« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »

2013年5月23日 (木)

女の花道

   旧向ヶ丘遊園のばら園でうっとりしつつ思ったのは。
   (ああそこにプリンセス・ミチコ、グレース・ケリーも、ここにはないけどたしかモンローもあった。プリンセス・チチブてのもあったと思うし、もちろん雅子さまも捧げられていた、皇室は宮妃はどなた様もまんべんなく捧げられておったようだし。自分の名のついた薔薇ってのは女の名誉だな……)

   はて。ではその他に、女性として最高の名誉というのはなんでしょうかね?

   薔薇の他には、バッグ、その他アクセサリ、ファッション・アイテムに名を残すのも好ましい。ケリーバッグ、バーキン。サブリナ・パンツはぎりぎりセーフ? 役名で残ってるのはあとは松井須磨子の(?)カチューシャ。シャネル・スーツはあれは考案者、デザイナーとしてだからギリギリ・アウト。シャーリー・テンプルみたいにカクテルに残るのもお洒落。そういう美女には伝説がつきもので。できればそういう美しさプラス精神性で伝説に残りたいもんです。

   あとは、自分の名前のオペラ/ミュージカルが創られる!
   「アンナ・ボレーナ」ってイタリア語読みになってますが、エリザベス一世の生母ですよ! まあ世界史に残る歴史を変えたスキャンダルですからね。アップダウンの激しさもトップクラスですし。そのぐらいしてあげないと可哀相というか。可哀相というなら「エリザベート」。皇妃になるべきではない自由な精神のひとがなると不幸という実例。
   これが、オペラのタイトルロールとなると一杯いますがだいたいは架空のヒロインで、でなければ史劇の場合はふつう男性ですよね。こないだの「ドン・カルロ」とか。「ナブッコ」があの世界史のネブカドネザルⅡ世のこととはお釈迦様も気がつくめえ。イタリア読み大胆すぎ。
   あと、ミュージカルだと「エビータ」に「李香蘭」に「ミス・サイゴン」(いや「ミス・サイゴン」は架空?)。20世紀になっても伝説のヒロインってのは生まれるんですね。将来的にありそうなのはダイアナ元妃かスー・チー女史か。ジャクリーンはやっぱりキビシイですか?

   そういうおかあさんもドラマティックに生きてみたい……? いえ、凡人ですからそこは、平凡でいいです。おや、なんだか最近後ろ向き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

「オリンポスの咎人 ストライダー」 もげろ!

   古式ゆかしき時代においては、恋人のいる状態のひとがそういう惚気話を人に聞かせた場合は、「このーっ憎い憎い! なんか驕れ!」「はははいいよ」という流れになるのがお作法だそうで、それが一般的になったあとで、今度は「(こんなに長々と惚気話を聞かせて、こいつめ、もう通り一遍のものを驕らせたんじゃ気が済まない、)お安くないぞ!」という慣用句が発生したんだそうで。それ故に、ひとがはくしょんとやったら「(ゴッド)ブレス ユー」と言うが如くに惚気話を聞かされた場合には「お安くないぞ!」というのがお作法だったらしいですな。おかあさんも近年知った事実。それではこんにちネットでアツアツな話を読まされたときにはなんと言って煽るのが正しいかというと、先だって申しましたように「爆発しろ!」もいいのですが、さらにアダルトな辺りでは、「もげろ!」と言うんだそうな。ええと、その、幸せな人がお使いになる器官がです。からっとしてて良いですね。とても面と向かっては言えないけど。

   「オリ咎」シリーズも巻を重ねて、征服の番人ストライダーの恋はもうほんとそんなカンジ。もう両思いと解ってる2人がくっつくまでいかに相手にええと性的魅力を感じていて昂奮している、そして、できうることならこういうふうに持ち込みたい、でもできない……の連続、しかもそれをヒーロー側からもヒロイン側からもやるので、やっと2人が思いを遂げるまで全530ページの350ページ地点までそんな濃い煩悶シーンが続いちゃってもうどうしようかと思いました。

   作者もいろいろヴァリエーションを出すのに苦心していて、今回はヒロインの側から話がはじまります。ハルピュイアという半獣というか西洋的に魔獣にちかい種族のカイアがヒロイン。ほとんど人間に近い肢体ですが、背中にはドラゴン風の翼があるらしく。ただ、それで羽ばたいて飛ぶには表面積が足りず、もっぱら卓越した身体能力でジャンプする補いになる程度。ただ、体内に魔獣の部分を不可分に保っていて、感情が高ぶると爪やら牙やらが出るらしく。戦闘の時にはそれを使って高い能力を示します。精神が魔獣に乗っ取られるともう最凶。そんでもってどうやら女性だけの種族らしく、適当に、他の半神半獣的生き物や人間と行為を持って、女の子を授かってほぼ不老不死の生を激しく生きておるらしいですな。あんまりキリスト教的道徳には縛られていないみたいよ。欲しいものは闘って奪う倫理観。食べ物は盗むか勝ち取るかしないと口にできない習性とかで。
   カイアはそのハルピュイアの一族でも大物な母を持ち、わりと武闘派として優秀に育ってきたらしいですが、あんまり慎重(おりこう)ではない。100年に2度の大祭(ハルピュイア内のそれぞれの一族の名誉を掛けたわりに血なまぐさい武闘大会)の最中に、ライヴァル的同族ジュリエットが男の奴隷を連れているのを見て、虚栄心からそれを奪おうとして、その奴隷の反乱を招いています。結果、一族の多数が死に絶え、ジュリエットが「伴侶」と思っていた奴隷は逃亡、「恥さらしのカイア」という不名誉なあだ名を持って現代に至っています。これはきつい、千五百年ですよ。こうなると不老不死も恵みではないですな。

   そういう過去を背負っている身で、現代に至り、とりあえず末の妹が物語世界の悪の組織「ハンター」にさらわれたところから、物語のヒーロー側との関わりがはじまります。解放してくれたオリンポスを追放されたヒーローたち不死族のサビンと末娘グウェンは恋に落ち、結婚。カイアの双子の妹は、戦天使ライサンダーと恋に落ち。なんだか独り身の寂しさを感じ始めたところで、うっかりその不死族のパリスと関係を持ってしまったのが失敗。
   パリスは淫欲の番人なので、おなじ女性と2度関係できないんです。さらに敵の女性で、自分の替わりに命を落としたシェナに恋をしてしまっている。彼女を復活させたいと深く願うほどに。だから、パリスルートは望みがない。
   それに、さらに彼女の好みに合う戦士に出会ってしまったから! 征服の番人ストライダーは、負けると身体に宿した「征服」の魔物が身を苛むので、絶えず挑戦し、勝ち続けなくてはならないひと。それでも長生きだけあってひねくれたユーモアとタフな精神でその日々を結構楽しんでいるようで戦闘種族なハルピュイアにはとても好ましい性格。パリスの親友だけあって、戦士たちのなかでは遊び人なほうで、ルックスもセクシーなイケメン。カレに決めたわ! と思ったところが、ストライダーには彼女を拒否する理由がありました。

   1)失恋したばかりなんです。
     前巻アムンで、友の敵、ハンターの女性ヘイディを捕え、アジトに連れ帰ったのは彼女に愛憎分かちがたい想いを持ってしまったためと自覚したんですが、彼女は「秘密」のアムンと心を通わせてしまったので失恋。友の永い孤独を知るからにはやっと訪れた春は祝福してやりたいという侠気が泣かせます。

   2)だってカイアは友の元カノだし。
     遊び人な彼らのこと、とくにパリスには心に決めたひとができたようだし、たった一度の関係は無視しても良いはずなのにこだわるところが日本のネットの処女厨(女性は処女でないと意味がないと言い張る困った連中、多分にコンプレックスの裏返し)のようで笑える! そこんとこが勝利にこだわるストライダーのキャラ設定に絡んでいてさすが。

   3)カイアの性格が問題。
     ハルピュイアとしての好戦的性格が現われて、カイアはなにかとつっかかってコミュニケーションを取るタイプなんです。妹のビアンカやグウェンはそうでもないから、そこは個人の性格? 友人としては面白いけど、恋人や伴侶にしたら、「~についてわたしと勝負する?」といちいち魔物を刺激されて神経が休まらないんじゃないかと思ってます。

   逃げるストライダー、追うカイア、そこへ、憎いカイアに愛する相手が生まれたその時を狙っていたジュリエットが復讐の幕を上げるのです。れいのハルピュイアの大祭への召喚! 致死率の高い「ゲーム」で、皆が「恥さらしのカイア」への復讐を果たそうと待ちかまえています。逃げるのは臆病者と見なされるため不可能。頼れる姉妹達はカイアの名誉のため、愛するカイアのために「チーム・カイア」を結成して参加を表明、もう望みのない片想いをしている暇はない……んだけど、ストライダーが「伴侶」なら、回復要員として期待できるのです。「伴侶」の血を飲めばどんなけがも回復するって、やっぱりその辺が魔物。

   偉大な母に再度認められたい、若い頃の恥を雪ぎたい、恋を手に入れたい、単純に生き延びたい、いろいろな理由から勝ちたいカイアですが、優勝賞品がヒーロー側が長年探していたアイテムだと発表されて、ヒーロー達の支援が本格的になります……。いやどうよ、男はチームのバトル要員にはなれない規則だそうで、サビンは拡声器持参って、やっぱりただの応援団っぽいし。ライサンダーが連れてきた天使も、ビアンカがやられたときに怒りに燃えて乱入するかものライサンダーを取り押さえる要員らしいし。とりあえずストライダーは、アイテム奪取を大義名分にハルピュイア・ゲームについていきます……。

   ま、いろいろ血なまぐさい戦いを経て2人の心は結びつき、身体もそれなりに相性最高だったようで、心から「もげろ!」というハッピー・エンドになりました。カイアの父親が何族ってのは重要じゃなかったのかなと思わせて、来ました新しい「能力」! これであの可哀相なひとが救われると思ったのに、肩すかし。ほんとバカップルがくっついただけでした! ……そう、今回の敵重要人物が意外にまともだったのが予想を外されて小気味よかったかな。復活を期待。

   今回の引きはウィリアムとともに敵ハンターに囚われたらしいケイン。彼もまた新しい登場人物と恋の予感……。いやいや、だから先に病のトリンを幸せにしてやってよ! 今回「トリンに調べてもらおう」って地の文1箇所だけだったと思う! 出番!

       あ、これ↓ ツィッターの bot だけど各キャラクターの個性が出ていてあるある。ずっと読んでいてしまいました。

           https://twitter.com/oritogacopybot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

薔薇バラだんだらオフ開催しました!

   さてお天気も心配された5月19日、波多利郎さんと誘い合わせて行ってきました生田緑地は旧向ヶ丘遊園ばら園! おかあさんの憧れの地です!! お花見オフがぎっくり腰で延期になったあと、5月になったら仕事がなくなって毎日大丈夫ですとの涙の申告に、じゃあれいのばら園にしましょうかと場所を設定してくれた波多利郎さんの優しさに感謝!

   そんでもって、あとはモノレールに乗って日野の土方歳三記念館にでも参りましょうというおかあさんの鉄心にも訴えるベストセレクション! ああもうお姉様と呼ばせてください! (歳下だったりして)
   (うちの猫科の人々はいろいろ大学を見に行ったり受けに行ったりで最近多摩都市モノレールに乗っていて、静かだとか駅がきれいだとか言って母の鉄心をうんと刺激していたのでした)

   そんで前日遅くまで生田緑地やらモノレールやらをネットでわくわく調べてて寝坊するし。

   ほんとすいません。見捨てないで~!

   これがまた、ユーエン集合? 1時間もかかんないよ」と虎美は断言し、
   「バカ、おかあさんだとその出発するはずの時間に起きて慌てて仕度するかもなんだから、やっぱり1時間みといた方が良い」と前の日から論争がはじまって、おまえら親をなんだと心得おる……と憎々しい気持ちになっておったのですが……やっぱりやっちゃったよ。
   それが、なんとか10分でノイエ・リリエンベルクにたどり着いたのですが、休日のお昼、出る電車出る電車「快速急行」「多摩急行」で、「ユーエン駅には停まりません」おい。結局5分後の各駅停車に乗りました。嗚呼、ここで胃が磨りつぶされるかと思った! 
1時間見ておけと言うおにいちゃんが正しかったです。

   なんとか20分遅れでユーエン駅にたどり着きました。
   「15分でしょ? 歩きましょうよ」と、前日の予習を生かして提案するも、昨日は温かかったですからね、やや上りの道を昂奮のまましゃべり散らしながら15分歩いていくとどんどん息が上がってきて。ばら園はこちらという案内に従って緑地内に入っていくとこれが、仙台は伊達家墓所霊屋瑞鳳殿に向かう山のごとき丘陵地で。とうとう顎が出て、2回も休憩取ってもらいました。周りはばら園を目指すハイキングの実年の皆様がわらわら集まってきていて、なんでみなさんそんな健脚なの、わたしが虚弱なの、もう目はぐるぐる足はがくがく。そんでもって久し振りにコンタクト入れたら、花粉は無いはずなのに、やや風も出ていて砂埃で眼が開けていられなくって……。

   なんだかとっても残念な体調でばら園にたどり着いたのでありました。

   ああ、あこがれの夢の園生よ、目眩く薔薇の群れよ。

   今年は高温の日が続いたので、もう薔薇はもりもり咲き誇り、色とりどりのパノラマだったのでした。

   ああもうほんとに幸せ! 波多利郎さんありがとう! 管理してくださってるヴォランティアの皆さんも!

   そこはかつて東洋一のばら園と呼ばれ、今世紀初めに遊園地が廃園となり、以来ヴォランティアによって管理されている形態上、6,70年代の流行の薔薇が多いのかなとちょっと予想していたのですが、案に相違せず大昔実家の百科事典で眺めた「聖火」とか、「天津乙女」とか、往年の傑作がもう大木となって花を開かせていたのでした。そこはそれ、「マダム・ヴィオレ」なんていう手を抜くと象色になっちまう青薔薇のたぐいもみごとにその微妙な色合いをキープしていて、もううっとり。さすが。
   イングリッシュローズの区画もありましたが、だいたいは一昔前の両手でもっても零れそうな大輪、お色も昔ながらの白、赤、黄というカンジ。最近作出された蛍光オレンジとか、カフェオレ色とか微妙な色はないかなーそういう最新の薔薇を期待していくとこじゃないですね。やっぱ、昭和の名門ばら園。そういうクラシカルな名花を堪能しました。

   携帯は予想外の好天に画面が真っ黒になっていてとても写真が撮れず、とっても悔しい思いをしましたが、「キャー!」という歓声と共に心に焼き付けてきました。

   一番気に入ったのは「ディズニーランドローズ」という品種! オレンジからピンクへと咲いてゆくうちに色変わりする種類だそうで(今調べた。ホント聞いたことなかった!)、マットな色合いのピンクとオレンジとがひと株中に混在する派手さは「うぅ~ん、ディズニーアニメだわ!」というパンチの効いた薔薇でした。作出2003年の作品だそうで、じゃあ、川崎市に下げ渡されてからもがんばって新しい薔薇を植えたのね~と感心しました。もっと募金してくれば良かった(入場料は取りませんが、場内数カ所で維持費用の募金を募っています)。

   それからモノレールに乗るために多摩センターに移動、カフェで軽くスパゲティなど食べまして、モノレール!

   わーい! モノレール! やっぱりすすすと流れるように動きます。利用人口が少ないことが予想されるとおにいちゃんが前日軽くレクチャーしてくれていたのですが、ホームも短いッ。新しい交通機関なので、利用者がおっこちないようにホームドアが完備されてます。新しいわー(感心)。
   これがまた、懐かしい仙台近郊の山々を思い出すように、多摩丘陵を縫って進むのでした。
   「東京の郊外ってこんなにお山があったんですね」
   「ははは」
   「でも、両脇に柵どころか保線用の通路もないなんて! 停まったらどうやって脱出したら良いんでしょう!?」
   ほんとにシンプル~に一本のレールが山中を走ってるんですよ。いや町中も。
   「だから強風が吹いたらすぐ止まるんですね」
   ああ、そういう「運用でカヴァー」?
   そして土方歳三記念館最寄り駅の万願寺駅に着くと、もう空は広かったのでした。失敬。ほんと高層ビルはなく、住宅が建ち並んで。
   辻辻に立つ観光客用の案内標(太めの柱に何とか記念館ここを右何メートルとか書いてある)を頼りに数分でたどり着いた土方歳三記念館には、同好の士がみっちり詰めかけていたのでした。

   玄関先に、運動会のテントみたいなの張って売りに出ていたのがこれ↓
http://img02.shop-pro.jp/PA01122/065/product/25212057_o2.jpg?20130111131432

   土方歳三まんじゅう。中身は人形焼きでしたが、パッケージの可愛さに萌えたぁ!

   「斎藤さんと土方さんにしましょう」というと、売り子のオバチャンご婦人が、
   「はい、はじめちゃんひとつとしちゃんひとつね!」と言ってくれるのがもう彼らを愛しているのが伝わってもう最高に萌えッてやつだ。
   あとは沖田さんと近藤さんがいました。わたしが買い求めた歳ちゃんは洋装でしたが、新選組のあの制服を着た和装ヴァージョンもあるみたいですね。
   お土産にしたら虎美とっても喜んで、アニメとかゲームとか関係なく純粋に新選組が好きな子が生徒会の友達にいるとかで、
   「おかあさんこれ食べ終わったら友達にあげていい?」ときいてきやがりました。快諾しましたけど。入れてくれただんだら模様の紙袋まで、
   「これもいい?」って聞いてきて。やっぱり21世紀の女子高生も新選組好きなんだなあ。わたしも好きでした。やっぱ最初は和田慎二よね(これについては波多利郎さんとアツク語り合った!)。
   あ、中は錦絵風の、伝わっている歳三さんの絵姿をモチーフにした人形焼きで、裏には歳三と彫られています。クリーム味の斎藤さんヴァージョンも同じでした。ま、そこは「歳三まんじゅう」ですから。

   そのあとは土方家菩提寺石田寺に詣でてほんとそこら中の墓石が「土方家代々之墓」なのにたまげ、そこまで行き着くまでの道中のお宅の表札も土方ばっかりで、うわー土方村だ、すごいなと感心しちゃってました。多少は違うおうちのお墓もありましたけどね。でも、土方歳三の墓と同じ墓所ってのはちょっと誇らしいでしょうね。って、軽薄かしら?

   そのあと、おかあさん憧れのサイゼリアでお茶(うちの近所にファミレスがない!)をして、多摩センターまで戻って解散。サイゼリアを出たあとぱらっと来ましたが、なんとかお天気も最後まで保って、ここに薔薇ばらだんだらオフお開き!

   楽しかったー! もういろんな本の話、漫画の話、深夜アニメの話、「純と愛」がどうしようもなかった件にはじまるドラマの話、ちょっと身にしみる老親とその死後のごたごたの対処法やら、もういろんな話ができて楽しかったです。ほんと、趣味の話で盛り上がれるって幸せー!!

   波多利郎さんありがとうございました。また行きましょう!

   せっかく撮ってみた人形焼きのパッケージなのですが、いろいろ設定を試したのにブログの方に送れず、昨夜3時まで格闘したのに無理でした。思えば新しい携帯にしてから一度も写真の登録できてないかも……スマフォ無駄じゃん! じゃあ写真撮ってもダメだったんじゃん、安心(するな)。

  そして今日のおかあさんは……足が筋肉痛でつらいよう。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

復活しましたああああああんッ!

   本日当番の永井怜投手が八回1失点でラズナーの救援を受けて今季初勝利でした!

   やった!

   今年もがんばってください! 応援してます!

   そしておかあささんは今日波多利郎さんと薔薇園ダンダラオフしてゴキゲンなのでした。

   さて再就職活動がんばろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »