« オタクが3人集まって「カリ城」視聴したら | トップページ | 「河北新報のいちばん長い日」 起死回生 »

2012年3月30日 (金)

藪の中な話

   「今日は鯛飯の日だそうだからひとつ買ったぞ。アル虎喰うか?」
   豚汁を作るだけで手一杯だったので手抜きさせて貰いました。実のところは当リーリエマートで結構売れ残っていたから。鯛飯の日ってなによ?
   「食べるー」
   「なぜかイクラも載っていた。おかしいだろう? イクラの親は鯛じゃない。ここは鯛の卵を入れるべきじゃ……鯛の子ってナニ?」とそこで下りてきた豹太、
   「ばぶー!」
   「イクラか!? じゃあこの組み合わせはサザエさん的には正解!?
   「そこはノリスケも入れないと!」
   「入ってたかもしれん、見てみろ」
   「トッピングは貝割れだったよ」
   残念。

   「それでなんで鯛なの?」
   「知らん、そういえば昨日掌サイズの鯛が丸ごと夕方になっても売れ残っていて、明日は総菜部に下ろされるのかなー鯛ってなんになるんだろって思ったかな」
   「総菜部最強!」
   いやでも残ってたのは一匹だけだし。鯛飯は10コほど出てたし、別だと思うよ……新年度を当て込んでいっぱい仕入れたんだけど、ここは老人ばっかりの街だから売れ残っちゃったのかな、レジで通した覚えもないし(お刺身用のサクになったヤツはみたかも)。

   真相は、藪の中

   豚汁&鯛飯はたいそう美味しゅうございました。あったまったわあ。

|

« オタクが3人集まって「カリ城」視聴したら | トップページ | 「河北新報のいちばん長い日」 起死回生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/54348880

この記事へのトラックバック一覧です: 藪の中な話:

« オタクが3人集まって「カリ城」視聴したら | トップページ | 「河北新報のいちばん長い日」 起死回生 »