« 「オリンポスの咎人 ギデオン」 ― 絶叫のどんでん返し ― | トップページ | 刻み込まれております »

2012年5月18日 (金)

「ここに死体を捨てないでください」 抜群の安定感

   「合格したら買う!」の公約通り、虎美買って来ました。
   来たり。
   見たり。
   勝ちたり。
   ユリウス・カエサルの戦勝報告。この場合は「勝ちたり、来たり、(よ)みたり」かな。

   面白かったそうです。東川篤哉まだまだ安定しています。

   烏賊川市もののユーモア・ミステリ。ひとり暮らしの妹から、
   「わたし! しらないおんなのひとを刺し殺してしまった!」(今季再ドラマ化という「Wの悲劇」の映画版CMのパロディのつもり)と電話をもらって一肌脱ぐおねえちゃん、ちょうど妹のアパートの前を流していた廃品回収のお兄ちゃんを体当たりで(!)うまく言いくるめて引き込んで、死体を捨てに行きます。海じゃなくて山へ。そして人里離れた山中で車ごと死体を捨てたら当然帰りは歩き!(ちゃんと考えて行動しようよ!) 道に迷った2人はペンションにたどり着き、一夜の宿を請うのですが……。そこで不審な死を遂げるペンションのオーナー! やってくるのはあの名(迷)探偵にあの名(迷)刑事! 死体を捨てた池がなくなった!? 帰りたいのに帰れない! 繰り広げられる迷推理! そして第2の殺人! おまえらまじめにやれ!!

   行き当たりばったりな人達がどんどん悪い方へと道を誤っていくのが楽しい(!?)ユーモア・ミステリーでした。怒濤のクライマックスはカタルシスあるな。これってドラマ化されてましたっけ? 絵になるなあと思いましたです。でも、今の日本でドラマ化はされたくないかな。

   いやほんと、安定してます。

   そして、「あんたはどこか旅に出なさい」と言われてなんとなく北を目指してしまった妹ちゃんは、仙台で楽天の試合を見て「岩隈ー!」と叫んでおるのでした(ひとの命を奪ったと思ったらもっと神妙にしようよ)。今回の野球ネタはそこ。これは、やっぱ阿刀田先生の「犯罪者は北を目指す」というエッセイネタを踏まえておるのでしょうか。いいよ~♪

|

« 「オリンポスの咎人 ギデオン」 ― 絶叫のどんでん返し ― | トップページ | 刻み込まれております »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/54735911

この記事へのトラックバック一覧です: 「ここに死体を捨てないでください」 抜群の安定感:

« 「オリンポスの咎人 ギデオン」 ― 絶叫のどんでん返し ― | トップページ | 刻み込まれております »