« キミは薔薇薔薇ってカンジ…… 合格ママオフパート2 | トップページ | 続・息をするように »

2012年6月29日 (金)

文芸部がんばる アラウンドザ天下人篇

   えーとこの辺 http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6555.html
   で拾った話。うちの大塚女子大学の近世文学史の講義だと、こうなります(やや脚色済み)。

   秀吉も天下を取ったあと、ちょっと御伽衆なんか呼んじゃってムチャ言った。
   「奥山に~ぃ 紅葉踏み分け 鳴く蛍~ぅ
    ちょっとこれに下の句つけてみ?」

   蛍は鳴きません、踏みもしないし。秀吉が間違ってます。ところがこのハゲネズミの食えないところは、ただ間違ったんじゃなくて
   奥山に紅葉踏み分けなく鹿の こゑきくときぞ秋はかなしき を踏まえてます。

   これはわざとじゃないかなと思うんですよ。古典の伝統をわざと外してみる、教養がないというのを逆手にとって、敢えて出して、天下人である自分が間違えてみせて、どう反応するかをみたんです。笑ったら負け天正年間篇? ボケを拾うのも命がけですね。

   御伽衆・曾呂利新左衛門はうまく受けました。

   「しかとも見えぬ光なりけり」

   これは「然り(そうである)」と「鹿」を掛けているんです。そして、間違ってるその内容をさらに受けて、『かすかな蛍の灯ではそうかもしれないと見える』と、言っている。これはすごいですよね。

   ……って内容だったんですが、藤孝さすが! というヴァージョンもあるんだ?

   ただフォローするだけじゃなく、即興でオリジナルでその場を救う歌がでっち上げられるんだから両者凄いな。

   そんでもって当代の文化人にそこまでさせる秀吉の威光もすごい

|

« キミは薔薇薔薇ってカンジ…… 合格ママオフパート2 | トップページ | 続・息をするように »

コメント

 念のためぐぐったら、下の句はただしくは「しかとは見えぬ杣のともし火」で、つけたのはっぱり細川幽斎(藤孝)、出典は講談だそうな。堤先生のばか(いやおかあさんの記憶がばか?)。

投稿: まいね | 2012年6月30日 (土) 00時21分

 っていってたら虎美文芸部と生物部共催企画で近くのイクターア緑地に蛍見にいきやがりました。蛍がびっくりするから写真は禁止だそうで。おかあさんも見たかったなー。そういえば、ジャイアンツランドも蛍を放してるそうで、「蛍のゆうべ」とかいうチラシがバスに貼ってあったような。さすが多摩丘陵。自然が豊かです。
 即興詩のノルマやら紀行文の宿題やらあったそうです。ホント本気の文芸部ってすごい。

投稿: まいね | 2012年7月 6日 (金) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/55081265

この記事へのトラックバック一覧です: 文芸部がんばる アラウンドザ天下人篇:

« キミは薔薇薔薇ってカンジ…… 合格ママオフパート2 | トップページ | 続・息をするように »