« Mail of ***** long-legged | トップページ | もうちょっとソシャクしたらどうかと »

2013年3月16日 (土)

おかあさんの失われた十年について

   いやこういうこというのも親として大人としてどうよと思うけどさ。

   懐メロというか、各年代のベストヒット的番組がかかると、わたくしは沈黙しますです。大学に入って合唱サークルで、クラッシック漬けな日々が始まったり、寮生活でTVが見られなかったり、お金が無くて当時レコードから移行の始まったCDが買えなかったりとかで、とんと流行歌に疎くなったのです。まあ、それでもまだそのころは国民的流行歌が辛うじて存在してた頃でしたから、本屋で立ち読み(当時はまだできた!)しながらなんとなくこの曲よく掛かるわと思ってた曲があったりしましたけど。

   そんなこんなで、就職して、飲み会の二次会かなんかで上司に指名されたのに当時流行ってた曲が全く歌えなかったなんて寂しい記憶があったりして。曲は「愛は勝つ」。今は歌えますとも。ユーチューブありがとう。

   というわけで、業界にとっての黄金の90年代は、わたしにとっては暗黒期、ビーイング系ってなんですか、チューブって管? と素で聞いちゃう頃だったのです。それを、ノリで猫科の人達に語るうちに彼らは本気にして。90年代の曲がかかる度に、
   「あ、おかあさんは暗黒期だから知らないんだよ」
   「おかあさんどうせアニメばっかり見てたんでしょー」とのたまうのでした。

   待てよ。
   おかあさんは平成元年就職組ですが、ディケイドはその名の通り10年あるのです。94年生まれのお兄ちゃんが生まれる前からちゃんとお仕事はやめて家庭に入ってますとも。TVの再放送で遅ればせながらトレンディ・ドラマにはまった時期だってあるッ! 虎美の生まれた頃は確かにエヴァンゲリオンをやっておって、虎美は自分で見た覚えがないのに「残酷な天使のテーゼ」が歌えるのは母が子守歌代わりにしていたせいだと信じ切っておるがッ! 仙台での放送がある程度人気が盛り上がってからだったせいもあっておかあさんはそこまではまってはいないのだ、あの作品には。

   かわいいかわいい仔猫ちゃんたちのために、買うのは童謡とNHKおかあさんといっしょのCD、見るのはNHK教育TVオンリーだったからじゃないかッ! いやポケモンも買ったが。
   そんな、歌番組のひとつも見ないおたく一色の生活だったみたいに言わないでッ!

   浪人生活のために本棚を一斉掃除したお兄ちゃんの部屋で、当時買いまくった五味太郎の仕掛け絵本やらたれぱんだやら新幹線の図鑑やらが、捨てずに残っていたのを見たら思い出しましたよ。

|

« Mail of ***** long-legged | トップページ | もうちょっとソシャクしたらどうかと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/56963184

この記事へのトラックバック一覧です: おかあさんの失われた十年について:

« Mail of ***** long-legged | トップページ | もうちょっとソシャクしたらどうかと »