« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »

2012年3月30日 (金)

藪の中な話

   「今日は鯛飯の日だそうだからひとつ買ったぞ。アル虎喰うか?」
   豚汁を作るだけで手一杯だったので手抜きさせて貰いました。実のところは当リーリエマートで結構売れ残っていたから。鯛飯の日ってなによ?
   「食べるー」
   「なぜかイクラも載っていた。おかしいだろう? イクラの親は鯛じゃない。ここは鯛の卵を入れるべきじゃ……鯛の子ってナニ?」とそこで下りてきた豹太、
   「ばぶー!」
   「イクラか!? じゃあこの組み合わせはサザエさん的には正解!?
   「そこはノリスケも入れないと!」
   「入ってたかもしれん、見てみろ」
   「トッピングは貝割れだったよ」
   残念。

   「それでなんで鯛なの?」
   「知らん、そういえば昨日掌サイズの鯛が丸ごと夕方になっても売れ残っていて、明日は総菜部に下ろされるのかなー鯛ってなんになるんだろって思ったかな」
   「総菜部最強!」
   いやでも残ってたのは一匹だけだし。鯛飯は10コほど出てたし、別だと思うよ……新年度を当て込んでいっぱい仕入れたんだけど、ここは老人ばっかりの街だから売れ残っちゃったのかな、レジで通した覚えもないし(お刺身用のサクになったヤツはみたかも)。

   真相は、藪の中

   豚汁&鯛飯はたいそう美味しゅうございました。あったまったわあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オタクが3人集まって「カリ城」視聴したら

   ……なんて平和な春休みの一家団欒。

   今まで一度も「ルパン三世カリオストロの城」を最後まで見たことがないというアルティメット虎美ジブリール・以下略のためにTVを点けてやったら、お兄ちゃんもゴハンに下りてきてそのまま3人して鑑賞会。
   「パロディで、ルパンは指輪を貰った、次元は冠を貰った、なんにも貰ってないといって五右衛門がいじける話があった」と母が現役であのブームを経験した身として得々と語る語る。
   「冠?」
   「最後、2人が逃げ、援護射撃で次元と五右衛門が残る時にクラリスが次元に差し上げますって置いてく」
   あとで確認したら、差し上げますと言ってなくて、被せてもおらず、地に置いたのを次元が拾って自ら被ってました。記憶とはかように改変されるもの。

   「今はこれが精一杯の元ネタはこれ」
   「震える手で水を差し出す『絶対可憐チルドレン』の4コマの元ネタはここ」
   おかあさん語る語る。

   「虎美、知ってるか、この地下は偽札工場で」
   「ルパンを追ってとんでもないものを見つけてしまったー」
   お兄ちゃんも加わって、ネタバレ大会。

   時計塔のアクションではもう
   「いやーこれは精神的に無理」
   「潰されそうでしょ」と手に汗。
   ……哀れな衛士がひとり巻き込まれました。
   「これは歯車が止まるでしょ」
   「……なあ?」

   「これだけこわしまくってあとで歯車が合うのが解らん」
   「それは(フィクションだから)」
   「時計ちょうど2時45分で。真夜中ってゆーか丑三つ時まで立ち回りやってたんだな」
   「歯車外したから時計止まったんじゃね?」
   ここは針の端と端に立って交渉するために時計の針は水平になってないと作劇上困るんですよね。
   「いやコレ以降時計動かないと困るから」
   「時計空気読んだ」
   もう好き放題言う言う。

   そして、「時計館の殺人」綾辻行人のクライマックスに相当するカタルシスのクライマックスでは、その旨申しますと、
   「かたるしすって何?」
   「……『っぷはー!』感だよ、なんかスッキリするんだ」
   ネットの国語辞典だと、なんか文学作品化なんかに入れ込んだおかげで得られる、日常生活のなんかもやもやをスッキリ! させてくれる作用とかのことと言いたいようでした。

   「おれのポッケには大きすぎらぁ」もなにかの名作に引用されていたようでアル虎が肯いていました。

   しかし、その時計塔の崩壊シーンで淡々とドリフの盆回りを口ずさむ豹太! おかあさんはおまえをそんな受けねらい人間に育てた覚えはありません!(ってどの口が言う!?)
   「ここで『盆回し』かよ」
   「違う、『盆回り』」
   「え、嘘」と、すぐさまキーボードを叩いてユーチューブで該当楽曲を呼び出す母! (ええほんとに『盆回り』でした)
   「震災後でこのシーンは自粛すべきじゃね?」
   「これは決壊であって津浪ではない。ポンヨよりマシ」
   けどやっぱりお水が溢れるってことでは同じだったかな、無神経だった?
   そして、タイミングが遅くてもうシリアスなシーンに入っていたので、
   「お願いそれ消してくれない?」と言うアル虎。

   さらに、絶妙のタイミングであの名台詞、
   「ヤツは大変なものを盗んでいきました……
    あなたの心です」

   「「「銭形かっけー!」」」

   やっぱり名作でした。

   いやーそこは定家卿じゃないけど、「カリ城を見ぬアニメファン」は「源氏読まぬ歌詠み」に相当する遺恨のことだよね?(とアニメファンと同じノリで国文学ネタを振るおかあさんも困ったちゃん?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »