« ピクシヴでとんでもねえもの見たよ | トップページ | 藪の中な話 命名篇 »

2012年4月15日 (日)

春暁オフ開催しました

   ええと、とむ影さんに波多利郎さんも加わってお受験ママサクラサク花見オフの筈だったのですが、「待ち遠しいと思えば思うほど降る」雨女おかあさんのせいで、
   「花落ちること知んぬ多少ぞ」……とばかりに孟浩然の詩のようなオフ会になってしまいました。いえ、今日は晴れて温かくてちょうど良かったんですけどね……。

   場所は吉祥寺鷹匠茶屋、猛禽類を見ながらランチが食べられる……筈だったのですが、予約席は鷹ちゃん鷲ちゃんたちのいるエリアから一番遠いところで、VTRを流すモニターを時折見上げたり、遠く波板の向こうの鷹ちゃん鷲ちゃんを望んだりという、満喫というにはやや残念かなあという感じでした。
   お料理はスパイシーなカレーやらチキンの焼きものやらチャーハンやら。これは美味しかったです(もしかしておかあさん食事に集中しすぎ?)。
   鳥たちは店の外からでも見られるので、お会計を済ませて出てから写メで可愛い姿を撮りまくりました。

   それからバスで近くの神代植物園へ。入場料500円也。ややソメイヨシノには遅い感じでしたがそれ以外の種類の桜が咲き誇ってたり、咲き初めだったり花吹雪だったりと、うっとり

   遠景も 手の中で見ても桜かな   舞音

   「ぼおっと遠くでみていてもいいし、さっきのようにほんの間近で掌の中に入るほどの距離で見てもいいですねえ」と呟くと、
   「それをこそ俳句にしなさいよ」というお題を頂戴したので。
   帰りの電車の中でまとめては見たけどさ、いやーやっぱり
   「まいねさん俳句イマイチ」でしょ?

   でも、神代植物園、イマイチどこが桜のヴューポイントなのか分りにくくて。
   「あそこに桜並木が」と言いながら、なかなか行き当たらなくて。
   「遠くで見ると固まって咲いているようで、さりながら近づくとそんなに密集しても咲いていないのでありましょう。蜃気楼のような」と不吉なことを呟いていたのでありました。
   ゴメン、幹事のくせになんも考えてなくて。

   椿や山茶花もまだ咲いていたし、シャクナゲはもう咲いていたし、なかなか面白かったです。そうそう、ツツジももう咲いていて。
   「新婚旅行で行った札幌にはオレンジ色のツツジがあったんですけどあれは土地のせい? そういう種類なの?」
   「「それはレンゲツツジ!」」と2人ながら突っ込まれたりして。すいませんもの知らずで。
   「蝦夷の地ではツツジの色も違うのかと思ってました……」そんなわけがあるか!

   「とむ影さんに戴いた椿のバッキーちゃんは元気に根付いたんだけど、娘がお花で使った青木だかミズキだかを適当に挿したら根付いちゃったのはどうしましょう? もう直径2センチぐらいで、丈も1メートルぐらいになって」
   「それは責任もってバッサリ切らないと!」と、庭に植えた木が元気な話で盛り上がったりして。

   ついでに隣接の深大寺へ。すいませんわたし寡聞にしてこのお寺のことなんにも知りませんでした!
   「このお寺は何系のお寺ですか? 密教なの? 禅なの? なんまんだ? ナンミョーホウレンゲキョウ?」
   「さあ? お蕎麦が有名なところを見ると禅?」すいません、参詣よりさきに甘味に釣られて蕎麦饅頭や蕎麦汁粉でお茶してしまいました。そばがきの入ったお汁粉美味しかった!
   「ナルホド」
   入ったところで縁起を見ますと、もとは別な宗派であったところを、平安初期に天台宗に改めたんだそうで。天台宗って密教じゃん。へえ、そんな頃から。うちの近所のコーリン・テンプルと言い、武蔵野も結構江戸時代以前に開基のお寺があるんだなあ(見下しすぎ!?)
   薬師瑠璃光如来は現世利益、とくに病気に効くんだよなと旦那様や猫科の人たちの健康を祈っておきました。

   水木しげるのゆかりの地が近いようで、参道の売店には水木しげるグッズのお店もあり、一反木綿タオルやら猫娘などキャラクターにちなんだセンスの良い手ぬぐいなどが売ってましたが……軍資金をくれない旦那様にはお土産は買いません!(ほんと帰りは電車賃が危険でした。とむ影さんと別れて波多利郎さんと調布のパルコでお茶しながら残高を数えてあお~くなっていたわたしです。じゃあなぜひとりだけ汁粉喰った!? 算数できないの!? バカなの!? だって珍しかったんだもん。おふたりはきっと、あ~だからこのひとデブなんだって思ったことでしょう)

   お財布は軽くなったけど心も軽くなってとっても楽しかったオフでした。また盛り上がりましょう! そして熱くオトナの本読みとして語り合いましょう!

|

« ピクシヴでとんでもねえもの見たよ | トップページ | 藪の中な話 命名篇 »

コメント

 で、その鷹匠茶屋さんで「赤ちゃんが乗っています」的ステッカーで「鷹が乗っています」というものなどが売っていたのですが、鷲や鷹はともかく、「[休鳥(ここまでで一字)]が乗っています」というのはなんて鳥だろうと頭を悩ませていたのですが(絵を見たら解るかと思ったら無理だった!)
 うちに帰ってきてネットでいろいろ調べてみたんだけど見つからなくて、寝覚め悪いからとうとう今漢和出してきて調べたら、

 みみずく

 でした。ナルホドね。

 娘は写真を見せながら説明すると「かわいー! わたしは行ってみたーい♪」と言ってました。今度連れてってやる約束しました。

投稿: まいね | 2012年4月16日 (月) 00時34分

早々のオフレポお疲れ様です。すみません、昨夜はパソも開かず寝た根性なしです。

鷹匠茶屋は、提案しておいて何ですけど、確かに思ったほどでは無かったかも。せめて、透明ガラス越しにでも鳥さんが見られたらよかったですが。
鳥さんは、足に革ベルト付きなのも、素人からすると、何か痛ましい気がしました。うっかり放す訳にはいかないから、仕方が無いことなのでしょうけど。

桜は堪能できたし、久々オタ話ができて、感無量でした。また何かありましたら、是非おつきあい下さいませ。
よかったら『流血女神伝』融通させていただきます。

投稿: 波多利郎 | 2012年4月16日 (月) 09時23分

 波多利郎さん、せっかくご紹介してもらったのに微妙な反応ですいません。首都圏でリアルに鷹を見られることを思えば3羽でも御の字と思うべきですね。
 「流血女神伝」については拝借した~い!
 是非お願いします!

投稿: まいね | 2012年4月17日 (火) 00時16分

楽しかったですね~。
鷹匠茶屋で、キャッシャーのところに、ふわふわの羽根が箱に入れておいてあったのも素敵でした。

投稿: とむ影 | 2012年4月17日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/54479323

この記事へのトラックバック一覧です: 春暁オフ開催しました:

« ピクシヴでとんでもねえもの見たよ | トップページ | 藪の中な話 命名篇 »