« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013年4月27日 (土)

「ファイブスター物語」 ― 世にはばかる ―

   自主制作していたアニメが完成して公開されたから晴れてこの春から連載再開と言っていて。まぁ~たぶっ飛んだところからはじめるんでしょと思って、こちらももう年だし追っかけるのやめようかなと思っていた「ファイブスター物語」永野護。なんと、あまりのリニューアルぶりにネットでも話題になっていて(わたしも読んだ)、我も我もと掲載のニュータイプ誌を買いあさった挙げ句が、ニュータイプ4月号重版がかかったそうで……そんな、「ハガレン」最終回じゃあるまいし。どうしようかと思っていたら虎ちゃん今季のアニメでチェックしたい作品があるとかで、「ファイブスター物語」以外の「アニメ雑誌」部分はありがたく引き取ってくれるそうなので買いに行ってもらいました。お金はおかあさんに出させるところが娘の逞しいところ。
   ……そうなんだよな。虎ちゃんが産まれた頃ちょうど「ファイブスター」のアマテラス救出作戦篇がニュータイプで連載中で、立ち読みするのもなんだし、繰り返し読みたいしで、あの頃三十面さげてニュータイプ誌を講読しておったのだな。あとのページも一応読んでて、あの時代のアニメの情報にある程度詳しいのはそのせいだよ! 見てたんじゃないんだよ! 角川だからエヴァンゲリオンの特集は毎度みっちりやってたし! 今やっと気がついた! 

   そして読んでみたら。

   ああーこりゃいかんわ。ネットで大袈裟に取り上げてあったとおり、物語を代表する有名巨大ロボットが、どれもこれも名前とデザインを一新して、なんとも気持ち悪い骨格のものに変わっています。そのもともとのデザインも、いわゆるロボットとは違う雰囲気のデザインとして一世を風靡した感じだったのですが、今回はもうさらにその上を行った感じ。もう人型ロボットじゃなくて虫っぽい。それは、ネットの詳しい人によると、こないだ公開されたという自主制作アニメのロボットのデザインに通じるらしく、何年も連載を止めてそっちに関わっていたので、ふと今までのデザインが時代遅れに見えたのであろうという話しでした。まあ、このひとiMacが流行ったらいきなりそれまで純白の設定だった主人公の国の巨大ヒーローロボットを半透明に変えちゃう人だったから。だいたい、このひとの漫画の支持者はそういうプラモ(?)マニアなので、ヴァージョン違いは出れば出るほどそれを作って売るプラモやさんが儲かるから周りの人も煽るんだろうなあ。わたしも仙台のヴォークスでそれをガラス越しに見てため息ついてた身の上だし。
   また、最近はロボットだけでなく、人間の登場人物もお人形さん(=フィギュア)として飾って喜ぶのが一般化しておるので、カッコイイ衣装に身を包むいろんな登場人物を出してくれるこのひとはほんとそういうお商売の寵児であったと思いますね。

   そういうわけで、話はウン年前から(40年後という設定にせよ)継続した状態で再開されたのに巨大ロボットがデザインを一新して現われて……そうか、作中40年も経ってたらロボットも流行変わるか。でも、このひと年表形式で作品世界を一応お仕舞いまで公開しておって、「星団歴何年のこの事件の時のイメージイラスト」とかいってかなり(連載時作品世界において)未来のデザインも公開しておいて、年表の隙間でこういう卓袱台返しみたいなことされるとほんと困るわー。ま、毎度読者の裏をかくことに命がけな作風なので、作者としてはやってやったぜーと得意満面なのかも知れません。じっさい「ファイブスター」が載ってるときのニュータイプの売れ行きは載ってないときとは段違いらしいですし、今回もこんなはでな事態になっているので、ニュータイプ編集部も「どうぞどうぞ♪」なのでしょう。悔しい。

   20ウン年前からせっかく作り上げてきた世界観、難しい用語を今回いきなり変えてきた(巨大ロボット:モーターヘッド→ゴティックメード、戦闘用人型コンピュータ:ファティマ→オートマチック・フラワーズ)のはもう読者に対するSMプレイにも匹敵すると思いますね。今までもマイナー・チェンジはあったけど、「付いてくるよな?」っていって、どんどん無茶をふっかけてくる、それも読者はありがたがってしまう感じ。ほんと、わたしは今度という今度はあーもー付いていけんわと冷ややかーな目で見てしまいました。

   「それでおかあさんはどうなの?」と虎美に聞かれましたが。
   MHがとんでもねえ骨格になったのはまあどーでもよかったみたいですが、あれだけ大騒ぎして世に出したファティマのお洋服、「プラスティック・スタイル」をもう捨てて、「アシリア・セパレート」にしてしまったのがなんとも。
   「プラスティック・スタイル」というのは全身タイツのような密着型お洋服で、エヴァンゲリオンのプラグスーツに対抗したんだとか、漫画の登場人物の格好をして楽しむ「コスプレ」で、あんまり残念な体型の参加者がファティマの格好を真似て出没するようになったのを憂えてのことって噂もありました。星団法が改悪されて露出が禁止された時代のスタイル、という設定で、露出はないけど艶めかしい、ファティマを美しく飾ってやろうという心意気の現われたデザインで、自分が着て歩くのはご遠慮するにしてもこれはこれで美しいと思ってわたくしはデザイン画を楽しんでおりました。
   それが、集団戦の増えた時代背景を反映して、人型コンピュータのロボット制御能力を格段に上げて、能力のある個体が自機のみならず周囲の味方機もコントロールして集団戦に臨む、そういう機能のサポートウエアとなっているようでした。だから、通信機能の充実が主目的で、髪飾りやティアラから光学アンテナがみよーんと出たり、肩や肘といった体の突起部や靴の踵のところの履き口の辺りからもなにかが出て光線や電波を発しているような表現には感嘆いたしました。うん、今っぽいゾ。お洋服本体はデザイン的には初期のデカダン・スタイルに近くて、白ブラウスにジャンパースカートふうに見えるところがやっぱり落ち着きます(そう見えて素材は超ハイテク、飾りとかは最高級のレースとか使っててゴージャスらしい)。スリットの入った長めの上衣の裾から見えかくれするカボチャパンツが可愛いとも言えます。ってその解説ページばっかり熟読して。
   わたしはきれいなお洋服を着たお人形さんが目当てでこの漫画を読んでおったのかとしばし虚脱。

   物語としては、人間というものの営みの愚かさを見とどける神と、それぞれが私利私欲の争いを行いつつも停滞する文明と恒星系自体の寿命に抗おうとする人間達との対比……なんですかね。とにかく毎度付いていけない感を味わわせられながら読まずにおれない魅力を放っておるのでした。一巻発売時からずっとファンです。悔しい。来月号は買わないと思うけど、単行本になったらやっぱり買うと思う。
   でも、なんで10年も20年もこのデザインで引っ張ってきたんだろう、恥ずかしい、もうこんなの消してしまおうっていってここで卓袱台返すぐらいなら10年前とかもっと前の時点で質が荒かろうがスケジュールが苦しかろうが物語を畳んでしまえば良かったんだと思います。ネットで読んだ話ですが、「北斗の拳」の原作者が今改めて北斗の拳を読んでみたが、こんな話を書いたとは思わなかった、あの頃は進行がきつく毎週が行き当たりばったりで、何をやったかまったく覚えていない、こんなすごい話を自分が書いたのか、俺スゲー、と書いていたような。作者はこういう毎週コンスタントに日本どこでも廉価で手に入る娯楽ってのをある種憎んでいて、俺のはそういうんじゃない、コストもクオリティも高いものを目指すとか言ってたみたいだけど、結局自分が飽きて放り出すならある程度勢いで出しておくべきだったんじゃないかと思います。

   毎度、早く連載を終わらせてくれ、作者死亡により未完になりそうな長編ナンバーワンと言われ続ける作者ですが、もう50? 60? 手塚治虫や石ノ森章太郎みたいな年で死ぬと思うからやばいんで、これが水木しげるとかやなせたかしみたいに細く(失敬)長く現役だったら相当まだまだいけますよ。いやきっと行くと思う。だから壮大なこの話を好きなだけ広げてみんなを巻き込んできりきり舞いさせて、そうしてきれいに畳んでいってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

「最遊記異聞」 11人に候

   リロード、ブラストと来て終わらなかったのでもう金輪際「最遊記」は読まないぞと心に決めたのですが、虎美買って来ちゃってさ。異聞て何よ、あの三蔵の師匠の若い頃って、あんさんこれ以上まだ「最遊記」で商売するつもりですかと冷たい目でページを開いたところが。

   面白かったじゃないの。

   ええと、「最遊記」本編の三蔵は本人が作中よく見得切って名乗っておるように、「唐亜玄奘三蔵」なわけですが、彼のお師匠が光明三蔵なわけです。この世界観では、世界を開いた天地開元経文を5分割したそれぞれを守護する最高僧の称号が「三蔵法師」で、その5人の三蔵法師の継承権をめぐって修行中の光明(峯明)の若い頃のお話、ということらしいです。まあ、チャイナファンタジーっぽいっですが、いろいろ本篇からカオス(三蔵法師が金髪だったりその最高僧がどーどーと妖怪相手とはいえスミスアンドウエッソンをぶっ放したりクレジットカードでレストランのお会計が済ませられたり「西の大陸」のキリスト教徒とおぼしきヨコモジ名前の連中が出てきたり)なので、あんまり気にしない方が楽しめます。

   本篇では高僧らしいものにこだわらないところと確かな人を見る眼を持っておったように記憶してますが、お師匠様(峯明)は若い頃はなるほど問題児だったみたいです。第一回目では、総当たりの模擬戦の真っ最中、木の上に逃げて体力の温存を図り、師範に見つかるや、なんの印も結ばず、真言を唱えることもなしにかなり造形の込み入った水竜を生み出して師範の攻撃を凌いでみせるのですから(ハガレンで言うならエド級だ)。学問も体術も最高水準に修めている文句なしの最高僧候補なのですが、……素行が悪いと。上述の通り訓練をさぼる、妖怪ながら難関に挑む(妖怪僧の受け持ちの経文があるので、一応妖怪にも門戸は開かれている)候補を差別する他の僧のいじめを看過せずに庇って喧嘩する、講義の時間は堂々と居眠り、宿舎の部屋のどこに寝るかをくじ引きではなく賭博で決めようとする、挙げ句の果てには同様に妖怪候補を生命の危機の域までいじめる教官をぶん殴って問責、再試験に掛けられる……。
   これはカッコイイ不良僧でしょう。

   最初は「あの問題児」、と冷ややかだった最終候補たちも、どんどん峯明の器の確かさを認めていくようになるのでした……。

   最終候補の11人をこんなに個性豊かに描けるのはすごいな、と言おうとして、あれ、11人……? 峯明をはじめ、「リーダー」に妖怪候補くん、「秀才」と「兄貴」のコンビ、解りやすい「お耽美」と「メガネ」、「ふとっちょ」に「ヤンキー」に「熱血」とあとは「オッサン」(個々の名前はめんどくさいのでパス)の11人です。最高僧候補なんだからもっとオッサン多くてもいいだろ。そこんとこはやっぱ少女漫画なのね。本人カヴァー袖のコメントでいぶかってましたが。

   そうか、これは「11人いる!?」のオマージュの面もあるんだと気がつきました。ネタバレしますからごめんなさいよ。

   萩尾望都はキャリアが長すぎてどこからが中期なのか良くわかんないですけどまあ、初期の傑作SF。超難関の宇宙大学の入学試験に臨んだ主人公たちが、最終試験で10人一組の実技テストに臨むことになる。指示に従って集まった部屋には、なんと11人いる!? 伝達ミス? しかし、最終試験は始まってしまった、これから入試センターに接触するのは不合格となる。主人公達はどうして11人なのかという謎もさることながら、当初からのテスト項目なのか、さまざまなトラブルの仕掛けられた宇宙船の中で定められた期間集団生活を強いられる……というサスペンス。 

   そう思ってみると、最初から優等生として現われた「兄貴」と「秀才」のコンビはああ、王様と4世だ(正しくは「秀才」の方が王様であろう。能力はあるがプライドが高く狭量)、じゃあ、彼らを攻略して心服させれば物語的には終わりなわけねーと納得。ひとり人生経験豊富な様子で皆を落ち着かせてくれるカーネル(あのチキンやさんの看板人形のような人の良さそうな容姿、だからそういうのを登場人物が言っちゃう世界観)は、ああそういえば僧侶キャラがいたなーと得心。

   そうなると、「11人いる!?」のネタバレになりますが、大学側からのスパイというか試験官キャラは誰なんだろうとふと思ってしまって(「11人いる!?」では11人目は試験官で、議論を誘導したり不和の種を撒いたりして、殺し合いになることは避けつつできるだけ早くギヴ・アップさせようとする。もちろん個々の受験生の行動の採点もしている)。
   「兄貴」と「秀才」は、4世と王様の役どころだし、巻末に彼らは後年光明三蔵の側近になるとネタバレがあったので除外と。「カーネル」も、もともと「試験官かと思った」と何度も作中言われているのでないかなー。臭いのが、かえって最初から峯明とその妖怪候補に親身になってやってる「リーダー」か、関西弁キャラで、三蔵になりたい理由は金儲けのため、といっているが「本心は少し違うものと思われる」と書いてある太っちょくんかもしれません。いやわたしここの文、今確認のため読み返すまで、「真の目的は三蔵になることではない」と間違って記憶してて、うわーわたしすごいことに気付いた! って昂奮したけどそういう伏線には読めないですねここ。おしい。

   まあ、峯明くんが光明三蔵法師になることは間違いないので、今後どういうふうに仲間と心を通わせていくのかを楽しませて貰うことにします。まあ、あとは光明師匠は2つの経文の守護者であるので、今のところ唯一の候補者である妖怪候補くんを押しのけて彼の分の「魔典経文」も授かることになる謎が物語の本筋でありましょう(第一回の締めで後年の光明が唐亜に語りおこす形が示されている)。

   悪辣ないじめ師範をぶん殴ってしまって再試験になった峯明の処分をみんなが心配してそれぞれ反応を見せるところが面白かったです。
   居ても立ってもいられなくなって査問の席をのぞき見するのがふとっちょと「熱血」と「ヤンキー」。ああ、なるほど感情で動く派だ。
   「もともと俺たちは三蔵法師継承権を賭けて戦っている敵だ、助けてやる必要は無い」とうそぶく「お耽美」。
   「あの師範が私怨で候補生達をいたぶる前科があるというのは解っていたから師範の非道を訴えても無意味」と筋道が見えているのは「秀才」。でも、あんたら教官うけイイから事前に「あれは自分が脱落したから私怨でしごきをやるふしがある」ってネタバレされてたよね。だが、第1次試験で峯明にみんな助けられたろ、と筋を出してくるのが「兄貴」。
   「俺を庇ったために再試験なんだ、頼む」と頭を下げるのが妖怪候補くん。
   「1つだけありますよ、彼を助ける方法がね」と、待ってましたとばかりにカーネル。
   あーだこーだ言いながら、候補生達は1つにまとまりはじめます!
   (試験されているのは存外俺達の方かもしれんな)とふとその様子に感慨を抱く「リーダー」、ここはさすが。また、これを「リーダー」=教官側スパイ説でみると、うまいミスディレクションとも見えます。

   みんなの心がやっと1つにまとまって、峯明への助太刀(カンニング)作戦が始まります!

   だいたいその再試験がえぐい。天才であるが故に真言をほっとんど覚えていない峯明に科せられた再試験は真言の108種暗唱。いやーそんなにあるんですね。指を折りながらどんどん脂汗を垂らしていく峯明、残り5分になって、ふとすらすら唱えはじめます。
   ……何か変な匂いがしないか……?
   警護の僧がいぶかるうちに、とうとう時間いっぱいで108の真言を唱え終わり、見事峯明は許されるのですが……!

   カンニングは教官にはバレバレ。しかし、「リーダー」はじめ残り10人が心を1つに堂々と開き直って見せて、ここが一巻の盛り上がりどころ。一同は罰の掃除を申しつけられたものの、みごと裏の試験にも合格した模様。「兄貴」が、峯明がキレる寸前に「子供にも解ることをいい大人が揃って見て見ぬ振りを!」と自嘲して大笑して見せたのもあり、妖怪候補君を集中的にいじめていたのはいじめを見てみぬ振りできるかどうかの試験だったのかもしれません。そこらへん、「秀才」は頭がいいだけに冷たいところがあると自覚して先へ進んで欲しいものです。

   細かいですが、峯明が「眼を開けているのかどうか解らないほど眼が細い」という描写が地味に伏線。それまで目を覆っていた彼が、目から手を外したところから、カンニングによる巻き返しがはじまったんです! これは凄いな(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

このリア充が!

   虎美の甘木高校文芸部は本日文芸部同士の寄り合いがあったとかでお昼前集合で皆さんお出かけ。虎美はそういう対外委員は今年免除だそうでぬくぬくとお寝坊したのですが、今日はお昼頃から降り出したから大変。
   「うわーみくが根津と相合い傘だって! あたしだってしたことないのに、根津許すまじ!」と、ツィッターで刻々綴られる仲間うちの事件に絶叫。おい、そっちかい。そういえば、こないだ担任の先生がみくさんを下の名前で呼んだとか言ってやっぱり許すまじとかいってたなあ。いや、女子高生を下の名前で呼ぶのは先生まずいでしょう。親しき仲にも礼儀ありですよ。
   「イケメンとアイアイ傘したってのに、さすが、身長差があるから大変としかみく言ってなくて」
   虎美次々もたらされる情報に画面から離れませんです。
   「まあ低い方の肩が濡れるわな」と、おかあさんも興味津々。
   「リツィートしまくられて大変なことになってる!」
   「……みくさんの彼、壬生くんだっけ、言いつけてやれ」
   「おかあさんってば!」

   しばらくして、虎美唸ってました。
   「みくちゃんが濡れなかったんならおれべつにいいよって壬生くんリツィートしてた。キャー男前っ!」
   「……ああ」
    おかあさんはもう脱落。彼らは虎美の友達連中ではベスト・カップルらしいですな。
   「おかーさん壬生君とみくちゃんでなんか掌編書いて!」
   「……リアルに存在する人間でそんなことできるか」
    とりあえずブログのネタにはしてみましたよ。うぅ~んあまずっぱい! 気持ちになっていただけましたでしょうか。ああもうほんとに、リア充爆発しろ(注:青春を満喫しているような幸せな奴らは爆発してしまえ といったネットの定型句)。って、タイトルも最初「爆発しろ」ってしたんだけど、時節柄不謹慎かと思って土壇場で変えました。注意注意……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »