« ダイヤモンドは砕けない……らしい | トップページ | 辞書で遊ぼう »

2013年6月 6日 (木)

草田女が母ですいません

   家族団らんの話の流れで、豹太が突然、
   「サイユウキって腐向けなの?」と聞いてきました。いやそういう話題が家族団らんで出るってどうよ、まずそこを反省しよう(旦那様はもう寝ちゃってました)。
   「い……やあ、それってうちにある方の最遊記?」
   いやポプラ社が出したかいけつゾロリの原ゆたかが書いた方もありますけどね。
   「うん」
   腐向けってのはその、あれだ、少年愛を過分にどんな作品にも見いだしてきゃーきゃー言ってしまう困った漫画/小説愛好家に向けた作品ってことだ。意味深に美少年美青年が出てくる作品……。
   「いや、作品内ではそういう描写はないが、ファンは多分に……そういうひと」
   「あのねッ今時男ばっか出てくる作品は腐女子向けで、女ばっか出てくる作品はオタク向けなのッ」と横から虎美が解説してくれました。ああ、そういうワケ(定義)じゃないと思うけどそういうこと(実情)だよなあ……。

   「こないだかなりオタクな連中とカラオケ行ったときに『最遊記』のOP(オープニングテーマ)歌ったけど誰にも気付かれなかった」って、ぱーどん!?
   「おにーちゃん!」
   「そーいえばこないだ2期OPより1期の方が好きって言ってたっけか」
   アニメの主題歌は結構パンチの効いた曲で、おかあさん今でもユーチューブで拾って流してたりしますが。それを通りかがりざまに、
   「おれもう一方の方が好き」なんて呟いて去って、おかあさん彼がそういう曲を個別に認識してるとは思わなくてちょっとびっくりしてたのですが。
   ついでに虎美も気に入って携帯の着メロにしてたりするのですが。兄妹して熱く曲について語りはじめてしまっているのをよそに、母は反省しきり。
   「……少し前のアニメだから知ってるひとがいないだけだと思う」

   仙台時代ですから、猫科のひとたちは小学生だったですね。小学生にそんなええと同性愛的なアニメを見せてたんかいって、おかあさんは子供のいない時間帯にTSUTAYAで借りたのを見てた……? いや、普通に夕方5時にやってたし、原作は限りなく男のアクション! ロードムービーな展開だから。原作者さんも「アニメになったおかげで小学生の男の子も見てくれるようになった」とかいってたみたいだし。
   とりあえずお兄ちゃんはそういう「アウトローっぽいイケメンがアクションする作品」と捉えていたらしいです。ああ、おかあさんにとっての「ルパン三世」第2シリーズみたいな?
   「リロードもブラストも全部うちにあるよ!」と虎美は勧誘してましたが、原作を読んでみる気はないようです。とりあえず最初のシリーズは軽く見た程度だそうで。
   ……うん、実姉と恋に落ちたり実母に誘惑されたりするような話は男の子にはちょっとどうよと思うので。虎美はその辺綺麗にスルーしたらしいです。あ、お兄ちゃんもその辺は「別世界だし」と軽くスルーできたそうで、今聞いた。ふーん。

   腐った母でごめんなさいと思いつつ、うちの母は少女漫画を読まないひとだと思っていたらどうしよう、いや、少女漫画というのをそういうのばっかりと捉えていても困るな。彼にとっては「カードキャプターさくら」はコジョ(女児)向けで、「動物のお医者さん」は「あれって少女漫画なの?」だから、もしかして初めて読んだ少女漫画は「生徒会長はメイド様」……。途中からあのキュンキュンな感じに付いていけなくなったそうです。「図書館戦争」は楽しめてるようです。おかあさんにとっての「エリア88」みたいなノリ(なんかミリタリーっぽい雰囲気がカッコイイ)だったらどうしよう? 今更悩むぐらいならちゃんとしたものを見せておけ……ちゃんとした子供向け漫画って何よ? ワンピースならアニメ化された時点で既刊7巻? から買いそろえてますけど。今でも新刊出ると3人取り合い。

   虎美はちゃんと(?)実家を掘り返して「マダムとミスター」とか、「伯爵カインシリーズ」とか、川原作品とかを読んでいるようなのですが(そういえばうちに「ベルばら」、「ガラカメ」、「エースをねらえ」はない)、お兄ちゃんは……。まあとりあえず勉強がんばってね。

   それにしても、「腐女子向けアニメのOPを朗々シャウトする男」なんて伝説ができても良いのだろうか、豹太。虎美がこないだ友達とのカラオケで歌ったときには登場人物とか実際のアニメ映像が出たらしいのに。
   「キャー八戒ちゃん!」と歓喜で歌ってきたらしいです、虎美の方は。
   今聞いたら、お兄ちゃんの行ったところは出なかったそうです、それでぎりぎり豹太くんの名誉は守られた?

|

« ダイヤモンドは砕けない……らしい | トップページ | 辞書で遊ぼう »

コメント

 そういうおかあさんはピクシヴで金髪のお姉さんが目の死んだ青年と組んで闘うらしい絵を見て「Fate/zero」という作品に興味を抱いているわけですが。とりえあずウィキペディアと公式は見に行って、なんかややこしい漢字とか時代がかった長い文句の武器やら能力の設定の説明、アーサー王とかギルガメシュとかそういう伝説の英雄を召喚して使役する世界観を読んで軽く引いて、ああそういう中高生向けなのねーと思いつつお兄ちゃんに軽く話を振ったら。
「Fateというのは18禁指定になっているようだがあれはザンコクだからなのか?」
「ギャルゲの感覚じゃない? ラノベも出てる。おれ読んだ」
 母驚きつつ黙って手を出します。
「もうない」
「借りたのか」
「うん」
 嗚呼素晴らしき朝読書タイム。高校3年間で豹太はいったいどんだけラノベを読み倒したのでありましょうか。
「ブックオフ行けば?」
 ……いや今更そんなものにはまったりはしないぞ!

投稿: まいね | 2013年6月 6日 (木) 01時44分

「Fate/ZERO」は、ゲームが先で、アニメ的にも「STAY Night」という本編があって、そのスピンオフというか、前日譚という位置づけですね。
「STAY Night」はどちらかというと、大きいお兄さん向けの美少女大盛りアニメだったのですが、それがZEROでは一変して、渋いおっさんたちが、権謀を駆使して陥れ合う、シビアなサバイバルアニメになってます。残酷描写もかなりあります。

「Fate/ZERO」が注目されたのは、何と言っても、「マドマギ」の脚本家の虚淵さんのオリジナルストーリーという点でして、いっそ爽快なくらいの情け容赦のなさが絶賛されてます。私も最近アニマックスで、全話観た後、相当ハマりまして、ラノベ全6巻読んでしまった。何でしたらお貸ししますが、まずはアニメで観た方が絶対良いかと思います

投稿: 波多利郎 | 2013年6月 6日 (木) 16時18分

 おお、これは思わぬところから。ごろにゃん(ト手を出す)。
 見返りはノイエ・リリエンベルガー・ゲビートの「エチエンヌ」の焼き菓子もしくは肉球マシュマロでいかがです?
 アニメですか、ちょっと今TSUTAYA会員権期限ギレしてて……。どこ行ったら見れます? 

投稿: まいね | 2013年6月 6日 (木) 23時45分

あ、はい。では、近々お送りいたします。何なら、2話ほど欠けていますが、録画分をブルーレイに移してお貸ししますが、ブルーレイは再生出来ますでしょうか?

他に「イヌボク」のアニメとか、「まほろ駅前番外地」とか、「戦国BASARA」とBASARA劇場版とか、「進撃の巨人」の既放送分とか、「銀の匙」原作7巻までとか。いろいろご用意できますので、何かご希望があれば、どうぞ

投稿: 波多利郎 | 2013年6月 7日 (金) 08時49分

 ! ! ! 
 すいません仔猫ちゃんたちに確認しましたがうちはブルーレイ未対応みたいです。残念(T_T)
 ユーチューブでランサー退場とセイバー退場部分のアニメは見られました。綺麗でかっこよかったです。ランサーの過去(=伝説部分)と現在(=Fateの物語世界での設定)の因縁の絡み具合がもう堪らない! これはすごいシナリオと思いました。楽しみ楽しみ、
 「進撃の巨人」は姫ちゃんから3巻ぐらいまで貰ってたのにうちの子たちが買い増しして既刊は全部あるようです(母は未読、今ブームに乗って甘高生の間を回っているらしい)。
 「銀の匙」も全巻ありますよん。特装版の銀のスプーンは使うか飾っておくかで論争になって結局どっかに隠匿された模様。それではよろしくお願いします。

投稿: まいね | 2013年6月 8日 (土) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/57533156

この記事へのトラックバック一覧です: 草田女が母ですいません:

« ダイヤモンドは砕けない……らしい | トップページ | 辞書で遊ぼう »