから。政略結婚直前にチャラ男の子供を妊娠しちゃって絶体絶命のエメちゃんがお願い責任取って! って直談判するための入れ替わりだったんですが、みごとにバックレられました。しかも、
   「知らないのか? やつは既婚者だ。子供もいる」と、シークは情報通。
   だめじゃん、エメちゃん箱入りで。
   箱入り言うなー! エメちゃんは出生の秘密があって、多感な頃に両親と信じてた相手から王室の汚点呼ばわりされて自己評価が低いのです。そういう子ってしょーもない男に引っかかったりするよね。
   シークはそれが自分の秘書だと思いこんでるので、いつもちがってなんか感情的……と変に侠気を出して(もとから好意を持ってたかどうかは不明)、いろいろ気配りしつつ5日も休んで仕事溜まってるんだぞオラ、と次の仕事場まで連れてっちゃう。1の方でエメちゃんが行方不明なのはこのせい。
   そんなところへ諸悪の根源、チャラ男が事故にあったとの知らせに、もうエメちゃん限界。またシークは侠気出しちゃって、ボロボロのエメちゃんはシークに惚れそう。シークもなんかこう落ち着かないので、セクハラとか言われる前に配置換えしちゃう。ハンナ本人のせいじゃないのに! 困るんですけど! ってなふうにエメちゃんはエメちゃんなりに大変だったんです。

   とうとうシークもこれがハンナじゃなく、チャラ男の追っかけをやってたことで有名なエメリーヌ王女と知って、いろいろ口げんかしつつうちに送っていったところが、
   「結婚はできません! わたし妊娠してるの!」とエメちゃん一生一度の勇気を振り絞ったのに、
   「このあばずれがー! 母親と一緒ね!」ってこの王妃人間じゃねえ。
   「ちょっと待ったー! 父親はぼくです」と、そこへまた侠気。カダール国の主要産品は原油ちゃうで、侠気やで。
   シークには一身上の秘密があって、そのシークにとっては妊娠してる女性は宝石より貴重だったのでした。そして見事な手のひらがえし。ほんとこの王室の人間はクソ
   かくて絶体絶命から急転直下の大団円を迎えたエメちゃんには、最後に大きなプレゼントが。しかし、「拒絶」しとらんやん、受け入れっぱなし。毎度ハーレクィンの翻訳タイトルは能がない。おれにやらせろ(あ、本音出た)。
   こちらはちゃんとハンナが駆けつけて、2人があれからちゃんと仲良しになれたことがわかったのでよかったです。

   ネタバレになりますが、「周産期の女性に必要な処置を取らないのは虐待」。いくら望まれない妊娠だったからってアレは、妊娠初期からずっと必要な健診とか受けてきてなかったからの事態だと思いますね。全ての悲劇の元凶はそれだ。エメちゃんはこれから幸せになると良いよ。でも、パパに愛情をたっぷり注いでもらってそして自分も愛情を回りに注いであげられるようにそだったハンナは偉かった。ハンナも幸せになって下さい。
   それにしても、妊娠初期であんなにあっちこっち飛行機乗ったりストレスにさらされたエメちゃんは大変でした。髪も短期間に何度も染め直しとかしてたし。よく流産しなかったもんだ。

   できすぎなストーリーですが、絵は2の方の藤田和子さんの方が好きかな(1は小林博美さん)。話は、レンタルのところのレヴューにもありましたが、1のヒロインがしっかりしてるのもあって1の方がハラハラドキドキで面白かったかな。母の形見のネックレスとか伏線もしっかりしてたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

とんとんとんからりと 堪忍ならん

   当町内では、回覧板はちょっとよさめの樹脂の、お洋服やさんとかでお買い物を入れてくれる袋に入れて、各ご家庭の玄関のドアノブに掛けて回覧するようになってます。今時はホラ、いろいろ皆さんお忙しいから。チャイム鳴らして出てきてもらってまで手渡ししないの。

   この春また班長さんが変わって、班長さん(最後)の分を詰めるので今は裏のお宅に持ってけばよくなったので楽ちんです。ところが、順番がちょっとシャッフルされた関係上うちの上流にあたる方も変わったようで。ほんのちょっとの手間を惜しむのか、玄関のドアノブじゃなく、門扉のこちら側の掛けがね部分に掛けていくようになっちゃったんだな。
   まあいいか。
   ほんの1,2メートルのことなんだけど。
   まあ、うちも道から引っ込んでいるからこんなところに手を伸ばして回覧板を盗ってくひともなかろうと、そこまで出て、回覧板取ってうちの中に置いて、それからお買い物に出るなり植木に水をやるなりしてたのですが。

   今日のゲリラ豪雨で。

   ドアノブにかかってたら、内側からドアのガラス越しに来てるというのが判るので、見てすぐ取り込むこともできるのに、門扉に掛かっててもそんなの判るわっきゃねえ。放置。

   暴れたくなるほど濡れてもいませんでしたけど。

   今日はそんなに雨降らなかったんでしょうかね。

   やっぱいやじゃん? 9月の一斉清掃のご案内、やっぱり濡れて印刷滲んでましたよ。ボール紙製の回覧板ばさみも水を吸って膨れてたし。

   わたしも、雨の日に持ってって、郵便ポストに頭っから突っ込んでこれは濡れるだろうなーと思いつつ帰ったこともありますから、人のこと言えないですけど。

   これはちょっと腹に据えかねたわー明日班長さんに言いつけちゃおうかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

おおきなオタマが欲しい

   ネットで拾った話でなんですが。

   今大変なことになってるエジプト、国立博物館(ツタンカーメンのいるカイロのじゃあないらしいが)に暴徒が乱入して、持てる展示品はみんな持ってかれたって。動かせないものには腹いせに傷をつけたって。

   何考えてるんだよ!? もう怒り泣きしそう。

   国の宝でしょ!? あんたのところは悠久の歴史が売りで、それを見に世界中から観光客が来て、それで商売してるんでしょうよ!? 治安が乱れて、目玉の出土品が無くなったら、この先あんたら何をして生きていくんですか? 農業ですか? ローマ帝国の時代から変わってませんね。

   エジプトに限らず、大英博物館やルーヴル美術館に持って行かれてる出土品、返してと訴えてるという話でしたが、これで、奴ら、返さない口実できちゃったじゃないですか。「政情不安定なところに返しては人類の宝を永遠に失ってしまう」って、ちょっと見無敵ですよどうです? 周囲のオリエント諸国に返しきれない借り作っちゃいましたよ! うんもう、お馬鹿!
   そこはそれ、「遺産」だから、ご先祖様は、うんにゃ、可愛い子孫が困っているときには売ったらええ、また羽振りがよくなったときに買い戻しゃええと笑ってくれるかもですが、100歩譲って今糊口を凌ぐために価値あるものを切り売りするのはアリとしても、持ち出せないものの価値を損なうことはないでしょ! 残ったものでほそぼそと博物館営業してみんなで食べていくことだってできたのに! 

   そんなことやってるから未だにムスリムはワケ分かんなくて怖い集団って思われ続けるんじゃないですか! 

   ほんとにもう、もうちょっと巧い立ち回りを覚えてくださいよ。この政権になるときのどさくさでもカイロの方襲ってたでしょあんたら。ほんと、アホちゃうか(おかあさんは就職活動ぶん投げて博物館に丁稚奉公に行ってた学芸員の資格持ち)。

   ええと、こないだ波多利郎さんから「Fate/zero」お借りしといて、3日で読んで激はまりしたところが感想をあげてないのが、ミーハーなハマリ方をして、「こいつ(ら)をしあわせにしなくてはならんッ!」とまた世界を移して一大救済巨編を書こうとして行き詰まったせいもありますが、とんでもねえバッドエンドに、いきなり哲学的思索に耽ってしまったせいもあったんですよ。

   ええと、お兄ちゃん(読了済み)に言ってみたとりあえずの感想。
   「これって超クソなドラゴンボールじゃなかった? あそこで切嗣がギャルのパンティー!って言っとけば丸く収まってた
   「……それだとStayNight(本編。Zero はその前日譚) なくなっちゃうから」
   「解ってる。ギャグだって」

   願いを叶えてくれるという聖杯をめぐる魔術師達の戦いという世界観、主人公は戦いのない世界を望む優しい理想家であったはずなのですが、現実世界に地道に戦いを排除しようとすると傭兵のような仕事に従事することになって、どんどん手は汚れ、心は荒んでいく、さまざまな犠牲の末に最後に戦いのない世界を望んだところが……という結末に、おかあさん絶句。最初すげえ悪だったキャスターとその主が救われて退場したからちょっといいかもと思ったのに、甘かった!

   「やっぱ、人間は物質や目に見える救世主によっては救われない。あれだ、仏陀は正しかった。自ら目覚めなくてはならん。全ての執着を捨て、あるがままを受け入れる、そういう心の革命を一様に成し遂げなくては個々人がどれだけ頑張っても無駄だ」

   ……おかあさん大丈夫? 絶望深すぎ?(今やっと突き放して笑える状態)

   ある意味正しいけど中高生向け読み物の感想としてはどうよ。それこそ「魔法騎士レイアース」の結末(異世界召喚もの、目的は達したけれどのほろ苦エンド)のように、もっといい世界を、いい結末を、次にはきっと役に立つから! どうかもう一度巡り合わせて! とヒロイン光ちゃんのように読者、視聴者は心から叫んだんじゃないかしら。

   そういう心からの絶望を、願いを、現実でも持ってしまいましたことよ。頼むよ、当該地域の皆さんは落ち着いて行動してください。

   そんで、バブルの頃に有り金はたいてエジプト行っといたおかあさんはやっぱりもうけもうけ! なのかしら(いやたぶんその博物館には行ってない)。お若い方も、次にはもう見られなくなる絶景があるかもよ、チャンスがあるならなんでも見ておいで、行っておいで。あ、今現在危ないところに行けという意味ではありません、念のため。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

おかあさん提案する

   働かざるママネットすべからず。おかあさんまた宅配便のセンターに行きましたよ。

   エビーニャ駅からしばらく案内メイル通りに歩きますと、自転車駐輪場と、送迎バス転回場。ここに45分集合だったのですが、お盆だったからお昼のバスが遅れて、急行に乗り損なって! 次は各駅停車、ポンアツまで先に参りますって、間に合わないかも! 慌てて派遣元ケーニヒスティーゲル社に電話を入れますと、
   「それで何分につきそうですか?」
   「50……55分には必ず!」
   「頑張ってなるべく間に合うようにしてください」って、まあそれ以上言い様はないよな。
   エビーニャ駅に着いてから死ぬ気でダッシュしてバス乗り場に行くと、いつもはケーニヒスティーゲル社の点呼のひとが待機しているのに、もう皆バスに乗り込んでいて、運転手さんだけが降りている状態。ひぃー! ごめんなさい!
   「大変お待たせしました! 早乙女でございます!」と頭を下げると、運転手さんクールに、
   「ああ、1時出発だから大丈夫
   乗り込んで時計見たら53分でしたよ。
   ……さすがケーニヒスティーゲル社、集合時間鯖読んでたのねいつも。道理で乗ってからも随分出発しないと思ってたよ。前回なんか、全員乗り込んでかなり待ったのに
   「××さんいらっしゃいませんか!?」とか点呼の人しつこく聞いてて、ああ、遅刻のひと待ってるんだ、申し訳ない……って思ってたのにその最後のひとしれ~っと歩いて現われて常識を疑ったものだったのに。
   とりあえず出発。エビーニャはその日も陽炎が立ちそうな良い天気でした。

   途中で綺麗な新しい建物の構内に入っていって、
   「バスのりば」でしばし時間待ち。後、発車。そういえば、一番はじめに来たときに、「8月より新センター稼働につき引っ越し作業があります」とか案内出てたなーこれがそうか。とぼんやり思ってたのですが。
   無事目的地について、事務所2階の控え室に入り、もう慣れたもので安全靴に履き替え、ベアークロー手甲もはめて待機しておると、社員さんが登場。

   「今日は新しくできたノイエ・トゥルムに行ってもらいます。ここから歩いて10分ぐらいです」
   おい!
   ヘルメットかぶって!? この暑さの中を!? やだ!
   戻ってこられませんからと荷物も持たされて。そう、安全靴は脱いで。
   ぶーぶー言ってたら、出たところに小型バスが停まっていて、ええ、来たときに乗った送迎バスよりも、粟津温泉Hの送迎バスよりちゃんとした小さい観光バス!(契約のバス会社より差し回しのようでした。ちゃんとバス会社のロゴが入っていて、「××運輸エビーニャ・ベース→ノイエ・トゥルム」と普通の貸し切りのように札が出てました)入るとちゃんと運転手さんの頭上に液晶画面があって!
   「うわーTVが液晶になると観光バスもコンパクトね! わたしこんな綺麗なバス新婚旅行以来よ!」とはしゃいだら、
   「自分は新婚旅行永遠に経験しないと思います」と、隣に座ったお嬢さんがボソッと言ってました。
   「なにいってんのー! ご縁はどこにでも転がってるものよ!」
   今回はこの体育会系のお嬢さんと休憩ご一緒したりして楽しかったです。
   「それモンベルでしょー? アウトドアなご趣味なのー?」とかいって。風神がリュック背負ってスキーのストック的な最近はやりの登山の杖両手に歩いてる絵のTシャツはこないだも見かけて粋だと思ってたんだ♪

   しゃべってる間にバスは発車して、××運輸エビーニャ新センター、ノイエ・トゥルムに着いてました。さすが、内部は滝なす胡蝶蘭が廊下に両脇10メートルほども届いてました。隣にもまだ建ててたし、儲かってるところは儲かってるんだなあ。SFみたいに社員さんがIDをかざして自動ドアを通り、エレヴェーターで3階へ。またしてもIDで開けたドアの向こうは、もう、別世界のように明るく綺麗な休憩室。フローリングの床に体格のいい人用の座面の広い柔らかいベンチ(ソファと言うにはくつろぎ度に乏しい)、お色はピンクとライトブルーが互い違い。奥には自分で番号を設定できるロッカー(無料)。自動販売機コーナーに最新式のお手洗い。もう至れり尽くせり。歓声上がってましたね。

   そして、案内された作業上は、やっぱり天井低めで(といってもふつうの教室ぐらいはある)、新築の建物の匂いがして、床には動線とか至事務室とかペイントがしてあって迷子にならないようになっていて、そして、

   

冷 房 完 備 !

   もう最高。

   外観からはトミカのタワーパーキングのように、スロープをぐるぐる回ってトラックが上へ行くように見えたのですが、作業場からはトラックは見えず、業務用リフトで籠車の上げ下ろしをするようにも見受けられました。

   お荷物の流れてくるベルトコンベアは旧センターより幾分幅が広くなっていて、その上に通っているダクトから冷風がびょうっと顔に吹き付けてくるのです。……最初はまだお荷物が流れてこなかったから寒かったです。ああ、なんという贅沢

   「おばちゃん次もここ来たいわー」と言って笑いを取ってましたが。

   来る仕事は同じだったよ。

   お盆の終わりだから、帰りのスーツケースだろうな、あとお土産か、と当たりを付けてたのですが、最初はれいのクリック一発でなんでも配達してくれる会社のお荷物で、小さい箱で中身ほぼ空気というものばかりで、こんなの下から積んでったらあとが大変! どうしよう! とかえって気が揉めたりして。後で大きなお茶のペットボトルの箱とか来て悶絶しました。

   ベルトの幅が広くなっちゃったもんだから、奥の方にいっちゃうと手が届かなくて困りました。こんなに腰を伸ばした状態で重いもの持ったらおかあさんぎっくりしちゃう~~~! と、声を掛け合ったりして、なんとか仕事を回しました。
   「おばちゃん思ったんだけど! 熊手あればいいんじゃないかな! こう、奥に行っちゃった荷物をぐっと引き寄せるの!」
   「あははー」
   アルバイトちゃんたちは受けてくれましたけど、いやほんと腰は命だから。
   「Qなんとか活動あったら出すよホント」
   社員さん通ったから言ってみましたけど、冗談だと思われちゃった。嫌だわ。おばさんなりによくしていこうと知恵を出してるのに。失礼しちゃう。

   お盆の最初の頃はスイカやメロンを通してましたが、今回は「足柄産の梨」ってのが多かったです。ものが梨なので、箱は平たくてそこまで重くなくて持ちやすかったです。あんなところ(失敬)でも梨作ってるのねーとまた勉強になるなる。あとはやっぱりボストンバッグにスーツケース。持ち手がその辺に絡まないように1畳より小さいくらいのトレイに載せてくるのが新鮮でした。帰って豹太に申しますと、「あ、空港と一緒ね」とすぐ肯くからびっくり。そういえばそうだ! 野球しかしてないようなお兄ちゃんも世界が広くなったこと。

   それで結局、汗はそんなにかかないものの(顔中心にじっとりとは出た)、手で重いものを掻き寄せる関係上両脇の上あたりがじんじん痛くなって、脚も疲れてきてやっと22時に解散。またエビーニャまで送って貰って、電車に乗って帰りました。23時30分帰宅。やっぱり疲れた。でも、涼しかったからまだ体力残ってる……?

   翌日結局1時まで寝ちゃいましたけど。

   そしてまた月曜に行くんだ! がんばって稼ごう!

   「……次お兄ちゃんの修学旅行のお土産の木刀持ってきたら怒られるかな?」
   これは冗談だけど(豹太お土産に木刀買ったりなんかしてません)半分マジ。せめて棒があればなんとかなると思って。今回は相方がノリが良かったからほんと楽しくお仕事できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »