« 長生きはするもんだ | トップページ | 文句をつけるのは簡単 »

2012年7月14日 (土)

最後の夏、永遠に続く夏

   ポジションは3塁コーチャー固定、背番号は10番の豹太くんにも最後の夏がやってきました。

   7月1日には決起会がありまして、午前中練習試合のあと、3年生のおかあさんを中心にお弁当やらデザートやらを調達して、流石高校の会議室を借りて、ちょっとした食事会、部長先生や監督先生のお話を聞いたり、チームのみんなの大会への抱負を聞いたり。
   組み合わせ抽選が発表になってから地元新聞では各チームのメンバーやら監督による講評やら、中心選手の顔写真やらそそれぞれ紙面を割いて順に紹介してくれているのですが、なんと! それに我が子が!
   「補欠の早乙女はムードメイカーとして活躍してくれている」と監督コメントも! 
   それコピーしてほしかったんですけどちょっと今年はお仕事でからだがいっぱいいっぱいであんまり全く練習試合にも顔を出してなかったので言い出しづらかったです。
   「それでどうしてうちの子がアップに?」
   「ああ、3年全員でじゃんけんしたんだって」
   無駄に運の強いところをここに出さなくたって。

   などとご歓談の果てに、
   「それではチームの有志による余興を!」といってすぐ指名される我が子をどう捉えたらいいのか……やっぱり「ムードメイカー」ってそういうこと?
   やんちゃな高校生のノリの息子を見ることができてなんだか感慨もひとしお。
   眼鏡を掛けていても特進クラスで学級委員をやっていてもやっぱり豹太くんは3枚目なのね。

   そして、事件は起きた!
   ここへきていつもお世話になっているニシゴーリ君が送球を顎に受けて昏倒! 豹太が歯でフライをキャッチしちゃったときは流血おびただしかったけど、折れも抜けもせず、ちょっと前歯が齧歯類だったのが少し人類になって良かったね程度で済んだんですが(3日ぐらいは3食ウィダーインゼリーだった!)、ニシゴーリ君は顎の骨にヒビが入ったそうで……やっぱ豹太って「持ってる」子? もしかしてニシゴーリ君の代わりに試合に出して貰えるかと思ったんですが……甘かったな。

   8日の開会式の前夜、せっついて出させた背番号は、やっぱり10番だったのでした。
   「お兄ちゃんやったね! 剣城と同じ番号だよ!」 と、イナズマイレブンにはまっている虎美はのーてんき。
   「あーそれ昭和の頃、『キャプテン翼』流行ってるときに同じネタあった。野球部の彼が10番貰って泣いてるってのに、C翼好きな彼女の方がむしんけーに『翼君と一緒♪』って言って喧嘩になったっつの」と母は脱力。
   野球はレギュラー9人で10番は補欠ですが、サッカーは11人、自陣ゴールに近い方から番号をもらうので、エースストライカー(または司令塔?)が10番なんだなあ。 
   嗚呼歴史は繰り返す
   母は虎美に糸を通させてきゃりーぱみゅぱみゅといかいうタレントを想定しつつ「まーつり縫ーいまつりまつり~♪」などと口ずさみながら背番号をつけました。

   場所取りのために始発集合というのを無視して、9時ぐらいにやんわりうちをでてひとりで小田急線に乗って。
   「登戸で乗り換えてにゃんぶ線から京浜東北……」
   嗚呼、そのときわたしは虎美が友達のところから回収した「一夢庵風流記」を手にしていたのです。
   「いくつ目だったかな~」と思いつつその世界に没入……
   「東北沢方面にお乗り換えの方は」とアナウンスにハッと気がつけばそこは下北沢

   隆慶一郎恐るべし!!

   慌ててとって返しました。急行乗ったら登戸はすぐなんだってば!
   5時起きで場所をとっててくれてるママさん達には
   「なんかぼーっとしてたら乗り越しちゃった」とメイルをいれときました(ウソツキ!)。
   そこからはなんとかうまく乗り継いで、11時半に横浜スタジアムに到着。なんとか合流できました。

   流石高校野球部がんばった! バックネット裏ど真ん中に席を確保、待っててくれました。入場行進はやや不揃いでしたが、元気よくできて、少年達はそのまま第一試合を見て帰り、母たちはせっかくだからと中華街でゴハンを食べて解散。
   ……でも、ただ行進する我が子を見るためだけに片道1時間半掛けて、しかも前後出入りに時間が掛かって、ほぼ一日潰れるってのはおかあさん時間の無駄だと思っちゃうのよねー(こういうひとは観戦に向かない。どーせうちでだらだらネットして終わるくせに)。

   そして11日、最後の日になるかと思われたのですが、平塚球場での試合は……勝っちゃった!
   先攻め1回表から相手投手の立ち上がりを攻めて攻めて3点取って、その後、追いつかれそうになるとかわすという絶妙な展開で7回裏まで持っていって、相手4番の大会6号ソロで追いつかれたときには、ああ、とうとう終わりかナーって思ったんですけど!
   9回表にまさかのだめ押しタイムリーが出て、とうとう勝っちゃいました! 苦節3年。豹太が入部してから公式戦では一度も勝ったことがなかったのに!

   よかったなあ。

   キャプテン鳴門君「おかあさあーん」っていって泣いてたよ。
   オーダーは骨折を押して出場のニシゴーリ君がライトで、豹太は定位置の3塁コーチャーでしたが。

   よかったよ。

   そんでもって金曜に2回戦だし。
   平日なのでママ達も行かれないひと多かったですが。おかあさんも。
   リーリエマートがちょうどアクエリアス500ミリリットルペットボトルを99円でご奉仕中なので、買い出し部隊のニシゴーリママにお買い上げしてもらいました。
   「どーよ、おーいお茶も99円なんだけど、もう一つ勝ったときのために早乙女さんから寄付しとく?」
   「まだいいんじゃない?」
   この時点ではニシゴーリさんもふたつも勝つとは思ってなかった?

   期待してたんですが、お仕事終えてうちに帰ってもメイルは入ってなかったです。朝一の試合の筈なのに、本人も帰ってこないし。これは負けちゃって残念会してるのかしらと慌ててネットでいろんなサイトを見たんですが、
   「流石9-1グローセツィムト」
   勝ってるよ!
   嘘! と虎美と言い合っていたら、お兄ちゃん帰って来ちゃいました。
   「勝ったな」
   「うん!」
   「大差で勝ったなら試合出してもらえたろ?」
   「ああ、9回の2点あるでしょ? あれ、おれがゲッツー打った間に入った点」
   「進塁打! ゲッツー進塁打で打点1!? 面白すぎ! それで守備は?」
   「その裏。2アウトはおれが捕った」
   「それってニシゴーリくんの代わり?」
   「2年の代わり」

   最後の夏を楽しめたようです。
   次は水曜だからまた見に行けるわ。あ、おーいお茶買っとかないと!

   ……でも、勝ち進んでる間は豹太受験勉強に入れないのよねえ。
   悩ましい高3球児の母でした。

|

« 長生きはするもんだ | トップページ | 文句をつけるのは簡単 »

コメント

こんにちは。毎日不安定な天候ながら、これまでのところお天気は持ちこたえているのがありがたいような、水害地域にお住まいの方々に申し訳ないような。今日この頃です。

何はともあれ、夏大会勝ち進んでいる由、おめでとうございます。毎日密かに娘らの母校を応援しつつ、ここまで勝ち進めば、某34球場まで応援に行こうとか、保土ヶ谷でTV中継されるとか、娘達を無視してつらつら考えております。だって、応援楽しいし。

この先豹太くんチームが勝ち進んで、某34球場での対戦となる機会などありましたら、その時はひょっこり応援に行きたいなー、などともくろんでおりますので、どうぞがんばって下さいませ。ご健闘をお祈りしております。

投稿: 波多利郎 | 2012年7月14日 (土) 22時32分

 あら、波多利郎さんありがとうございます(*^_^*)
 34球場ってなんだっけ、もしかして、カタカナで見たような、と、「高校野球」誌をぱらぱらしたら、ありました、相模原の方に。
 ……イマドキは公共施設のネーミングもフリーダムですなあ。

 例によって球場をコンサートホールにたとえよう企画、平塚球場はえっと……外野が全部芝生席で、当日は公開しないように見えました。最初、えっここ外野ないの!? って思ったくらい(Kスタ宮城だって芝生なのはレフト側だけだ!)。7月末にはプロ野球公式戦もあろうかというのに(横浜-広島戦)地味じゃのうというのが第一印象。
 ……うちの講堂。徽音堂って言ったっけ(もうはや手書き入力しようにも字を忘れている。ほら、源氏物語のコキデンの女御のキだよ!)。 
 前身の偉い女学校の先生養成学校のころからある由緒ある講堂だけど、あそこで劇をやったから知ってる! 緞帳がないんだあそこ! しまらない!
 ……いやそんなに平塚球場古くもなかったけど。ちゃんと売店とかトイレとかも整ってたし。去年の等々力よりよかったんじゃないかな。でも、等々力を一般教養201号室と言ったからにはそれよりマシなところにしないと。……やっぱ徽音堂で。

投稿: まいね | 2012年7月15日 (日) 10時37分

 また勝っちゃった!
 相手は横浜はバンクウルシュプルング。チアも付いてて強そう……開始早々れいの「Can’t turn you loose」なんてフリ付で掛けてくれて、ああっもうレパートリーだけで負けたわ。いや勝ったけど。
 2回表にあれよあれよと3点取られたときにはもうおしまいかと思ったのに、5回には追いついてまた試合は振りだし。旦那様も「半休み取りました」と駆けつけて、嗚呼なんということでしょう試合は4-4と一進一退のまま延長戦へ。
 どーすんのよ!? とやきもきしていた12回裏、今日打って3安打守ってノーエラーのニシゴーリ君が、
「ヘイヘイこの回はヒーローに回るよー♪」と言ってたら敬遠・敬遠の満塁策で1死満塁で回って来ちゃって!
「ニシゴーリ君ならなんとかしてくれる!」と往年のスラムダンクの名台詞を思い出してたりして。
 みごとサヨナラ・スクイズを決めてくれて、
「ニシゴーリ君明日彼女10人できてるわよ!」
「ないっす!」
 でも女性記者にインタヴューされて鼻の下伸ばしてたじゃん、よかったね。
 本日の豹太くんは……三塁コーチャーとして活躍しましたよ、うん。
 ニシゴーリ家の車に同乗させてもらってはるばる行った横須賀スタジアムは……東大5月祭の合唱祭メイン会場の本郷は法文X号館(数字忘れた)の大教室だな。文教地区の真ん中、緑滴るロケーションに外野うるさいということで。あそこでヴェルディのスターバトマーテルやった年、あのピアノのコーダ部分、天使が舞い降りてくる超絶タイムに外のカラオケが「ギンギラギンにさりげなく~♪」ってやってるのが聞こえてきて、当時の一年泣いちゃったんだ。

投稿: まいね | 2012年7月18日 (水) 19時45分

 翌朝はもう、新聞掲載情報でママメイルがパンク寸前。
「読売新聞だと豹太くん写ってるよ!」
「産経はスクイズのシーン!」
「神奈川新聞は抱き合ってるところ載ってる!」
 おかあさん朝一で読売は確認したけど、ローソンまで下りていったのにうっかりして新聞買い忘れたよOTL
 とりあえず読売を切り抜いておじいちゃん閲覧用に取っておこう。
 土曜に向けてアクエリアスとお茶の発注も済ませたし。吹奏楽部がそろそろ大会なので応援に来て貰えなくなるのがちょっと残念かなあ。

投稿: まいね | 2012年7月20日 (金) 10時06分

明日では、ちょこっと顔を出すかもしれませんが、よろしくです。
多分、その前のT海大S戦が良いカードなので、駐車場が混みまくりだろうなあ。バスなら少し前で降りて歩いた方がいいかもしれませんぜ。

投稿: 波多利郎 | 2012年7月20日 (金) 17時40分

 ごめんなさい、明日はシフトの関係で行けないんですよ。念だけ送っておきます。
 リーリエマートも、1つ勝つと4000円強売り上げがあるということをご理解していただけたようで、
「また勝つと良いね!」と言ってくれるようになりました。そういえば、七夕で「お店の笹竹に願い事を吊してください」企画をやって、小さいお子さんの短冊と一緒に、赤い短冊に「流石高校の野球部が勝ち進めますように」って書いて吊したわ、わたし。
 「××神宮でお焚きあげしてもらいます」っての嘘じゃなかったのね。来年もマジメになんか書いてみよう!

投稿: まいね | 2012年7月21日 (土) 00時20分

行ってきました。
負けちゃったけど、みんな元気にがんばってましたね。吹奏楽がなかなかマニアックな曲で応援していたのが印象的でした。

それにしても、東海が負けるとは…。

投稿: 波多利郎 | 2012年7月21日 (土) 20時58分

 はい、負けちゃいました。残念。いえいえ、コールドが相当の実力ですから。まあ、最後に良い夢見られてよかったということで。
 それで、最後の打席については、
「次の回出してやるって言ってくれたのに、先攻だからその裏にコールド成立しちゃった」そうで。
 ……泣くな、豹太。
 今日はもう切り替えて代ゼミの模試に行っちゃいました。横浜まで行かなくちゃならないんだって。首都圏は大変。
 いやーそれにしても、シード校がどんどんこけてるとは言われてましたが、東海大相模も負けるなんて、今年はいったいなにがあったんだろう、神奈川県高野連。

投稿: まいね | 2012年7月22日 (日) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/55191958

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の夏、永遠に続く夏:

« 長生きはするもんだ | トップページ | 文句をつけるのは簡単 »