« 遠いどこか別の世界で | トップページ | カウントダウン »

2012年11月 3日 (土)

ファッションの分水嶺

   引きこもり主婦を脱して毎日お仕事に出るようになりまして、お客様の日常を日々目の辺りにするようになりますと、ああ、今ホントにこういうものが流行ってるのね! というのを実感できます。
   ちょっと前、ネットでは「面ファスナで封をするような合成の防水布製三つ折り財布(バリバリ財布!)なんてもう時代遅れ、恥ずかしい!」っていうネタが流行っていて、わたくしなどはこういう悪趣味な決めつけはいけないだろうと子ども達に申したところ、
   「おかあさん! ホントに今時バリバリ財布使ってる子なんていないって! お兄ちゃんもそれ変えた方が良いって!」と猛烈に虎美に反論されたのですが。
   リアルにレジに立っていたら、ホントに中高生以上の男性で防水布の三つ折り財布使ってるひとはいませんでしたね。いつからだろう?

   先だってネタにしたアームカヴァーも、車に乗るようなうちの田舎の母(窓に近い方の手が日に焼ける!)は平成入ってすぐぐらいから使ってましたが、お外をお歩きになる時には必ず! ってなったのはここ数年のことだと思うんですけど。デパートでも大型スーパーでもかなりの売り場面積を取って商うようになりましたね。いやほんと大奥様も若奥様もみんなしてましたよ今年は。

   そして、去年からこっち、流行ってるんだなあと思うのは、大判のショールを無造作に羽織るスタイルです。落ちないように、ちゃんとボタンやらストラップやらが付いているのがまたお洒落のアクセントで素敵です。寒暖の差が激しいですからね、調節が利くし、これは実用的でもありますが……。

   わたくしがファッションのことなど口にするのもおこがましいのですが、その、ショールは、ほんと、気合いを入れたファッショナブルなものの方がよろしいかと。あんまりその、お家でお膝に乗せてるブランケットによく似たものを、たとえばキャメルのダブルブレストのコートなんかに合わせて、そんでもってショルダーバッグ斜めがけとか、あまつさえ背嚢、じゃないリュックなんか背負ったりしたら、

   旧 ソ 連 軍 女 性 兵 士 になってしまいますよ。

   ……ヘタリアでもおなじみですが、ソ連軍正式軍装は上に羽織る毛布込みのスタイルだそうです。

   その昔のファーのヴェストも、ひとによっては女マタギになっていたそうじゃありませんか。
   その辺の「おっしゃれ~」と「どこの山出し?」との分水嶺はどこにあるのでしょう?

|

« 遠いどこか別の世界で | トップページ | カウントダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/56032104

この記事へのトラックバック一覧です: ファッションの分水嶺:

« 遠いどこか別の世界で | トップページ | カウントダウン »