« 2013年7月28日 - 2013年8月3日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »

2013年8月10日 (土)

王道は強し?

   それで最近何をやっていたかと言いますと。
   星海社が長編小説を募集してるらしいとのことで、よぉーしここならちょっと重めの架空歴史もの出しても大丈夫かなと、その昔2ちゃんでシチュエーションだけちょっとお題もらって書き始めてそのまま放置しといたヨーロッパふう主従ものを引っ張り出して。
   今時の若い人に読んでもらうには主人公はとくに特技無いやれやれ系(周囲の個性的脇役の巻き起こすトラブルに巻き込まれてやれやれとかいいながら事件解決に乗り出していく主人公、でいいですか? 「涼宮ハルヒ」シリーズのキョンみたいな)で、いろんな美少女にちやほやされるハーレム系で良いんでしょとばかりに書き始めたら。
   意外や筆が乗って、にっこり笑って謀議をめぐらす美形丁寧語脇役やら、体育会系お嬢様やらツンデレ優等生やらゆるふわ系でも仕事はキッチリやりますおねえさんやら総出で架空の国の大乱をバッチリ収めて、ひとりの王を出現させてしまってまあどうしましょう。

   ああ面白かった。

   それにしても、最近の幼なじみブームには批判的だったはずなのに、小さい頃からずっと一緒でヒーローに身も心も捧げてくれるけなげ系美少女なんか喜んで書いてしまって、おかあさんもう自分が許せない。まあ、それだけ王道は強いってことよね。これを外してそれでも読ませるものを書かないとだめってことよ。厳しい。

   ああそれなのに、虎美ったら、
   「おかあさんのはラノベじゃないから受賞は無理だと思う」とシヴィアーなお言葉。いや、今でこそ大人向けラノベ風エンタメもあるけど、昔はそんなん無かったんだってば。くら~い「純文学」じゃなかったら「大衆小説」ってなんか臭そうなジャンルで。いやそういうんじゃないって思ったら書いても受け皿無かったんだって。ほんと困るわ。おかあさんみたいのはネットででも細々公開するしかないのね。そんじゃまた秘密の小説サイト行きかしら。よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちょんまげぷりん」 なんじゃこりゃ~~~~~!

   「ちょんまげぷりん」荒木源。えーとブックオフの105円ワゴンでみかけたので買いました。黄色い地にプッチンプリンとおぼしきお手軽なプリンを手に載せたりりしい男性のイラスト(上條淳士 画)が目を引いて。ああ、これちょっと前に映画になったんだよな、タイムスリップもので、江戸時代から来たお侍さんがシングルマザーに拾われて主夫になってプリンつくってくれるようになる話……と思ってめくったら、そのお侍の安兵衛さんによるフェミニズム論が面白くって

   あらすじはざっくりと上の通り。いかに幼児を抱えたシングルマザーが大変なのか、冒頭数ページでもう胃が痛くなりました。昔を思い出しておかあさん泣きそうになっちゃった。ごめんわたし専業でしたが。分を弁えないでごめんなさい! 今も! もっと全身全霊を家族に使う! ……今日も口約束

   タイムスリップで見も知らぬ「東京」に来ちゃった安兵衛さんの惑乱がうまい。それでも、匿ってくれて食事を振る舞ってくれたヒロインの遊佐ひろ子殿に恩義を感じる辺りがうまい。それにしても、ぎりぎりの生活の中で食事を出してあげるひろ子さんに脱帽。えーおかあさんいま突然お客来られたら困るわー無理(食事もそうだが掃除しろ)。
   自分の分を弁えて目の前の仕事を誠実につとめる、それもまあ大事ですけど(この作品で尊いと示しているのはこういう価値観のようだ)、それより、困っている人にまっすぐ共感し、同情を示す、親切にしてやるという人間としての最低のことを忘れてはならないというのをまず感じましたね。どれだけ生活に追い詰められ、心をすり減らしていても、人間、なくしてはいけない最低の線というものがあるのだと。

   それとはまたべつのレヴェルで、人として得意なことを認められ、賞賛を受けることは必要なことなんですよね。コンクールで優勝して、マスコミのおもちゃにされて天狗になったみたいな安兵衛さんに、え? どうなっちゃうの? と非常に危うい物を感じたんですが、彼は自分を見失ったりはしてなかったようです。いやどうだろ、ギリギリか? 「台所用具を処分」ってのが、ひろ子さんに叱られて反省してやり直そうとしたのか、それともムキになってもう「先生」になりきっちゃおうとしたのか、ちょっと判然としがたい感じでよく読み取れませんでした。ちょうど時代が合ってたらしい「六本木ヒルズに部屋を持つ」ってのがいい記号になってて。もう業界人になっちゃった感もしていて(ほんとちょっとの描写がうまい)、すっごく心配しました。これはいいかんじでひっくり返されたな。よしよし、そうでなくちゃ。それで彼らは家族になるんだよねと物語の終わりを楽しみに読もうとしたら、

   「人生はケーキほど甘くないでござる
   作中、TV局に勧められて安兵衛さんが出した本のタイトルより。なにこれ、もう使い捨てされる臭アリアリ。

   なんじゃこりゃ~~~~~!?
   ロマンスは!? がんばってるシングルマザーへのご褒美は!?(おかあさんハーレクィン読み過ぎ) 友也くん(子供)の幼い思慕の行き先は~~~~~!?

   切なくもこれでよかったのかと納得しかけたところに、やさしい結末が。そうか、安兵衛さんは約束を守ったのか。ちゃんとしてました。今日買って、今日読み終わりました、ごちそうさま。しかしこのどんでん返しはすごい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

あなたの知らない世界 「総文祭」

   虎美帰って参りました。「しおかぜ総文祭」。第37回全国高等学校総合文化祭です。あれだ、文化系の部活動のインターハイ。あるんですねこんなのが。合唱も演劇も科学部も赤十字・ヴォランティア活動部も写真部も競技カルタも郷土芸能も新聞も弁論もマーチングバンドも美術も吹奏楽も文芸も(以下略)、全部ひっくるめて総合文化祭。開催地は長崎で、もうインターハイと同じノリ? で県を挙げておもてなししてくれたみたいです。朝日は特別編集版出して参加校にインタヴューしてるし。明龍(めいろん)ちゃんというマスコットキャラ(龍踊りをイメージして赤いチャイナドレスに龍の被り物を被っている)まであってびっくり。オリンピックか!? グッズの出来はイマイチだったといって虎美買ってこなかったですけど、明龍ちゃんの絵柄入りタオルはお土産に買ってきてくれました。たしかにこれは可愛い。
   各部門の開催地(佐世保市や雲仙、諫早、松浦など各市で分散開催)を表にしたものを印刷した小さい団扇までプレゼントしてくれてもう至れり尽くせり(今それ見ながら各部門を例示した)。お食事も、「大会規定により」支給されるお弁当で、なにやら大会側から「長崎を感じさせるメニューで」と指示があったとかで、仕出し屋さんが気を遣って「長崎天ぷら(薩摩揚げのようなもの)」とか、「長崎みかんの寒天」とかが入っていたそうです。これがまた、「大会規定により800円相当」と事前配布のプリントに書いてあって、文科省ありがとう! どんだけ金かかっとるんやこのイヴェント。もしかして、インターハイも出るとそのくらい力の入ったお弁当出してもらってるんでしょうか。運動音痴の早乙女家では想像もつかなかった世界でした。もちろん宿泊費も交通費も支給です。なんて素晴らしい!(雑費とお土産代は各自負担)

   8月1日にノイエ・リリエンベルク集合でリムジンバスで羽田へ移動(神奈川代表達とはここで合流)、空路長崎入りして、当日は神奈川代表たちで長崎観光したそうです。
   「グラバー園に来たらハートストーン探さなきゃだろ!」
   おかあさん自分が小説を書くときにグラバー園に修学旅行で行くエピソードを書こうとして調べたら引っかけたネタなんですが、「グラバー園行くのか? なら恋のおまじないで云々」とネタを振ったら虎美「ナニソレ」と冷たい反応をしていたのに、先生に焚きつけられて、きゃー♪ とばかりに集団心理で探してきたそうです。いやたしかそれ恋のおまじないだから。男子と見ないと。
   「男子といえばシグリン(甘木高校の誇る高校生俳人)はどうした?」と聞いたら、女子高生パワァに負けて1人どこかへ消えていたそうです。
   先生:「高村はどうした?」
   虎美:「あ、シグリンならそのうち出てきますよ」
   虎美もうシグリンの孤独癖は飲み込んでうまく対応してるそうです。
   「出るときにちゃんと出口で合流したよ」
   ……シグリンは楽しめたんでしょうかねえ。

   翌日の開会式のあとは、文学散歩といって用意された2コースに別れ、長崎県内の文学に縁ある史跡など回ったそうです。ここで俳句・短歌ジャンルのシグリンと詩・散文ジャンルの虎美は泣き別れ(泣いとらん! と訂正が入るだろう)。
   「どうせ回ったところをテーマにした作品とか要求されるから用意しとけよ」とわたくし事前に申しますと、
   「あたしのジャンルはないって。シグリンは先生に言われて予習して10句ぐらい作ってから来たって」
   先生流石。やっぱり大人は考えちゃいますよね。どういう作品かはまだ聞いてないけど、文化祭ごろに出る部誌かなんかには載るでしょう。楽しみしてるよシグリン。でも実際は女子高生が学校の壁を越えてきゃっきゃ戯れてるのに混ざれないぼく可哀そう的な文学散歩ネタ俳句だったりして。

   3日目は分科会があって各県代表がジャンルに別れて(部誌・散文・短歌・俳句・詩の5部門)、その中の各班毎に部誌を交換しあって批評しあい、それぞれその班の1位を決め、合計6作品は分科会賞表彰され、講評をもらえる、という流れのようで。虎美はベスト6は流石に逃したみたいです。世の中そんなに甘くねえって。

   4日目は講演会があって、その後閉会式を待たずに神奈川県チームは空港へ移動して、空路羽田へ帰り、またリムジンで帰宅。ところが引率の先生は、
   「あ、おれこっち実家だから」って長崎で流れ解散だったそうです。引率は1人ひと先生付いていたから、甘木からももう1人いらしていたとは言え、それはどうなの。空港とを結ぶリムジンバスは大きな駅にしか通ってないので、シグリン結局ノイエ・リリエンベルク行きに乗って、虎美と仲良く帰ってきてくれたそうです。ありがとう。

   流石にスポーツのメジャー競技ではないので、47都道府県全代表がそろうということはなかったそうで(ちなみに宮城は白百合、小牛田農林、南と一高、石川は錦と泉と二水)、
   「東京代表いないから! あたしが神奈川代表としてイケてるスタイルをしなくちゃいけないから!」と虎美無駄に気負って、スカート丈とかリボンの位置とかムッチャ神経遣って行ったみたいです。アホか。
   「長崎の大会ヴォランティアの高校生のひとに、制服めっちゃ可愛いです! って言われたー!」と喜色満面で帰ってきやがりました。中身で勝負せえ。いやそこは文芸部のあつまりなんで、みんなスカート長くて地味なスタイルだったそうです。21世紀になってもやっぱ文芸部ってそうなの?

   三食ちゃんと食べてまん丸になって帰ってきやがりました。なにその二重あご。これで早乙女さんちは虎美が病弱なんじゃなくておかあさんが家事放棄してちゃんと食わせてないネグレクト疑惑があがったらどうしよう!?

   お土産にカステラをいっぱいと、
   「これもう鈍器だって!」という総合文化祭の記念部誌を詰めて帰ってきまして、
   「みんな空港で荷物帰りは5キロ増えてるって言ってた! この鈍器の他に、部誌の交換とかもしたし!」
   いやそんな、交換したならプラマイゼロだろう、やっぱカステラだな。
   目に見えないお土産もいっぱいあったみたいよ。神奈川代表のよその学校の子とも毎晩盛り上がってたらしいし(女子は20畳に4,5人雑魚寝。シグリンは男子1人なので1人部屋。なんだか可哀相だけど先生と同室もアレだしなあ)。

   なんだか楽しかったようでおかあさんは嬉しいです。
   次は茨城開催だそうで。大会運営の方々ありがとうございました。来年もがんばっていい大会にしてください。  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年7月28日 - 2013年8月3日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »