« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »

2012年12月21日 (金)

キャッシャーは聞いた!

   この秋に始まったフジのお昼のドラマが原作に輪をかけてえっちで大変という噂は聞いていたのですが。
   「ねえ、凄いんだって?」と、パン屋のケンちゃんママ。
   「なんかそんな話だけど、わたしその時間は仕事だから見てないんだ」
   「わたしも。どう? みんなTVにかじりついちゃってリーリエ・マートに来ないんじゃない?」
   「そうかなー? じゃあ気をつけてみておくね」って言ったけど、1時半すぎはこちらもその日の雰囲気が掴めてきたときだから、余計な気を回してる余裕がなくて。以前より空いてきたとかちょっとわかんないです。

   ところが。

   「なんだか今日はお客様が少ないんです~寂しい~」と、ついそこまでお客様に言ってしまうと、
   「あら、泣いてみれば」なんて返されるようになっちゃって。
   「え~ん」
   そんな余裕なことを言って遊んでいたのは先週でしょうかねえ。よくよく考えてみれば、最近は平日はほぼ毎日、16時、50分ほどに完全な空白の時間が訪れるのです! 昨日なんかほんと閑散としてました。
   「なんだかこのところこの時間お客様が少なくなっちゃったんですよね。なにかすてきなドラマでも再放送しているんでしょうか?」と、ついお話を振ってみたら。
   「そういえば、『家政婦のミタ』をやってるかしら」
   「それだぁ~~~~!」
   それなら解る。わたしだって見たい。
   その昔、仙台にいた頃は、自分がお勤め時代に見られなかったトレンディ・ドラマとやらの再放送を17時台からやっていて、かじりついてみていてお買い物に出られなかったことを思い出しましたよ!
   「それですかぁ~」
   「あらそうなの? じゃあわたしは今度からこの時間に来ることにしましょう、ゆっくりお買い物ができるのね」
   「お願いしますぅ~」
   なんて会話をして。
   次のお客様にすかさず話を振ったら、
   「あれは、わたしも見たわ、この辺が舞台なのよね」と仰る。
   「ぞんじませんでしたぁ~~~~」
   そりゃなおさら離れられないわ。

   てな話を帰ってきて虎美に振ると、
   「うん。あれはノイエ・リリエンベルクが舞台なんだよ。演劇部でも話が出てた。ロケとか来てたって」と、平然と仰る。おい。話題に遅れているのはおかあさんだけかい。と、新聞を広げると、日テレでまさしく「家政婦のミタ」をやっていて……

   そんでもって、テレビ朝日は「相棒」の傑作選、フジは「HERO」ってキムタクのあれでしょ?

   「だーめだ、誰も出てくるはずがない」

   ということでした。これから16時台は楽できそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

宝の持ち腐れ

   

ゲージュツの強い神奈川県立甘木高校ですが。
   全国区の強さを誇るチアリーディング部が、出ると負けの野球部やバスケ部の応援に出向くという逆転現象が起こる、と虎美は皮肉に笑っておりました。

   「だったら同じく全国区な文芸部の応援に来て貰えばよいのではないか。長崎にもついてきて貰え。そしてシグリンが渋い俳句を発表する前に気合いを入れてもらうのだ」

   「Let’s go KANAGAWA !  AMA-KO Fight! YEAH~~~~~!

       向日葵やこちらを向かぬ~人見知り 
                                     時雨でした。

   Hoooooooooo!」 

   ……あわなさ過ぎる……いや、でもちょっと見たいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並立制下の珍現象

   つい選挙番組見て夜更かししました。可哀相に最終回に選挙が被った「平清盛」は思いっきり忘れてました……。時間はずれていたようですが、そのせいでかえってチャンネルをあわせるのを忘れていたというかうっかりお夕寝しちゃったというか。

   選挙には行ってきました。お仕事を上がってまっすぐイーヴィヒベルク小学校を目指したら、高級(?)住宅街のヴィヒ小近辺はもう真っ暗で、休日の夕方、一段上がったところの小学校から漏れる光などなく、鼻を摘まれても解らない暗がり。周辺のお宅の窓から漏れる灯りが頼りという情けなさ。おい! 清き一票を投じに訪れた奥様やお嬢様が不埒ものに襲われたら何とする!(襲われません) 
   なんとか裏門にたどり着くと、広い運動場の向こうにあかあか……いや「あか」ぐらいだった、と光りの点った体育館は浮かび上がっていたのでした。もう少しライト点けてよ。体育館脇にたどり着くと、今流行のLEDのランプに太い針金(いやもう棒と呼べる太さ)をくにゅっと曲げて足にしたデザインのシンプルな案内灯がふたつ、3つ置かれていて、さすがに入場口は明るくなっていました。そりゃね、足元はね。たしか入り口はふだんは階段3段ほど上る構造だったから、それを、毎度おみ足の悪いひと向けにスロープを仮設していて、ちょっと不安だから。選挙管理委員会も毎度大変です。

   ちょっと悩んで、どっちも生きるように投票して、さて、誰が当選するかなと楽しみに見ていたら、……全然映らない。しばらくゲームをやって遊んで、もう大勢の決した辺り(カンナオトが復活したと会見があった頃)で、各地の確定情報を流している局で確認したらば。

   うちの選挙区からは3人当選していました!

   そんなのアリかい。ひとつの選挙区から1人ってのが小選挙区制じゃないんかい。

   選挙戦の間も、今日は駅前に首相が来ていた、今日は安倍ちゃんが来ていたと噂になっていたのですが、有名人はいないながら激戦区だったみたいで。いやあの人は地味にVIPだろう、この逆風の中県内で唯一防衛した民主党議員だそうで。

   それくらい強いひろくんに対し、こないだ急に担ぎ上げられてかわいそうだったのりくん、新しいつよしくんがどう挑むかという感じでほんと迷ったのですが。まさか2人とも当選するとは。2人とも比例区復活当選だそうです。……この選挙制度はそれがあるからややこしい。まあ、こういうがんばってる可哀相なひとを救済する措置なんだからいいんだけど、3人も出していいのかしら、他のところに悪くないかしら。他にこういう選挙区あるのかしらと思ったら、宮城とか、栃木でもあったみたい。清き一票を2倍に使えてお得だわー。   
   昨日の選挙番組で、「自民の大勝利だが」と話を振られて、これは私の予期したとおり、と前置きしながらも、「こういうことが起こりやすいようにわざわざこういう形に選挙制度を変えたので、こういうことはまた起きる。やはりこれは改めたほうがいい」と指摘した評論家は流石だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »