« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »

2012年10月17日 (水)

速報 少女漫画を地でいく彼女

   本日お寝坊した虎美ちゃんは、朝ご飯を食べる暇がなく、昨日おやつに買っといた袋入りシュークリームをかじりながら早歩きで登校したそうです(明け方までブログを更新していたおかあさんは風邪がぶり返してダウン。普通ゴミ出せなかったよ~!)。

   「それで転校生とはぶつからなかったのか?」

   「そんなわけないじゃん、早歩きだったし」

   ホント、試験に遅刻しなくて良かったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは邪道……か?

   虎美がつらつら申しますには、
   「だって小学校の頃幽遊白書にはまったらすぐおかあさんの書いた2次創作を読まされたから、漫画のファンになったら2次創作を作るものだと思いこんでて」
   ……あーそれは作品に対する愛の行き着くままに、原作で最後まで恋人ができなかった2人をくっつけてお話をでっち上げた挙げ句にそこんちの子供が作中の恋人同士だった彼らのうちの子とくっついてまた下の子はあのキャラクターの縁者とくっついてと延々関係が結ばれていって終いにはみんな親類縁者になっちまったという自分でも「ドラゴン・ボールか!?」と突っ込んでしまった一大大河小説世界ですね。読めって言ったかなあ……(遠い目)。

   「そうでなくても、好きになった作品のこのエンド・マークの後はどうなったんだろうって自分で妄想するって普通でしょ?」

   ああそれは普通かも。

   「文学少女の読むようなものはその点続篇が公式だ。『若草物語』も『赤毛のアン』も作者がちゃんと続篇を書いてる。『源氏物語』だってあれはそういう構成だ。甚だしい場合は『風と共に去りぬ』はウン十年経って続篇が出た……?」

   じゃあそれはあながち邪道な楽しみではないのかしら? ちょっとおかあさん肩の重荷が軽くなったような。

   いやでも性別を変えてまでタカラヅカ的グランドロマンにしちゃうのは無茶だと思う。作者さんごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなにもやさしく愛らしく

   ブラームスといってもその建築にもたとえられるコーキョーキョクには興味がないんですが。歌曲や合唱曲の美しいメロディと伴奏がもうスルメのように繰り返しの感動を呼ぶんですわ。

   ♪ Wenn so lind dein Auge mir, Und so lieblich schauet -

   例によってリーベスリーダーのええと8曲目。ワルツに乗せた小曲集、下降音型で可愛らしく始まります。
   「便所見ーんと 台に仰ぎみーる」と音訳して純情な女子大生に泣かれちゃいましたが。
   このWenn は 英語で言うところのWhen ~したときという関係代名詞節ですね。メンドクサイので因果関係で訳しちゃう。

   「そんなにも優しく、愛らしくあなたの瞳が私を見るので」 てなもんよ。

   Jede letzte Truebe fliehet, Welche mich umgrauet.

   また関係代名詞だ。

   「わたしを悩ませる全てのいやらしい苦悩は逃げ去ってしまうよ」

   このあと、「この美しいときめきを、あなたはむげにしないで」と松崎しげるになり、
   「わたしよりまことにあなたを愛するものはいないだろう」と武田鉄矢になって終わるんですが(いや毎度言うけどこの歌詞はブラームスが作ったんじゃなくてG.F.ダウマー)。

   Nimmer wird, wie ich, so treu, Dich ein andrer lieben.

    まあどうでしょう、ドイツ語にしちゃあ短い単語を重ねるようにして脅しつける、弾むワルツのリズムに乗せて! ウィーンじゃあ武田鉄矢をやるのもお上品でいいですね!(今季の朝ドラの武田鉄矢の頑固親父はほんと見苦しい、朝からきついです)

   後半、松崎しげるパートは下降音型でフーガのような追っかけ合い、そのあとの武田鉄矢パートは今度は可愛らしい上昇音型で(あ、それはアルトだけか、ソプラノはたゆたうような下がって戻る音型でした)、ぱっと花開いて締めるカンジがほんとお気に入りで、よく(ひとりででも)歌っていたのですが。まあ、後半の歌詞はともかく、前半の、そんなにも優しく愛らしく~のくだりは恋愛のすてきな側面を表わしているじゃないですか。

   話は変って。昨日は具合悪かったです。
   台風の時に雨に降られて帰ってきたお兄ちゃんが風邪を持ち込んで、伝染さないでよと行ってるのにそこら中遠慮無くクシャミとかしまくって。
   伝染(うつ)っちゃったんじゃないかな。
   秋も深まって参りまして、リーリエマートはまた寒くてしょうがないシーズンに入りました。自衛のためジャケット着用、キャミソールも去年買い求めたヒートテック装備、装備。
   ああそれなのに頭を襲うは孫悟空のアレ、頭を締め付ける金コ咒ってやつを延々唱えられてる気がして、もう限界。
   あと2時間、どうしよう、主任さんに泣きを入れて早引けさせて貰おうか、でも今日16時からタイム・セールあるしなあと悩んでおったら、目の前に、目の覚めるようなマゼンタのエコバッグ!
   ……すいません、わたくしひとの顔を覚えるのが苦手で、いろいろトラブルを起こしてきましたが、今はお客様をエコバッグで覚えてたりします。このエコバッグはわりと気さくな大奥様……と思ってお顔を見ると、
   「今日はうちの庭の草むしりして来ちゃった! くたびれたわ」と仰せで。
   「豪邸でいらっしゃるから」と、笑顔を作って話を合わせると、
   「違うわよ! 年を取ってくると狭い庭でも辛いの!」とどんどん苦労話が続いて。
   笑顔で相槌を打ちながら楽しくお買い物をレジに通し、お会計を済ませたら、

   頭痛が引っ込んだ!

   心の底からスカッと爽やかなお客様ダイスキ! の笑顔
が浮かんできました。

   ああ、これがこの「Wenn so lind~」の境地としみじみ悟りました。心を開いて楽しく話しかけてくださると、こちらも悩みや苦しみが飛んでいくんですね!

   「ありがとうございます! 頭痛が引っ込みました! あと2時間これでがんばれます!」
   心から最敬礼してお見送りしちゃいました。

   それから2時間がんばって、定時で上がってお医者に行ってお薬貰って、帰って寝ましたよ。熱もあったし喉も赤かったそうですから、一応風邪だったみたいです。
   今日は辛いなりにちゃんと仕事に行けましたから、なんとかまとめて書きましたよと。
   ……久し振りにドイツ語思い出してたらちょっときつかったわあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

キミタチはいったい学校で何を学んでいるのかと

   虎美の学校で情報の授業があるというのは聞いていましたが。うちで小さいころからパソをいじって育ってきた虎美は1学期で10を取ったとか取らなかったとか。おいおい。全然自慢になりません。
   この度法律が施行されて違法ダウンロードはいかんとか、動画の作り方も習ってるとかで、今時の若人はスゴイナアと思ってますが、そうでもないらしく。

   「根津君は情報の授業中ずっと別の本を読んでて怒られたらしい」

   ああ、文芸部の誇るアナログくんね。でも、軽音部に勧誘されるくらい楽器もつかえるらしく。「根津君のスペックが高すぎてこんどスキル・リストを作る」そうです。

   ところが、そんなIT教育の行き届いた甘木高校の生徒でも……。

   「おかあさん聞いて! 同じクラスの子が、顔出しで、学校名もクラスも丸出しで本名でツイッターやってる!」

   何その勇者。怖くないのか。うちはお兄ちゃんまで揃って、
   「何考えてるんだ!?」と他人事ながらギャアギャア。

   「わたしは腐った妄想を垂れ流しているから、本人特定されると怖いんでそういうひとをフォローできない」
   「別アカウントを使えばいいのでは?」
   「その為にはメアドがもう一ついるんだけど……○○が××でこうこうだから……」
   「……学校の勉強をしてください」

   まあ、わたしもお友だちにブログのURLを手渡ししてるくらいなので、知ってる相手に見られているという緊張感はいつも持つようにしてますけど(本当か)。本人特定されてもなんら恥じることがないというスタンスは持っているべきかも知れませんね。

   でも子高校生としてそれはやっぱり無防備だろう!!
   キミタチはいったい学校で何を学んでいるのかと、わたしはそれを問いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »