« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

2013年3月26日 (火)

日本代表コーチに必要なインテリジェンス

   世を騒がしておる日本柔道界の指導部がどうとかという話ではございませんので。

   毎年恒例のアルバイト、今年の講演会はあの全国一斉学力テストについての講演であったらしく。前半の先生は国語、後半の先生は算数・数学について語ってくれました。国語の先生は、「日本の国語科は従来長い論説文を解釈することに中心が置かれてきたが、近頃の社会で求められているのはそういう能力ではない。図表やグラフ、写真やそれに付随した注を読み解いてそれらから情報を得て、自分で判断した内容を伝わるように発表する能力が必要とされてきている。それは狭い意味の国語科の能力ではもうないと思われるが、そういう能力も、各教科と連携しつつ付けて行かなくてはいけない」てなことを語っていたような。
   それを受けての数学の先生は、具体的な問題のお話になると俄然元気に語り出して。

   「次の問題行ってみましょう。これは、スキーのジャンプの競技の2人の選手の成績です。原田選手と、船木選手の成績を図にしたものがこれです。これを見て、次のジャンプ、最後の一本ですが、どちらの選手に飛ばせた方が合計でよい記録を出すことができるかを考えて、図のどこに注目したかについて述べながら説明しなさいという問題です」
   おいおい。実際のデータなのかこれは。横軸が飛距離で何メートルから何メートルの間、と幅を取ってあって、その幅につき、何回、と縦軸に回数を取ってあります。
   ええと、原田選手は例によって(おい)時々失敗ジャンプがあって、60メートル台とか、80メートル台とかに1回、ぽち、ぽちと実績があります(きっとラージヒルなんやね)。その分、135メートル以上なんてすごい記録もあります。バッケン・レコードってやつだ。
   対するに船木選手は、これは綺麗な正規分布、115~120メートルのところに山があって、左右に行くにつれて回数が減っていっています。安全確実に115そこそこ飛んでくれそう。さて、どっちを選択します? 全日本代表監督になった気持ちで考えよう!

   「ヒストグラムを解析する問題です。これは、どちらを選んでも、『わたしは、原田選手は130メートル以上の記録の累積度数が高いので、原田選手を選びました』、『ぼくは、船木選手を選びます、船木選手の方が、偏差が小さく、確実に中央値である115メートルを飛んでくれると思われるからです』云々と、ヒストグラムのどこに着目したかをちゃんと述べられて、それが理由付けになっていれば正答とします」などと語っていました。

   良問だと思います。だから先生も楽しそうに講演に持ってきたんでしょう。
   実際のコーチだとそこへ、原田は確かに失敗ジャンプはあるけど、それをカヴァーして余りある長距離を飛ぶ実力(とツキ?)を持っている、原田なら失敗しても原田だし、で応援してくれてるみんなも許してくれそう……とか考えちゃったりして。いやでも船木なら確実に115飛べて、ほんとのところは××国との金メダル争いでは安全距離で125欲しいところだけど、110あれば銅は確実だし。欲をかいて原田にして失敗ジャンプに当たったら絶対なんで船木にしなかったって言われる……コーチも大変ですね、わたしなら原田を使うな。

   というわけで、今時はこういう「情報を元に考えること、そしてそれを表現して解ってもらうこと」が必要とされるわけですよ、ということを学力調査の出題をもって先生達は世にメッセージを送り続けておるらしいです。ま、正答は47%だったらしいけどね。こういう問題を楽しんで解こうよ、中学生諸君。白紙で出すなんて脳味噌プリン化させるだけじゃん。

   ゆとり教育って、一巡して結局なんだったの、残念な子ども達を送り出しただけなのといわれがちですが、こういうふうに、実際推進している先生達は善意を持って、日本の子ども達に必要な学力を付けてもらいたいと思ってやっていた訳なんですね。やっぱりそういうことを知ることができて、これは良い経験をさせてもらいました。ええ、ゆとり教育なんて世紀の愚策、学校が要求学力を落としてどうすると教員採用試験に書いて落ちた(ことになっている)わたくしが申すのですから。それ見たことかとは思ってるけど、実際理想としたことに見るべきものがあって、実践した結果にほんの少しでも以前とは違ったいい影響が現われているなら、全てを否定するなんてことはいたしません。

   生類憐れみの令も、今は研究が進んで、「戦国時代の荒々しい雰囲気を一掃した」なんて一周回って再評価とかされてるらしいしね。もう50年ほどしたら判るかもよ。
   そこは、若い人達も、ゆとりゆとり言うなと言うばっかりじゃなくて、おれたちは昭和の詰め込みの人とは違ってこういう教育を受けた、それのおかげでオッサン達よりよっぽどこういうこと得意ですけど? とそのプレゼン能力とやらで発信してくださいよ。期待してますよ。だって、昭和の頃よりオリンピックに出るようなアスリートのしゃべりが個性的に興味深くなって、さすが、道を究めた人は違うわ、と感心させられたりとかするようになりましたもの。

   そんでもって、そういう教育を受けたコーチの皆さんは、科学的に論理的に選手の皆さんを指導できるわけよね? 殴って根性と叫ぶしかないオッサンオバサンにはさっさと引導を渡しちゃってください。おかあさんのお願い。って、やっぱり時事問題に戻って来ちゃった。

   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ワンパンマン」 繋がれば安心

   村田版ワンパンマン、3月14日更新予定が遅れに遅れてこの週末更新で。まずはおめでとう。今回も総天然色♪

   巨大隕石篇(いやその前のオリジナル部分もか?)からじらしに入って、画力がすごいのは解ったから、話を進めて~という読者の魂の叫びをまるっと無視して、すんごい描き込みのジェノスくんの新兵器アタッチメントやら、カラー見開きでのメタルナイト:ボフォイ参戦やらを描いてくれていて、本人も解っているのか扉絵で「俺の出番まだ?」と主人公サイタマ氏に語らせるくらいにサイタマ氏の活躍はお預けだったのですが。

   来たよー! 今回は、その出撃シーンの凛々しさから頼もしいと思わせといたメタルナイトがS級ヒーローにあるまじき利己的なやつと判明するところから。こいつは目的は人助けではなく、結果からヒーローと認定されているのであろうというヒーロー。心は英雄なのに身体能力が追いつかないC級無免ライダーとは真逆な存在です。原作ONE版の描写で、他のヒーローが彼を真の敵とジェノスに忠告したこともあって、もしかして、ジェノスの怨敵はじつはこいつなのではとわたしは推測しています(あくまで個人の意見)。
   壊滅の危機にあるZ市のこの事態を「実験」と言い放つ様にジェノスは怒りを見せます。このコはそういうアツさのあるヒーロー。とりあえず視野は狭いけど心でヒーローの資格はあるかな。いや、復讐が主目的というならとりあえずサイタマに逢うまではやはりヒーローの心の資格はなかったのかな?

   そのジェノスが、メタルナイトの利己的な×ヒーロー活動○隕石破壊活動に反感を抱き、それが効果の無かったことを見て、次に、及ばずながら全力を尽くそうとします。ここのところのメカ描写がまたお素敵。それでも、目の前で見たメタルナイトのおおがかりなミサイルでもなんの打撃を与えることができなかったことから、自分が最善を尽くしても無理なのではないかと脳内検討し、やや短絡的にまた視野狭窄でパニック寸前になるところを、「まあ落ち着け」「適当がベスト」と、武道家らしいアドヴァイスを与えるシルバーファング:バングがまたナイスジジイ。本年度のナイスジジイはこのひとが持っていきました
   適当という言葉で心の師サイタマ氏を連想(それってどうよw)、一息ついたところで、「この一撃に今の俺を捧げる」と焼却砲をぶっ放すジェノスくんです。

   まあ、当然への突っ張りにもならんわけですが(隕石巨大すぎ)。

   「駄目だ! 破壊できるようなものじゃない!」
   「いや! だが気のせいか隕石が勢いを落としている様に見えるぞ」
   「本当か!?」
   「あ、気のせいじゃった!」
   「糞ジジィめ!」
   ここの掛け合い、原作でも笑ったわ。

   手を腰の後ろに組んで、姿勢まで好々爺のバング、実に飄々と見届けてくれています。ちょっとは優しいよね。気休め言ってくれて。ジェノスくんお年寄りには敬意を払おう。

   「残り9秒」「逃げるんだバングさん」あ、払ってるよ敬意。
   ジェノスくんがサイボーグなところはこれだけ死力を尽くして、一瞬だけど脳内検討段階でパニくってもいたというのに秒読みを継続していたところね。普通の人間だと、感覚が早回しになっていて、あ、走馬燈状態? 正しい時間の認識ができてないでしょうこういうとき。映像作品とかだと、スローモーションになってるよねきっと。情報量の多い、濃い時間です。

   そこへ現われる主役。真打ちは最後に登場するのです。

   「じいさん、こいつ任せるぞ」

   後ろ姿の上に、吹き出しでその頭部も隠れているのです。でも、読者はそれを見誤ることはありません。

   「だ、誰じゃね、キミは?」

   驚くのはバングさんだけ。

   「俺はヒーローをやっているものだ」

   キャー! 千両役者! カッコイイ! 顔はあのてるてる坊主顔だけど。
   そんでもって、やっぱり一撃でおわり。

   ジェノスくんが脳内検討したとおり、隕石は砕けたけれど、破片が雨あられと降り注ぎます。

   「ジェノスくん、動くな」中略。
   「守っちゃる」
   はーいおじいちゃんの出番はここ。見事に破片をたたき落としてくれました。ビルが倒壊してもジェノスくんひっ抱えて見事に避難、避難。やっぱりS級は伊達じゃない。
   サイタマ氏は華麗に着地を決めて、「一件落着だな」って、いや、街全体に破壊の波が広がってくらしいですけど。そのへんのアバウトさがサイタマ氏の持ち味かしらね。

   という感じで、あーんもうスッキリ! 待たされた甲斐があった、もう一生着いていきます状態なんですが。

   ピクシヴなんかでファンの感想を探しますと、ここんところ、ややジェノスくんが師匠を度を超して慕っているという見方のひととはいえ、絶体絶命のときにサイタマ氏が現われたときのジェノスくんの表情に安心感が見える、おかあさんを見つけたときのような、なんて表現もありました。ああ、なるほどそうかも。あと、そもそもの登場時のモスキート娘戦のときには、彼我の能力の差を痛感し、勝利の目がなくなってしまったときには自爆をすぐに考えていたジェノスが、周囲への影響を考えて煮詰まっていたあたりにさいたま氏と出会った影響を見たようでした。うぅ~ん、そうかぁ。でも毎度後先考えないフルパワー1択なところは変わってないと思うけどな。

   モーニング講読中、毎週2ちゃんねるの当該雑誌スレッドで感想を読んだり、歴史もの等のときには、こういう史実があって云々とお詳しい方の解説を読んだりしてた時にも感じてたんですが、今時は、漫画を読んでも、深い漫画読みの人に細かいところを解説してもらえるのが楽しみです。解説ってほどでなくても、「絶対可憐チルドレン」とか、「Q.E.D.」とか、作品内に小ネタを入れてくる作者の時には、「ここんとこにこうこう!」と指摘しといてくれると、見逃していた自分もそれを発見してとても楽しくなります。このワンパンマンも、単行本の時には、ここのところにこういうネタがあって、表紙はこういうふうに見るとこうなっていると誰かが解説してくれていて、もう、一粒が2度3度おいしい! グリコもびっくり!
  ややいけない掘り下げ方をする方もいるとしても、それはそれでれーせーに割り切って排除して。ネットで読者が繋がれるようになった今の漫画の鑑賞はそれはそれで豊かだと思いますよ。ジェノスくんがサイタマ氏と出会って心にゆとりが生まれ、サイタマ氏がジェノスくんにと出会ってヒーロー同士横のつながりを得たのとはまた別の次元のこととしても。

   それにしてもけっこうえ~かげんなヒーロー協会のヒーロー認定基準。一度も姿を現さない、けれどランキング一位のヒーローってのは実は世に知られていない、評価されていないと腐ってたサイタマ本人のことなんじゃ、って指摘、どっかで見ましたけど、納得だわあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

親孝行な虎ちゃん

   年度末恒例のアルバイト、前半が軽く終了してヤッター今年は快調って言ってその日ギックリしたのはたしか先週の今頃だったなあ。それから療養生活に入り、ちょっとショックなこともあって、本日ギリギリ12時を回ってから後半に着手したのでした。おかあさん余裕出し過ぎ。また最後には徹夜徹夜でまにあわせるのであろう。

   ところが、あに図らんや後半の先生は自分に慣れた単語はさら~っと早口で語っちゃう系の、講演者としてはいちばん困っちゃうタイプの先生だったのです! 過去には特別支援がとれしぇんるとしか聞こえない先生とかいました。

   「やばい、これは無理や」
   おかあさん開始1分で白旗。
   「もう一枚のCDがあるからこっち聞いてみる」と、パソコンに食べさせてみると、……無音。メディアプレイヤちゃんにお尋ねすると、
   「空のCD」とのご託宣でした。あのー、予備音源間違って空CD送ってこられたわけですね。着いたときチェックしないおかあさんがいけません。気がつくと背後に虎美が立っていました。
   「明日この音源じゃ起こせないってメイル入れるから!」
   「再生をゆっくりにはできないの?」
   「テープのやつにはそういうボタンがあったが。メディアプレイヤにその機能は……?」
   「プレイビューのところクリックして」
   虎美の言うままに開けてみると、果たして拡張設定のところから、再生速度の加減ができるということが判明したのでした! 50%で再生すると、なんとか推理力を働かせながらなら文章に起こせそうな程度にはなりました。ホッ。
   「やった! さすが情報10! でもまさか授業でこんなことは習わないのであろう?」
   「でも、画像の編集とかの授業はあったから、できるんじゃないかなーって」
   そういえば、ユーチューブなんかではこの曲を早回しにするとこう聞こえるなんて投稿ありますもんね。ディジタル音源でもそういう悪戯はできるわけだ。
  
   最近の学校はすぐに役に立つことばかり教えてくれますね。ゆとりばんざい(それは短絡しすぎだろう)! それでも結構この先生の講演は厳しいのですが、あと1週間でなんとかなりそうな展望が見えてきました。役に立つ虎ちゃんの頭はしっかり撫でておきました。明日早起きしてがんばって学校いってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »