« なんであそこんちの犬はいつもあたしにばっかり吼えるのよ | トップページ | 毎年のこととはいえ »

2012年6月15日 (金)

脱走ペンギンといえば

   葛西臨海水族園からペンギンの雛が脱走して、東京湾で逞しく生き抜いていたところが、目撃情報からみごと水族園のひとに保護されて無事出戻ったというニュースがありましたが。

   その脱走ペンギン337号に名前を付けてほしいと水族園の方も利用する気アリアリのようで。http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20120613-01021/1.htm
   「そんなもんユウトで決まりだろう」って、おかあさんイナズマイレブンそんなにはまったんですか(はまりましたとも)。
   イナズマイレブンにおいて、手段を選ばない悪のサッカー名門校帝国学園の主将鬼道有人! 彼しかいない! 
   尊敬していたオトナの手段を選ばなさに絶望し、主人公側のただ純粋にサッカーを楽しもうとする姿勢に共感して(ついでに新たな敵チームに帝国が完膚無きまでにやられた敵討ちのため)主人公側チームに参加して大会をともに戦ってくれるというちょっとすごいキャラクターです(必殺技は皇帝ペンギン2号!)。

   

ペンギン・脱走といえば鬼道……?
   転校して半年どころか、大会中に負けてすぐ転校して主人公チームに鞍替えして出ちゃうところがもう超次元。まあそこはいろんな選手をあつめて自分だけの最強チームを作るのが目的のゲームのためのアニメだから。
   どんどん能力ある選手が集まってきて、最初人数合わせのためによその部活から助っ人できてくれてたおさななじみが、自分は能力的にもうついて行けないなんていって離反する(そして敵組織に言葉巧みに口説かれドーピング・アイテムに手を染めてラスボスとして再登場する!)エピソードがあって衝撃と涙を誘ったくらいだから。

   イヤ待て、そこに出戻りがつくと佐久間次郎のほうだろうか?
   同じく帝国学園のペンギン使い、こちらは余りにも威力がありすぎて選手生命を縮めると言われ、封印されていた必殺技「皇帝ペンギン1号」を使い、苦悶の表情で乙女心をガッチリゲットした美少年ですが、鬼道が主人公チームに行ってしまったことを恨み、自分もまたワルイ大人の甘言にのせられて母校を抜け出して新設校チームにやっぱり超法規的転校をして挑んでくる、そんで負けて改心してもとのチームに出戻ったしなあ。世界編にはちゃんと召集されて世界の舞台でその鬼道と皇帝ペンギン3号披露したし。

   じゃあ脱走ペンギン君は次郎で。

   おかあさんもう3ヶ月で長短12,3本も書き倒して、ちょっとイナイレ熱は冷めたところ。クロノストーンは「えすえふ」でもうついていけない超展開だし。

|

« なんであそこんちの犬はいつもあたしにばっかり吼えるのよ | トップページ | 毎年のこととはいえ »

コメント

 この佐久間は(元)キャプテン鬼道に対する崇拝というか執着が強いとことが特徴的なキャラで、ファンはそこをこそ愛でたり面白がったりしておるのですが、いけないおねえさん歴の長いおかあさんはふと考えました。
 ……こいつは若島津のオマージュだな。
 若島津というのは、キャプテン翼におけるライヴァル・チームのゴール・キーパーであります。やはり主人公のライヴァル日向小次郎に心酔していて、よく物語中2人で登場していたような。
 そういう、「長髪で少女に見まがう顔立ち」、「敵キャプテンに心酔して依存している」、(そして敵キャプテンと疑似恋愛を想定される要員)というエッセンスを抜き出して創り出したキャラクターなんじゃないかと。
 若島津の優秀なゴールキーパーとしてのエッセンスは、もう1人のGK、既に異名を持っている超優秀なGK若林と融合されて、イナズマイレブンの源田(源王とかキング・オヴ・ゴールキーパーとか異名を持つ)になったんだろうなあといろいろ制作者側の思惑なんか考えてみたりしているおかあさんでした。

投稿: まいね | 2012年6月15日 (金) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/54965342

この記事へのトラックバック一覧です: 脱走ペンギンといえば:

« なんであそこんちの犬はいつもあたしにばっかり吼えるのよ | トップページ | 毎年のこととはいえ »