« 「オリンポスの咎人 アムン」 ロマンスの自転車操業! | トップページ | バレエを見に行ってきました »

2012年10月 6日 (土)

日は落ちぬ

   NHKをつけっぱにしていたら、いつも真夜中に始まる解説番組で、時事問題を説明していたセンセイが、日本のことをもう「終わった国」扱いしていてちょっと哀しかったです。
   いやまあ、そりゃ往時のような経済力はないカモだけど。
   外国の偉い学者がいうのはともかく(その外圧主義はどうよ)日本人の研究者(?)、解説者が言うのは辛いなあ。

   そう言う自分が2025年ぐらいを想定して書いた国際謀略もの(書いたのは2010年4月)では日本を「落日を食い止めるのに必死」と書いたわけだけど。原因としては、……やっぱ災害を期に経済の立て直しがうまく行かなくて、というのを想定してたかなあ。あと、「極東のあそこがこけたせいで周辺諸国は大混乱」と地の文では書いて。こけてないですね。なかなか近未来は難しい。
   まさか政治の混乱のせいでなんも手が打てなくてじり貧なんて情けない現状……。

   まあわたしはバブルの頃が大学~若手社員の頃でいい思いをした方の世代なんでしょうが。

   またもう100年もすると、日本はジパングになるのかも知れません。東アジアに、奇跡的に豊かで平和な国があった、独自の文化が栄えて、憧れの的で……今はもうない。

   みんな努力しているんだろうけど、それはそれで滅びの美学にはまるのもいいかもしれないという境地に達してしまいました(おい)。

   だって、もういろんなフラグ、というとゲーム用語を現実に応用するなんて現実をふざけて捉えているみたいでいやだけど、滅びのフラグが立っている感じじゃないですか。
   天変地異が続く、政治は腐敗し混迷する、外国人排斥のいやな雰囲気が起こっている、若年失業者が増える、風俗は享楽的になり、性が乱れる。男性が軟弱化する。出生率は下がる。どの大国が滅びるときもこのパターン

   やばいなあと思ってるんだけど、どうしたらいいのか解らない。
   ほんと、どうしたらいいんでしょうねえ。
   とりあえず、未来を背負うべき若いのをできるだけまともに育てる……?

|

« 「オリンポスの咎人 アムン」 ロマンスの自転車操業! | トップページ | バレエを見に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/55822206

この記事へのトラックバック一覧です: 日は落ちぬ:

« 「オリンポスの咎人 アムン」 ロマンスの自転車操業! | トップページ | バレエを見に行ってきました »