« 甘木高校の文芸部がお絵かきも強い件について | トップページ | 「いぬぼく」早乙女家に上陸 »

2012年9月 8日 (土)

リユースは楽し?

   さっき行きつけのネタサイトで楽しい話を読んだら思いだした話。

   元ネタは、学生さんが、マーブルチョコレートのケースをペンケースにしていたところが、ゼミでそれをおもむろに開こうとしたら、教授がとっても期待した顔になったそうで。ところが開けて出てきたのはまごう事なき筆記具。教授あからさまにガッカリして、周りの学生も笑いを堪える表情になったそうな。

   そう言えば、老舗のお菓子の会社といったら、その昔は和洋どちらもだいたいすてきな箱で、田舎ではお使いものにした後はありがたくペンケースになったり文箱になったりするもんだったと思うんですが。とりあえずうちの実家ではそうでした。
   母は昔、知り合いの洋裁の上手な奥様のうちに「洋裁を習いに行く」という名目で週に1度くらい通ってました。授業料を払っていたかは不明ですが、とくにカリキュラムを組んでいたとかではなく、次は娘にジャンパースカートを縫いたいんです、じゃあそれを、次はわたし冬物のスカートが欲しいのでこのバーゲン布地で、ではそれを、なんてカンジで楽しくお茶とお菓子とおしゃべりを楽しみつつお裁縫してたんじゃないかと。
   鷹揚な奥様で母とは気が合っていた模様。そちらのご主人様が金沢で結構な格式のホテルの料理長をしてたので、そのコネでそのホテルの賄いのおばちゃんとして使って貰ったり(おかげで賄いとはいえホテルレシピの料理がかなりうちにも流入してビックリ)、そのコネでそのホテルでわたしの結婚式をお友だち価格で挙げさせて貰ったり(おい)、やめてレストランを開くと皿洗いのおばちゃんとして使って貰ったり……してました。

   で、出先でお裁縫をするに当たって、どこからかお使いもので貰ったマキシム・ド・パリのクッキーかなんかの入っていたパリー(平板アクセント)の香りのする空き箱にピンクッションやら握りばさみやら糸巻きやらちょこちょこと詰めて持って行っていたという所に話は帰ってきます。テーブルにそれを広げて楽しくお裁縫と会話をしていたと思いねえ。時は平日4時近く、そちらのお宅でもお子様がご帰宅です。わたしより1学年ぐらい上のお兄ちゃん。
   「あ、どうも」と言葉少なに挨拶をしてリヴィングを通り抜けざま、マキシム・ド・パリのクッキーの箱に目を留めた!
   ……お、今日はいいものがおやつに出てる! と思ったか知れませんが、ご機嫌でその箱の蓋を取ったー! 

   入っていたのはピンクッションだったー!

   イトウタダノリ君(仮名)がっかり

   「お兄ちゃん!」
   奥様もう顔真っ赤だったそうです。

   いや。卓上のややくたびれた小箱を見てマキシム・ド・パリのクッキー箱と正しく認識できたのだから、じゅうぶんお坊ちゃんだと思いましたよ。お客様に断りもせず開けたのはともかく。

   やっぱりお菓子の箱のリユースはですかねえ。

|

« 甘木高校の文芸部がお絵かきも強い件について | トップページ | 「いぬぼく」早乙女家に上陸 »

コメント

 いやこないだネットで見たけど、オール・オーヴァー・ザ・ワールドで、デンマーク・クッキーの空き缶にはお裁縫道具が入ってるものらしいよ。ほんと世界中の皆さんが、「うちのばあちゃんと同じ……」と呟いてました。

投稿: まいね | 2013年8月21日 (水) 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/55610722

この記事へのトラックバック一覧です: リユースは楽し?:

« 甘木高校の文芸部がお絵かきも強い件について | トップページ | 「いぬぼく」早乙女家に上陸 »