« 春遠かるべし | トップページ | 「平清盛」 #5 お茶の間で見られない大河 »

2012年2月 5日 (日)

突発受験ママオフ!

   とむ影さんがお嬢さんの受験の付き添いで上京されたので、戦いを終えられるのを待つ間にご一緒してきました。

   だって、受験というストレス下のにゃいーう゛なお嬢さん達を抱える親は、余計なことをやると逆鱗に触れてしまうんですもの!
   (トラバ先参照のこと。お嬢さんのお友だちのお母様は、地方受験会場であるところの仙台で待ち時間にちょっとお買い物をしたところが、気が立っていたお嬢さんに言葉を選ばぬ罵倒を受けたとか)
   解るわあ。
   せっかく街まで出たんだからお買い物したいじゃん。ホテルで待ってるのも気が揉めるし(朝でチェックアウトかも知れないし! 親だって美術館巡りとかもできる心理状態じゃないし。ブランドの服買いあさってたとかだとちょっと神経疑うけど、これからおうちへ帰るんだったらちょっとデパ地下でひと品ぐらい調達してラクしたいでしょう!)

   というわけで、試験が終わるまでの時間つぶしにお付き合いして、受験生を持つ親としての心構えについて話し合う……という大義名分でお茶してきました。
   とかいって、とむ影さんのお目当てはパルコパート1で開催中というウルトラQの展覧会だそうで、渋谷はお庭と言いつつもう分かんなくなってますよとハチ公前で待ち合わせ……。

   久し振りのハチ公は両前脚が待ち合わせの人に撫でられてすり切れて光ってました! 人気者は辛いよ。

   無事合流して、パルコへご案内するつもりでしたが……ちょっと迷っちゃったかなーパルコもいっぱいありますからねー当時で4ぐらいまであったんじゃないかな。まあ、なんとかたどり着きました。
   やってましたウルトラQの展覧会(?)、絵師の方がDVDボックスなどに描かれたイラストの展示を中心に、ソフビ人形やTシャツ、ストラップなどお宝を販売してました。
   「カネゴンのTシャツが旦那のリクエストなんだけど」
   「手ぬぐいがあればわたしもお土産にしたいです」と、ウルトラマンは丸目だけどセブンは切れ上がったキツネ顔だからセブンの方が好きだとか、ウルトラ怪獣図鑑があったのでこういう怪獣は番組で直接見たわけではないが全部名前が言えるとか盛り上がってきました。
   「寒い系の怪獣っていろいろいますね」と、ウーに続いてペギラの絵を見ながら。今回の寒波は東北はそうでもないようです、たいへんなのは金沢などうちの実家の方。
   「やはり暖房設備が普及するまでは命の危険があったから?」
   今はかえって熱波系が多いんでしょうか、それとも、電力を作っても作っても喰われて末端で停電パニックを起こす系?

   その後、ちょっと歩いてゆっくり食事でも、と歩いている間にNHKの方へ迷い出て、この際だからスタジオパークでも見ますか、と200円払って入場。

   入ってすぐのギャラリーで大河の写真展やってました(とりあえず、登場人物の紹介的な、主要人物の大きなバストショット写真を順に展示してあるだけ)。あとは、人物関係図を貼りだしてあったかな。やっぱり伊東院がすごかったで意見は一致。

   あとは順路に従って「ガッテン!」の豆知識のようなものを見たり、子供の見学者向けのニュース番組を自分で作ってみたり等の体験コーナーは華麗に通過して、大河ドラマなどの撮影で使っているスタジオを見ることのできる覗き窓の廊下へ(今日は撮影はおやすみ)。歴代大河の名場面集などが順番に映し出される画面の前で、延々、この大河の時は幾つだったとか、これは登場人物が好きだったとか、これは2ちゃんの大河スレでは佳作と名高いやら、この女優はちゃんと年を重ねても大河に出続けていて偉いとか語り尽くして、先を急ぐ見学者の皆さんの邪魔をしていました。
   「山河燃ゆ」のクライマックスシーンでは、見ていなかったにしても、だいたいの筋の情報はあったのでもらい泣きしたりして(たしか、太平洋戦争期、日系の兄弟で、兄松本幸四郎、弟西田敏行が敵味方に分かれ、戦場でまみえてしまう! 「撃つな、あれは弟だ」にもう爆泣)
   「絶対血を分けた兄弟に見えないって」
   突っ込みも入れましたけど、そこは当然。
   NHKの歴代子供番組の映像集の前でも、以下同文。
   のっぽさんが20年続いていたのは今考えてもオドロキとか、この体操のお兄さんはこの時点ですでにオジサンだとか、ゆうこおねえさんはしんけんゼミこともちゃれんじでリサイクルされているとかけんたろうお兄さんはもう出られないだろうとか。勝手なことをしゃべり散らして(ごめんなさい)。

   お土産の売店では、大河ドラマ50周年記念で、どーも君がそれぞれの主人公の扮装をした絵柄を缶にプリントしたクッキーが出ていました。「江」ではどーも君が江で、うさじいが赤い鎧を着て長刀を持っていたので茶々であろうと思われ、
   「じゃあこのひょろりとした尼姿のキャラクターがお初ちゃん?」
   「尼としてしかキャラ立ちしてないのか」
   「あとはお菓子を食べ散らかすだけで」
   「嫌すぎる」と言い交わしたりして。
   この3人娘の絵柄はストラップなど他のアイテムにも使われてましたが、あんまり有り難くないなあ。
   絵をつくづく見れば、眼帯をしているからこれは「独眼竜政宗」の年かなと思いきや「風林火山」だったりして、いろいろ差を付けるのに苦労したと思われます。忠臣蔵も3回ほど、太閤記も3回ほどやってるしなあ。中身はヨックモック製で缶はあとあとまで使えるとすれば900円なら買いだったかなあ、ちょっと後悔。

   食堂の方では、今年の大河、「平清盛」にあてこんで、「伊勢の鯖節で出汁を取った清盛ラーメン」が出てました。
   「(パッケージの絵が)イケメンになってますね」とむ影さんはゴキゲンのようですが、お荷物になるからお買い上げにはならなかったもよう。わたしが、送料を節約するのじゃとばかりにアルト・リリエンベルクまで出て買ったお土産やらへうげもの14巻やら逢うなりいろいろお持たせしたものだから(反省しろ)。

   それから、あとあと虎美に自慢するためにネットで検索したらけっこう有名なカフェであったところの適当に入ったお店でソバ粉のガレットのランチを食べ、産まれてはじめてタピオカ入りの飲み物を飲んでたまげ
   「これは食べちゃって良いものなの? ほら、結婚式の潮汁の蛤といっしょで、食べないのが暗黙の了解とかで、
   あの客タピオカくったよ……
   とかあとでお店の人に言われない?」としょうもないことを言って笑われ。
   美味しかったです。なんというか、食感が官能的ですよね。

   受験生の娘はともかく、お兄ちゃんが身なりに構わない話で、
   「トナカイの柄のフリース買ったら着てくれたんだけど、うちじゃあそのフリース、もう『鹿』で通ってて」と言ったら、
   「馬の模様の隣に並んじゃダメよって言わなくちゃ!」って!
   「最悪、その時は馬より前に出るようにって!」×馬鹿 ○鹿馬 ってことーッ!?
   のけぞって笑ってしまいました。

   てなわけで楽しい時間は矢のように過ぎ、試験終わったよというメイルが入った3時ちょっと前に渋谷駅で解散しました。

   とむ影さんまたいらしてね~今度はサクラサイタW祝賀オフしましょう!

|

« 春遠かるべし | トップページ | 「平清盛」 #5 お茶の間で見られない大河 »

コメント

楽しかったですねー。このぐらいの余禄も欲しいです。サクラ咲いて東京に、行きたいよう…

投稿: とむ影 | 2012年2月 6日 (月) 07時26分

受験生母様、お疲れ様です。どうぞ、受験生皆様に見事な桜が咲きますように。
祝賀会楽しそう。

投稿: 波多利郎 | 2012年2月 6日 (月) 08時29分

 とむ影さんさっそくのコメントお疲れ様です。ありがとう。
 波多利郎さんもおひさしぶりです。当方神奈川県の受験の奇怪さにふりまわされております。お花見オフにはお誘いして良いですか?

 そして、ああー疲れたおべんとの仕込みしてねちゃおと思っていた12時半、
「分数が入ってくる問題はことごとく間違ってたの! もう訳わかんない!」と泣きながら切れまくる虎美の相手をして1次関数と2次関数の融合問題(交点から同時に出発した点が、片方は直線、もう片方は曲線の方を進んで、到達した点(もうひとつの直線との交点)で折り返して今度は先に示された直線同士の交点への直線を折り返して……という複雑な動き!)に取り組んで3時……昭和の時代にはそんな問題出なかったって! 幾ら金沢富岳高校でも!
 カンペキにお寝坊。……おベントはお握りだけで行って貰いました。

投稿: まいね | 2012年2月 6日 (月) 11時38分

>お花見オフにはお誘いして良いですか?

おお、是非とも!って露骨におねだりしたようで申し訳ない。よろしくお願いします。
入試については毎回、中学が頼りにならない分、塾におんぶだっこで乗り切った覚えがあります。学校毎にかなり違うし、併願はよけいワケ分からないし

投稿: 波多利郎 | 2012年2月 6日 (月) 14時49分

 それではサクラ咲いたらお誘いしちゃいますよー(^^)/
 公立後期の倍率ドン!
 ……笑っちゃうような志願数でしたが、油断は禁物、ナニヨリ本人のモチヴェーションがここへ来てウナギ下がり……。
 サクラ咲けよホント。

投稿: まいね | 2012年2月 8日 (水) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53912840

この記事へのトラックバック一覧です: 突発受験ママオフ!:

« 春遠かるべし | トップページ | 「平清盛」 #5 お茶の間で見られない大河 »