« 大丈夫か!? | トップページ | ♪洗い物はないですか~ »

2013年5月28日 (火)

隅に置けない話

   それで豹太は浪人生活を絶賛満喫中。町田の代ゼミは席取りの必要もなく朝ドラを見てから優雅に出かけています。浪人仲間の親友草野君は(最寄り駅はたぶんノイエ・リリエンベルクで一緒)御茶ノ水の駿台まで通っているそうで、「通学がキツイ」ともう顎が出ているとか。でも、自転車通学の郊外育ちは「通学定期で電車通学♪」が憧れだったそうだから。

   もちろん勉学にもいそしんでおりまして、日曜は国立二次対策模試だったみたい。
   「英語の問題が面白かった。
   子供にTVゲームをさせることの是非について、賛成か反対か自分の意見を明らかにしつつ500語で述べなさいって」
   「ほほう、今時は英語の作文もそこまで要求するんだな」
   「おれは反対にした」
   え? ポケモンオタクで最新版まで全部揃えてて、ゲームを実際やってる様子を動画で公開しているものをニコニコ動画で喜んで見て妹にまで見せているお兄ちゃんがゲーム反対論者?
   ……それは自分の境遇を反省してのことか、世論に媚びてみたのかと先を促しますと、
   「わたしは反対です。なぜなら、TVゲームの中には普通の会話では使われないような言葉が使われることが多いので、子供達がそれで言葉を学んで、日常会話にそれを使ってしまった場合、親たちはその子が正しく発達していないのではないかと思ってしまうと言うことが起きるからです。って。もちろん課題の500語までは届かなかったし、どういうふうに英語にしたらいいかわかんなかったけど、面白かった」
   「……ほう」
   「~だけではなく~であるって構文、解るんだけど実際に文にするっていざとなるとできないね」
   「まあ、馴れだな」
   豹太やっと文を組み立てる楽しさが解ってきたようですが、ちょっと引っかかるのは、
   「うん、これは実話であるって最後にいれようと思ったんだけど時間足りなくて」
   「やっぱりアレか」

   豹太が小学校の頃、もうポケモン図鑑は暗記するほど読み込んでいたのですが、小学校の登校通路にかわいい猫がいるという話になって、
   「2丁目のところに白い毛の長い猫がいるんだって?」と話を振りますと、
   「うん、スーちゃんはシュツゲンハマレなんだよ」
   「ぱーどん?」
   「出現はまれなの」
   「……それはポケモンの図鑑の記述だな? 『たまにしか出会えない』ってことだな?」
   「うん」
   「…………それは文章の中でしか使わない。『たまにしか見られない』でいいッ」

   びっくりして、でもおかしくてそれから結構いろんなところでこのネタを使っていたのですが、おにいちゃん自分で聞いていたのね。

   かれはその昔の手袋事件でも(虎美はバカだから五本指の手袋にちゃんと指をいれられないんですよーと世間話をして、まだ小さい子はできなくて当たり前と返されたら、その場を離れたらすぐ「虎ちゃんに謝って!」と言った武勇伝持ちです)大人の言うことをちゃんと聞いてるもんだと思ってたのですが、いやいや、大きくなってもちゃんとしてる。総領の甚六を地でいってると思ってたのに。

   なんでも会話にうまく参加してその場で気の利いたことを言うばかりがいいってもんじゃないんだなとしみじみ致しました。

|

« 大丈夫か!? | トップページ | ♪洗い物はないですか~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/57476047

この記事へのトラックバック一覧です: 隅に置けない話:

« 大丈夫か!? | トップページ | ♪洗い物はないですか~ »