« 母の日はやっぱ偉大よね | トップページ | 本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん »

2013年5月11日 (土)

「トーマの心臓」 ― 少年愛への踏み絵? ―

   「11人いる!」を読んだなら次はこれでしょ! と勧められたらしく、虎美「トーマの心臓」を借りてきました。ほほう。おかあさんこれは未読。ってか、あの「ポーの一族」とか、作者は違うけど「風と木の詩」とか、ああいう少女漫画の古典:ギムナジウムもの読んでないです。なんかちょっと。……絵柄かな? 繊細すぎて。和田慎二と車田正美で育ったから、ホラ。

   簡単に申しますと、ギムナジウムってドイツの全寮制高等中学校、中高一貫の男子校ですが、ここで、男子学生が不慮の死を遂げる。これがトーマ。容姿に恵まれていて、性格も良かったある意味アイドルだったので、学内大いにショックを受けていたところ、暫くしてそのトーマそっくりの少年が転校してくる。これはエーリヒ。家庭の都合で初めて学校教育を受けることになった彼はいろいろ問題を起こす……ただでさえ他人のそら似(遠縁であったことがあとで判る)で転入早々いろんな人に絡まれたらそりゃ情緒不安定にもなるよな。ところが、優等生のユーリのそのエーリヒへの態度は首尾一貫しない、挙動不審。実は彼はトーマに想いを寄せられていたらしく……、

   登場人物それぞれの家庭の事情が思春期の心の葛藤に絡んでああ鬱陶しいめんどくさい。集団生活だから脇役それぞれにも思惑があってそれを素直に出したり出さなかったりでほんとに話が進まない!

   とりあえず読了。

   「無理! すげー苦痛だった! あとなにこの全編漂うホモ臭さ!?」

   いやそんなおかあさんが日頃読んでる二次創作の方がよっぽどホモじゃん。
   これが木原敏江で「摩利と新吾」(日本の旧制高校を舞台にした寮生活青春もの)までいくと豪華絢爛で楽しく読めたんだけど。なぜだ? あれも限りなくホモだったけど最後はそれぞれ結婚して子孫残してたしな。おかあさんの限界は木原敏江だ、なるほど解った。

   すいませんそういうわけで実は、少女漫画好きならこれでしょ!? というあの「風と木の詩」も、何度も挑戦してるのですが気持ち悪くて途中で挫折してます。竹宮恵子(めんどくさいからこの字でいい?)はその他のものは読んでるので絵がダメというわけでも……うーん、大好物ではないな。前述「摩利と新吾」は大丈夫なので、寮生活ものは好きです。「ここはグリーンウッド」那州雪絵(字こんでよかった?)は面白いと思って読んでた、飛び飛びだけど。

   謎の事故死のあとその場にやってきた問題児がその場を掻き回して、表面何事もなくまとまっていた場の問題点を暴き出して、そして真実に触れて、自分を見守る至上の存在に気付いて罪を認め、信仰の道にはいる……って、れいのヴィクトリアン・サスペンス、「アンダーザローズ」の「冬の物語」も似た構造だったんだなとふと思ったりして。あれはぐいぐい引き込まれたんですが。いやーこの作品だと主人公がユーリとエーリクをひとりで兼ねていて思いっきりイヤなやつでハラハラしたんですけど。これは自分の精神年齢のせいでしょうか。同年代で「トーマの心臓」を読んでいたらやっぱりきゃうーん!  となったでしょうかね……?

   しかし、これ’74年作品で。どうよこの心理サスペンス。この頃少年漫画は殴り合ったり泥まみれになって白球を追ってたかと思うと、やっぱり少女漫画読みの方が精神年齢高いかなーっと思いましたです。

|

« 母の日はやっぱ偉大よね | トップページ | 本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん »

コメント

 もしかしてお集まりの皆様にはお役に立っちゃてるカモの海外サイトの広告コメントですが、消しちゃいましたからね? うちはそういうサイトじゃないので貼らないでくださいね?

投稿: まいね | 2013年6月 2日 (日) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/57360705

この記事へのトラックバック一覧です: 「トーマの心臓」 ― 少年愛への踏み絵? ―:

« 母の日はやっぱ偉大よね | トップページ | 本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん »