« サクラチル | トップページ | 負け惜しみ »

2012年2月 1日 (水)

イナGO の円堂のキャラソンがQ.ジョーンズのオマージュな件について

   訳:アニメ「イナズマイレブンGO」の円堂守のキャラソングがクィンシー・ジョーンズのある曲をイメージしている件について

   それでは各単語の解説から。

   「イナズマイレブンGO」:

   昨年「11人いるッ!?」の項でご紹介した超次元サッカーアニメ、「イナズマイレブン」に親子してはまって、新シリーズ「イナズマイレブンGO」も二人して正座して見てるわけですが。新シリーズは、前作の10年後という設定で、主人公は新しく、サッカーの名門校となった雷音中に憧れて入ってくる松風天馬くんということになっています。円堂くんは24才、母校のサッカー部の監督として途中から登場します。
   物語世界はさらにパワーアップして、選手は「化身」という必殺技をサポートしてくれる超常の存在をひとりひとり発現させ、それが出せるとパワーが段違いなので勝利を確実に左右するコトが出来るようになります。ゲームとしては面白いかもだけど、既にもうチーム・スポーツではありません。
   謎の圧力団体に中学サッカーが支配されていて、公式戦の勝ち負けさえ団体の指示に沿って行わなくてはならない、本気でやって負けたら一生懸命頑張ってるそこのチームの子がカワイソウだから(企画は去年の大相撲八百長疑惑の頃ですか?)という閉塞状況に「革命を起こす!」のを楽しむ趣向のようです。いやもう、カワイイ男の子がいっぱい出てきて悔しがったり喜んだり喧嘩したり友情を深めたりとかしてくれればいいというファンにとってはそういう話(おい)。

   「キャラソン・アルバム」:

   アニメが中高生向けの産業として定着したバブル期以来、作品世界に夢中になった中高生からお金をむしり取るために、「キャラソン・アルバム」という商売がおこりました。その作品の登場人物の心情に沿った曲(オリジナルで提供される)を、その登場人物の声を当てている声優さんがそれぞれ歌って、アルバムにまとめるというもの。作品中仲の良いキャラクター同士では二重唱なんかもあります。みんな争って買って、聞いて、歌うんだなあカラオケでも。ええ、カラオケにもいっぱい入ってますよ。さすがに、アニメを深くはご存じない方とご一緒したときには歌いませんけどね。こないだ虎美とカラオケしたときには熱唱したなあ。ええ、わたくしも。

   それで、その「イナゴ」の「キャラソンアルバム」が出たというので虎美がもうキラッキラの笑顔で「聴きなよ!」って出してきてくれました。

   

この時期にそんなものを買っとるから不合格するんじゃ!

   ゲームなんぞやりながら流し聴きしていたおかあさんが、4曲目、その円堂監督の応援ソングに入ると、
   「はて?」

   「『愛のコリーダ』じゃん!」

   調はなんとなくラテンぽく能天気なキーに移調されているので、まるっきり同じじゃないですが、

   「あっついおもいがあっれっばー だいじょーぶ!」
   ( あーいの     コッリーダ  Where I am~]       

   サビの部分がそっくりでした。いや、ゲンミツに歌詞の文字当ててみたらそうでもなかったか。
   さっそくユーチューブで呼び出して(探すな)虎美に聴かせたら、
   「うん……うん」と肯いてましたよ。

   AメロやBメロは全然違うカンジだし、「ガンバロー!」と吼えるところはまるきり別な雰囲気なので、これはこれで面白いんじゃないかと思いましたけどね。うん、前向きな応援ソング。

   声優の竹内順子さん(たぶん原曲なんぞ知らんだろう)は伸び伸び歌ってらしてステキでした。あ、アニメの少年の声は女性の声優が当てるというのは日本のアニメの伝統です。「銀河鉄道999」の星野哲朗とか、「ドラゴンボール」の孫悟空とか、「エヴァンゲリオンのシンジくんとか、「ポケモン」のサトシくんとか、「ワンピース」のルフィとかね。円堂監督もう24の妻帯者だけどね。

|

« サクラチル | トップページ | 負け惜しみ »

コメント

 そんでもってゴキゲンで歌ってたら、「おかあさん、必ずワンテンポずれてるね」って!
 「年だ」って言って気がついた!
 嗚呼! 若い頃、「ママさんコーラスのオバサンはなんでワンテンポいちいち遅いんだよ」と思っていたのが我が身に襲い来るとは!
 因果応報。

投稿: まいね | 2012年2月 1日 (水) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53877376

この記事へのトラックバック一覧です: イナGO の円堂のキャラソンがQ.ジョーンズのオマージュな件について:

« サクラチル | トップページ | 負け惜しみ »