« 期間限定。 | トップページ | 本年もやってしまいました »

2012年2月24日 (金)

コーディネーターはこうでねえと

   とあるところからのネタ。

   発達支援の教育の講演会なんかがあって、最後の質疑応答のところで、とある小学校の先生が、やっぱり発達支援の児童を抱えていて、
   「通信簿って、どういうふうに書いたらいいんでしょうね」って、藁にもすがる(思いの)顔で聞いてきたって。
   「普通の児童みたいに、『日頃こういうことが見られる、直していきましょう』って事実を書いちゃっていいもんでしょうか?」って。

   パネリストの偉いA先生やや声を固くして、
   「普通の児童と、遅れのある子ども、どこか違いますか? 同じ書き方でなにか不都合でも?」って。

   現場の先生は、ややたじたじとしながら、
   「ユニバーサルデザインの通知表って、ないですかねって話も同僚から出てるんですよ。所見欄、どういうふうに書いたらいいものかって」と、現場ならではのお悩み。

   A先生やや譲りますが、
   「わたしなら、これこれこういう指導をしています、こういう方向を目指しています、と文章を終えるようにしていて、『ここがダメ』、『これができない』だけで終わらないようにしています」と、きっぱり言ったんだとか。

   すると、それまで軽妙洒脱な話しぶりだった会のコーディネーター先生が、いきなり強い調子で割り込んで、
   「視覚の不自由なひとに、『眼で見えるようにガンバッテください』って、書く人はいないでしょう!」って。
   「現実で無理なことは書いてはいけない、受けとる保護者もそれじゃあ辛い! 指導者として個々の特性を見極めつつ、先ほどのA先生のように、できることについてこういう指導をしていますのでご理解くださいといったふうに書くことを心がけるといいとわたしは思います!」と、色をなすとはこのことか、って感じだったらしいです。
   それでも、断言は避け、最後は
   「まあ、いろんな考え方があると思いますけどね」と逃げるのがやっぱエライ人の特徴でしょうか。

   でもまあ、コーディネーターってのは、弁が立って関係各部署との折衝とか対外公報とかがうまいからってのもあるでしょうが、やっぱこういう骨があるからなるんでしょうねえ。

   ……というふうに、発達支援の世界はみんな日々苦闘しているようです。「養護学校」って、最近聞かないなと思ったら、「発達支援学校」とかに名前が変わってるみたいですね。いろいろ知らない世界があるなと思った今日この頃でした。

|

« 期間限定。 | トップページ | 本年もやってしまいました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/54064186

この記事へのトラックバック一覧です: コーディネーターはこうでねえと:

« 期間限定。 | トップページ | 本年もやってしまいました »