« 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン 名前を言ってはいけないあのひと篇 | トップページ | リーリエマート歳時記 »

2012年11月25日 (日)

仙台帰りたい。

   しまった禁断の呟き。

   事の起こりは、ボタンを1つ無くしてしまったので、気の利いたボタンを買いたい→ノイエ・リリエンベルクのオサレスーパーでは手芸用品が充実していない→仙台だとマブチで手に入ったのに→仙台良かったなー→仙台帰りたい 今ここ。

   まあそんなのは今度お歳暮出しに行くついでに町田で探すことにして。

   実家の母が作ってくれた木綿のブルゾン、ピンク×ベイジュの2ミリ角のギンガム的チェックという微妙な色合いながら奇跡的にカントリーなカンジでうまく仕上がっていて、母の手作りということでローズピンクのプラスチックのシンプルなボタンが付いていたのを、マブチで木彫りのボタンを買い求めて自分で付け替えてゴキゲンで使ってもう7,8年? 気がついたら今年の夏一番下のボタンが取れていて。あ~あ、どうしようって言ってる間にもう秋も深まってシーズンオフに。
   今の間にボタン付け替えないと春になって必要なときに着られなくなってそしてうっかりどこかへ紛れて入ってボロ切れからゴミになってしまうので、早めに対応しとかないとなのに、気の利いたボタンを調達できなさそうで。

   あーあ。外したもとのボタンどこへ仕舞ったんだったかしら。

   どうせなら1つだけ思いっきり目立つやつをつけて、足りなくなったんじゃないのよお洒落なのよ~とやってみようかしら。

   どっちにしてもボタンとかワッペンとか可愛いモチーフとかたまにキャ~キャ~言ってよりどりした~い!
   もう老眼で細かい手芸できなくなってるにしても。

|

« 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン 名前を言ってはいけないあのひと篇 | トップページ | リーリエマート歳時記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/56184156

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台帰りたい。:

« 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン 名前を言ってはいけないあのひと篇 | トップページ | リーリエマート歳時記 »