« わんこ系男子 | トップページ | 「花は咲く」 東北縁のみなさま »

2012年7月22日 (日)

「ローマ法王に米を食べさせた男」 ― 頭を使ってみましたが、なにか? ―

   ふっと書店で手にとって読み始めたら、うるっと来ちゃって、これは買ってうちで読もう、とお買い上げ。ところがうちに帰って、
   「虎美や! これを夏休みの課題図書にするがよい!」と声を掛けると、
   「ああ、……これ? うちの図書館に入ってた」
   あうん! 甘木高校図書館隅に置けないッ!

   石川県羽咋(はくい)市っていうと、能登半島付け根、石川県全体だとウェストの辺りで、金沢よりちょっと北です。能登一の宮氣多大社があって、ええと、なんやしらん、古文書にUFOみたいなものが記されていたとかいって、町おこしブームの時に「UFOの町!」つってUFO博物館みたいのを建てて頑張ってたところという認識があります。そりゃ石川県人だから。

   恥ずかしいコトするなあとか思ってたんですが、そういうの、仕掛けた公務員さんがいたんですね。近頃は、おいしいそこのお米をアピールすべくローマ法皇ゲイカにお米を献上して召し上がっていただいたとかで、また話題になっている。なんで天皇陛下に行かないのよと思ったら、行った、がしかしやっぱいろいろしがらんでいたようで「なかったことに」されたらしい。ほら、陛下はひいき力士も仰せになれないらしいから。

   どんなひとなんだろうと思ってパラパラしたら、……結構 問 題 児 だったみたいで。

   頭いいよこのひと。初っぱなから自分が上司に睨まれて、農業ナントカ科に飛ばしてやる! と恫喝される所から始まってました。おいおい、ナントカ科の方に失礼だろうって、市役所の認識はそんなもんだったらしいですな。腐っとる。とりあえず、掴みはオッケー。

   その、宇宙関連の日本初の博物館、「コスモアイル羽咋」立ち上げも、お金がないから代理店とかを通さずにどんどん体当たりでファクスを送ったり手紙を出したり、
   「香港だって100年借りたじゃん、ここは広い心でうちに100年貸してよ」ってNASAに交渉したりして、本物のロケットや帰還カプセルなど、博物館として恥ずかしくないレヴェルの陳列品をかき集めたようです。
   いやー流石です。おれたちにできないことをやってのける! そこにしびれる憧れるッ!

   ありがちな田舎の公務員さんが熱い想いと努力と善良な心で周囲の人達を動かしてナントカするジャンプ漫画みたいなノリをまるっきり外される展開に、ぐいぐい引き寄せられました。

   この高野誠鮮さんは、ジャンプキャラなら「アイシールド21」のヒルマです。敵を知り、自分を知り、現有勢力からできることを考えて考えて、一点突破で道をこじ開けるんですねえ。放送作家とかしながら東京にいたとか書いてありましたから、学生時代はいい遊び方をしたんでしょうねえ。

   農村を活性化されるために、どうかお願いします、と這いつくばって努力、努力でもってくんじゃなくて、
   「えーっ、あんた達がイヤなら泊めてやらなくて良いです、若いんだからナントカするでしょ」
   「売って欲しいならこうしてよ」と、ひとの心を読んでずるがしこく立ち回って、思う結果に持っていくところがもう爽快! いやちょっと、ちょーっとハラハラもしたかな。

   いやーこの時代に結果を出すには努力と善意だけじゃあやっぱダメなのねー。アタマだ。

   でも、昔ながらの烏帽子親制度をうまく利用して農村留学制度を作っちゃって、
   「酒の飲める女子大生を寄越してください」って言ったのには参った。男だと、オスだから、受け入れ家庭のじいちゃんもケンカをしたらつい張り合ってしまうけど、女だと、「娘がいうんだからしょうがない」ってなるって……すごいわ。あとはやっぱ、スケベ心もあるでしょ、そこは。書いてなかったけど。色っぽいことは考えてなくても、やっぱ東京の女子大生って聞くとわくわくしちゃうよね。
   宴会で毎晩盛り上がっても、翌朝ちゃんと長靴はいて畑に出てくれた女子大生ちゃんのおかげだよなあ。ついには帰るのがいやで泣いたとか、ああ、おかあさん最近こういうの弱いんだ、ここでお買い上げ決定したんだよなあ。

   悪魔のようなひとが、奇跡を起こしてる。ならおばかな一般人は、うまく転がされてろってことですかね?  いや、一緒に踊ろう。それならなんとかなりそうだ。

   あと、農家の人達の台詞が地元の方言で、ふりがなが振ってあるのがとっても懐かしくて和みました。ほんとあの辺のひとなら言いそうな言葉遣いで。いやーふりがな無くても心で理解できたわー。

|

« わんこ系男子 | トップページ | 「花は咲く」 東北縁のみなさま »

コメント

 いやでもこれ、最初に「UFOの古文書」と、「密かに有名なおいしい米」があったからできたんだよなあ。だいたい氣多大社じたいが歴史あるお社じゃん。よそはこんなに恵まれてないでしょ?
 それとも、あると思って探せばあるのかなあ、世界に通用するその町の売りが。

投稿: まいね | 2012年7月22日 (日) 21時26分

 それで、虎美物見高くもその「コスモアイル羽咋」に行ったらしいです。詳しい感想は帰ってきたときに聞きます。
 この本の影響でやっぱり今年の夏は入場者多いのかしら?

投稿: まいね | 2012年8月 8日 (水) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/55256140

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ法王に米を食べさせた男」 ― 頭を使ってみましたが、なにか? ―:

« わんこ系男子 | トップページ | 「花は咲く」 東北縁のみなさま »