« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

2012年5月19日 (土)

「銀河へキックオフ!!」

   春からやってるNHKのアニメですが。なんでも記者会見でプロデューサーが
   「このアニメはサッカーだけどオーラも出さなきゃスーパーシュートも出ません」って言ったとか言わなかったとか。
   言いたいことは解るがそこまでケンカ売らなくても
   ジャイキリ(NHKでアニメをやっていたリアル系サッカー漫画)同様、戦術とか、少年少女のふれあいと進歩を描くサッカー物語のようで、おかあさんももちろんそっちの方が好ましいですが、無駄にケンカを売るような公報の仕方は好きじゃありません。

   主人公はもともと小学生向けクラブチームに入っていた……でもそんなにうまくないコちゃんですが、そこは、中心選手たる巧い! けど我の強い! 子たちがコーチとケンカしてチームが空中分解しちゃったんですね。それで、サッカーができなくなって欲求不満だったところへ、大阪からの転校生、サッカーの超! 得意なエリカちゃんと出会うんです。

   

ヒロインの方がサッカー巧いんだよ。

   そして、例のサワホマレ選手をホーフツとさせる女子プロサッカー選手と出会い、もっともっとサッカーやりたい! 巧くなりたい! と、みんなを巻き込んでクラブチームを再興させようとするのです。
   虎美は先行情報をいろいろ聞きつけて(主人公役はダレトカさんだとか、この女の子がサッカーに目覚めて大変身! するのが見ものとか)満を持して待ってて、朝も正座鑑賞してますが。

   「それでこれが地獄の三兄弟か?」
   「悪魔の三つ子!

   その巧くて我の強い中心選手ってのが、三つ子らしいです。みんなイケメン! そして、それぞれキラキラした今風の名前で、
   「虎太、竜持、凰壮(こた、りゅうじ、おうぞう)」
   テーマカラーも決まっていて、それぞれ黄色、緑、赤だそうで。そりゃ、リアル三つ子だったら絶対親はそうするけどさー。それぞれ独自のセンスでお洒落にしてます。
   「ないわー」
   虎太はFWで負けん気が強く、シュートを打って点を取ることに執着が強い、竜持は敬語で話す慇懃無礼な策士(現実には滅多といないけど、物語ではよくいますねえ)、凰壮はマイペースで他人をよく観察する、とそれぞれ性格付けされてます。
   「長男豪炎寺、次男鬼道、三男ジーノ? キャラクター、イナイレから持ってきてるじゃんか、恥を知れ」いや、ジーノはジャイキリですから。
   「おかーさん、どっちかっていうと竜持がジーノ」
   いいよもう。
   でも、門前のおかあさん朝寝しつつも習わぬ銀オフを語る……。

   チーム立ち上げ系スポーツものにありがちな、「あとひとり足りないから入って!」キャラは、お嬢様のレイカちゃんです。かなりぽっちゃり体型で引っ込み思案ですが、友達エリカちゃんの危機に、いや、主人公翔くんに思うところあってか清水ジャンプでメンバー入りを申し出てくれます。でも、やっぱ身体能力はクラブチームでサッカーをやるにはちょっと残念なので、
   「ダイエット目的ならやめとけ!」
   「このチームはお荷物がいるからな!」などと容赦ない言葉をもらってます。……おもに長男から。
   わたしが知る限りはこの子ダイエットが目的とは一言も言ってないんですけどね(参加表明のときに「……それにダイエットにもなるし」とは言ったと娘から突っ込み)。だって、レイカちゃんがいなかったらチーム成立しないじゃん! 恩に着せてもいいのに、それをしない、そこが美しいところと見ますけど。ほんとは三つ子のうちの誰かや翔くんが目当てだったりしてもまあ小6の女の子として全然オッケーなのに、たぶん、お友だちの窮状を見かねて、だと思います、この前のチームメイトを必死に捜す回では、必死な翔とエリカに邪険にされながらも何度も「わたしが……」と申し出てましたし(そこのすれちがいは面白がるところでしょうけど、わたしは可哀相で見ていられなかった)。
   それを、ダイエット目的だろなんて軽々しく言うなんて、酷すぎると思いますね。
   ま、サッカーのためにピアノのレッスンさぼってるっていう描写が今日ありましたから、実はピアノに行き詰まってて、逃げで選んでたのかもしれませんけど。まーたぶんそこはママバレ・エピソードとして語られることでしょう。
   「わたしはサッカーが好きなの!」と、熱く語ってくれて、それで三つ子はじめチームのみんなに受け入れられるといいと思います。
   前情報によると、彼女はサッカーを始めることによって(主に容姿が)激変するらしいので、そこでガっと長男を刮目させるようになって見返してやるといいと思います! ま、とりあえず今日は長男のスペシャル・シュートに立ち向っていってちゃんとはじいて見せたという進歩を見せてますし。
   ……痩せて綺麗になったら見直したってのは男として最低ですが。
   使えるディフェンダーになって最終ラインを任せられるようになって、
   「見直したよ」って恋愛関係が始まったりしたらそれはそれでロマンティックですが、
   「そこで、長男告ってみたら、どっこい彼女は言葉(だけ)は丁寧な次男とか、金髪碧眼のライヴァル(二言目には長男は青砥青砥と意識している)が好きだったりするとすげーいい気味!」
   「おかーさんの鬼!」
   さて、どうなりますことやら。

   そうそう、国際化した時代を反映して、将来仲間になってくれる登場人物として、スペインのサッカー選手を父に持つ青砥ゴンザレス琢馬って子がいます。長男虎太の心のライヴァルね。台詞では「アオト、アオト」って出てきてましたが、NHKの公式で登場人物の設定画を見たら、
   「きゃわい~い!」
   「ね!? 『今日からマのつく自由業』のヴォルフラムみたいでしょ!?」と、娘の声も弾んでおります。
   ほんと金髪碧眼の美少年で。
   「スペイン系ハーフが金髪碧眼の訳ないじゃん。そんでゴンザレスってナニよ、それこそヴォルフとかジークフリート系だぜこの顔は」とおかあさんは辛辣にいっときながら、
   「青砥って……ああゴンちゃんか」と、ゴンちゃん呼ばわりして楽しみにしておるのでした。
   そんでもって、アラブ系のハーフでGKも登場予定のようです。
   「この手足の長さはシジマールだな」
   こちらは、漢字名ながら読んでみるとなんとも異国風のダルビッシュ有的おなまえ。
   と、登場人物紹介を見てるだけでもいろいろ楽しみなサッカー・アニメであります。

   「で、チーム名桃山プレデターってどうよ? おまえ、プレデターって意味解る?」
   「ううん」
   「すぐ辞書引くせつけろよ、単語の数が変ってくる……これはたぶんラテン語由来だからter じゃなく tar か tor ……」と、適当に当たりを付けてネットの辞書を引くと、
   「predator : 捕食者、肉食獣」って。略奪者って意味も2番にありました。
   「……だそうだ。怖いな」
   「うん、『エイリアン対プレデター』って、『まるマ』であったじゃない」
   「そういう映画があって、そのタイトルを使ったパロだ、元ネタまで当たってから笑え!」
   あ、桃山はチームの代表である不動産やさんのお名前です。金も口も出すいや~んなお金持ちのオッサンです。

   イナイレの超次元っぷりにそろそろついていけなくなったらこっちへどうぞ。

   以下無用のことながら。

   女の子2人の名前が似ててごっちゃになっちゃう! お嬢様なレイカちゃんは、この際桜子ぐらいの方がよかった。字が、画数多くてあんまり小学校で習ったりしなさそうな良い意味の字を使ってある、でも読むと昔ながらの読みで、そんでもって子のつく名前! お育ち良さそうよ。
   動物の名前3つの三つ子の名前については……自分でもやったことあるので何も言うまい。添え字でなにげに数字を表わしてる(太=太郎、持=ジ、壮=ゾウ)ところまでやった! 鳳凰の凰も、イマドキ珍しくもないらしいからなあ。凰の方はメスらしいですけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

刻み込まれております

   おかあさんこないだとうとう本部からトレーナーさんいらっしゃって、じきじきに指導されちゃってね。ええもう、
   「教えたことがなんにもできてないじゃない!」って怒られちゃって。
   その日はもうご飯も作れなくて泣き寝入りしちゃったんだけど、その夜、見ました。

   ユキノ様の夢を。

   実名出してすいません。おかあさんのお仕事時代のすっごいコワイ先輩です(当時は下の名前でお呼びするなんて思いもよらなかったですけど、いろいろ特定を避けて)。お仕事ができないおかあさんは研修時代から眼を付けられてビシビシしごかれました。3年目くらいにこの方が新しい部署に栄転なさったときには神に感謝したくらい。
   お美しくて、おできがよくって、そして口が厳しいというお姉様でした。ちゃんと仕事のできる人にとってはフランクで面白いお姉様だったらしいですが。

   そのとき、わたしは昔の使えないプログラマに戻ってたみたいでした。プログラムシートを抱えて会議室のような長テーブルにふらふら戻ってくると、横でお仕事をしていたお姉様がこちらに眼をくれて、
   「なあ~に、あんたまだそんなとこで失敗してんの」と声を掛けてこられて。
   それがユキノ様だったのです!
   「いえ、なんでもないです、ちょっと、はは」
   夢の中のことなので、しかとは見えないソースシートに眼をやって、ああでもないこうでもないと思うとおりに動かないプログラムの問題点を解決しようと頭をひねっていると、
   「活田さ~ん(仮名)、どーしたの、この位分かんないわけ?」と、当時の同じチームだったYさん(ややちゃらい系?)が寄ってきて、一応は見てくれる、
   「こうすればいいじゃ~ん」って、いつの間にかプログラムはアセンブラになってますよ(直感)、わたしアセンブラやってないんだってば!
   「待って、ちょっとそこちゃんと教えて!」……って言ってるうちに目覚めました。

   20年経っても忘れられないんですか(イヤもっと経ってる)

   怖いわ。

   わたしって、優等生だったから?(オイ)、試験で白紙答案出す夢と8月31日に宿題ができてない夢は見たことないんですが。それ以外のジャンルの悪夢ならええといろいろあったと思うけど。

   仕事やってる間に、ちょっとしたプロジェクトの重要なプログラムが動かなくて焦る夢は見たかもだけど。

   そこまであの頃の恐怖はこの身に刻まれておったとは。現在トレーナーさんに怒られたことよりしみじみと思い悩んでおるのでございます。

   そんで、ちゃんと言われたとおり少しずつだけど直してますよ。気がつかなかった、事務所に「基本動作ができていない人がいます!」って張り出されてても、自分のことだと思ってなかったもん!(ヒドイ!)ま、ここで基本に立ち返って頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

「ここに死体を捨てないでください」 抜群の安定感

   「合格したら買う!」の公約通り、虎美買って来ました。
   来たり。
   見たり。
   勝ちたり。
   ユリウス・カエサルの戦勝報告。この場合は「勝ちたり、来たり、(よ)みたり」かな。

   面白かったそうです。東川篤哉まだまだ安定しています。

   烏賊川市もののユーモア・ミステリ。ひとり暮らしの妹から、
   「わたし! しらないおんなのひとを刺し殺してしまった!」(今季再ドラマ化という「Wの悲劇」の映画版CMのパロディのつもり)と電話をもらって一肌脱ぐおねえちゃん、ちょうど妹のアパートの前を流していた廃品回収のお兄ちゃんを体当たりで(!)うまく言いくるめて引き込んで、死体を捨てに行きます。海じゃなくて山へ。そして人里離れた山中で車ごと死体を捨てたら当然帰りは歩き!(ちゃんと考えて行動しようよ!) 道に迷った2人はペンションにたどり着き、一夜の宿を請うのですが……。そこで不審な死を遂げるペンションのオーナー! やってくるのはあの名(迷)探偵にあの名(迷)刑事! 死体を捨てた池がなくなった!? 帰りたいのに帰れない! 繰り広げられる迷推理! そして第2の殺人! おまえらまじめにやれ!!

   行き当たりばったりな人達がどんどん悪い方へと道を誤っていくのが楽しい(!?)ユーモア・ミステリーでした。怒濤のクライマックスはカタルシスあるな。これってドラマ化されてましたっけ? 絵になるなあと思いましたです。でも、今の日本でドラマ化はされたくないかな。

   いやほんと、安定してます。

   そして、「あんたはどこか旅に出なさい」と言われてなんとなく北を目指してしまった妹ちゃんは、仙台で楽天の試合を見て「岩隈ー!」と叫んでおるのでした(ひとの命を奪ったと思ったらもっと神妙にしようよ)。今回の野球ネタはそこ。これは、やっぱ阿刀田先生の「犯罪者は北を目指す」というエッセイネタを踏まえておるのでしょうか。いいよ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

「オリンポスの咎人 ギデオン」 ― 絶叫のどんでん返し ―

   真剣にはまっておりますハーレクィンのシリーズ、今回は「嘘」の番人、真実を口にすると全身を苦痛に苛まれるという因果な苦役を背負っているギデオンが主人公です。
   ……でもまあ、本人は真実の逆を言えばいいというレトリックを身につけて割りに安定しているようですが。今まで脇筋では敵の「ハンター」に捕まって、両腕を切り落とす拷問を受けたり(大丈夫、また生えてきた)、仲間が死んだと嘘を告げられて衝撃の余り心のありったけをそのまま叫んで死ぬほどの苦痛で身を焼かれたりとかはしてましたが。

   前作「アーロン」で、「悪夢」を身に宿した謎の女性スカーレットと出会い、不思議な感覚を覚えていたギデオン、「覚えていないの!? わたしたちは夫婦だったのに!」と魅力的すぎる謎をぶつけられ、これ以上ない引きで続いていたのでした。そりゃ刊行待つよ。

   一目見たら忘れられない美貌の女性が、自分とお揃いのタトゥを入れていて、それが「別れるときは死ぬとき」というロマンティックも極まりない愛の言葉って、やっぱそれなりの関係を過去に想像しますよねえ。しかも、逢ったら解る! 彼が無意識に入れていた黒い瞳のタトゥは、スカーレットの眼そのものだし!

   そして、自分たちが如何に愛し合っていたか、生き別れて何千年、囚われの日々の中、彼の死を予感して哀しみ、そして、生存を知ってからは自分をうち捨てたこと、2人の間の息子を見殺しにしたことを恨み続けてきたと聞かされたら!

   そりゃ苦しむし、なんとかやり直したいと願いもするでしょうよ。

   この話は心を固く閉ざしたスカーレットに、嘘しか言えないギデオンがいかにアプローチするかが命なんですが。

   ……半分以上ベッドシーンだったような気がするよ。

   まあそれはそれでロマンチックに誠実な方向で描いてくれてたからいいとしても。

   そんだけ誠を尽くして心を振り向かせた結果がこれかよ。

   記憶にないのも当然、記憶を改ざんされていたのはスカーレットの方だったのでした。ハンサムで優しい戦士に憧れていた娘心を利用されて、偽りの結婚生活を刷り込まれていたとは……! 悲劇の女戦士がただの妄想系ストーカーですよ。

   てめえら人間じゃねえ! って、神です。ほんと、この作品の神はしょうもねえ。スカーレットは、彼らを支配する、現時点での勝者の神クロノスの妻の不義の子であるそうなので、まあ夫婦どっちにも疎まれているらしいですが。そんでもって投獄されていたのは、神の間で権力争いがあって、かつてはクロノスの対抗者ゼウスが支配していたから、クロノスの一族として弾圧されてたというようです。ややこしい。

   どうか殺さないで、それくらいだったら自分を殺してという懇願虚しく目の前で息子を殺されてしまうという記憶が嘘だったのは彼女のためによかったとほっとしましたけど。

   ほんと、この物語のタイタン族(=神々)はむちゃくちゃやってます。ボスとラスボス(今までの敵ガレンよりさらに上がいるらしい、今回判明)は夫婦で、しかも、お互いのどちらかを殺すと相手も死んでしまうつながりを持っているらしいとのこと。じゃあどうすればいいのよと作中戦士達は悩んでます。

   「疑惑」の番人サビンの恋人にガレンの娘グウェンを出してきて、自分の親が敵という葛藤を持ってきておいて、さらにこっちもスカーレットの親がラスボス、レアと判明。どうしましょう。これはほんと最後までお付き合いするしかないですね。

   そして、偽りの記憶に人生を狂わされた2人はどうなったかって?
   ちゃんと、真実の記憶で彼らは想い合っていたことが判明して、もちろんハッピーエンド! 

   しかし、記憶を改ざんする女神ムネモシュネー、恐ろしい敵でした。いや、最後のキャットファイトはどうかと思いましたが。そこの男達! ポップコーン片手に観戦するな! 

   脇筋では前作で恋に破れながら悪魔を退けた健気レギオンを皆(ウィリアムとアーロンとアムン)で救出に行ったは良いけど……「秘密」のアムンがとうとう体内の魔物に乗っ取られて微妙。またそこは次へと繋がるのでしょうか。「征服」のストランダーも、仲間「不信」のバーデンを殺した仇の女ハンターとなんだかへんなことになっているし。まだまだ物語は広がりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

あれは日本の3大祭のひとつらしい……

   もしかしてお気を悪くされるかもしれませんが、それくらい衝撃的だったということで。

   去年の春、TVにふつうのCMが流れなかった、子供向け放送を死守するテレビ東京が臨時ニュースを流したってのが、今日本で大変なことが起きてるということを表わしていたと皆さんお思いになったでしょうが。

   さらに4月になって、このニュースを聞いて、ああ、今非常時だと痛感したのが、

   「山崎春のパン祭中止

   だったんじゃないですかね。

   もしかして世情に疎い方にご説明申し上げると、食パンとかをひろく日本全国で製造販売しておる山崎パンという企業が、毎年春には、対象商品にそれぞれ価格に応じた点数シールを付けまして、買った消費者はそのパンについてたシールを台紙にちまちま貼って集め、目標点数(今年は20点)に達すると白いお皿が貰えるというプレゼント・キャンペーンなんです。
   昭和も50年代からやっていたような記憶がありまして、うちにはそのプレゼントで貰ったお皿が毎年分相当ありまして、わたしがひとり暮らしをするときにも数枚持ち出しました。お嫁に来てからも、仙台でもためてて、ぎりぎり最終日にやっと20点貯まって、「まだ大丈夫よね!?」と、深夜のコンヴィニに走った記憶があります。そこまで真剣にならんでも。 
   いえいえこれが結構良い皿で、たしか当時からフランス製で、ガラスも多少入っている特殊な製法で、軽くて割れにくく糸底がない分スタッキングもよくて電子レンジにぴったり、というのも売りだったような。小さいボウルは猫科のひとたちが小さいころにはおどんぶり代わりに、親子丼を食べたり、おうどんを食べたりするのに使ってたなあ。

   それが、去年は中止ですから。
   被災地に結構パンを提供していて、山崎さんそれどころじゃなかったんでしょうね。
   ああやっぱり、と思うと同時に、今の日本は非常事態なんだと痛感しました。こんな事態なんだから、そんなのやめて当然と思いましたとも。まあ、最近は近所のケンちゃんちのパンを買ってて、なかなかポイントがたまらないってのもありましたが。

   そして、今年は開催されるというので、ああ、また春が巡ってきたんだなあ、なんとか1年乗り越えたんだなあという感慨を感じ、なんとなくどうせたまらないだろうと思いつつ台紙を冷蔵庫に貼ったりしてたんですが。
   ……おかあさん体壊して(通常運行?)猫科のひとたち春休みにパンをよく買ってお昼やおやつに食べたようで、今年は結構すいすいとポイントたまっちゃいまして。ゴールデン・ウィーク前には今年の賞品、白いモーニング・ボウルをもらうことができました!

   当リーリエマートでも、山崎の食パンは当然お取り扱いがあって、特売の目玉だったりしますので、4月半ばぐらいから「お皿を引き替えてちょうだい」ってお客様はよくいらしてたんですが、さすがにキャンペーン終了間際になると、
   「今ちょっと切れてますからお客様に待ってもらってください」って上の方から言われるようになって。
   こないだ、店内連絡ノートに、
   「5月11日に入りますから、お引き換えのお客様には出直してもらってください」と書いてあったのです! それって、川崎市のリーリエマートだけの特殊事態かと思ってたら、
   「なんだか船便だから遅くなるんですって」って、古参の大お姉様がお客様に説明していて、船便って、イマドキ、まさかだろ!? って思ってたんですが。

   とうとう、この週末に、
   「引き替え分が終了して、7月まで入らないので、お客様には引換券をお渡ししてください」って!
   ほんとに船便でフランスから持ってきてるんかい!? 飛行機で持って来いや! と思って、今山崎パンのHPに行ってみたら。
   「景品交換についてのお詫びとお知らせ」ってのが出ていて!
   ほんとに人気爆発で準備していたお皿が全部出てしまって、なんとフランスに再発注、今フランスのおじさんが一生懸命焼いてるそうです! うわー凄いわ!

   いや~何があったんでしょう? 
   旦那様にお尋ねしたら、船便と航空便ではとってもお値段に差が出るそうです。そんでもって、あの白いお皿はほんとに定価だと良いお値段するんだそうで……そりゃ航空便で運んでくるわけにはいかないのかな。日露戦争のバルチック艦隊じゃあるまいし、今イラク情勢がナニしていてスエズ運河通れないから遅いってことないよね? まだあそこ封鎖してないよね?
   なんだかんだいって日本のどこのスーパー・コンヴィニでも買えちゃう山崎パンはみんなの暮らしを支えている企業なので、プレゼントで本業脅かされない程度に頑張っちゃってください。

   あ、ネットの掲示板で引っかけました。日本3大祭とは、山崎春のパン祭、花王ヘアケア祭、東映まんが祭(今はアニメフェア!)だそうです。なるほどなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »