« 「平清盛」#2 武士とはなにか | トップページ | 本日のがっです おう゛ あんふぉーちゅん »

2012年1月19日 (木)

日本人って奴は

   人参を目の前に、ラストスパートの虎美です。その日もしんけんゼミの問題集と格闘中。
   「これはけっこうできた」と、古文の問題を見せてきました。大意はこんなところ:

   ××という書の名人の僧が鎌倉へやってきたので、頼朝がなにか書いてくれと言ったところが、ちょっとさらさらしたところで、
   「墨のノリが悪い。関東の水はダメだね」と宣う。
   このクソ坊主、一流ぶりやがってと思ったか(←原文には書いてありません!)
   「御坊は常々いずこの水をお使いか?」と聞いてやると、
   「京は二条柳の水が一番」なんて言う。そこで頼朝
   「おまえちょっと行って取ってこいや」と家来に言って汲んでこさせて、何気ない顔で、
   「鎌倉の水も試してくださいよ」って、その坊主にリターン・マッチ。
   「おっ、いいじゃんこれマジ二条柳の水みたいよ、良く書けるよ!」って、その書道坊主言ったんだとか。

   って話。中学生坊主の古文なので、問題としては、「水を取りに行ったのは誰?」「この水は良く書けると言ったのは誰?」などと、省略されている動作の主語は誰よ? という問題だったかな。内容的にはやっぱ名人ってのは凄いって話だと思いますが、虎美面白がってました。
   「ああ、まあ、鎌倉以降こういう説話集? ちょっといい話アンソロジー増えるね。ココンチョモンジュウとかシャセキシュウとか。江戸時代になると怪談オンリーのも……」と国文科が語りはじめると、
   「2ちゃんのまとめみたい」
   ……ああ、そうですね。そう来るか。ネットでも、ちょっといい話、泣ける話、猫のカワイイ話、ジャンル別にいろいろまとまっていて、虎美はパソコンにかじりついて読んでいて、わたくしがちょっとそういうところで拾った話をしようとすると、冒頭を言っただけで
   「あ、それ読んだ」って言うんですよ、もう。最近だと、実家のママから上海蟹を送って来たところが、「紐はほどいてはいけません。あなたの思う以上の速度で蟹は逃げます」って書いてあったとか言う話まで!(どうもママ実体験して念入りな注意書きになったようだ、という話)
   「……鎌倉どころか平安ぐらいから、日本人はそういうことが好きなんだな」
   「面白いね」

   ただ問題を問題として解くだけじゃなく、そういうことも考えているんだなあと少しホットしました。

|

« 「平清盛」#2 武士とはなにか | トップページ | 本日のがっです おう゛ あんふぉーちゅん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53771960

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人って奴は:

« 「平清盛」#2 武士とはなにか | トップページ | 本日のがっです おう゛ あんふぉーちゅん »