« 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン | トップページ | 本日のガッテス・オヴ・アンフォーチュン »

2012年8月 4日 (土)

浮いているかもしれない

   なでしこもサムライもがんばってますなあ。

   でも、あのユニフォーム、なんか凄くないですか?
   ファッションセンスがちょっと今風じゃない(というかわたしのセンスが通用した時代というものはない)わたくしとしては、あの中心を貫く濃いピンクのラインがなんとも見ていられないんですが。あれってアディダス? ドイツのセンスあるデザイナーがいろいろ考えて提示したデザインなんだから、もう時代の最先端なんですよね? 変だと思う方がおかしい……。

   ところが、今年はじめぐらい? この新しい代表ユニフォームが発表になったとき、ネットでは悪評サクサクだったの、皆さん覚えてらっしゃらない?
   ……やっぱりネットだけの騒ぎだったのかなあ。
   わたくしはまとめサイトかどっかで見かけて、やっぱりネットの皆さんが見てもおかしいデザインなのかと胸をなで下ろしておったのですが(小人!)。
   でもネットの皆さんも辛辣だから、こんなださいデザインは許さない、アディダスに抗議だ、変えさせろなんてどんどん過激になっていて、実際アディダス社にメイルしたとかいう猛者が現われたり、この真ん中の線が絆を示しているというなら、左胸に置くのがデザインの基本だろうがとアレンジデザインをささっと画像を加工して見せる匠がいたり!(おかあさんもそういうのつくづく見て暇人!)。
   ただ、感覚でどうこう言うひとばかりでなく、真ん中に線が通っているのは体幹がモロバレになってしまうので、どっちに重心が向いているか、すなわち、どっちに蹴ろうとしているとか、どっちに向かっているかとかが敵に察知されてしまうので、アスリートとしてとても不利であるから、芸術的な意味でなくまずいデザインであろうと言い出すひとがいて、肯かせられました。

   ……ってことがあったから、てっきりあのなんともいえん「フロント中央にピンクのファスナー」的代表ユニフォームは改められたんだと思っていたので、オリンピックが始まってホントにアレを着ているのを見たときにはビックリしました。

   でも勝ってるじゃん。勝ち進んでるじゃん。
   体幹がモロバレだから実力を発揮できないんじゃなかったんかい。
   おれたちネット市民の圧力でださいユニフォームは改めさせるんじゃなかったんかい。

   なあんだ、インターネットの中のひとっていっても大したことないじゃん。

   そういう、不利な条件下でも実力を発揮できるようにサッカー代表が男女ともなったのなら、それは喜ばしきことですね。ほんと、尊敬します(嫌みじゃないのよ)。

   でも、あのゴールキーパーのピンクはないわーと虎美も申しております(しつこい)。

|

« 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン | トップページ | 本日のガッテス・オヴ・アンフォーチュン »

コメント

 それでなでしこの決勝戦、なんかの都合でセカンド・ユニフォーム(赤っぽい)を着たら負けちゃった……ださいけど幸運のユニフォームだったのかしらん。
 スポーツのウエアってなんか不思議。

投稿: まいね | 2012年8月10日 (金) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/55351249

この記事へのトラックバック一覧です: 浮いているかもしれない:

« 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン | トップページ | 本日のガッテス・オヴ・アンフォーチュン »