« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

2012年1月28日 (土)

「へうげもの」 ~ そして茶に帰結する ~

   豹太の受験以来へうげとジャイキリは単行本派になってしまって、ブログで取り上げるのも随分ご無沙汰なカンジですが、友として死に際を盛り上げた12巻、石田三成と大谷吉継と茶の三題噺と言えば鼻水(膿とも)の垂れた濃茶を飲んで男を上げるエピソードをこう改変するかの13巻、時代は天下分け目の関ヶ原へとなだれていってもう目が離せませんでした。

   そして14巻。ここへきて表紙は濃茶色です。濃いは茶色を修飾しているのではなく、お茶のジャンルとしての濃茶、そのねっとりと芳醇なあのペースト状のお茶の色を表わしています。……茶人映画や漫画でみんなが回しのみしてるのはこっちです。ひとり茶杓3杯×人数分のお粉に柄杓半分くらいのお湯で、混ぜると言うより練る、こんなもん一人で一気したら山崎合戦のときの織部ちゃんや12巻の瀕死の太閤秀吉みたいに大変なことになります。おまけのステッカー、ヒョウゲモノ コレクション №14 も、織部ちゃん好み緑の釉薬のかかった花入れになってます。

   次の天下人の座を狙って♪あ~のひともこのひ~ともそぞろある~く戦国末期、南蛮貿易を一手に収めて勝つのはこちら、と前の巻で小西行長とかが言ってたかと思えば、巻頭で日本史に初登場、リーフデ号乗組員ヤン・ヨーステンとウィリアム・アダムスの新教コンビです。神への信仰はおいといて、理詰めで物事を捉え、ものを新しく構築することに快感を感じると言う点でアダムズと家康が意気投合する、という視点は心地よかったですね。必ずしもここはオリジナルで新しい必要はないと思います。えーと、具体的に、「将軍」とか、「影武者徳川家康」でもあった解釈ね。とりあえず、南蛮:旧教国と違う新教国という第三勢力を知り、味方に付けることによって家康はさらに力を得たということでしょう。

   我らが織部ちゃんもお茶頭様になって、茶の湯政治に忙しくなりました。三成のあにきに呼ばれて味方して! とばかりに全身全霊でもてなされたり(いやーこれにはビックリ。茶事も政治の一部、命がけでボケるとかやってたんですね)、上田君(佐介ちゃんが織部だということは解ってたが、上田君があの上田宗箇とは! もう唖然呆然) が数寄ごころでちょろまかした奇岩の配置を評価したり。ノブナガ様に冷や汗かきながら試されたり、利休居士に叱られてへこんだりしてたあの左介ちゃんも、「これ 乙」(甲:クラシカルな一流ではないけどイイよ!)と言ってやったりする立場になっているのです。
   思えば遠くへきたもんだ。

   今回のナイス! アレンジはガラシャ夫人「玉」砕。
   昔から、自害をよしとしないクリスチャンだからって家臣に自分を殺させたってのは単に下手人が自分か他人かってだけじゃん、そういうことじゃなくて、どんなことがあっても生きていきましょうってのが言わんとするところなんじゃないのとわたくしは疑問に感じていたんですが。明智玉子ちゃんこと細川君のきっつい愛妻ガラシャ夫人、三成の人質作戦に際して出てきました。
   ネタバレしちゃだめ? 
   ええと、その前に、細川君が「南蛮渡来のすんごい武器を高山右近から買ったんだ、大阪のおうちにも置いてきたけどまだあるよ、良かったら回そうか?」なんて伏線発言してたんですけどね。
   出ました、すんごい南蛮武器
   玉子玉砕。
   歴史は勝ったものが書くんだなあ。
   ……この辺で。おかあさん的には拍手喝采。玉子ちゃんならこういう散り方の方が好みです。いやー自害どころか殺してるけどね。

   ちょっとしたオリジナルのいい話は、小堀遠州(こいつもビックリドッキリキャラだ!)作介ちゃんの豪快な嫁が利休ゆかりのお茶碗をブラジャーがわりにしちゃう話。ちょっとお胸が出るのはサーヴィス・シーンだったんでしょうか。

   この作品は皆々個性的に描いてくれる上に、場面の変わり目で必ず「この××が」とか「○○様」と名乗ったり呼ばれたりしてくれてすぐ歴史上のだれか判るところが有り難いです。そんでもって、微妙に血縁関係が判るように親子兄弟は似せて描いてあるんだなあ。織部ちゃんの妹が高山右近の嫁だったり、結城秀康と徳川秀忠の眉が相似形だったり。血筋の入り組んだ大名家を判りやすくしてくれててほんと助かります。
   それにしても、400年の後胤の某もと首相閣下そっくりで出てきたときにはどうしようかと思った細川幽斎じいさんは今回も凄い

   「日の本より 古典が…… 伝統が無(の)うなっても良いのなら……
   今ここで 殺してみよ」 

   キャー! そこにしびれる! 憧れるッ! ジョジョ第1部の名台詞をフルに捧げたいッ! れいの前代未聞の勅使停戦の田辺城です。籠城50日のあとでこの気迫と体術のキレには参りました。
   息子忠興は、利休居士が切腹したときにも荒れてましたが、玉子ちゃん玉砕の報を受けてもうボロボロで、横にいた市松(福島政則)が殴り合って鎮まるならまた相手をすると同様の姿で抱いて慰めてるところをみると、暴れたところを市松に取り押さえられた(でもダブル・ノックアウト?)ようですね。ほんと、この子はまっすぐで、真っ直ぐすぎてはた迷惑という性格付けが素晴らしい。
   この巻はそういうことで細川家に持って行かれたかも?

   そういう主人公織部ちゃんは、茶頭として暗躍しながらも、心躍らせる「ミュキン」、ペルシャの緑の釉薬を再現すべく奮闘中の窯場で、失敗作とはいえ今世紀最大(作品中)の興奮をもたらす焼きものに出会ってしまったのでした。ええもう、作品中最高の変顔、1/2頁使って。
   とうとう、よりにもよってこのときに「織部の緑」に出会ってしまったのです。

   関ヶ原に向けて諸将が動く中、とらタヌ算で目尻下がりっぱなしの織部ちゃんであります。このあとまた高転びに転ぶであろうことは必至!(だいたいこの作品は左介(=織部)ちゃんちょっと茶の湯が解ったと思ったらこける、その繰り返し)

   ああ~ん、やっぱり続きが気になるッ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

この季節最も大切にされている人達へ

   とりあえず神奈川県下公立高校入試前期日程は終了と。

   昨日NHKの朝の情報番組で「不安を軽減する方法」と言うのをやっていたので、食事を終えて自室に籠もってしまった虎美を引きずり出して見せました。

   バンジージャンプをさせる被験者2人を、緊張が極まった瞬間にその場から離して緊張を持続させ、一定時間置いてからバンジーに臨ませる。片や宙ぶらりんの心理状態で放置されて恐怖でゲドゲドになりながら飛び、片や、笑顔いっぱいで余裕を持って飛んだ、その2人の違いは待ち時間の過ごし方にあった! というイントロでした。

   ゲドゲド君は、ああ、もうすぐだ、どうしよう、大丈夫かなとバンジーの恐怖だけを考えて追い詰められていったそうですが、にこにこ君は、小川のせせらぎを聞いていたそうで。すうっと不安が消えて、楽しい気持ちでジャンプに臨めたんだとか。
   ……そりゃその時点で小川のせせらぎ聞く余裕があればなんでも行けるよ。

   虎美正座して聞いてましたけど、その後、「小川をイメージして、そこに葉っぱを浮かべて流す、流す葉っぱの上に、今、自分を悩ませているものを載っけて流す、と、不安を取り除かれた自分がいる」という理屈だそうで。虎美はそれを覚えて受験に出かけ、待合室(前期日程は面接のみ)でそのイメージを頭にいっぱいにして待って、平常心で面接に臨めたんだそうです。

   

N H K あ り が と う  !

   中に神奈川県の人いたのかしら。そりゃひとりふたりはいただろうけど。

   あと、「おおきく振りかぶって」の初期のメンタルトレーニングで、緊張するのはピンチの時とチャンスの時、それはどういう状況? サードにランナーがいるとき! じゃあ、サードにランナーがいると見たら/思ったらリラックスできるように今からトレーニングしよう! という練習方法でした。以降「サードランナー!」は彼らのリラックスの合い言葉なんですが(そういうふうになんでも素直に取り組めるのが彼らのいいところ)、
   「おい、サードランナーだ!」と虎美に申しますと、敵も然る者、
   「受験生だから、じゃあ、受験番号!」と、すぐに自分に応用します。
   「『受験番号を言ってください』とか言われたらリラックスするようにすればいいのね!」
   これも十分役だったそうです。ありがとう、ひぐちアサさん。

   11時過ぎには無事帰ってきました。さて、うまくいってるといいなあ。

   「葉っぱの川流れ」と「サードランナー」、周囲の受験生の皆さんにも、教えて差し上げてください。

   それで、当の番組の最後の時間、当日の内容についての視聴者からのFAXの紹介なんかがあるんですが、
   「パワハラで苦しんでいる主人に勧めましたところ、その不安材料を載せた
   『葉っぱが沈んだ』と申しました。こういう時はどうしたらいいでしょう!?」ってお便りが紹介されていて。
   「ご主人相当お悩みのようですね」
   ……出演してた医師も困ってました(でも冷静な受け答え)。なんて返してたんだったかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

萌えを翼にして

   わたくしはファッションには疎い方です。きれいなものを見るのは好きですが、バブルからこっちの若い人のカジュアル革命にはちょっと付いていききれないものがあって。まあ、デブスの逆恨みもありますが。うわーちょっと着てみたい!? でも入らない! そのお洋服はきっと正統派じゃないおかしな服なのよ……という理屈です。

   というわけで、ブランドショップなんかも足を踏み入れたことはなかったんですが、もうこの年になったら怖いことはない。わたしが着るんじゃないんだもん、小説のヒロインが着るんだもんッ! 取材よ取材、ユニクロ着てても心はクチュール、じっさい早乙女おかあさんが作ってくれたスカートはたとえウェスト85でも高級(?)注文服! と、最近胸を張って見に行くようになりました。

   トラサルディのコート! ポンチョが流行ってるのはオール・オーヴァー・ザ・ワールドなのか、ええと、「山」をふたつくっつけた形の、一枚布に切れ込みが入ってるだけの厚手の布を後ろから前へ身体にまといつかせて(お袖は一応筒に縫いあわせてあったような)、太いベルトで締めるカンジのコートが面白かったです。お色はネイヴィーとベイジュ、チョークストライプほどの太さで障子ぐらいの大きさの格子縞が入ってたような。一応リヴァーシブルでもいけて(ネイヴィーの裏はブルーグレイ、ベイジュは紺だったかな)、着物のように打ち合わせて前は3つほどのボタンでした。とってもカッコイイシルエットなのですが、構造がポンチョなので、袖口が縫ってあると言ってももう30センチほども空いた形で、
   ……風が吹き抜けるんじゃないかなあ、ホントに寒いときにはキツイぞこれ。
   うわーすごいわーとかいっていろいろ触らせてもらったり鏡に向かって当てたりもしたのですが、寒いところに長い間暮していた身ではれーせーにダメ印を出していたのでした。

   ポロかどっかのトラッドなブランドのセーターは、ゲージがええとハイっていうんでしょうか、細い糸でキッチリ編んであって、紺と赤がありました。そんなに複雑な編み込みの地模様はなかったかと思うのですが、やや開いた襟元に白いレースがあしらってあるのが今風? これはスレンダーなひとにスッキリ着こなして貰ったらステキかもーと、目をキラキラさせて手にとってしまったり。わたしなら赤! だけど、今書いてるシリーズのヒロインなら紺を選びそうだなーそんで、似合ってるけど、もっときれいな色を着ればいいのにと周囲をやきもきさせるんだな、とひとりでニヤニヤしてました。

   そういうお金に困ってなくてスタイルのいい女の子、でも女の子っぽく着飾ることに興味はない、だとこういうブランドかなーと、サンローランを見に行くと、そう! バッチこれ! という黒の薄いジャージ素材のアシンメトリーなカットソーがあったりして、もう、イメージ膨らむ膨らむ! アレも着せたい! これも着せたい! そしてこういうことさせたい!

   というように、この年にして萌えごころを翼にブランドショップに飛び込んで、で目の保養、心のときめきを貰っているのでした。お金のかからない娯楽♪ 助かるわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

実際に行ってみた その2

   行きつけの丸中医院、大先生亡き後跡取りのななこ先生はまだ新前なので、週二日だけで、あとは応援のT医師が回しております。それでも、ななこたんの方がいいといって、旦那様と虎美はななこたんの担当する土曜ばかり選んで通院してますが。

   「1月からななこたんは産休だそうだ」
   いつ結婚されたんだろう? 名字変わってなかったと思うけどなあ。婿養子を取ったのか。もしかしてシングルなんだろうか。さすがにその辺は根掘り葉掘り出来なかったようです。おかあさんはよっぽど酷いときだけ行きますので、こないだは金曜だったからT医師だったな。
   開業医も今は厳しくて、仙台の行きつけのO医院はお嬢さんが戻ってきてリニューアルして明るい雰囲気になって繁盛してましたけど。お嫁にいらしてたから医院の名前とは別の姓でした。金沢の小さいころからのかかりつけの医院は、息子さんお医者になったはいいけど精神科で、街の内科医としてはおじいちゃん先生がずっと請け負ってたような……引退されたらあそこはどうなるんだろう???

   それで、新学期早早風邪で冬休みを自主延長した虎美が行ってみたところ。

   「同じ大学のお友だちの小夜子せんせいになってたー♪」と帰ってきました。
   「どうだった?」って、笑点か。大先生亡き後近くの聖アンヌマリー医科大学の皆さんで協力しているようです。
   「けばかった」
   おお虎美よ、それはいけない。
   「『お化粧をしっかりされていた』ッ」

   「ななこ先生は『このお薬は胃の薬、このお薬は喉に効きます』って説明して出してくれるけど、小夜子先生は『鎮痛剤出しときましょう』で終わりだった」
   まだまだきめ細やかな対応とは言えないようです。
   「T先生だと?」
   「なんかいっぱい出して終わり」
   弱冠15にして近所の医師の投薬パターンを分析するか我が子……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本日のがっです おう゛ あんふぉーちゅん

   ほんのこの秋「目がしゅっとしていい男だから応援しちゃる」と言った途端不調の隠岐の海関ですが。
   初場所も絶不調。なんですか、2勝? 3勝?
   黒海たんも復活しないようだし。

   ここはマッキーの名曲に合わせて、   
   ♪ もうこの関取が好きだなんて~言わないよ絶対~ OTL

   永井怜さまも去年は大変だったようだし。心の中だけでお慕い応援することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »