« 回帰熱 苦手分野にも果敢にトライ | トップページ | 具志堅で行こう »

2013年12月 4日 (水)

ヤギのおしごと 純情少年篇

   結構このシリーズも長いなあ。

   11月末のニュースですが、最近は通勤時間が長いので暇つぶしにスマフォでネットニュースを見ていたりして、それで拾ったネタ。おかあさんさぼりすぎ。
   「町田の団地で実験として草刈りの任務に就いていたヤギが実験区域の草を全て食べ終わって任期満了」云々。へーと開いてみると、オス一頭メス三頭で、窪地だったので逃げる心配がないことから放し飼い状態で9月末から任務に就いており、夜はテントに自分から入って眠り、何度か来襲した台風もその中で凌いだとか。けなげです。近隣住民の皆さんも、匂いがするんじゃ? などと心配していたのが、鳴き声がカワイイとか、姿に癒やされるとかいって散歩がてら見に来たり、幼稚園児が自分でむしった雑草を与えてみたりと結構いい刺激になっていたとか。

   帰ってお兄ちゃんにも教えてやろうと、パソコンを操作して検索したらば、結構いろんな所で取上げられていて、画像まで上がっていて、二人してつくづく見ちゃった。
   「草刈り機の排出する二酸化炭素の排出量や、刈った草を焼却して出る二酸化炭素量を配慮って、そんなん微々たるもんだろが! どんなすごい草刈り機やねん!」と突っ込み倒し、そして、詳しい記事をまた引っかけて読み込むと、

   「29日には近隣のお年寄りや幼稚園児を招いてお別れ会が催される」との記述が。
   「仕事を完遂したヤギは潰されてお肉になるのだな」と露悪的にお兄ちゃんに申しますと、
   「まさか」と。おお、さすがに19にもなると騙されないか、と思いながら、まだまじめな顔を繕って、
   「だってここに、『用意された豚汁×00人分は完食された』って。豚汁じゃない、ヤギ汁だな」
   「ありえない……シヴィアーな世界だね」
   震えてましたわ。うちの子は「銀の匙」読み込んでますからね。結構信じたみたいよ。もうそこでおかあさん限界、
   「バカス! ころっと騙されて! ここにちゃんとレンタル元に返還されたって書いてあるだろ! 子供達がなじんでたヤギ潰したら阿鼻叫喚だって! おまえ大丈夫!?」
   大笑いしちゃいました。

   「うわー騙された! おかあさんが法螺吹きだって知ってたのに! もう引退したっていってたじゃん」
   「そんなこといった覚えないね! 常識で判断しろよ! ギャハハ」
   さんざん笑い倒して、おばあちゃんにも報告しちゃった。
   その辺で寝転がって漫画読んでた虎美は、
   「おかあさんのいうことを真に受けるほうがバカ」と冷たい反応でした。

   でも、合鴨農法の鴨はひと夏働いたら鴨鍋になるのがおしごとじゃん。ヤギは臭みがあるらしいから日本人の好みじゃないかもだけど。あ、じゃあ羊にして、毛はセーターその他になって貰って、草刈り奉仕のあとはジンギスカンになってもらうってのはどうだろ? いや、ひと夏経過したらもうマトンになっちゃってるからジンギスカンは無理かなあ。ヤギ除草ももう一ひねり欲しいところですよね。

|

« 回帰熱 苦手分野にも果敢にトライ | トップページ | 具志堅で行こう »

コメント

 豚汁の数がわかんなくなって再度ぐぐったのですが、お別れ会の内容についての記事はなかったです。おかしいな?
 この一週間で結構いろんな所で取上げられたらしいので今更でしたが、うちのこがまんまと騙されたというのが主題ですのでまあご勘弁を。

投稿: まいね | 2013年12月 4日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/58693535

この記事へのトラックバック一覧です: ヤギのおしごと 純情少年篇:

« 回帰熱 苦手分野にも果敢にトライ | トップページ | 具志堅で行こう »