« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »

2013年1月16日 (水)

「ワンパンマン」 21世紀に生き残る文豪

   ええとおかあさん今回は正当なレヴューの範疇を超えるかもなのでご理解ください。
   具体的に言うと、2次創作の方向・内容まで取り込んだ内容考察です。

   先のレヴューでもご紹介しましたが、「ワンパンマン」というのは、WEBコミックであるところのONE氏の「ワンパンマン」を、村田雄介氏によってリメイクされ、WEB公開のあとこの12月に紙媒体で単行本化された作品であります。強くなりたいという意志と自分を追い込むトレーニングで「人としてのリミッターを外した」強さを得たサイタマが、趣味で悪を倒すヒーロー活動をするという話。彼はむなしさや孤独と付き合いつつ他のヒーローと出会い、更に新たな敵と出会い、ヒーローとはなにかという問いに向き合う事になるのでした。

   最初は文字通りパンチ1つで敵を吹っ飛ばす爽快ギャグだったのですが、強くなりすぎてふと人間らしい感覚を失っていくとサイタマが自覚するあたりから、物語はなんというか哲学的な色合いを纏いはじめます。強くなりたかったはずなのに、力を手に入れても虚しい、正義を実行しても周囲から評価されない、自分は評価されたくて正義の味方になりたかったのか、ふと疑問に取り付かれるサイタマに、押しかけ弟子が現われます。

   押しかけ弟子ジェノスは、明確な目的を持っています。暴走したサイボーグに故郷を襲われ、家も家族も失い、自らも瀕死のところをサイボーグ化で生還した彼は、そのサイボーグに復讐を誓って独立して悪を退治しつつ情報を求めてさまよっていたのでした。群を抜いたサイタマのパワーに魅せられ、その力の秘密を教えて貰うために押しかけ弟子になるのです。

   彼は美形サイボーグなのに残念なことに頭がわるいです。

   サイボーグ化時点で15歳、現在19歳と申告してますが、その年頃の少年そのままに直情で素直は素直だけれど、物をよく考えないところがあります。戦い方も、自らの機能頼りで力押しばかり、悪の天才科学者のアジトに乗り込んでいっても、その地上8階のアジトを真っ正面から吹き飛ばしてしまって、サイタマに「えげつないなお前」と心から言わせています。ちょっと考えれば、直接破壊には手を染めていない助手とか事務員、拉致されて実験対象にされている生物などがいる可能性があったでしょうに。ま、いなかったんですけどね。もう不可逆な改造を施された一般人とかに、「もう楽にしてくれ」とか言われたら消耗するしね、それは見ない方が正しかったカモだけどね。
   そういう直線的なところがありますね彼は。サイボーグとしての記号かも知れませんが。

   そういう彼は、正しき引き立て役として、真っ直ぐ敵に挑んで油断したり機能が純粋に劣っていたりしてすぐにやられて手足引きちぎられたりアタマを爆風でアフロにされたりと毎回ひどい目にあっているわけですが。
   彼が更なる強さをもとめるのは良いとしても、パンチ一発で敵を葬るサイタマに弟子入りするのはまず間違っています。もっと戦略とかを考えて、やや劣る現有戦力を工夫してなんとか勝ちを収めるというやり方のヒーローか、そうでなければ登場済みの、武道の達人であるヒーローに教えを請うて、型を色々修めることで強さを磨く道を選んだ方が良かった気がします。そこに作者の哲学があるのかも知れません。策を弄して勝つようなのがヒーロー(物語の主人公ではなく、正義の味方として世界の規範たる人物)でいいのかという美学がね。
   サイタマは覚悟でリミッターを振り切ったので(彼の語るスクワット、腕立て伏せ、上体起こしそれぞれ100回ずつってのは作中ジェノスも突っ込む位に普通のトレーニングでしかないようです。わたしもダイエットでスクワット30回ぐらいならやってたし。それを朝昼晩なら100回はすぐだ)、サイボーグたる彼に援用できるような秘訣ではないのです。いえ、彼は脳だけは人間なので、覚悟というなら覚悟だけは彼にも取り入れる余地があるのですが。困ったサイタマはそれ(ヒーローとしての意識を持つ)を提案して彼の怒濤の押しを振り切ったようです。

   で、そういう容姿が整ったサイボーグであり、主人公サイタマに純粋な憧れの感情をあからさまにするジェノスに、読者の方は解りやすく食いついたわけですね。ええ、BL2次創作の対象として。ああいうのは、登場人物の関係性に萌えるものなのだそうで、必ずしも容姿が整っている必要はないそうですが、ジェノスはイケメンサイボーグですから。まあ、気持ちは解ります。もともとサイボーグとか機械の存在が、ないはずの感情、とくに恋愛感情を持って悩むというのはありがちな話ですから、そっちの方で話を展開させるひとはいくらでも出てくるわけです。いろんなファンが、サイボーグの彼(とそれを見るサイタマ)が不思議な感情を持てあます様をさまざまに描いてくれていて楽しませて貰っています。

   2次とはいえ、その関係性を昇華させたものには見るべき物があります。ちょっと際どい表現が入っていますので、お嫌な方、免疫のない方にはお奨めしませんが、以下の作品はなかなか双方の内面を掘り下げていたように想いましたのでご紹介しておきます。
   http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=32875546
   ピクシヴ登録、「あさみず」さんの作品。原作にない同性愛的関係が描写されていますのでご注意。

   少年の想いを突き放すべきなのに、それができない、相手役の方も、もどかしいなにかを抱えていて悩んでいて、想いを向けられて、ほんの少し嬉しく思う気持ちもあり、いけないと思いながらも相手をしてしまう……なんだっけこれ、どっかで見た覚えがあると思ったらアレだよ!

   「三  四  郎  」! 漱石の!

   自分で読んだときにはなんだこりゃ意味不明! という美禰子のあれは、自分がノノミヤだっけ? 先輩とうまくいってなくて、もういい加減関係を切って親の言うとおり嫁に行かなきゃならない鬱屈を三四郎で晴らしていたんだったそうで(大塚女子大学国文学講義講読より)。本気になるつもりはないけど、三四郎を振りまわしているとその初々しさがかわいくて面白い、いけないことと知りつつ構ってしまう……あとで事情を聞いて三四郎はああ、迷子ってそういうことだったんだ、と得心する青春のもやもや。

   原作者はそういうつもりないとは思うけど、読者はサイタマとジェノスの関係性にそれを見つけて共感しておったのでした。

   文豪というものの強さを21世紀にして思い知りました。文学の普遍性というのはこういうものだったのですね。

   そして、ギャグ漫画としての体裁ながらそういうものを内包している「ワンパンマン」の世界の奥深さを、再びみなさんにご紹介したく長々書き連ねたわけであります。どうぞご一読を。   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

拝啓爆弾低気圧様

   今日も特売日だったのにヒドイよ。

   もうお店の中閑散として、お客様を5人以上お見かけすることがなかったです。にゃんぶ線が止まったとかで、1時過ぎには主任さんが帰らされてました。ほら、うら若い女性だから。あとはこの辺のパートさんや若い男性社員さんだけで回していて。
   「お客様がいらっしゃらないからすることがない。わたし今日モップかけしかしてないわ」とぼやきながらもいろいろ細々とした仕事を片付けておられたパート古株のお姉様がさすがでした。

   3時過ぎには若手が総出でお店の前の雪かきを始めて、しばらくして、今日は配送は休みといいながらも、本店とのやりとりでいろいろ動き回っていた配送トラックがその雪だまりに突っ込んで身動き取れなくなって。
   「おいっ! 放送掛けて! 女手は要らん、男だけ全員出てきてって!」と声を掛けられて、早乙女さんは触らないで(地声が大きいから必要ないってのもあるらしい)と常々言われていたマイクを初めて握って放送掛けました……が。
   「業務連絡、業務連絡、男性の社員のかたは……表に出てくださいっ車がはまりました!」とやってしまって怒られました。
   「青果部鮮魚部精肉部は至急チェックアウトまで来てください」と言うべきだったそうです。そんなん知らんがな。鮮魚だって精肉部だっておねえさんいるじゃん。
   でも、事態がすぐ解ったようでみんなわらわら出てきてくれて、ほんの1,2分で無事脱出できたみたいです。
   主任さんとは逆に、バスで来られる距離だそうで、今日休みの筈の社員の女性が、雪国育ちだからといって雪かきに自発的に来ておられたのが偉かったです。見直しました!

   そうそう、お買い物の配達は免除願ったんですが、今日は成人式だったので、お祝いの集まりの配達を受けていたそうで、
   「2時にこの上の施設に配達なんだよね……」
   今日はいつものあっかるい配達のおじさん(去年の雪の日坂道でチェーンが外れて難儀してた)じゃなくて、もう1人の気弱な方のおじさんの日だったみたいです。
   「早めに出れば?」
   袋詰め要員の大お姉様が相手しています。彼女もこの辺の奥様です。
   「この坂無理だよ、もう通行止めだよ」
   「小学校の裏から上がれるじゃない」
   「大丈夫かな」
   「歩いていけば?」
   「冗談じゃないよ……」
   なんとか裏から登れたらしく、30分もしないで戻ってきてましたが。 

   ほんと今日は皆さん大変でした。

   わだちさへ見る間に消ゆる今日の雪
    せめても客に 笑顔振る舞ふ       舞音

   もともと明日は会社の役員連中と朝イチで神社参詣の予定だったという旦那様は、今日のうちに出かけて前日泊で対応、と夕方出て行かれました。がんばってね。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

美容院も営業営業

   ちょっとスケジュールをいろいろ考えて、美容院は久々に行きました。20日にイヴェントだからきれいにしとかないとと思ったんですがね。よりにもよってセンター試験と見事にバッティングしたよGoldenBlood9! ええ、ジョジョの奇妙な冒険のオンリーイヴェント(同人誌即売会)ですがなにか。虎美も連れてく約束してたのですが、見事に胃炎で先週1回休みやがったのでただいま審議中です(そこで即刻自宅謹慎にしろよ。甘い!)。

   前回から5ヶ月も開いてしまったので、なんだか美容師さんが猫なで声で、やっぱりロングで普段まとめていらっしゃる方も、こまめにカットされた方が落ち着きますし云々と、もっと頻繁に来るように言ってきますね。
   「ごめんなさい忙しくって」
   別に他に行くところができたんじゃないのよと。仙台の頃はなぜかY山は美容院/理容室の激戦区でいろいろ選べたんですが、こっちは全然みかけなくって(もしくはお洒落すぎて足を踏み入れるのが怖い)、ようやく見つけたところなので新規開拓など思いもよりません事よ。ここでさえ、なんだか雰囲気がお洒落で来るときには気合いを入れないといけないんですけれど。やっぱおかあさんには住宅地のちょっといい普段着で来られる美容院の方が似合いです。いやーでも金沢のあそこも最近帰省しないから行けなくって。

   「お客様! パーマは掛けてらっしゃらないんですよね?」
   「そうだよ? なーに?」
   へア・マニキュアの前に一度シャンプーした後、美容師さんが声を潜めて来るもんだから。
   「すごいです! この後ろのところ、ウェイヴが出て。こーんな自然なきれいなウェイヴ、活かさないともったいないです!」
   またかよ。

   こないだ付いて貰ったひともそんなこと言って持ち上げてくれたよ(既出)。
   「えーッあたし昔から直毛だったんだけど」
   「髪質って変わるんですよ! ほら、鏡出しますからご覧になって!」と、カット用の椅子に戻るなり鏡持たされて。ぐるんと椅子を回して、大きな鏡を背に手鏡を使うと。
   「あらほんと」
   後頭部から、生乾きになった髪がゆらゆらしてました。
   そーいえば最近髪を乾かしてもくるんとしていて、これはブローブラシの使い方が下手なせいだと思っていて、いーやどうせバンダナでまとめるんだし、もしくはクリップでひっつめちゃうし、とナニも考えないで放置していたんですけど(身なりに構わなすぎ!)。

   「せっかくですからこれを活かす感じで行きましょう! 今日は巻いちゃいますからね!」
   「あ、お願いします」

   今日初めて担当の美容師さんと、女性の方が髪が薄くなって悩む人は深刻だとか(今ちょうど、「人として最強の力を手に入れた代償に頭髪を失ってしまった」ワンパンマンの2次創作を考えていたところなのでその辺の取材として!)、カラーリングも今はしてない方が珍しいとかいろいろ盛り上がって話をして。

   「それじゃあ、とりあえず、ご自分でドライされるときのウェイヴの付け方から」と、くるくる手で巻いてそれに熱風を掛けて乾かして、冷風で固定する……と大まかなところを教わって。
   「今とっても乾燥してますから! ドライされるときにトリートメントはお使い? ダメですよなんかつけてください。とりあえず今日はこれつけますから。植物性素材のいいオイルで……」と、あ、これはあとでこれ買ってねということだなと流石に年の功で感じはするものの、イイ気持ちでケアして貰って。
   「で、あと、今日はこれ使って巻いていきます。旦那様を驚かせちゃいましょう! 新発売のアイロンなんですが、ヘアアイロンにブラシを付けちゃいまして、昔のくるくるドライヤーみたいになってます。これだとお肌にくっついても火傷しませんし、手でもって巻いていけるんです」
   「へえ」
   「これで、髪に絡めて巻いていって、3秒固定するだけで、ほらー!」
   「きゃーくるくる!」この辺は素できゃーきゃーできました。いやほんと、固い太い髪が、くるんと少女漫画の髪になるんです!
   「ちょっと、いやーん、そんな簡単に!?」
   この辺はマダム・チェリー。合わせる合わせる。通販番組のモブにスカウトがかからないかと思ってるところです。
   「はーい! こんなになっちゃいました!」
   「でもこんなにくるくるしたらヴォリューム出過ぎじゃない?」と突っ込むと、
   「じゃあ、そのお使いのクリップ貸していただいて、サイドのところこう取っていただいて、がばっと留めちゃいましょう。そして、セット用の櫛のこの尻尾の部分でここを盛り上げて貰って」と、セット用の尻尾の長い櫛を頭頂部の髪のところにぐさーっと挿して、せっかく後ろへ持っていった髪をぐわっと持ち上げるのであります。
   「こうすると、頭の形がスッキリします」
   「シルエットが縦長になったわ!」
   おかあさんつきあい良過ぎ。
   「フェイスラインは、原則隠す方向で行った方が、見た目変わります」
   「小顔にして!
   「ですからこの辺の髪を、こう巻いてこう掛ける、ここは出さない方向で……」
   おいおい、さっきさんざん、普段は仕事上ひっつめにしてる、うちにいるときも、顔に髪がかかると痒いから嫌でバンダナでまとめてるって言ったじゃん。全く聞いてなかったんだな、とはこっちも言わずに、
   「きゃー小さく見えるわ!」と賑やかして。

   「どうです!」と、椅子を回して横を向いた顔を見せて貰って。
   「ここのところは遊ばせた方がふんわりしていて女性らしいです」と、言葉の限りを尽くしている美容師さんに同情していたりして。
   「まあ! あたしの人生にこんな女性的な要素が現われるなんて!」と感動して見せていたのですが。いやそれは半分以上本気で嬉しかったんだけれども。

   巻髪のほろろにかかるプロフィール
    我が来し方をしばし憐れむ      舞音

   若い頃に努力でほんの少しでも、華やいでもの柔らかなところを持つことができたなら、出すことができたなら、わたしの人生は変わっていただろうに。容姿に恵まれなくても、そういう努力は女性としては欠かしてはいけなくて、まだ間に合うのだと言ってくれた人はいたのに、頑なに受け入れなかった自分が思い出されて。でも、あのころは、女性らしいところを見せること、身なりに構おうとする心を持つことはいけないことだと思いこんでいたので。そう言う自分あっての今なのだけれど。

   

わたしの人生は結局間違っておったのだなあと思う切ない年頃なのでした。

   「だいたいさーうちの母に、二重まぶたは後天的になれる、自分は二重のぱっちり目蓋になるように毎日鉛筆のキャップで目蓋を擦って線を入れていた、おかげで30前には二重まぶたになれた、あなたもやりなさいって言われて、そこまでするかーと思って、それでもまあたまにダメ元で擦っては見てたけど。あたしは母より脂っ気が多かったからアラフォーでこう二重になったわけだけど。
   おばちゃんになってから二重になってもしょうがないじゃんよー」
   美容師さん笑ってましたけど。

   おばちゃんになってからくるくるの髪で二重まぶたになってもなんにも嬉しくないよう。美魔女になってちやほやされればいいんですかい? いや一介の主婦にそれは不要。
   ほーんと、若い頃の突っ張りってなんの役にも立たないわ。
   女の子は美しく着飾って周りを楽しい雰囲気にして経済にも貢献するのが正しい生き方よね。とうぜん内面も磨いて貰いますが。

   そして、お会計の時間。
   「お疲れ様ー」なんていってお茶出して貰って寛いでると、
   「それで、先ほどのトリートメントが、大が3980円、小が……(中略)
   このヘアアイロン、おいくらだと思います?」
   美容師さんしっかり営業掛けてきました。
   アイロンはさすがに却下しましたが、トリートメントは購入させていただきました。まあ、これだけ楽しませて貰ったからね。たまにしかつけないと思うけど、買いましょ。

   「次にも是非わたしをご指名下さいね!」と名刺までもらっちゃいましたよ。ご指名料1回500円なんで、美容師さんも必死みたいです。次の予約も、この方で入れてもらっちゃいました。
   「次もまた素敵にして差し上げますからね!」って、大変なんですねえ。是非次もよろしくお願いします。美容師ってエンターテナーだったんですねえ。

   というわけで、虎美には正しくちゃらちゃらした青春を送って貰いたいおかあさんなのでした(やっぱりイヴェントには連れて行かない方が良いかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »