« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »

2012年2月 3日 (金)

春遠かるべし

   不合格以来持病の胃痛が悪化して転げ回っている虎美ですが。
   とうとう昨日は、
   「お腹の中でなにかが出てる……!」と呻きだし。救急車を呼ぶまでは行かないものの、のたうち回っておりました。
   当然今日はおやすみで。

   8時も回って、先生になんて言おう、今日は私立の出願日じゃなかったかなーと思ってたら、来ました、虎美の担任のS先生から電話。
   「今日は私立に出願に行く予定だったのですが」
   「ああーっ先生済みません、さりながら虎美は昨夜救急車を呼ぼうかというくらいの胃痛で……」
   「お母様行っていただけますか?」って、へ?
   「調査書と願書と受験料を持っていかねばならぬのでは?」
   「ええ。調査書と願書は学校にあります」
   「では先生がクランバハの方にお持ちいただけるので?」
   「職員室のSの机の上に置いておきます。留守番の先生にお話を通しておきますので、お母様が取りに来ていただいて、持って行っていただいて良いですか?」
   「はい、そのように致します」
   「お母様は身分を証明なさるものをお持ちになってください」

   慌てて支度して、御飯も食べないでゴルドベルク中に参りました。9時34分着。主任の先生が待っていてくださって、願書と調査書を出してくれました。
   「受験票は持って帰って本人に渡してください。
   受験料の領収書はおうちで補完してください。
   調査書の受領証は学校までお持ちください。受験番号は学校の方でも控えさせていただきます。それではお気を付けて」
   「行って参ります」

   そこからバス通りに出て、時間が余って気がはやったのでバス停もうひとつ先まで移動して乗りました。駅まで。ノイエ・リリエンベルクの駅に着く前にお腹がすいてきたので、駅の小田急がやってる便利小売店でお兄ちゃんが最近小腹が空いたときに食べてるというシリアルバーの「一本満足」を買ってかじりながら電車を待ちました。……人身事故で遅れてるんだもんな、小田急。
   一駅の隣、パシモンで下りたは良いけど、おかあさんクランバハ行ったことないんだよね……虎ちゃんが出がけに受験の要項をわたしてくれて、詳しい道案内が書いてあったんだけども。パシモンを下りたら時計台が見えますって、ないじゃん時計台! おかあさん今日も仕事13時入りなんですけど……。迷子になってる余裕ない!
   気合いで川の方、川の方と道を探し、なんとか迷わずに目印のリンネル川に巡り会い、そこから遊歩道沿いに歩くと見えてきましためるへん! な時計台。
   ……これはすごいかも。
   あとは恥ずかしげもなくピンクの表紙の要項を持ったままノコノコ歩きますと、……お母様といっしょに願書を出してきたとおぼしき中学生達が三々五々歩いてくるのと擦れ違います。この道あってる。心を励まして更にノコノコ歩いて、大きな通りを渡りますと、もう、「クランバハ女子学院こちら」と看板が出てます! そして、「入学願書提出はこちら ← 事務室」と同じ文面の立て看板が点々と配置されており、安心、安心。

   クランバハたしかに華麗な校舎でした。うわ~乙女の夢。

   誘導されるままに麗しい構内をうろうろして、反対側の門が目の前に。
   「なんや、通過して外にでてしもうたやないの」と思わずひとりごつと、矢印は急角度になって、脇の建物を指していたのでした。ああ、正門はこっちだったって奴ね。
   もう7,8人、中学生達が並んでいて、オバチャンはコートを脱いで威儀を正し、免許証も出して準備。

   「次の方」

   「ああっおゆるしくださいッ! 娘は昨夜胃をいためてたおれてしまったんですッ! 学校の方の指示で、わたくしが手続きをして参るようにとのことで、以て参った次第でございますうッ! ここに免許証がございますッ!」
   ……非常時の演技(過剰)には自信があります。

   「それは大変でしたね、では必要な書類をこちらへ」
   わりとれーせーで丁寧な応対でした。
   「それではお大事に」
   「ああっありがとうございますッ、ご免くださいませッ」と何度も頭を下げて事務室を後にしながら、「おお、このステンドグラスは一見の価値がある」とばかりに写メってきたおかあさんでした。でも、外から撮ったから光が反射してきれいに撮れなかったの。

   それからまた来た道を帰り、電車に乗ってノイエ・リリエンベルクへ。せっかくだからと駅前の銀行でお金をおろしてたら携帯が鳴って。
   「ゴルドベルク中のSですが」
   「ああッ先生! ちゃんと行って参りました、今ノイエ・リリエンベルクです。今から学校へ参ります」
   「それがですね、公立の後期日程の受験料の領収証を回収する期限も今日なんです」ああ、水木の二日間で必ず振り込んでくださいって言ってたなあ、そういえば。
   「ええッ、当然振り込んで本人に渡してございますッ」
   「お母様それも持ってきてください」
   ……学校に行くバスのる前で良かったよ。

   それでもしっかり小田急のオサレスーパーのモロゾフで虎美にプリンと旦那様にチョコレートを買って帰るおかあさんでした。 

   バスを下りてリーリエマートの前を通ると、ちょうど節分のイヴェントで鬼の扮装をした鮮魚の若い衆とおかめのお面をつけた主任さんがお菓子を配って歩いていたので、
   「娘が倒れたんですぅ!」と報告、
   「おや」
   「ってことでクランバハに願書出しに行ってきました。受け取りを学校に持ってくんでこれからまた出ます、もしかして入りが遅れるかも知れません」
   「解りました」
   ってやって、後顧の憂いを無くしてうちに帰り着いたら、うち鍵掛かってて。
   虎美自力で医者に行ったみたいです。
   かるくパンを食べて、虎美のカバンから振込み証を探し出して、行きにはうっかり忘れてた内履きを持って(校内にはいるためのIDはちゃんと持った!)、ゴルドベルク中に行ってきました。
   S先生は授業中でしたが、やはり留守番の先生が出てくれて、受領証を切り取ってあとは返してくれました。

   よろよろとうちに帰って、あんぱんだけ食べて仕事に出ましたよ。お時間は
   「まだ早いです」と主任さんに止められるくらい、いつもより10分ぐらい早く入れました。

   虎美、お願いだから頑張って、でも、死ぬまでは頑張らなくて良いです。

   「おまえが受験に失敗したら、虎美の名を返上して貰う。これは、お兄ちゃんを超えたということからドラミにひっかけた名前なんだから。受験に失敗するようなやつはもっと恥ずかしい名前を付けてもらう」

   「えーなんて名前にするの?」

   「不寝美(ねずみ)」

   「ギャー!」

   そのかわり、合格したらアルティメット虎美ジブリールと進化させてやろう。

   お医者から帰ってきた虎美、明日は胃カメラ飲むそうです。ほんと、頼むよ。

   我が家の春はまだまだ遠いみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

負け惜しみ

   その昔、「優凍生」という名前の冷凍冷蔵庫が新発売になって、大々的にCMを流したもんだから、おこちゃまが書き取りのテストにも「優凍生」とやってしまって、教育ママゴンが怒って、間違った漢字を使った名前を家電に付けないようにとクレームを入れたという話を聞いたことがありましたが。

   お客様からビールの配達の注文をお受けして、
   「キリンのタンレイ生350をひとケースでございますねッ」と「キリン端麗生350×1ケース」と伝票に書いてどや顔で(注:どや? っとばかりに得意げな様)レジの液晶を見たら商品名は「キリン淡麗生」でした……。

   お煙草もだけど、最近は趣向を凝らしたネーミングで、そして微妙にプレミアムやらマイルドやら、タールが1ミリやら2ミリやら細かく別れておりますから、ひごろそういう嗜好のない人間がお客様のご希望の品を探し当てるのは至難の業でございます。いや、修行が足りん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

イナGO の円堂のキャラソンがQ.ジョーンズのオマージュな件について

   訳:アニメ「イナズマイレブンGO」の円堂守のキャラソングがクィンシー・ジョーンズのある曲をイメージしている件について

   それでは各単語の解説から。

   「イナズマイレブンGO」:

   昨年「11人いるッ!?」の項でご紹介した超次元サッカーアニメ、「イナズマイレブン」に親子してはまって、新シリーズ「イナズマイレブンGO」も二人して正座して見てるわけですが。新シリーズは、前作の10年後という設定で、主人公は新しく、サッカーの名門校となった雷音中に憧れて入ってくる松風天馬くんということになっています。円堂くんは24才、母校のサッカー部の監督として途中から登場します。
   物語世界はさらにパワーアップして、選手は「化身」という必殺技をサポートしてくれる超常の存在をひとりひとり発現させ、それが出せるとパワーが段違いなので勝利を確実に左右するコトが出来るようになります。ゲームとしては面白いかもだけど、既にもうチーム・スポーツではありません。
   謎の圧力団体に中学サッカーが支配されていて、公式戦の勝ち負けさえ団体の指示に沿って行わなくてはならない、本気でやって負けたら一生懸命頑張ってるそこのチームの子がカワイソウだから(企画は去年の大相撲八百長疑惑の頃ですか?)という閉塞状況に「革命を起こす!」のを楽しむ趣向のようです。いやもう、カワイイ男の子がいっぱい出てきて悔しがったり喜んだり喧嘩したり友情を深めたりとかしてくれればいいというファンにとってはそういう話(おい)。

   「キャラソン・アルバム」:

   アニメが中高生向けの産業として定着したバブル期以来、作品世界に夢中になった中高生からお金をむしり取るために、「キャラソン・アルバム」という商売がおこりました。その作品の登場人物の心情に沿った曲(オリジナルで提供される)を、その登場人物の声を当てている声優さんがそれぞれ歌って、アルバムにまとめるというもの。作品中仲の良いキャラクター同士では二重唱なんかもあります。みんな争って買って、聞いて、歌うんだなあカラオケでも。ええ、カラオケにもいっぱい入ってますよ。さすがに、アニメを深くはご存じない方とご一緒したときには歌いませんけどね。こないだ虎美とカラオケしたときには熱唱したなあ。ええ、わたくしも。

   それで、その「イナゴ」の「キャラソンアルバム」が出たというので虎美がもうキラッキラの笑顔で「聴きなよ!」って出してきてくれました。

   

この時期にそんなものを買っとるから不合格するんじゃ!

   ゲームなんぞやりながら流し聴きしていたおかあさんが、4曲目、その円堂監督の応援ソングに入ると、
   「はて?」

   「『愛のコリーダ』じゃん!」

   調はなんとなくラテンぽく能天気なキーに移調されているので、まるっきり同じじゃないですが、

   「あっついおもいがあっれっばー だいじょーぶ!」
   ( あーいの     コッリーダ  Where I am~]       

   サビの部分がそっくりでした。いや、ゲンミツに歌詞の文字当ててみたらそうでもなかったか。
   さっそくユーチューブで呼び出して(探すな)虎美に聴かせたら、
   「うん……うん」と肯いてましたよ。

   AメロやBメロは全然違うカンジだし、「ガンバロー!」と吼えるところはまるきり別な雰囲気なので、これはこれで面白いんじゃないかと思いましたけどね。うん、前向きな応援ソング。

   声優の竹内順子さん(たぶん原曲なんぞ知らんだろう)は伸び伸び歌ってらしてステキでした。あ、アニメの少年の声は女性の声優が当てるというのは日本のアニメの伝統です。「銀河鉄道999」の星野哲朗とか、「ドラゴンボール」の孫悟空とか、「エヴァンゲリオンのシンジくんとか、「ポケモン」のサトシくんとか、「ワンピース」のルフィとかね。円堂監督もう24の妻帯者だけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サクラチル

   ……梅さえ咲かぬのに桜が咲くわけないのでした。昨日の項を書くときにもチラッと考えたんだけどね……。

   おにいちゃんは、翼くんに前期合格で「いっしょに(併願校、彼は地の果て足柄山のマンダリン高校)受けようって言ったのに裏切られた」恨みがあったので、
   「受かるわけないだろおまえなんか!」と前の日からハリネズミのようになってましたが。全然勉強してないように見える虎美が甘木に前期日程(内申書と自己PR書と面接)で受かられるとプライド粉砕ものだったのでしょう。

   「合格した夢見たよ!」と朝、下りてきた虎美ですが、
   「残念、そういうのは逆夢だ」と言ってやると(落ちてると思って見に行った方が衝撃が小さいだろうというママ心)、
   「マジ!? あ、胃痛い」とのたうち回って、9時ぎりぎりに出て行きました(重役どころか大名登校)。

   そして、1時過ぎに帰宅。サクラチル、でした。不合格者は御飯食べて再登校、後期と私立に向けて再奮起! だそうです。

   昨日特売だったから、合格祝いのために買っておいた980円の「あまおう」(とっても大きいイチゴだった!)、冷蔵庫に隠しておいたんだけど、残念会に食べちゃいましょう。

   後期の受験料振り込んできました。さあ、とりあえず来週のクランバハ女子学院受験(併願校)に頑張って貰わないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふと気がつけば

   もう1月も末というのに梅の花が咲いてない!?

   去年はお正月、金沢から帰ったらもう白梅の薄雲太夫ちゃんはちらりほらり咲いていたはずなのに!

   昨日、じっくり見てみたら、紅梅の紅天女ちゃんに小さい蕾のようなものがあるっきりで!

   うちだけではないはずだ!(イーヴィヒベルクは桜より梅の多い町です)
   今年は忙しくて、ひごろ職場のスーパーやちょっと先の神奈川農協さんまでしか行ってないのもあるけど!(要反省?)全然見かけませんよ?

   交差点のところのお屋敷、たしか梅の木もあったはずで、毎年目を愉しませて貰ってるのに! 

   

今年はさっぱりで。

   やっぱり今年って寒いのかしら?

   それとも、たしか法律で火災報知器を付けなきゃならない期限がたしか去年の6月で、不動産屋さんが工事に来てくれたときに、
   「ついでにお庭もきれいにして欲しいわ」っていったらもうきれいにしてくれて、ついでに思いっきり刈り込んでくれたんだと思ったけど、

   

切り詰めすぎたのかしら?

   もしかして、多少咲いたんだけどわたしが眼中になかった?

   虎美の登校途中の梅林(たぶん宅地にする前段階、更地のママより税金がどうとかで植えているらしい)、久し振りに行ったら(学校には毎日行きましょう!)潰されて住宅地にされてたとか言ってたけど、その辺はどうだか聞いてみよう!

   梅だよりいまだ聞かれぬ我が庭に
     日の延びはじめ暦をあらたむ     舞音

   毎日5時あがりなんですが、裏口から非常階段に出ると、最近は露骨にまだ明るくてビックリします。あわててカレンダーをつくづく見たら、今週は立春もありますよ! もう春! ああ、それなのに。  

   ちゅうりっぷはともかく5年もののフリージア(お庭のプランターに植えたきり放置)はもう葉っぱが出てきてるようです。水仙はそういえばまだ咲いてないかなあ。やっぱり寒いってこと?   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

「平清盛」 #4 あがいております

   先週はよんどころない事情で見られませんでした。留守番の虎美に聞いたら、
   「今日も泣いてた
   ああそうですか。

   それでも今週も見ると。
   「ねえまだチンピラみたいよ」
   虎美辛辣です。
   今週はいろいろな功績から貴一パパが殿上人になるという回でした。
   「『てんじょう』なの? 『でんじょう』だと思ってた」
   「ああいうのは濁らないのがルールだ」
   高校の漢文で「王者(おうしゃ)に擬す」ってのを「おうじゃ」と読んで、
   「なんでも濁って読むのは田舎ものだよキミぃ」と皮肉っぽく漢文の先生に言われたトラウマがまだ後を引いているおかあさんでした。
   「ケイオーは『陸のおうじゃ』じゃないですか!?」
   魂の叫びはやっぱり出しておけばよかったかな……。高瀬先生はもう彼岸へゆかれたのでしょうか。
   「御殿場の『てん』だ。あの字は濁って読むばかりじゃない」
   一晩経ったらやっと思いつきました。

   清盛はやっぱりまだこ汚いです。ただ貧乏っていうんじゃない汚し具合。お袖の辺りとか、破れて、垂れ下がってる。歴代大河で言うなら、織田信長の若い頃みたいなスタイル。武士として史上最初の殿上人の息子というならそれなりのパリッとした恰好をしていて欲しいものです。簡素なりに糊の利いた大紋とか、直垂を……経済力はあるのが下層貴族、受領階級なんじゃないの? ああ、お歯黒平家とはちがって、血まみれ平家の皆さんは経済力はないのか。その辺考察の上のことなのかも知れません。
   清盛じしんは北面の武士になったとかで。原っぱで弓の稽古を弟としてたり、バリバリ武闘派の面ばかりが強調されます。
   「かっこよくないよね」
   「ああ」
   虎美は「篤姫」からなので、大河というと絢爛豪華なお衣装を結構期待してるかも知れません。あれは、尚五郎ちゃんもそれなりに良いもの着てましたもんね。

   「おかあさん、イケメンが出た!
   それよりおかあさんは女房の和歌にダメ出しをして直させちゃう武士がいるのに驚いた! 何様! その「乱れて今朝はものをこそおもへ」って、百人一首のアレ、待賢門院堀川の歌じゃん!(画面は見てなかったが、役名と言い役職と言い、ああ、歌人のあのひとなんだなと初回から予想はしてたあのひとだったのであろう)
   その大胆素敵な武士は名を問われ、
   「佐藤……義清」と。
   「西行じゃん! 虎美、これ、出家前の西行! たしかになんかイケメンがやるって書いてあった!」
   虎美さっとパソコンを操作してNHK公式から大河のキャスティング見に行った! 
   「藤木……直人?」
   「そうだよ! おかあさん好きなんだ!」
   これは楽しみですね。
   「清盛の親友だって」
   「……それはフィクション」まあそれくらいの潤いはないと。このオリジナル・エピソードじたいは、ちょっとやりすぎと思いましたけど。史実ならそれなりの説話集とかに入ってるはずだし。「百人一首一夕話」とかね。

   先週から、栄達する平家に比べだめだめな自分の一族を思って鬱屈する源氏の為義くん、なにごとか思いついたらしいですが……。

   殿上する貴一パパを闇討ちのようです。白、赤と重ね着した小袖の上に黒の束帯姿がカッコイイ! これは殿上人の制服。黒一色に織りだした文様が映えますし、お襟元からだけ見える白と赤のコントラスト! 考えた人は偉い! ……けど、
   「ヒゲ剃れよな……」ほとほと参る、心を挫かれます。
   「ねー」
   背後から近寄るくたびれた感じの為義君。おまえ、そういうこと考える時点でもう負けてるよ。王道ちゃうよ。負のサイクル入っちゃってるんですね。
   それを待ち受け、冷静に理を以て諭す貴一パパすごい! 
   「王家の犬でいようとは思わぬ!」
   でしたっけ? うまく撃退した後も、門の所で待ちかまえる清盛(あんまりこきたない恰好をしているので、通行人役の浮浪児かと思いました!)、
   「いつから考えておられたのですか!?」って。それに笑顔で返すパパがもうカッコイイ! 清盛はもうどうでもいい、限界状況でベストを尽くしつつ上を見据え続ける忠盛パパを見ることにしよう!

   あ、義朝も、不遇なりに麗しかったかな。清盛だけがお顔も残念、コスチュームも残念。

    

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »