« 本日の暴論 丁稚どんを復活させよ! | トップページ | 「流血女神伝」 豪華骨太ジェットコースター »

2012年5月28日 (月)

「すもうねこ」 猫の手も借りろ! 

   たしか連休明けぐらいの読売新聞コミック評コラムに取り上げられていたような。
   飲んで帰る途中でいい気分になってるこたつ川部屋親方が、そこら辺の野良猫に、     
   「おっ、いい体してるね、どう? うちで横綱目指してみない?」といつものノリで声を掛けてしまった結果、真に受けて角界入りしてしまった猫のすもうねこ関が主人公の相撲4コマです。新弟子検査に通る体格の猫ってどんな巨体……うちのお兄ちゃんだって無理だと思う(たしか身長165センチ、体重67キロ以上、中学卒業見込み時)。あ、体格以前に学歴でダメじゃん。ねこ関(作中こう呼ばれる)は連載当初で推定6才(野良出身だから)だそうです。
   作中は普通の関取たちと体格で遜色ないですから、170~80ありそうです(体重も3桁は余裕でありそう)。どんな猛獣ですか。そこら辺は「しろくまカフェ」のようなリアル路線じゃないです。

   リアルなのは角界描写です。ねこ関初めの頃は同じ部屋のまりも海関の付け人(荷物持ちなど世話をする後輩)をやったり、買い出しに出て迷子になって脱走扱いされたりといろいろちゃんと苦労してます。いや、でもあの手でちゃんこ番をやったかは書いてなかったな。大銀杏(関取の地位を示す銀杏型の髷)が結えなくて横綱審議委員のおっかないオバサン(モデルは当然あのひとだ!)に苦言を呈されて床山さん(結髪師)に無理を聞いてもらったりとか、野良猫生活を続けるおっかさんが化粧まわし(土俵入りの時につけるエプロン型のゴージャスなあれね)を贈ってくれて涙に咽んだりと。いやそこは同じ猫の出世頭としてサンリオがキティちゃん化粧まわしを贈るべきだろう! (無理だから)

   それでも本性が猫なので、ライヴァルだるま山関にマタタビを撒かれて腰が抜けて負けてしまったり、惨敗した後ひとりになりたいといって洗濯機の洗濯槽に隠れてたり、換毛期には(稽古相手も毛まみれにしてしまうため)コロコロを当てられてしまったり、やんちゃな新弟子に猫じゃらしでもてあそばれてしまったり!
   やっぱり可愛いのでした。

   ほのぼのしておかしくて角界のお勉強(用語には細かく欄外で注釈がある)にもなって、非常にこれは我が家では買い! だと思ったのですが(それで即刻注文して、忘れた頃に今届いた! いつもの有隣堂じゃなく、ノイエ・リリエンベルクに新しくできた書店の方だったんだけど、ダメだやっぱり! 有隣堂さん浮気してゴメンネ!)。
   期待した旦那様の反応は、「ああ、うん、読んだ」だけ。虎美も、「え~悪くはないけど」。お兄ちゃんだけ、「面白いよね」だったのでした。なんでだ?

|

« 本日の暴論 丁稚どんを復活させよ! | トップページ | 「流血女神伝」 豪華骨太ジェットコースター »

コメント

 2巻に相当する「すもうねこ もふりより」も買っちゃった!
 ええと、大関まりも海関はイケメンで優しくて常識人ですが、やっぱそれだけじゃあ横綱にはなれないんだなあ。いいひとなだけにややメンタル弱い感じで。ある意味突き抜けていて憎まれるぐらいじゃないと、その道のチャンピオンってのにはなれないもんなんでしょうかね。

投稿: まいね | 2012年7月26日 (木) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/54816303

この記事へのトラックバック一覧です: 「すもうねこ」 猫の手も借りろ! :

« 本日の暴論 丁稚どんを復活させよ! | トップページ | 「流血女神伝」 豪華骨太ジェットコースター »