« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2012年6月29日 (金)

文芸部がんばる アラウンドザ天下人篇

   えーとこの辺 http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6555.html
   で拾った話。うちの大塚女子大学の近世文学史の講義だと、こうなります(やや脚色済み)。

   秀吉も天下を取ったあと、ちょっと御伽衆なんか呼んじゃってムチャ言った。
   「奥山に~ぃ 紅葉踏み分け 鳴く蛍~ぅ
    ちょっとこれに下の句つけてみ?」

   蛍は鳴きません、踏みもしないし。秀吉が間違ってます。ところがこのハゲネズミの食えないところは、ただ間違ったんじゃなくて
   奥山に紅葉踏み分けなく鹿の こゑきくときぞ秋はかなしき を踏まえてます。

   これはわざとじゃないかなと思うんですよ。古典の伝統をわざと外してみる、教養がないというのを逆手にとって、敢えて出して、天下人である自分が間違えてみせて、どう反応するかをみたんです。笑ったら負け天正年間篇? ボケを拾うのも命がけですね。

   御伽衆・曾呂利新左衛門はうまく受けました。

   「しかとも見えぬ光なりけり」

   これは「然り(そうである)」と「鹿」を掛けているんです。そして、間違ってるその内容をさらに受けて、『かすかな蛍の灯ではそうかもしれないと見える』と、言っている。これはすごいですよね。

   ……って内容だったんですが、藤孝さすが! というヴァージョンもあるんだ?

   ただフォローするだけじゃなく、即興でオリジナルでその場を救う歌がでっち上げられるんだから両者凄いな。

   そんでもって当代の文化人にそこまでさせる秀吉の威光もすごい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

キミは薔薇薔薇ってカンジ…… 合格ママオフパート2

   ええと、この春の虎美の合格オフ、おかあさんと大学のサークル(インカレ)で一緒だった姫ちゃんとも約束してたのですが、桜遅いわねとか言ってる間に姫ちゃんの方でおうちを開けられない都合ができてしまったのです!(おかあさん手際悪すぎ)

   じゃあ晴れて出歩けるようになったら桜じゃない花でも愛でましょうと約束していて、6月になって、もーいーよー! の声が掛かったのでおかあさん勇んでお誘いしました!

   「あたしせっかく川崎に越してきたのに向ヶ丘遊園の薔薇園行ったことないの! 姫ちゃんつきあって!」
   説明しよう! 小田急の、多摩川を越えて川崎に入った辺りには向ヶ丘遊園という遊園地があって、丹誠込めたバラ園があったところが、時代の趨勢には勝てず遊園地は閉鎖となり、もったいないからと市民団体がバラ園を管理することになって、春と秋の開花期だけ公開されることになっておるのでした。
   「まあ素敵! 是非ご一緒したいわ」というメイルが返ってきて、おかあさん勇躍ホームページを開いたら!
   「本年の公開は終了しました」って。6月3日まででした。
   るーるーるるるー♪(夜明けのスキャット)
   もう少しはやく気づけばよかったですね。
   薔薇の季節って6月いっぱいだと思ってたよ。やっぱ地球温暖化のせいかな。今年は花は出足遅かったと思ったけどな……しくしく。
   そのあともネットでしつこくいろんなバラ園やお花の有名なスポットを探しておったのですが、ご案内のリミット迫る日曜深夜、ようやく近くて薔薇が咲いててお安いところを、見つけました! 

   東京都水道局本郷給水所公苑!

   御茶ノ水駅近く、順天堂大学の裏手です! 水道記念館脇に西洋庭園があって、そこに色とりどりの薔薇が植わってるって! やった! インターネット様々! お茶の水なら、昔は毎週通ったから、駅の周りも解ります!

   ……でも花の見頃は5月の終わりって……。そこは今年の花の出足が遅いのを頼りにしました。まあ、あとはおしゃべりが目的だから、近くのレストランや喫茶店でまったりすればいいのよ。と、行ったことあるホテルやらとの位置関係を確認、ちょっとしたリヴェンジも盛り込んで、
   「ホテルジュラクのレストランでランチバイキング!」
   ということになりました。

   おかあさん自分仙台の頃「バイキングはせわしないから話し込めなくてイヤ」って言ったじゃん。ああ、ほんと自分を棚に上げてよく言う……でもたまには綺麗なところでいろんなものをちょっとずついっぱい食べたい!

   姫ちゃんはもったいないぐらい喜んでくれました。

   というわけで行ってきましたお茶の水!

   雨降ったら悲惨だと思って、あんまり「ランチ行くんだ~♪」って言いふらしてなかったんですけどね。晴れ時々曇り? やや暑めでお天気としては上々だったんじゃないですか? 日傘持参しました。姫ちゃんは日焼け止めまで持ってきてて、おかあさんにも快く貸してくれました。ああ、良い友人を持った。

   ジュラクは大学受験の時に、中央線沿線の大学(どこだよ?)受けたので泊まって。田舎から出てきた高校生にも判りやすくて親切でよかったですが、首都圏の親戚に、
   「ホテルジュラクに泊まった」と言ったら大笑いされて!
   「聚楽!? あのCMの!? ヘンなおんなのひとが出てきて聚楽よぉ~んって言うあの!? あはは、東京の人間であんなヘンなとこ泊まる人いないよ!」
   本当にこう言ったんですよあの叔母!
   いや雷風呂のあのCM関東近県にしか流れてないから! あれ? 仙台で見て愕然として、ああこりゃ笑うわ~と思ったけど、わたしも!
   東京の女子大にひとりで受験に行ってそんでみごと合格して帰ってきた! と鼻高々だったまいちゃん@女子大生なりたての自尊心はこっぱみじん

   ……といった過去があったので、ジュラクに恨みはないけどなんだかなつかしくて行きたくなったのでした。ああそう、朝食バイキングは、朝こんなに食べられない、もったいない、と思って、自分でその辺でパンを買って済ませたので、最初の朝だけしか行ってなかったかも、そういう「宿題」ではありましたね。

   今は自然食のランチ・バイキングになってました。1580円でお腹いっぱい食べました。あんまり「お肉をがっつり!」ってカンジじゃなかったですが、タコライスとか、ひじきの煮物とか、いつも食べないようなものを食べられたのでよかったかな。風邪っ引きだったのでしょうが紅茶は助かりました。おかげで喉が痛くなくなったよ。

   そして挨拶もそこそこにアルバイトの萌えとか虎美の学校の話とかお兄ちゃんが授業中に携帯の電源きっとくの忘れて(でもマナーモード)、そのままならばれなかったのに緊急地震速報が鳴っちゃってばれて、3年目にして反省文書かされて、でも、鳴らしたのが豹太と生徒会長だけだったから、
   「それ以降緊急地震速報はセーフということになった」話とか。
   もう笑い転げながら姫ちゃんの方の旦那様話とかお師匠様が歯に衣着せないバレエ・レッスンとかの話にもう笑ったり肯いたり顎が落ちたり!

   気がついたらボーイさんが、
   「あいすみませんが閉店の時間でございます」って跪いてましたよ!

   それから腹ごなしに給水所公苑まで歩いて。
   インクの薄いプリントアウトした地図にも姫ちゃんは動ぜず的確に指示を出してくれて、今日は迷わずにたどり着きました!(それがトピックになるこのブログってどうよ!?)

   でも一番暑い時間にお外歩かせてゴメンよ。

   

咲いてました!

   リンカーン(なんか赤い系)やらプリンセス・ミチコ(ややオレンジ入ってる黄色とのミックス)やらマリアカラス(ピンク系)やら人名系名花に。
   「『みらいのかがやき』ですって! なんだかとっても今風な名前」たしかに2006年作出と札が立ってました。
   「未来って付いてるとなんでも今風よね」と姫ちゃん。なんだか、郷里が平成の合併で名前が変っちゃって、「みらい××市」になっちゃったお友だちがいるとかで。
   「……それはもとの名前の方が床しいかもね」
   金沢の方も松任市はなくなっちゃったよというと意外にも反応してくれたのでした。いやーローカルネタ過ぎるかと思ったのに。  
   「これすごい! この色好き! こういうのよ! こういうのがいいの!」とおかあさんおおはしゃぎしたのは「カリスマ」。オレンジ系の少し黄色がミックスした燃え立つような赤でした。
   その他、古くからの代表的名花あり、新しめのおおーっこう来るか! という花もあり、薔薇ばっかりもう圧倒! というほどではないにせよ、とっても満足できる量でした。みんな咲いてたし。あ、「シュニーケニギン」というのだけは、蕾もなく葉っぱだけでした。
   「これ『雪の女王』って意味だよ、ドイツ語」と偉そうに蘊蓄をひけらかすと、姫ちゃんは怒らずに感じ入ってくれるのでとてもおかあさんはイイ気持ちになれました、それをやめればいいのに、おばか。きっと咲いたら白薔薇なんでしょうね、咲いた頃また見に行きたいな。

   一回りするとせせらぎが流れる区域になり、そこはサラリーマンたちの憩いの場になってました。一段上ってるせいか都会の喧噪も密やかになり、ほんといい休憩所。これが入場無料ですよ奥さん! 是非足を向けてみてください!

   「あれは楓。秋に来ても良さそうね」と姫ちゃん。じゃあ、秋にもまた企画しましょうか。きっとじゅらくのバイキングも秋の味覚を取りそろえて待ってると思いますよ、お芋とか、栗とか葡萄とか。わーい。

   それからは、大学時代に毎週通った店を探して駅前をうろちょろしたり、その当時の今だから話せる話(あの肌色濃く彫り深く睫長く、独特なハンサムさを誇っていた、当時やっていた曲にちなんでマイネ田辺さん(仮名)と呼ばれていた先輩がナダ校時代同性達にとってアイドルだったとか!)に盛り上がったりで、非常に楽しい時間を過ごせました。

   楽しかった! また行こう!  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

米びつをぶちまけた!?

   おかあさんいつもネットの皆さんに危機を救ってもらってるから恩返し。

   米びつをひっくり返してお米をぶちまけてしまった!? というときの対処法。
   いつも綺麗にお掃除をしてお台所の床も鏡のようにきれいというわけではないおうちでは、一粒ずつ拾うのもたいへんでございましょう、そういうときは、

   掃除機の吸い込み口に古ストッキング!

   吸い込んじゃわないように、輪ゴム&ガムテでそこは固定して。

   がががっと吸ってしまえば30秒でお米はホースの中に。それを、ガムテを剥がしてストッキングを引くと(吸い込み口を逆さにしないよう注意!)、しっかりストッキングの中に回収されたお米が出てくるわけです。あとは、一緒に吸い込んじゃった埃とかを、一度紙の上にでも広げて煽いだり手で摘んだりしてよければいいのよ! あと研ぐときに念入りにしてもらって。

   ああほんと、ほんの10分前は目の前が真っ暗になったけど、無事回収できてよかった!

   そういえば、ギリシャ神話で麦と豆(?)をごっちゃにしてばらまいて、これちゃんと拾って選り分けといて! って試練あったなあ、美(少)女試練系の話で。あれは、だーりんがありんこに話を付けといてくれて、ありんこがやってくれたんじゃなかったかしら。

   神話の美女にあらざるみなさんはありんこのかわりに家電(とネット)を使いこなしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もありがとう……?

   今日も今日とて虎美ちゃんの高校生活は極彩色

   「また文芸部に新入部員が来た! 男子なんだけど4組で」
   「4組というのは」
   「そう、○ちゃんたちといっしょ~」
   虎美はまだれいの国民的スポーツマンガから名前を取った疑惑のある人格者の○ちゃんのクラスに通っています。それがまた、別の中学から来た子も同じ○ちゃんで、W○ちゃんとして仲良くしてるらしく、夏服になった今はヴェストの色(白黒紺グレイぐらいなら自由)で区別して「白い○ちゃん」と「黒い○ちゃん」で区別してるそうで。……いいけど、耳で聞いてる分には「黒い~」ってのはちょっとびっくりするから変えてほしいな。
   「そんなに文学って雰囲気じゃないからなんで入ってきたか分かんないんだけど、とりあえず賑やかになってよかった~」

   おかあさんそこはすかさず想像妄想しましたね。毎日うちのクラスに友達と弁当食べに来る委員長系眼鏡美少女(親の欲目)を見てたBくんが、いっしょに話したいな、混ざりたいなと思って清水ジャンプをしたというすじを!

   

ロマンスの神様ありがとう!

   虎美はその線についてはなんにも匂わせてませんでしたが、素で気がついてないのかな、親には言うことじゃないと思ったのかな。
   文学部なんかに入って、男子との甘酸っぱい交流なんもないじゃんと気を揉んでいたおかあさんもう蹴り損ないコロコロシュートが決まったような爽快感を味わってます!
   虎美、頑張っておかあさんには経験できなかった楽しい高校生活をエンジョイするのよ!

   ところが現実はキビシイ!

   「このあいだの大会の帰り、電車の中でホモがいたんだよ!」
   「見ただけで解るというのかこのクサレ女子が。そんなにホモホモいうならパソコン触らせないぞ」
   「だって、男同士で電車の中でずーっとあすなろ抱きしてるんだよ!」
   「なんだあすなろ抱きというのは?」
   「『あすなろ白書』って漫画に出てきたらしくて、後ろからがばーって抱きつくこと! もうずーっとやってるから、あたしもう興奮して、一緒にいたみくちゃんに、ねえ、あれホモだよ、ホモだよ! って言って殴られた
   「それはみくさんが正しい……しかし、みくさんはそんなにすぐ殴ってくるひとなのか、最近いつも話のオチは『みくさんに殴られた』ではないか」
   「ああそれは軽く振りだけだから」
   「ハリセン・チョップのノリか」
   安心しましたけど、いや、安心するな!

   漫画やアニメの中のキャラについて勝手にキャー! キャー! 言ってるだけじゃ済まなくなって、現実世界の人間を捕まえて、ちょっとしたことから過剰に妄想を繰り広げて、頭の中で萌えるだけならまだしも、公共の場で彼らはホモだとかあっちが受け身のほうだとかでかい声で垂れ流すようになったらもうほんとに社会に迷惑な 腐 女 子 ですから!

   おかあさんは悲しいよ。

   お願いだからまともな道に立ち返ってちょうだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »