« 結構生き残っているらしい | トップページ | 世に言われることはケッコー正しい »

2013年12月19日 (木)

このぐらいはまりました

   試験期間中、午前中で虎美帰って来ちゃうのにお昼を手配しておくのを忘れて、そういえばもうお小遣いないって言ってたなーと焦ったおかあさんの脳裏に浮かんだあのシルエット! この年末が賞味期限って書いてあったわよ。と、仕事場で携帯を取りだして書き書き。

   「第一の令呪を以て命ずる。
    宝具の開帳を許可する。

   虎美よ乾パンを食え!

   えーと、Fateの物語世界観で、令呪ってのは主人公である魔法使い達が契約したいろんな過去の伝説の英雄の霊たち:英霊(この言語感覚はちょっとびっくりしますね)に有無を言わさず物事を行わせてしまうことができる命令で、一契約に付き3つしかもてないようになってるみたいです。その英霊に自殺を強いたり、作中の皆が望んでいる究極の宝物「聖杯」をぶっ壊せと命じることもできました。そんな貴重な命令をこんな所に使うか。
   宝具ってのはその英霊が持ってる必殺の武器ですねー例によって史実空想とりまぜていろいろ逸話のあるもので小難しい漢字の名前に意訳盛りもりのカタカナが振ってありますね。いや、物語で語り継がれている正式名称に綺羅綺羅しい漢字を付けたのかな。
   そんでもって、その宝具を実戦使用して良いよってのが「開帳を許す」という文言なのですが。まあ、開帳ってのは辞書的意味だと普段公開してない秘仏やなんかを厨子の「扉を開けて」拝観させてくれるっていうような意味だと思いますんで、誤用まで行かないセンス良い拡大用法だなと思うだけです。

   そしてそういうメイルを貰った虎ちゃんは、実に昂奮した感じの返信を寄越してくれました。

   「でも、『宝具の開帳』は令呪じゃないでしょ」と冷静な突っ込みはそのあと。ああ、うん、いちいち闘うのにそんなコトしてたら令呪すぐ使い切っちゃうよね。「宝具の開帳」って書いたらなんかスイッチ入ってFate っぽくまとめたくなったの。

   そしてお兄ちゃんも参戦し、おかあさんが帰宅した頃には成人が3日食いつなげるはずの乾パンは猫科の人たちによって食い尽くされていたのでした。
   今地震が来たらどうしよう

|

« 結構生き残っているらしい | トップページ | 世に言われることはケッコー正しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/58782576

この記事へのトラックバック一覧です: このぐらいはまりました:

« 結構生き残っているらしい | トップページ | 世に言われることはケッコー正しい »