« 「暗殺教室」 殺せないよ…… | トップページ | 若いと思っているのは自分だけ »

2012年12月30日 (日)

バットを置いたモンスター

   遅いニュースになりました。
   ネットの記事で、毎年オフには厳しいトレーニングを積むべく場所を確保していた松井秀喜選手が、今年はまだ日本に帰ってこない、トレーニング場所も押さえていない、とうとう現役を引退するのではないかというのを今週のええと木曜ぐらいに引っかけて、ああ、とうとうなのかなあと思っていたら。

   もう次の朝刊には引退の文字が踊っていたのでした。

   そりゃあ読売だから?
   だってイチローさんは来年もヤンキースだっていってたじゃない!
   イチローさんは学年で1つ上で、甲子園で見(まみ)えたことはないにしても、比較的近かったから(石川と愛知)練習試合で高校時代には会ったことがあったらしいですね。プロに行くかとかなんとか会話したとかしなかったとか。まさかメジャーでまた会うとは当時も思ってなかったでしょう。そして、松井はヤンキースを追われ、イチローはそのヤンキースに招かれ。実は、イチローを呼んだことで今年のヤンキースにはちょっと複雑な気持ちを持ってました。打てれば誰でもいいのかよ。でも、お給料お高いけどヨワイ38で打てるんだからそりゃ借りるか。でも、イチローさんは松井のライヴァルなんだから、松井が敵として現われたときにスタンディング・オベイションするくらいまだ松井が好きならイチローさんは入れないでやってよ。いや、松井を好きなのはファンでフロントじゃない。松井はもう打てないんだからしょうがない。ああ、メイジャリゴは厳しい世界であります。

   できれば楽天の貧打をなんとかして欲しいけど、もうからだが限界、人工芝は無理だというならもう休ませてあげたいかなあ。ほんとお疲れ様でした。石川県の名を天下に響かせてくれたことだしね。

   そして、本日、全面広告で、コマツの引退お疲れ様メッセージが出されました。

   石川県生まれで世界に羽ばたくという共通点を見いだして、コマツは比較的初期からコマーシャル・キャラクターに起用し続けてきたんですよね。メッセージ中でも言ってました。……やっぱり引退の報告をもらってすぐ作ったんだろうなあ。広告代理店の人も大変。

   ほんとに、おしゃれでスマートじゃないかもしれないけれど、誠実で、確実な仕事で勝利に貢献し、利他的な姿勢は北陸人の鑑でした。郷土出身の有名人として誇らしかったです。世界でも、これぞ日本人と認識されることは日本の利益にもなったことでしょう。

   松井選手ほんとうにお疲れ様。例年通りふるさとでゆっくりして、またあの怪獣のような恐るべきパワーで皆の血を熱くさせてください。

   ええとそれで……松井サブレはなくならないよね? 今年は帰省できないからとっても心配。

|

« 「暗殺教室」 殺せないよ…… | トップページ | 若いと思っているのは自分だけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バットを置いたモンスター:

« 「暗殺教室」 殺せないよ…… | トップページ | 若いと思っているのは自分だけ »