« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

2012年8月 9日 (木)

昭和は遠くなりにけり

   なんだか佐久長聖対作新がホームラン合戦の様相を呈してきて。予備校の先生が熱中症で倒れたから(!)遅出でいいという豹太が、ごろごろしながら宣うには、
   「甲子園は球場が狭いからじゃないの?」

   待、て!

   昭和の感覚で言うと甲子園は日本プロ野球フランチャイズで言えば最大級だったんじゃ? 余りに広すぎるからラッキーゾーンを作って、金網で囲って狭くしてたのを知らんのか!? じゃああの明訓対土佐丸の何度目かの大勝負でホームランを必死で取ったナントカ選手が死にそうになりながらラッキーゾーンの金網にしがみついていた(向こう側に落ちるとルールではホームランらしい)のを味方が救いに行こうとしたところが間に合わず哀れ渾身のファインプレイ虚しくホームランに……という名エピソードを!……っておかあさんそれ漫画ですから。

   でも、甲子園って広いんだと思ってたけどなあ。つい先日、パン屋のケンちゃんパパと話し込んでたときに「横浜スタジアムも狭いですからねえ」なんて言われて愕然としたところで。嗚呼、まだ人工芝球場が珍しかった頃には、新しくできた横浜スタジアムは広い方の球場として認識されていたというのに。もうメジャーリーグ・サイズのドーム球場がどこにでもできた平成レヴェルでは、横浜も甲子園も小さい方になってしまったのね……。

   嗚呼、昭和は遠くなりにけり
   ラッキーゾーンが撤去されたのは91年だそうです。ああ、平成入ってたか。

   つって、念のためウィキペディアで調べてみたら、実測値はあやしいにしても、今でも阪神甲子園球場は日本プロ野球フランチャイズとして自称最大級だそうなのでした。豹太くんったら!

   あ、書いてるうちに試合は9-5で作新が勝ちました。スゴイネ。でも、栃木と長野ってそんな近いところ同士でもするのね。甲子園も。石川の遊学館はともかく、長野の佐久長聖が西日本扱いはヘンじゃない?(北海道と東京が代表2校ずつあるから数がバランス取れないのだろうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

残暑見舞い

   こないだの日曜、虎美の帰省のお土産を買いに行ったら、
   「お熨斗はいかようになさいますか?」って隣のお客さんに聞いていて、
   「暑中見舞いで」
   「明日から立秋になりまして、残暑見舞いとなりますけれどもそれでよろしゅうございますか?」って確認してて、さすがとらやと思いましたです。いやーまだまだ暑いですね。

   先週はおやすみを戴いてうちで多少片付けものをと思ったら暑くってなんにもできなくて、月曜にお休み明けで、これで涼しい店内で日中過ごせると思って行ったら雨降って寒くってさ。
   ほんと最近運が悪い!

   ゆゆしくも 陽炎たちし大路をはや
    けふ水煙立て大雨の降る     舞音

   

陽炎っていうとなんか春ののどかなカンジですが、夏のギラギラゆらりってアレはなんと言えばいいんでしょう、逃げ水? こないだ真夏の高速道路で見ました。ホント不気味っていうか不思議。砂漠だと騙されるでしょうね。

   客足もサッパリのお店の中で震えていました。
   昨日は暑かったですけど(そういうときも客足はない)。
   ポイントカード5倍デーだったんだけど、ボーナス出た頃からさんざんやったからもうそんなのに釣られてくるお客様もいなくて(そしてコッソリごおしちごと指を折っていると)。

   やっぱニッパチ(2月と8月は客足が落ちる)ってホントなのね。

   オリンピック観戦で夜更かしして、中継がなくて暑いお昼はお昼寝をして凌いでいるのでしょう。この辺リタイアした方ばっかりだし。

   

水分補給はなさってくださいね、寝ている間も消費してますよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

虎美はネズミが嫌いらしい

   もう、教科書にネズミの絵があったりするとキャーキャー騒いで、そのページは封印しちゃうし(でもそれは「動物のお医者さん」の二階堂のマネ)、昨日も、一緒にやってた捜し物ゲームがリアルな絵柄で、捜し物リストに「mouse」ってあったから逃げちゃった。

   「2年になったら生物があるから怖いのー! もう教科書の絵(のキャプション)に『わたしはリス。尻尾を剃られたの』って書いちゃう!」
   それも二階堂ネタですね。
   「わたしはモモンガ、脇の処理完璧」と言ってやると、もう笑う笑う。
   それは、この前一緒に見て笑い転げたピクシヴのコミックで、バッと上半身裸でバンザイして見せた悪の首領が「さすが××、脇の処理完璧だった!」ってネタを踏まえていたんだけど(もう、ツボに入って、オリンピックでTVに映る体操選手を見る度に「脇の処理完璧じゃない」云々と言い合ったりするぐらいの家庭内流行語。夏だし)。
   モモンガのアレは膜で毛じゃないんだけどというつっこみを期待したのに、ただ、笑う笑う……まあ、箸が転がってもおかしいお年頃だし。起きてきたお兄ちゃんに同じネタを振ってもにこりともしなかったし!
   帰省を前に緊張していた虎ちゃんそれで4時まで寝られなかったそうですが、ちゃんと起きてきて、おじいちゃんと待ち合わせの場所へいそいそ出かけました。
   旅の無事を祈る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン

   週刊誌のお盆前特大号を狙って八百長問題でさらに激白があったようで。

   ……やっぱりくろうみたんもやっていたのか。

   いつも苦しいところで凌いでいるなとは思ってたけど。外国人力士だからやらないってものでもないのか。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

「へうげもの」15  目覚めよ!

   前巻発売以降あまりに待たされたが為に、もしかして1回買い漏らしちゃったかと焦ったのですが、わびと立身の間を悶絶する茶人漫画「へうげもの」関ヶ原当日を描いた15巻、やっと出ました。やっと買いに行けました(爆泣)。

   大名(&その他)のみなさん知略の限りを尽くして臨んでおります。あ、武勇もね(さ作介ちゃんの心の友として登場した金森君が同様のおねえキャラと思わせて強い強い!)。

   禁欲&強精の日々に暴発寸前の家康さんがその筆頭。クライマックス、島津の特攻にとうとう漏らしてしまったときのページぶち抜きの顔はもう、圧倒。……小学生が読んでおるような雑誌でやる漫画ではないのでいいんですこれで。まったくオトナの読むべき作品であります。

   今回も身体を張っております我らが織部ちゃん。前の巻で秘密兵器として作っておった投石機を押し立てて参戦するも、自分の身を安んずるために必死の悪友有楽斎ちゃんにとんでもないめに遭わされてしまうのでした。いやー最近の大河の、主人公が歴史の転換点に立ち会って影響を与えてる描写はええ加減にせいとか思ってましたが、ここに織部ちゃんを絡めるか! でも、実際何もしてないし(でも動くし)、ギリギリこれはアリ!?
   「アデウス アミーゴ」って、有楽斎もう殺す気でやっただろ!?
   前巻の細川忠興と福島正則といい、この時代の友情はホント危なっかしくてしょうがない。

   今回の芸こまキャラ:「遅参したのに強い!」と織部ちゃんの活躍に感動する若き日の宮本武蔵……こういう小ネタに凝ってるところが好きッ! これが巌流島に応用される……わけない。

   戦いの帰結は皆の知るとおり……?

   島左近の首に魂を消してもうだめだ、と家臣にも見放される三成ちゃんですが、そのまま数寄を理解しないやられキャラとして退場するかと思えば。

   山田画伯さすがの退場シーンを用意してくれてました。
   利休がみっともなく暴れて、心ならずも切腹を賜る側の心をもてなしたのに対照的に、三成は「あ~あ。やっぱだめだこのひと」と笑わせる、自分のキャラを弁えて、それを延長して演じて見せて、その場の皆をもてなした、茶の湯で言う、一座を建立した、それをやって見せたというのが新しい。
   それはそれで、織部ちゃんその他がいろいろ彼に対して働きかけていたことが無駄ではなかった、彼にもそれを容れる余地があったと描くことで茶の湯というものの奥深さが描けたであろうし、今なお、俺ぁまだわびさびなんかワカラネエと思いつつこの作品を読んでいる読者の心も救ったんじゃないですかね。いつ、あなたの心が数寄に目覚めるかもしれません、数寄とはそういうものですよと。

   しかし、因果応報。かつて秀吉の権勢を守るために山上宗二に耳そぎ鼻そぎの上シコロで首を斬るという残虐な刑を選んだ三成ちゃん、その遺児によって、全く同じ刑に処せられてしまうのでした。自分が命じた同じ言葉でそれを肯う三成ちゃんは、やっぱりひとかどの人物と思いますよ。画面の端、落とされる耳、鼻がこわ~い。赦すことをしない宗二の遺児は、面差しもさることながらやっぱ親の子だな~としみじみしました。そういうことをしてしまうおまえさんは長生きできるのかね? と問いかけたいわたしはやっぱり甘いかな(それでも死刑廃止には懐疑的論者、ナンヤソレ)。

   しかし、行きがけの駄賃に島津にさらわれてしまった作介ちゃん(小堀遠州!)、もう戦死したものと思われてますが、どうやって中央に復帰するのか!? そしてさらわれたって、やっぱ可愛かったからその目的で!? 例によって訛りのキツイ島津勢は半分吹き出しが判別不能なので思惑がわからな~い!(たぶんカヴァー下は島津言葉なんだと思うけどあんまり意味が取れなかったし!)

   まだまだ目が離せない関ヶ原後なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のガッテス・オヴ・アンフォーチュン

   「金メダルポイントです」というから「じゃあ本腰を入れて見るべえ」とつけっぱのTVに這い寄ったら、そこで中国のペアのスマッシュが決まってバドミントンは銀メダルになってしまいました。

   ホントゴメン。

   なんか最近おかあさんサゲマン度が上がってるような気がする。お祓いに行った方が良いのかな……OTL。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »