« 腐った血 | トップページ | 「流血女神伝」 喪の女王まで読了 »

2012年6月 1日 (金)

衣更えです

   ああ、そんで息をするように月次(自分の首を絞めてますな)。和歌や連歌において、毎月定例の歌/句会、それが年を経て陳腐化したことにより(正岡子規がそれをやり玉に挙げたこともあって)、「陳腐」の代名詞化したんです、たしか。

   半袖の肘を抱きて衣更へ
                                舞音

   今日はまだ蒸し暑い感じだったのでよかったのですが、当リーリエマートは5月16日からクールビズを開始してまして。

   杓子定規に 夏の軽装はじまりて
    今日は寒くて風邪引きにけり           舞音

   16日は寒かったです。さみーよ、とかつぶやきながらちゃっちゃと詠んで、お客様のいない間にちょっとメモって持って帰って、パソコンの前に放置しといたら今日になってました。でも、だいたい6月1日は肌寒いよね、例年ね。就職したての年も寒くて、夏服だと寒くて大変と研修日誌に書いた覚えがあります。その時は一首詠む余裕は……詠んだかもしれないけど覚えてないや。

   これが学生時代だと、

   几帳面に折り上げるなら半袖を 
     着ればいいのに白い両肘            舞音

   ジャケットを着るような男性のビジネス的お洋服のマナーでいうと、ワイシャツはジャケットの袖口からカフスがみえてないといけないので、半袖シャツじたいがルール違反なんだそうで。がんとして半袖ワイシャツをお召しにならない方、また、そういう職場もあるんだそうな。かれは学生で、べつにそういうビジネススタイルをしておったわけではないのですが、黄色いボタンダウンを、綺麗に両袖袖まくりして着てましたなあ、ええ、彼。下はたしかコッパン(コットンパンツ)か、グレイのスラックスだったんじゃないかなあ。よう覚えとる、我ながら。駒場トラディショナル(80年代東大生のどうしようもない地味な格好)。いや、まだあれで身だしなみはちゃんとしてたほう。
   カジュアル革命で男子学生がおしゃれに自由な格好をするようになって、そしてスーパー・クールビズなんてものが出た現代においては、そういうのはもう古き良きスタイルになってしまったのでしょうか。

|

« 腐った血 | トップページ | 「流血女神伝」 喪の女王まで読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/54853186

この記事へのトラックバック一覧です: 衣更えです:

« 腐った血 | トップページ | 「流血女神伝」 喪の女王まで読了 »