« 四つ目族はヘアーサロンでなにをしているか | トップページ | ちょっと肉体労働してきました »

2013年6月30日 (日)

本日の暴論 A判は日本人に向いているか?

   期末試験の季節になって、虎ちゃんTVで歌番組を見ながらというふざけた試験勉強の仕方をしております。お前まで浪人する気じゃないだろうな。

   中学時代からうちの子で許せないのは
   「置き勉してるから」というものいい。教科書を学校に置きっぱなしにしてくるんですよ。そんなんじゃ勉強できないだろうがと言うと、
   「だってみんな置いてるよ」と返す。「赤信号みんなで渡れば怖くない」の論法だ。まあ、今は無駄(無駄じゃない!)に印刷が綺麗でその分比重がある資料集が各教科ついてるから持ち歩くものが重くなってるんだろうな。また、教科書もカラー化してるし。
   おかあさんは教科書を各教科みっちり詰めたブタカバンを持って通って両手にまめを作った過去があったので、教科書を持ち歩かない学生なんて! 言語道断! だと思っていたのですが。

   最近の教科書って重いんだわ。前述の通りの印刷の問題、資料集・便覧のたぐいが充実してるというのもありますが、教科書もA4判に移行したので純粋に物理的に重厚長大化してしまっているのでした。

   ランドセルもA4移行で大きくなってるとか、コマーシャルでも言ってますよね?

   そりゃ重いわ。普通に時間割を6時間揃えたら死んじゃう。あ、体重計で測っておけばよかった。おかあさんの全盛期はふつうに5キロありました。まあ、今時の中学の指定カバンは肩に掛けたりリュックにしたりできますけどね。

   こんなに重いものを毎日担いで3年通ったらそりゃ体格の形成に障りになるって!

   書類のグローバル化といって、B判は日本でしか通用しない、国際基準のA判に統一しようといいだしたのは、おかあさんがまだお勤めしている平成初期のことでした。各種書類や会社の中の便箋までA判に移行するからって、まだ使えるファイルや用箋をどんどん廃棄してA判サイズのものに切り替えていったのですが、B4がA4ならサイズダウンになって節約にもなるかも知れませんが、ちょっとした回覧、飲み会のお知らせはその半分、ふつうのノートサイズのB5で回していたので、A5で出すと余白が余りすぎて無駄じゃんと当時から思ってました。

   そんでもって、じゃあシステム業界がすぐに思いつくグローバルというと、当時お仕事で行き来のあったIBMなんですが、IBMがA判を使っていたかというとそうじゃないんだ。レターサイズという、A4よりちょっとずんぐりした感じの紙で、まあA4ファイルに入れようと思ったら入れられなくもないけど、ちょっと無理矢理感が否めない感じです。あ、ついでに、レターサイズのIBM仕様書はふつうの2つ穴ファイルではなく、3つ穴の専用バインダーに入ってきてました。すんごく厚くて一冊だけでずっしりきてたのを思い出します。ほんと、か弱い日本人には無理ッとその頃から思ってましたとも! あ、穴が3つというのは1個穴が破れちゃってもぶらぶらしなくてそこはいいと思ってました。

   ということで、わたくしは可愛い我が子の背骨を案じて今でこそ問いたい!

   A判移行に代表されるグローバル・スタンダード導入は真に日本人を幸せにしているのか!

   日本人の体型に合わせて尺貫法、尺モジュールの世界はできていたのでしょう!? それを捨てて体格の違うコーカソイドのためのメートルモジュール、A判を採用したってなじめないのは当たり前じゃん! あのわら半紙のB判は日本人がふつう携帯して利用しやすいサイズということで落ち着いたんでしょうに。文明開化して体格向上したっていっても、やっぱり平均身長は男子170、女子160を僅かに切る程度で安定してるんでしょうが、この辺が民族的限界なんだって! 手がちっちゃいんだからA判は無理! スマフォだってタブレットだって、向こう規格だと大きくて取り扱いが大変、おっことしちゃうって噂になってるんでしょ!

   今更B判に戻すのはまた無駄だから、戻せとまでは言わないけど、絶対こういうグローバル移行には罠があるってこと、反省して次に活かしてください。そこまで高緯度でもないのに、サマータイムやらないと文明国扱いされないからサマータイムやろうとか、さ。

|

« 四つ目族はヘアーサロンでなにをしているか | トップページ | ちょっと肉体労働してきました »

コメント

こんにちは。本題の内容と全く関係ないことですみませんが、本日30日16時より、ニコニコ生放送で、Fate Zeroのアニメ一挙放送があります。実は前半~13話が昨日の放送だったので、14話~ですけど。取り急ぎお知らせまで

投稿: 波多利郎 | 2013年6月30日 (日) 09時50分

 あーはい、娘が情報を得て昨日7話ぐらいからぶっ通しで見てました、わたしは時々背後から覗くだけで。今日も終わるまでパソコン譲ってくれなくて。
 それにしても、コメントがついてる画面だからとはいえ、あの後半の愁嘆場でも「愉悦、愉悦」とか、「かみ合ってねーw」とか、ゲラゲラ笑いながらだったのが我が子ながら恐ろしかったです。わたしが高校生の時に見たら入れ込んで爆泣だったと思うのに。まだ期末試験の真っ最中ということもあって、大丈夫だろうかこの子(たち。お兄ちゃんも途中から参戦)ととっても心配です。

投稿: まいね | 2013年7月 1日 (月) 01時07分

 あ、そんでこの項につき補足。グローバルはグローバルでも、A判はもとはドイツの規格なんだそうで。そりゃアメリカでは違うよな。あと、メートルは昔からコーカソイドの身体に沿って自然発生した単位ではなく、フランス革命時に地球の大きさをもとに作った単位なので、もしかしたら彼らの身体にも即してないかも知れません。アメリカ人たちが使っておるのはヤード・ポンド法であります。そうそう、向こうさんがヤードポンド法を捨てるというならグローバル・スタンダードも採用してやってもいいかなというところじゃないですかね。

投稿: まいね | 2013年7月 1日 (月) 01時12分

余計なところ、失礼いたしました。自分では削除できないので、お手数ですがコメント消しちゃって下さい。

ともあれ、グローバルスタンダードはいろいろありますが、まあ、だいたい欧米の都合の良いようになっているのが、お約束のようであります。スケートの採点基準とか、オリンピック種目とかね。でも今回、同性婚の合法化に大きく踏み切ったアメリカは素直に凄いと思う。こういうのこそ、一度くらい日本でも議論してみればいいのにね

投稿: 波多利郎 | 2013年7月 1日 (月) 08時48分

ご無沙汰してます.
私の職場でも書類がB5からA4に切り替わるときにいろいろありました.
B5って好きだったのだけれど,いまは妥協して,私用までA4.
ところで「レターサイズ」は嫌ですね.コピーするのに,縮小してA4に収めるか,もったいないけどB4を使うか,悩みます.

投稿: 三ねんせい | 2013年7月 4日 (木) 18時41分

 波多利郎さん、消しちゃって良いです? じゃあ次の巡回ででも。バレーもノルディックも水泳も柔道も、日本が勝たないようにルール改正されるのはほんとむかつきますよね。なんとかならんのでしょうか。
 三ねんせいさんお久し振りです。お元気でなにより
 そうか、コピーはさすがに同寸はこちらで用意できませんから、余白切っちゃうか無駄を承知で大きいサイズにするか困るんですね。……高性能日本のコピー機は米レター/リーガルサイズ→A4への縮小ボタンも設定してくれませんかね? それとも達人が勤務時間外に試行錯誤して、「マニュアルで縮小XX%を指定するとできます」ってメモをコピー機に貼っておいてくれるのかな?

投稿: まいね | 2013年7月 6日 (土) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/57692176

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の暴論 A判は日本人に向いているか?:

« 四つ目族はヘアーサロンでなにをしているか | トップページ | ちょっと肉体労働してきました »