« 2012年11月4日 - 2012年11月10日 | トップページ | 2012年11月18日 - 2012年11月24日 »

2012年11月17日 (土)

オーケストラがやってきた!

   日本全国ゲイジュツの秋でございます。虎美は今週芸術鑑賞教室とやらでおでかけ。といっても駅前の麻生区民館ですが。
   1,2時間はちゃんと普通の授業を受けて、そこから徒歩でおのおの移動だそうで、高校生も大変。
   「甘木高校の周辺は高級住宅街だから(!)、学校指定以外の裏道から登校すると怒られる」ってなによ。その日も案内のプリントには通るべきルートとチェックポイントが設けられ、辻辻には先生が立って生徒の脱落を細かくチェックしていたそうなのでした。へー高級住宅街、へー。今時は煙草を吸ったりもしないでしょうが、庭先にガッコさぼった高校生が入り込んでたりしたらいやよねやっぱり。高級って言うか、成熟した住宅街だから住人の平均年齢高いし(70代という噂もある)、体力に勝る高校生と争いになるのはちょっとコワイとお思いなのでしょうか。

   とりあえず頑張って駅前まで歩くと、麻生区民館ホールにはなんとかアンサンブルというプロの管弦楽団が待っていたのだそうです。
   ありがちに、ジブリの映画のテーマとか柔らかいクラシック小曲数曲、楽器の紹介、目玉の「オーケストラ伴奏による本校校歌全員合唱!」、あとは休憩を挟んで、甘木高校吹奏楽部の皆さんとオケの皆さんによる合奏、また小曲を少し。

   という感じに楽しいクラシック鑑賞の日だったらしいのですが。ほら、甘木はゲージュツ系らしいから。
   「この麻生区民館って信じらんない、音響悪い! なんでこんなところでやるの!?」
   「このオケって下手じゃなかった? なんか音が良くない」
   ……レヴェルの高い虎美のご学友はけなしまくってたそうです。おいおい。すごいな首都圏のJK(女子高校生)は。

   打楽器奏者の方がお茶目な方で、いろいろ楽器紹介で楽器を叩いて見せながら客席を沸かせてくれたそうです。あ、そうそう、曲目には「シンコぺーテッド・クロック」があったらしいですね、あの時計をモチーフにした曲。
   「カッコンカッコンいうやつがイントロだったろ?」なんて言うんでしたかね、ど忘れ。
   「そうそう!」
   「目覚まし時計が鳴って」
   「そうそう!」
   アンダーソン? さん21世紀でも通用しているようです。

   それにしても贅沢だな、オケ伴(奏)で校歌か、と言いかけて、おかあさんの記憶をかすめたのは……。

   ええと、大学時代のサークルの、30回記念定期演奏会で、ちょうど回りが良くってね、入学したときは40周年でした(回数で言うと26回)。おかあさんサークルを留年したから(大学は4年で出ました!)、ええここまで来たら30回も参加してやろうと思って残ったんですけど。その30回記念定期演奏会は、オーケストラを(といっても大学のオケですが)付けてやったんです。全曲オケ付きの大きなやつじゃなく、第1ステージに日本人作曲家の、日本の詩人の詩に曲を付けたやつをやって、第2ステージは、オペラの合唱曲をいろいろ、カルメンとか、タンホイザーとか、ナブッコとか有名どころをやって(これはピアノ伴奏)、最終ステージにブルックナーをオーケストラ伴奏付きでババーンとやりました。

   さて、問題はアンコール。
   アンコールは、ステージの出来をみながら演奏会直前に、「じゃあ、ステージ構成からいって今年はこんな感じで」と指揮者の先生が持ってきた曲をやるんですが。フランスの曲をやったときにはやっぱりその作曲家の小さな曲をちょっとやって、最後、愛唱歌にしている日本語の作品をやって終わったり。あ、インカレサークルなので大学の校歌(もしくは応援歌)はないです。
   その年は、もう、大曲をやってみんなへとへとで。でも、30回だぞ、頑張ったぞ、オケも付いてるぞ、ということで、(まだバブルだったのでなんか時代がイケイケだった)、せっかくだからオーケストラ伴奏のアンコール! 一生一度だ! と選曲を任された幹部は盛り上がったのでした。

   でも、いまさらそんな新しい曲やる体力残ってないし。

   「『大地讃頌』やらないか? あれ、たしかもとはカンタータだからオーケストラ伴奏で作曲してるだろ」

   どこから出たんだこんな智恵。「大地讃頌」は、昭和の合唱曲のスタンダード。高校で音楽を選択したような子だとだいたい歌った覚えはありました。サークルに入ってからも、初心者を中心にちゃんと音取りはきっちりやって、ちょっとした集まりでみんな盛り上がって歌うときは歌ってたと思います。音取りは要らない、どんなに疲れた演奏会の後でも楽譜なしでみんな歌える。聞きに来るような団員のお友だち連中も、合唱団の横のつながりの皆さんも知ってる大メジャー曲。

   「はァ!?」

   選曲委員会(団員の幹部連中。わたしもオブザーヴァー参加してた)の連中はもう魂を飛ばしてましたね。わたしは自分がもう卒業してたから無責任にノリノリだったんだけど。

   「なんで!? 30回の記念ですよ!? 顧問も知り合いの合唱団の連中も、指揮者の先生のお友だちも来てるのに!? メイン曲でブルックナーやっといて締めが『大地讃頌』!? 笑われますよ!?」佐藤先生(作曲者)ごめんなさい。

   「だからいいんじゃないか。オケ伴で『大地讃頌』なんて、一生の記念になるな。友達にも自慢できる。それに、今年は駒場の新勧合唱祭でもやったから、『大地讃頌』にはじまり『大地讃頌』に終わる。美しいじゃないか。嫌なら代案、出してみろ」

   「……ばっかじゃないですか!」

   結局幹部言い負かされて、楽譜手配しましたけどね。高かったらしいですよ。でも、
   「これが『大地讃頌』のスコア(総譜)か……」マネージャー君は感慨に耽ってましたね。

   うん、音楽のわかった観客にはあとで笑われたらしいですけど、とくにクラシック・ファンでもない友達に「どうだった?」と感想を聞くと、
   「最後の歌が一番良かった!」と返ってきたそうで。

   ああ、うん。半年掛けて歌い込んだ大曲よりも、そっちが良いのね。そういうもんよね。まあ、高い金払った甲斐があったわよ。一生の記念になったし。ブログのネタにもなったしね。

   というわけで、オーケストラ伴奏で歌を歌う機会というのは逃さないでのっておくのが一番ですね。

   しかし、虎美は公立の学校やっといてよかったなあ、ほんと、いろんな趣味のお友だちがいて親も刺激になる……。
   そのオケが下手だったかどうか家族で論争になって、あたしはトモダチの関係で管楽器は聞き慣れているとかいうもんだから、そのミキちゃんの行ったという県立湘南ヶ丘(仮名)のマーチングバンドの演奏をユーチューブで検索して、確かにこれは凄い云々と盛り上がったのでした。金管だけで100人以上っておい……。イナバ物置も潰れます。
   「部活がハードでミキからだが締まってた」
   「ミキちゃんはわりと豊満なタイプではなかったか……?」それは大変ですね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名香智子ミステリの世界

   気分が滅入ったときには好きなものを読んで気分転換しよう。

   名香智子はゴージャスな世界をコミカルに描いて昔から独自世界を創っている人ですが、なんといってもその華麗な絵柄とドライな感覚がレディース・コミックのミステリにジャスト・フィット。細かいトリックとか、アリバイがどうとかではなく、ふつうに泥酔した人を冬の夜放置したり、泥酔して風呂にはいるような人をかっとなって沈めたりとかでレディや美少女が簡単に人を殺してます。
   見るべき所は、その華麗な絵柄もさることながら、どんでん返しの巧みさですね。

   ネタバレありますから注意。

   とある作品では、大金持ちの家に下宿している美少女が、そこのうちのお嬢様の取り巻きと恋に落ちる。取り巻きはわりと地味な生活をしている秀才で、顔で取り巻きに加えられたが、お嬢様のお育ちの良さから来るぶっ飛んだ感性についてゆけず、かえって庶民派同士ヒロインと意気投合したという筋の運び。ここまではシンデレラ的少女漫画の夢の展開に見えたが、それは、彼女がそこのうちの隠し子であることを知っての巧妙なお家乗っ取り作戦だった……! 
   お嬢様が過去にそのぶっ飛んだ感性(しかし正義感)でひとを破滅させていたことが分かり、その縁者の復讐劇が物語の裏で進行する。お嬢様は謎の復讐犯に殺され、うちに子どもがいなくなったから、とヒロインはその家の相続者として迎えられる。ヒロインとさわやか~なできちゃった結婚(あるかそんなもの! そう言われれば後で気付く)をしていたその取り巻きは晴れてお婿様として会社の経営も任される……? それに気付いたヒロインの反撃が見事。

   一応美少女の範疇とはいえ、登場時「身よりなく父親の友人の家にご厚意で住ませて貰っている」可哀相な少女だった彼女が最後に強かに勝ち残ったあたり、美形ながら素朴な感性を持っていた秀才と見えた取り巻きが野心のためにひとを操っていたという意外性、そうして、ひとの心を全くなんとも思っていないお金持ちのありがちな我が儘娘と見えたお嬢様がじつは登場人物中一番まともで心温かだったというどんでん返しにあっと言わされます。まさか、いや、まさかの連続。そこは名人芸なので飽きることがありません

   範疇としてはサスペンスなのかな、謎を呼ぶ展開にハラハラさせられて、オチにはあっといわされ、そして、女というものの底深い恐ろしさを感じさせる名作群であります。ほんと、線の細い美少女が、「でもそんなのわたしのこの不幸に比べたらたいしたことじゃない」とかあっさり大量殺人をほのめかしたりする恐ろしさよ。そんなに血が流れたり恐ろしい暴力があったりもしませんが、しみじみコワイお話ぞろいであります。

   傑作選とか、文庫になっておりますし、レンタルコミックでも出ています。どこからでもお試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

穴を掘って。

   黙ってると鬱ループして家族にも迷惑掛けそうだから、正しく日記の代わりとして吐き出し口に使っちゃう。

   「人間関係を悪くするとパートは長く続けられませんよ」と、この春主任さんが転任されるときに言い残していった言葉は要するに、

   「あなたのことを嫌いな人がいますから気をつけて」というコトだったんですね。

   いやそこはハッキリ言って置いて貰わないと。
   主任さんもほぼ年齢ダブルスコアのおばさんにこんなこと言うのは不本意かもだけど。

   いやあの方本気で切れてたね今日は。

   「今日は主任さんがおられないから勝手なことをしていいとおもったんですかッ!?」

   即座にそこは否定しておいたけど。そんな高度なこと考えてません。単にバカなんです(大人としてどれもどうよ)。

   いやわたしも悪い。
   「主任さんがおられなくたってオオイシさんがおられたでしょうッ!? どうしてオオイシさんに許可を取らなかったんですッ!?」

   いや真剣にそこはスルーしてた。今日初めて気がついたかも。若いからバカにしてるんですかとかそういう内容のことは前に主任さんとか次長さんから婉曲に言われてたような気もするけど。そこで気付けよ。今日まではそんなにそのオオイシさんを無視したり軽んじたりはしないようにはしてたと思うんだけど。
   いや今日気がついた、社員として尊敬してなかった。いろいろ、なるたけ真剣にはその辺を捉えないようにと思ってたけれど、社会人としてこのひとを残念な人だと思っていました。親の顔が見たいとまで(おい)。
   娘に言わせると、わたしは笑ったときはすごいおかめ顔だけど、何も考えてないときはすごい無表情になっててコワイらしいので(そりゃ~引目かぎ鼻だもんよ)、そういう、表情を出せてないとき、敢えて負の感情を消そうとしているときにはつめたく拒否しているように見えたんでしょうか。

   今日指示を仰がなかったのはそういう理由ではなくて、単純に、めんどくさかったから。その、うちのおねえさま達は言葉が荒いんです。
   「しときましょうか?」って言って、
   「いいです」
   「余計なコトしないで」と斬り捨てられたときのダメィジが大きいんです。とくにそのオオイシさんは言葉がぶっきらぼうな方で(ほんと残念だと常に思っている)。

   それで、聞かなくてもいいか、これくらい個人の裁量でいけると思ったんだけど、そこが、もう限界で、その今日わたしを叱責してくれたところの大お姉様には堪えきれなくなったらしいと。
   で、指示を仰がず勝手に手を出したところが、こっちもこれをやっていいものかまごつきながらだったので扱いかねて中途半端になってしまったのですが。
   おかあさん言い訳多いよ。

   いやー「指示待ち族」とか「言われたことしかやれない」とか言われまくった思い出があるから、ここはいい年をした人間として、気がついたらどんどん動くべきとか思ってるんですが(そうやって自分の居場所を作ってきた)、そういうのは今は迷惑なんですね。

   「そういう中途半端なことをされると同じパートとして迷惑です」ってさ。

   そりゃあ、わたしがちゃんと全てをキッチリこなしているパートのつもりだったら同様に思うでしょうなあ。

   そういうプロ意識のあるパートさんが仕切っているリーリエ・マートはまともな店です。はい(いや皮肉じゃなくて)。こないだやめたバイトちゃんもそういうしっかりした子だったよ。

   いやーでもだめなのよ、そこで自分が手を出してもなんの足しにもならないと思っても、それは自分の権限とかできる範囲を超えてるとか思っても、目の前でお客様が困ってると(自分が感じたら)手が出ちゃうんだってば。

   ああ、わたしも前線でひとに迷惑をかけるしかない、早く死んでくれた方が良い兵隊のクチだったんだなあ。ドイツ? の軍人さんに言わせると、兵隊には有能な怠け者、有能な働き者、無能な怠け者、無能な働き者がいて、それぞれ使いどころがあるんだけど、無能なのにせかせか働く者は迷惑かけるばっかりだから死んでくれた方が良いって言ったそうです。それ読んでニヤリとか膝を打ったりしてる分には良いけど、自分がそれだと気付いたらいやよねえ。

   そんで愚痴を吐き出してスッキリしたおかあさんの次の生き残りの手は?

   とりあえず持ち場は離れないってことですかね? ちゃんと身分を弁えて、動く前に指示を仰ぐと。そんでもって社員さんにはそれなりに敬意を払うと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

「蘭陵王」 どぶ川に甘露2滴

   仮面の男イン・チャイナ、正真正銘の美形武人であります蘭陵王高長恭の伝記を、田中芳樹が書いたというなら読まずばなるまいッ! と買ったんですが、あまりにもその、中国歴史物スタンダードすぎてしばらく積ん読になってたのを発掘して何とか読み通しました。いやー登場人物多いし。そんで親類縁者多くて名前似てるし。銀(河)英(雄)伝(説)若いうちに読んどいて良かった、今だとあの大河(登場人物が脇役まで入れてン百人いるらしい)無理かも。

   ♪インシュウシンカンサンゴクシン、中国の王朝名を受験生向けに並べた替え歌です。「もしもし亀よ~」で歌います。ナンボクズイトウゴダイソウと続きます。その、みんな大好き三国志、の後。晋も滅びて北方は異民族が流入して南北朝になった6世紀の中国のお話。北斉の皇族にあまりの美貌に鬼面に顔を隠して戦いに赴いた武人がいました。ただ顔が美しかっただけでなく、勇猛果敢、そして、貴人としても真面目で教養高く女性に淡泊……。その彼と乱れた北斉の宮廷を牛耳る奸臣の娘とが出会って恋に落ちる……筈なんだけど。

   これは乱れに乱れた国が滅びる様を描く話になっていて、どれだけ蘭陵王様がかっこよくてヒロイン月琴様が爽快でいろんな戦いに一緒の2人が微笑ましくっても全然清涼剤にならない。合戦シーンもラヴコメシーンも血湧き肉躍らない。やばいわこりゃ。

   えーと、蘭陵王様は優等生的ハンサムで、完成されすぎていて取っつきにくいです。弟のわんぱく安徳王の方がまだ親しみやすいな。ご褒美に美女20人賜ったけれど辞退したとかさ。草食系過ぎ。せっかく月琴ちゃんが妾(実はスパイ)として潜入してきたのに手を付けないってのはどうよ? ユニークな月琴ちゃんのことを好ましいと思ってお側に置いてるのは解るだけにもどかしい。すでに正妃がいる身で(これも抹香臭い真面目奥様)、いくら自分が身分低すぎる生母から生まれていて少しそれをコンプレックスに思ってる解釈があったとしてもだよ。やっぱ不倫はいかんという価値観ですかね? 6世紀中国でそれを出すか?

   月琴ちゃんはこれは正しく田中ヒロインとして、頭が良くって正義の心はあるんだけどひとをくっていてチャーミングで(そんでもって武術の達人! でヒーローの役に立つ)、気持ちが良いのは良いんだけど、やっぱそこはエロスが皆無で。もう田中ヒロインにキュンキュンとかいちゃいちゃとかお色気とかは期待しないんだけどやっぱり残念でした。

   こんな国滅びてしまえとほんとページを繰る度に嫌になる北斉朝廷の腐りっぷりがそれだけすごかったです。漢の呂后とかさ、則天武后とか、伝説レヴェルのダッキちゃんとかホウジちゃんとか、ザンコクで乱れるときは激しいってのは知識としてはあったんですが、それを代が変っても延々やってるってのが信じられません。囚人とか、逆らえない人に対する残虐行為とか、気に入らないやつを陥れるときのクズっぷりとか。結婚できない関係の美人を攻略するときの方法とか、およそ文明人と思えない。そりゃ日本じゃあ奈良時代(以前?)だもんな、って失礼か。
   周囲の人間はなんで立たないんだ、正しい謀反(それを易姓革命という?)を行えよ。ホントに不愉快な王朝でした。

   こんなにお素敵な蘭陵王様が非業の死を遂げる。ご本人も、真に国のためを思うなら命を掛けて諫言すべきだったのに、軍功を上げることで国を守っている、国の役に立っていると思ってそれをしなかった、それが自分の罪、と認めていたのが惜しいと言えば惜しい。ただ美しくあるということは罪なのか。血に、泥に塗れても正義を行うべきだったのか。月琴ちゃんも、爽快に生きて、したいことをしてそれが正義という幸せなひとですが、それは小さな正義であって大きく世界を救ってない。本人は恋しい人と死に別れて心を引き裂かれる想いもしたでしょうか、淡々としているようで内心は後悔の嵐の後半生だったのでしょうか。なかなかしょっぱい作品でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

だから調べ物は楽しい

   いつも行くところでちょっとした問題提起があったので、ちょっとお節介がてら調べ物をしました。

   ここね。雑学のソムリエ。http://tadahikostar.blog21.fc2.com/blog-entry-1001.html#commenttop

   「東大の赤門」はどうして赤いのかという疑問だったのですが。

   それは、「将軍のお姫様をお嫁さんに貰ったから」というのが3時間調べて書いて、反省しつつ一晩寝てさらにまとまった答えなんですが。だったらその答えも一晩寝かせて書けよって話です。例によってひとのブログのコメント欄をジャック。要反省。いや単純に、水銀を溶かした染料(丹)で塗ってあるからだろう。って、ダメ?

   お嫁さんに貰うためには慣例上三位に叙せられる必要があって、三位の相当官職は大納言で、水戸黄門で有名なように中納言は黄門、大納言は赤門、だから赤門……と持っていくはずが、それはガセビアだったのです!(ガセネタであるところのトリヴィア)

   大納言は中国では亜相だったのでした。べつに黄門も、中納言さんのうちの門を黄色く塗るという習俗はなく、黄色い門は宮中の門で、そういう門に侍って皇帝の執務を助ける仕事をするから、黄門(侍郎)とあだ名されただけでした。

   すんでの所で恥を世界中にさらすところだったのですが、そこはなんとか回避して。

   「赤く塗ったのは、普通に防腐と防虫だったんですかねえ?」という締まらない回答になってしまいました。

   それだけでは収まらず、「そういうお姫様のための御殿は江戸城大奥と同格だったそうですから、ここから先男子禁制、嫁ぎ先の家の指図は受けないという印だったのかも」なんて余計なことを書いてしまいました。いやそれは「わたしの意見」としてだし、書いたことを後悔はしてませんが。正確で当たり障りのない答えが知りたければウィキペディアを貼れば良いんです。
   大奥と同格というのはウィキ(以下略)にも多少書いてあったような感じですが、江戸学のバイブル三田村エンギョの全集で、職制やら、しきたりなんかは大奥と全く同様を貫いた云々と読んだ気もしますし。

   本日の話題は、嫁ぎ先まで大奥を振りかざしたという江戸城のお女中たちがよくもまあ、同じ口で、降嫁して後、なんでも御所を通したという和宮のことをあげつらえたもんだなあというところ。

   大奥ってそんなに偉かったんですか、へえ。

   あれだな、慣性の法則は組織にこそ適用される。なんでも続いていると、それをキープすることに力が費やされるのであることよ。変革には相当な力を必要とするようでございます。すげえよなあ。中学校で習うような学校の勉強は実社会には役に立たないなんて言うやつは目が曇っておるよ。この世の法則というものは一分野にのみ通用するものばかりではないのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪知恵だけが発達してゆく

   午後5時過ぎに、「通学路で猫発見」って猫の画像付きメイルを送ったら、それは学校帰りに撮った写メだと思うでしょう!

   案の定旦那様食いついて、

   「よい猫ですね」って返信が即あったって!(いやたしかに美猫だったけど)

   でもそれは虎美から先週聞いてた「通学路に仁王立ちするお猫様がいたのでお友だちとゼロ距離で写メりまくった」画像と知っていたので、おかあさんは思った。

   「ア リ バ イ 工 作 に使ったな!? この犯罪者め!」
   昨日虎美はまた頭痛で学校を休みました。そろそろ出席がやばいそうです。日曜は先輩のお使いでイヴェントに行って同人誌買ってきたのに! 先輩待ってるよ! 4000円分の百円玉を入れたお財布(イヴェントではお釣りの手間を考えて小銭で取引をするのがツウ)を預けて「よろしく!」って送り出した先輩も凄いよ。受験は大丈夫だったんだろうか。あ、ご所望の同人誌は全て買えたそうです。ホント凄いわ、我が子ながら。今日(火曜)ちゃんと引き渡しができたそうな。

   

最近は8時に学校に電話を掛けても、
   「あァ? 甘木高校1年」と出た先生が、
   「1組の早乙女虎美の母でございますぅ!」の一言で、
   「あ、はい! 今日はどうでしょう?」と親身になってくれ、
   「廊下歩いてると行き交う先生がみんな、
   『早乙女、今日は大丈夫か?』
   『今日も顔色悪いぞ?』って声かけてくれるようになった!」そうです。クラスでも、
   「早乙女が来た!」って、どよめきが起こるって、おい……。

   いやそういう目立ち方じゃなくてね、目立たないけれど要所で知性と教養の光る、知る人ぞ知る乙女として生きていって欲しいというかね……。
   でも、「丈夫な身体に生んであげられなくてごめん」と思ったことはそういえばなかったなあ。ごめんよ。これから元気になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月4日 - 2012年11月10日 | トップページ | 2012年11月18日 - 2012年11月24日 »