« メイ曲アルバム 「さすらいびとの嵐の歌」  | トップページ | 宝の持ち腐れ »

2012年12月17日 (月)

並立制下の珍現象

   つい選挙番組見て夜更かししました。可哀相に最終回に選挙が被った「平清盛」は思いっきり忘れてました……。時間はずれていたようですが、そのせいでかえってチャンネルをあわせるのを忘れていたというかうっかりお夕寝しちゃったというか。

   選挙には行ってきました。お仕事を上がってまっすぐイーヴィヒベルク小学校を目指したら、高級(?)住宅街のヴィヒ小近辺はもう真っ暗で、休日の夕方、一段上がったところの小学校から漏れる光などなく、鼻を摘まれても解らない暗がり。周辺のお宅の窓から漏れる灯りが頼りという情けなさ。おい! 清き一票を投じに訪れた奥様やお嬢様が不埒ものに襲われたら何とする!(襲われません) 
   なんとか裏門にたどり着くと、広い運動場の向こうにあかあか……いや「あか」ぐらいだった、と光りの点った体育館は浮かび上がっていたのでした。もう少しライト点けてよ。体育館脇にたどり着くと、今流行のLEDのランプに太い針金(いやもう棒と呼べる太さ)をくにゅっと曲げて足にしたデザインのシンプルな案内灯がふたつ、3つ置かれていて、さすがに入場口は明るくなっていました。そりゃね、足元はね。たしか入り口はふだんは階段3段ほど上る構造だったから、それを、毎度おみ足の悪いひと向けにスロープを仮設していて、ちょっと不安だから。選挙管理委員会も毎度大変です。

   ちょっと悩んで、どっちも生きるように投票して、さて、誰が当選するかなと楽しみに見ていたら、……全然映らない。しばらくゲームをやって遊んで、もう大勢の決した辺り(カンナオトが復活したと会見があった頃)で、各地の確定情報を流している局で確認したらば。

   うちの選挙区からは3人当選していました!

   そんなのアリかい。ひとつの選挙区から1人ってのが小選挙区制じゃないんかい。

   選挙戦の間も、今日は駅前に首相が来ていた、今日は安倍ちゃんが来ていたと噂になっていたのですが、有名人はいないながら激戦区だったみたいで。いやあの人は地味にVIPだろう、この逆風の中県内で唯一防衛した民主党議員だそうで。

   それくらい強いひろくんに対し、こないだ急に担ぎ上げられてかわいそうだったのりくん、新しいつよしくんがどう挑むかという感じでほんと迷ったのですが。まさか2人とも当選するとは。2人とも比例区復活当選だそうです。……この選挙制度はそれがあるからややこしい。まあ、こういうがんばってる可哀相なひとを救済する措置なんだからいいんだけど、3人も出していいのかしら、他のところに悪くないかしら。他にこういう選挙区あるのかしらと思ったら、宮城とか、栃木でもあったみたい。清き一票を2倍に使えてお得だわー。   
   昨日の選挙番組で、「自民の大勝利だが」と話を振られて、これは私の予期したとおり、と前置きしながらも、「こういうことが起こりやすいようにわざわざこういう形に選挙制度を変えたので、こういうことはまた起きる。やはりこれは改めたほうがいい」と指摘した評論家は流石だと思いました。

|

« メイ曲アルバム 「さすらいびとの嵐の歌」  | トップページ | 宝の持ち腐れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/56337289

この記事へのトラックバック一覧です: 並立制下の珍現象:

« メイ曲アルバム 「さすらいびとの嵐の歌」  | トップページ | 宝の持ち腐れ »