« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »

2012年3月 3日 (土)

その嘘ホント

   さすがに3月ともなりますと、切り花も春一色、スィートピーが入るようになって、今日もお通ししましたよ。ピンクが多いです。
   「赤いスィートピー」って、バンカラな女子高校生だった頃はタイトルを聞くなり突っ込んでました。
   「スィートピーに赤い花なんかないぞ!」
   それはバンカラなりの負け惜しみだったんですが、どうも、正式に調べると、当時はなかったらしいです。ところが、聖子ちゃんの歌のタイトルだからって、花卉交配研究家の方頑張っちゃって、バブルの頃にできたそうです、赤いスィートピー。青い薔薇はいまだ開発中なのに、スィートピーは簡単だったみたいね。いやー日本のバイオテクノロジーって凄いわ。そんでもって、こないだの朝ドラで赤いスィートピーを子守歌に育った双子の話の頃には、おかあさんがその辺の農業園芸センターで種を買ってこられるくらいにはポピュラーになってました。ホント日本の種苗会社って凄いわ。

   そういう、歌の文句が現実になったのって、元祖はこちら。
   「シクラメンのかほり」
   シクラメンにも匂いは無いんです。残念。小椋桂は東大卒のくせにそんなこともしらんのかって、いやーそれはどうよ、学習指導要領に載ってる植物じゃあないもんな。具体的に歌詞の中でどんな香りかは書いてないし。「真綿色」「うす紅色」って、色ばっかで。それより、東大卒として恥ずかしいのは、「かほり」の方でしょう。「香り」の歴史的仮名遣いは「かをり」だそうです。野暮をいうな?
   それでも、一世を風靡したもんだから、シクラメン農家さんがんばって良い匂いのするシクラメンを作出したそうです。ええと、今世紀になってからかなあ。どんな匂いかは知りません、さすがに下々にまでは出回ってきてないみたい。いちどは嗅いでみたいかな。

   そういう、吐いた嘘が回り回ってホントになっちゃう、都市伝説になって、「あの話の元は××」と言われるのは、物書きの醍醐味ではありますまいか。ええと、アルバイトの話でよく上がる、「医大で死体を洗うアルバイトがあってとても報酬がいいらしい」ってやつ。これは、大江健三郎の「死者の奢り」が元ネタだともう解明されてるそうですよ。

   おかあさん頑張って、この春からまた新しいところに小説を公開してみたりもしてます。木の葉がそよぐほどにも反応があると、やっぱりちょっとウレシイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

例の如くなる結末

   白梅は遊女なりけり さし招く
     色香に迷ひ道を外れぬ        舞音

   大丈夫、学手続きには間に合ったから。15分前に到着して、3番で手続きしてもらいました!

   角のお屋敷の紅梅も、今日甘木高校への道にあった白梅も、おまけに昨日手続きに行ったかながわ農協さんの支店のバケツにぶッ込んであった白梅も満開でしたから、うちの梅たちが咲かないのは切り詰めすぎたせい。要は悪いのはわたしと。例によって例の如くなる結末でした(いや違う、切ったのはわたしじゃないもん!)。

   寒い寒いって言っててもやっぱり春は来るのねえ。もう3月です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

ゆきおんな

   春立ちて 梅の頼りを待ちけるを
    などて六花の枝に咲くらむ       舞音

   すごい雪ですね。六花とは六角の結晶の花、すなわち雪のことです。昔から、日本人は雪の結晶が六角形って知ってたんですね(江戸時代ぐらい?)

   「雨女、冬になったら雪女

   違います。

   昨日から予報は雪マークがしっかり出てましたけど。
   今日はリーリエマート、期末ノルマ達成のため、突発的にポイント十倍サーヴィスデーにして大売り出しなんですよね……山で、成熟した新興住宅街(=お客様はみんなお年寄り)なのに、雪が降ったらお客様来ないよ……ああ、店長の機嫌がまた悪くなる……。

   わたしが入って以来、夏の土曜の丑の日のウナギの大売り出しからはじまって、特売の度に必ず天気が荒れてノルマ達成できないのはわたしのせいじゃないですよー!!(節分はちゃんと達成したもん!)

   もうちょっとしたら校納金の口座振替依頼書をかながわ農協さんに持っていきます。お集まりのみなさまもどうぞ足元にお気を付けて。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

「強い音楽」ってなによ?

   ただいま絶賛入学書類記入中
   アル虎が言うには、
   「甘木は芸術が複雑なの! 強い音楽と強い美術と弱い音楽と弱い美術の中から一つ選ぶの!」
   「わかったから、正式名称で言えよ。何が強いんだ?」
   「だから『強い音楽』と『弱い音楽』」と、見せた「芸術科目の選択に関する希望調査」の紙にははっきりと書いてありました。それきり、授業内容やねらいは一切書かれてません
   「なにが強いんだ?」
   「……さあ?」

   確かに甘木高校は芸術に強い学校で、美術選択者は陶芸を必ずやらされるとか、ギャラリーがあって卒業生たちの作品がいっぱい飾ってあったり、各種芸大に毎年相当数が合格してたりしますが。
   「じゃあ、芸大受験レヴェルと一般高校生レヴェルとか、実際のところを書いて貰わないと。間違って、ちょっと本気でクラシック鑑賞好きです、でも聴くだけってレヴェルの子が混じったりしたら悲惨じゃん」
   「お兄ちゃんは?」と、ごくごく普通の中の下公立校である流石高校で音楽を選択しておる豹太に話を振ると、
   「普通に楽器はある。ギターは泣けた」って。
   「すまん」
   うちは手もちいちゃい家系ですから。わたしもギターは諦めました。ネックに手が回らないんですよう! 豹太はわたしに輪を掛けて手が小さいです。もしピッチャーだとしてもフォークボールは絶対無理ってくらい!
   とりあえず、アルティメット虎美ジブリール・チェリーブラッサム・ブルーミングはピアノも辛うじて両手が別に動くレヴェルだし、やや音痴なので「強い音楽」は無理だと思いました。
   「弱い音楽で」
   「了解」

   それにしても、正式な高校の授業の科目についての希望調査の書類でなんの断り書きもなく「強い音楽」ってのはどうと思いました。

   なんの前振りもなく「強い音楽」って言われたら、どんな音楽を想像しますか?
   やっぱりロックとか、音量が大きく、人に与える影響の大きい音楽ですかね?
   「いやわたしは最初ッから専門的な音楽だと思ったけどね」とアルティメット虎美。その辺はやっぱり時代の感覚ってもんでしょうかね、ヤバイ! が褒め言葉であるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん

   で、アル虎の入学金を払い込みに行ったかながわ農協さんで見たニュースで、大阪場所の番付が発表になったと言ってましたが。

   今回新入幕の、ご当地出身力士、勢(いきおい)関が、また、高校球児のようなイケメン眉で。お目々もきりっとした二重で。口元も引き締まってるしお肌もプリプリで。おっとっと以下略。

   ♪もうこの力士が好きだなんて~いわないよ絶対~

   「もう恋なんてしない」の替え歌が脳裏にループする今日この頃です。
   おうちに帰って新聞を見たら、隠岐の海関の番付下がりに下がってました、10ランクほども。どうもすいませんホント。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本年もやってしまいました

   早乙女おじいちゃんから無事合格祝いの現金書留が届いて何年ぶりに札びらの切れる週明けでございます(大袈裟)。
   久し振りにゆっくり眠って、お寝坊した朝、お兄ちゃんは自力で起きてゴハン食べて登校した模様、点けっぱなしのNHKがアサイチをやってました。
   「アルトラーッ!」2階自室で爆睡してました。
   合格した途端遅刻するなよおまえOTL(おかあさんも緩みすぎ)

   ……入学金振込みに行かねば。

   のっそりと支度をしまして、郵便局で残りを通帳に入れて、いや農協のほうが……と算段してお出かけ。
   「えーっと、郵便局混んでるから農協さんのほうがいいかなー、あっちの方が明るいしTV点いてるし」と、かながわ農協へのこのこ出頭、窓口に振込票を提出しますと。
   「早乙女様、こちら訂正なさってますから訂正印が必要ですよ?」

   あちゃー。

   「それに、こちらは川崎信金さん宛なので、アルト・リリエンベルクの川崎信金さんに出向かれた方が。多額の現金ですとお振り込み料がいっぱいかかります。それに、ご本人様じゃないですよね? お母様? ですと、お母様ご本人の身分確認の書類が必要です」

   あれま。お兄ちゃんのときはそんな大変だったかなー? まだ寝ぼけています。振込み金額の欄を見ると、31万2千円。あれーこんなに高かったっけ? まあ、おじいちゃんにお金貰ったから払えるけど(あまりの大金を貰ったので感覚がボケていいる)。

   「出直します」

   うちへ帰って、つくづくと振込み票見たら、それは、

   滑り止めの ク ラ ン バ ハ の 振 込 み 票 だった!

   あわててうちじゅうひっくり返して県立の合格書類一式探しましたよ。

   まるきり手つかずで合格書類の束の中に入ってました。
   虎美の合格通知番号なんて知らないし!
   もう12時、本日も例によってお仕事は13時入りです。

   慌てておむすび山でお握り一個作って、最悪お店の更衣室で食べられるようにしてもう一度出かけました。合格通知番号だけ、なんとか合格通知を見つけ出して書き込んで、あとの、住所氏名なんかは農協の書き込みカウンターで書くつもりで。
   そうだよ、県立高校は指定金融機関だから農協さんで振り込めたんだよ、2年経って全く忘れてた。

   かながわ農協さんに恥を忍んでまた出頭して、
   「あれ私立のだったわよー止めてくれて助かった!」と、今度は間違えてもいいようにハンコも持ってって、深呼吸して残りの空欄を全部埋めて提出しました。
   「それは良かったですね。あー甘木なんですね、優秀ですねー」
   ああ、おねえさんお世辞もうまい! 支店長さんに投書してあなたを褒めて貰わなくちゃ。
   もし振込みしちゃってたら、あれって何があろうと絶対返還しないっていってますから、大変なことになるところだった……。

   とっても空いてるかながわ農協さんはお手続きも迅速で、おうちに帰ってゴハン食べられました。あ、県立は5650円です。親孝行な兄妹だ。

   「おかあさんホントに気をつけてよね」
   「また入学までに絶対何かやるって」

   猫科の人達の視線が冷たい今日この頃でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »