« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

2013年6月14日 (金)

ヤヌスの爪の垢でももらってこい

   ええと、おかあさん例によって頭に血の上った状態で書くからその辺は勘弁してね(だったら書くな)。

   日本のプロ野球のボールが飛びすぎて、国際的にやばいらしいと言うので2,3年前に「統一球」ってのを導入したらしいですな。これで日本の野球も遅まきながらグローバル、ってそんなにグローバル・スタンダードがありがたいですか。小泉改革より10年ほど遅れてますよ。いい選手が全部メジャーに吸い取られて空洞化してるのが昨今の課題だったんじゃないんかい。「優秀な」選手をメジャーに取られないようにするには国内規格で足かせつけて、日本の選手なんかメジャーじゃあ通用しないってことにしといた方が良かったんじゃないのかケケケ(おかあさんの悪魔)。後述玉木氏は単に向こうは粗悪で飛ばないだけといっていたような。じゃあ日本のボールを国際基準にしろよ。そんで日本製品の輸出振興だ。国益的に正しいぞ。

   仄聞するに、それまでは各球場ごとに違うメイカーの球を使っていて、優秀な国産球、粒ぞろいなりにやっぱりA社とB社では飛びが違う、何とか球場はB社採用なもんでホームランが出にくい……なんてこともあったようですが。そこはギリギリ各球場の個性の範疇で良いんじゃないかなあ、ルール上許される範囲内では作られていたそうだから。

   それを、ぎっちり地上何メーターのところから落として跳ね返り何.何メートル誤差の範囲はここまで、って決めて、コミッショナーのサインまで入れて、M社のこのボール以外使うこと罷り成らんってことになったそうでございますな。……そりゃ独占じゃないのか。公取委はなぜ許した? あとのメイカーは今どうしてるの? 練習だって公式球と同じ球でやらないと意味ないだろうし。サインボールとか、高校生向けでココーを凌いでるのかしら?

   その統一球が、飛ばない。技術力に優れた日本のメイカーですから。ココまでって決められたらホントにココまでしか飛ばないようにできちゃって。おかげで去年一昨年、もうホームランが出ないの、球が外野に飛ばなくて点が入らないの、つまんなかったらしいですね(よう知らんけど)。投手の成績は向上したか知りませんが。
   そんでその成績ひっさげてダルがメジャー行っちゃって、どうしましょう。まさか岩隈まで、と思ったらこれがまた通用してるから忌々しい。
   全然日本プロ野球興隆に結びついとらんやないかコラ。

   そういうフラストレイションを水面下に感じていたのか知りませんが。

   今年はなんか開幕からホームランが多かったらしいですね。バッターの方が統一球に慣れてきたのでしょうが、流石プロ、ちゃんと真っ芯に当てることを思い出して修正してきた、と思ってたんですが。楽天は、今年は補強がうまくいったんだなーってレヴェルでしか捉えてませんでした。マギーたんいいよマギーたん。この春までやってたアニメに掛けて虎美と喜び合っていたのですが。

   なんですか、球が戻ってたって?

   「もうちょい飛ぶやつ持ってきて」って、言ったって? M社に?

   君子は豹変す。過ちては改むるに憚る事なかれ。自分の施策が間違ったと思ったら、すぐに手を打つのがいいトップです。自分のプライドなんか考えてちゃいけません、営利企業じゃないんだから。ファンの皆様のための機構なんでしょ? 綸言汗の如しってのはもっと偉いひとのことです。臨機応変に対処しなくてどうします!

   だから、「統一球の導入」がちょっとうまくいってないな、と思ったら対応する、ってのはよかったとおもいますよ、それ自体は。
   「エキサイティングな楽しみを削いでしまった感もみられるので、先に発表した規準の範囲内で下限に近すぎる製品に限ることのないよう納入規準の見直しを要請した」ぐらい、シーズンはじまりのときに言っちゃってもよかったんじゃない? そこはM社さんに泥かぶってもらってさ、「規準を厳しく見過ぎた納入があった」ぐらい言っちゃってもらって。
   要は「今年はもうちょっと飛ぶようにしますよ」と。
   「ファンの皆さんはどっちがいいかちょっと今年見て考えて」って。
   そこは公報が必要だったでしょうよ。
   オープンにすることが必要なんでしょ、それこそが正しきグローバル・スタンダード。
   そんでもって、出ました伝家の宝刀「ワシャ知らん」。
   知らなくても、こういうときに頭下げるのがトップの仕事なの! 偉いひとは責任をとるためにいるのだってことを、小さい子どもさんから青少年に教えるのが大人の仕事なの!
   まちがっとるよオッサン。

   こないだNHKのスポーツ番組に玉木正之さんが出てて、だいたいプロ野球機構のコミッショナーは親会社のオーナーの方しか向いてない、それも、ただ1社の。と皮肉に笑っていました。そりゃあんた球界が大変なときに敢えて火中の栗を拾わされて、わたしが何とかまとめますから頼みますとか言われたのかも知れないけど(その球界を牛耳る1人に?)。事実でもそうでなくてもそういうこと言われるだけ恥だと思いなさいよ、いい大人が。

   そんでもって玉木氏は日本のプロ野球機構は全然ファンの方を向いていない、親会社の方ばかり向いている、そういう日本のプロ野球の構造を表わした事件だ云々とここぞとばかりに持論を展開してましたが。

   まあ、そういう義理があるなら会社の方を向かざるを得ないのかも知れませんが。
   なにも首は1つとは限るめえ
   January の語源ヤヌス神は、顔が2つあって、行く年と来る年両方を見つめている、それがゆえの1月の神だそうですが。
   あんた赴任地のアメリカで始球式を何度もやったぐらいプライヴェイトでも野球好きなら、一野球ファンとしての気持ちも持っていてください。そして、同じ野球ファンにも目配りしてあげてください。ヤヌス神の爪の垢でももらってきてさ。公的には偉い役職を歴任して、その筋で回ってきたコミッショナーの地位だとしても、心は一野球ファンとして、あなたを操ろうとする黒幕に立ち向って、強かに野球の面白さを守って、盛り立ててくださいよ。それがそういう団体のお偉いさんの役目でしょ。

   そして、追い風参考記録みたいなキャプション付きになるのかここ数年の記録はみたいな話になってたかと思いますが、ファン代表として呼ばれていたヨネスケさんは、
   「そういう契約になってたら選手が可哀相、防御率1点台だといくらボーナスとか」と細かいことを言ってました。統一球で投手有利の筈なのに、ここ2年で、いい投手はこんなもん、って目安ができてたところで今年また飛ぶようになって投手不利に戻ったら、提示されてた成績上げられなくてそりゃ損だよなあ。可哀相。玉木氏は「ま、プロ野球はルール改正でそういう波(投手有利/打者有利)がいろいろあったスポーツですから」と笑ってましたが。

   そしておかあさんははたと思い当たったのです!

   ここ1,2年快音がやんで苦闘していらしたガッツさまがつい先週サヨナラホームランで復活を遂げていたことに!

   ……うん。ニセ統一球ありがとう。とりあえずはね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

遺伝子この奇怪なるもの

   こないだ朝食の席でお兄ちゃんが、
   「しまった今日検尿取るの忘れた」と呟いてたと思ったら。
   「予備校でもそんなものがあるのか。虎美もこないだ忘れとったな」
   「ふうん」
   この検尿忘れ兄妹が(笑)。
   「二度目でも大して変わるまいに」
   「もう出ない」
   などと不穏当な会話をしてなんとか送り出したお昼。
   豹太からメイルがりりりんと入ります。ええと、まだ着信音覚えてない、意外と「イナズマイレブン第1期OP」だったりしたかもしれない。
   「身長1センチ伸びた。おれまだまだいけるで」
   豹太は生まれた頃から体格がええと小さいです。出生時にして3キロに満たず、身長は結局一度もその年の平均ラインを超えたことがないかも。不憫なので食べさせまくって気がついたらぽっちゃりくんになってましたが。中学に入って少しはスッキリしたけど、期待したほど伸びなくて。野球部のママ達が、「制服が小さくなって」云々明るく苦労自慢してたのにまるきり入れなかったわたしです。思うに忘れ物対策で中学時代毎日全教科持って通ってたのが悪かったかと(アホかと指摘したらあとで泣いてた)。
   おさとのおじいちゃんのような6尺(概算値)の長身に憧れて、牛乳を飲みまくっていたのですが、全然効果は見られず。花粉症も辛そうなので、この春、もう身長の伸びは止まっただろうと、「実は喘息の人間は牛乳を飲み過ぎるとやばい」といういろんな方から忠告されていた話を聴かせてやめさせたところでした。
   「おれの今までの努力は!?」と一声吼えて、それきり牛乳は一杯も飲んでなかったのですが……ある日、
   「イライラが収まらなくて気がついたら自動販売機でパックの牛乳買って飲んでた」そうです。すごいな、さすがは牛に育てられた子。

   そんな豹太がここへきて身長が伸びたと言うから、これは本当に成人式の朝まで伸びたというおさとのおじいちゃんの伝説を再現するかもと思って聞いてみましたよ。
   「なんぼ?」
   仙台育ちではこれだけで解らないかと思って、「How tall are you?」とつけたしときましたら、返信が、
   「167.1」
   ……そりゃ1センチでも嬉しいな。うん、あと3センチ気合いで伸ばしてください。
   おかしいなあ、うちの遺伝子は背が高くなるはずなのにって、弟のクリストファー(家名)は166ですけど。ははは、母方小さいんで。早乙女家もそんなに大きくはないしなあ、やっぱこんなとこかな?

   それでも、血圧を測ったら110の56で、
   「低いだろそりゃ」
   「やっぱり?」
   「そこんとこはやっぱ活田の血だよなあ。おさとのじいちゃんもあの巨体で低血圧なんだよ」
   ああそれなのにどうして身長は伸びなかったのよ。遺伝子のバカ

   ……そしておじいちゃんの母校も受からなかった春の実績から、
   (頭の中身も早乙女家に要求される水準じゃあないわね)と金沢の親戚連中に思われていたらどうしよう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

辞書で遊ぼう

   豹太くん絶賛浪人生活満喫中。こないだの国公立対策模試では
   「一番よかったのは国語」ってきみ算数の先生になりたいんじゃなかった?
   「二次に国語があるからって宮教大を薦められた」
   「なんでまた仙台にとんぼ返りする」
   二人して微妙な表情に。
   豹太くんはアキバ行ったりコミケ行ったりの首都圏オタク生活がしたいのよね。
   「まあとりあえず今はレヴェル上げだ」
   「うん」

   古語は単語が難しいとか言って、古語の単語帳を作って覚え始めることにしたというからこっちは唖然。
   「そんなもん単語帳作るほどのものか? ノリで解るだろそんなもん」
   「『こほつ』って何?」と、質問に質問で返すジョジョ紳士見習い(だめよん)。
   「……(ああ、更級日記の旅立ちのところで屋敷を『こほち散らして』ってのがあったよ)『こわす』だな。「毀」って字があるだろ、アレ」と、立ち上げっぱなしのパソでメモ帳を広げて字を拾いますと、
   「ああ、これか!」
   いたく感心したようで、以来、古語は漢字で視覚的に中心概念を捉えることにしたら巧く行くようになったそうです。
   「たしか弦念マルテイとかいう帰化外国人がそういう外国人に漢字を心で理解させるための漢英字典みたいなの出してたと思うが……」もうお兄ちゃん聴いてません。

   「『ほいなし』ってホントに『本意ない』んだね」と今日感動しつつ声を掛けられました。
   「……そう見せかけて無関係な意味もあったりするから気をつけてな」
   適当に示した裏技がうまく当たっておかあさんもしめしめ。

   「電子辞書に古語辞典入って無くて、困って広辞苑引いたら載ってた」
   「ああ、あれはある程度対応してるな。一昔前までは新語が広辞苑に載るかどうかでヴァージョンアップの度に話題になってた……
   イケメンは載ってるのか?}
   「若い男性の顔かたちがすぐれていること」と即答。
   (今見ましたら前にいろいろ注釈が付いてました)
   「ハンサムってことじゃないのか」
   「ハンサムは『男前のよいさま。美男子』」
   「美男子いいねえ。ああ、あと、ジョジョふうの筋肉っぽいいい男は『美丈夫』な。母は良く使う。丈夫って字が入ってるからそれっぽいだろ?」
   豹太くんもう勉強に戻ってしまいました。

   それにしても「イケメン」の説明で広辞苑は言葉が足りない気がする。
   今風のややちゃらいニュアンスを含む……だから、
   「若者が当世風の好ましい整った顔であるさま」の方がいいな。
   イケている=当世風であること、のニュアンスが欲しい。
   好ましい=(主に女性からの)観察者あっての概念であるニュアンスも。

   だから、いくら整った顔であっても、若き頃の岡田真澄とかはイケメンにはならないわけですよ、もっと軽さ、近寄りやすさが欲しい。草刈正雄はギリギリ入るかも。美輪明宏はイケメンと呼ばせたくない。ハンサムというもおこがましい。「美貌の少年」とか、もっと綺羅を尽くした言葉を使いたい。
   今の俳優でも阿部寛はまあ、ハンサム/美丈夫/イケメンを3つともいける顔立ちかも知れない。イケメンの代表というと、どっちかというと「僕イケメーン!」の狩野英孝みたいな辞書的用法でいうと軽薄さ、を含んでいるような気がします。ジャニーズのタレントのような雰囲気、髪は染髪していて、音楽やダンスに堪能でおしゃれで話術も巧みでもてて……。そういう今時の青少年の概念が入ってないと。ま、個人的感覚ですけどね。

  それにしても、虎美のお友だちから「船を編む」が回ってくるのはいつなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »