« おかあさんは怒っているんだよ | トップページ | 「平清盛」#2 武士とはなにか »

2012年1月15日 (日)

「ポケモン + ノブナガの野望」 ~ 攻撃は最大の防御 ~ その2 

   なんか凄いものを見てしまいました。
   「ポケモン+ノブナガの野望」って、ちょっと前からネットで広告が出てるナーと思ってて、今日虎美に話題を振ったら、
   「オイチがカワイイらしいよ」
   「(お市の方のことか?)そういうのはカワイイのが当たり前だから」

   ゲームの世界では、ファミコン以前のパソコンゲームの頃から、自分が織田信長や戦国武将を動かして天下統一を目指すゲームのジャンルがありましたから。日本の戦国だけじゃなく、三国志とかもね。学生時代にサークルの男の子がやっていて、
   「美女を献上/下賜すると忠誠度が上がるんだよ」
   「なんだそれはけしからん」なんて会話を交わした覚えがあります。
   いちばん有名なゲームの名前は「信長の野望」って言ったかと思います。

   それで、現在に至るまでいろいろな会社がいろんな戦国もののゲームを出していて、……その時々の人気の漫画とかドラマと相乗効果で特定の武将がクローズアップされたりしていくんだよな。前田利益どのがイケメンになったり、織部重然どのが文化人としてランクが上がったり。そんで、歴史に(ややミーハー的)興味がある若い女性が出てきたんだと思いますが。

   ポケモンも長いよなーお兄ちゃんが幼稚園の頃からだからもういい加減10年くらいアニメもやってないかと思ってたら、とうとうそういう戦国時代物とコラボのようで。それが「ポケモン+ノブナガの野望」。ポケモンは、小さな架空の生き物を捕まえてそれを一定のルールのもとに闘わせて大会で優勝して称号を得たり、野良のポケモンを図鑑に載ってる全部集めたりするのが目的のゲームですが、「信長の野望」的戦略ゲームで合戦を行うべき所がポケモンによるバトルであるという趣向のよう。ポケモンにおける各地のジムリーダーが、それぞれ戦国武将になってるのでしょうか。
   公式サイトに行くと、有名どころはもうデザインが公表されています。ノブナガ、ヒデヨシ、シンゲン、ケンシン……。
   「やっぱりヒデヨシのパートナーは猿なのか? ええと……エイパム?」と、母もおぼつかないなりにお猿ポケモンの名を挙げると(ポケモンは、実在の動物を元にしたものもかなり存在します。ピカチュウは電気ネズミといいつつあんまりネズミっぽくないですが、犬や猫、キツネ形は結構もとの動物そっくりなのがいます)、
   「モウカザル」と、ヒデヨシの絵をクリックしつつ虎美が答えます。
   「猿じゃん」
   ノブナガのはおかあさんのあんまり知らない新しいポケモンのようですが(そりゃそうか、営業的に)、ミツヒデはフリーザ(伝説の鳥形ポケモン、氷を操る)、ケンシンはミュウツー(映画にもなった遺伝子操作で作られた超能力ポケモン)と、最初の151匹からも出ていて、セレクトも何となく武将の性格に合ってるようで唸らされます。ゲームをする本人を投影する主人公は男の子または女の子はイーブイという、後々なんにでも進化できるポケモンを持っていて、これもむべなるかなという感じ。

   肝腎の(?)そのブショー(ポケモン世界のようにカタカナ書き)のヴィジュアルは、
   「うわーノブナガがイケメン!
   これで興味を持って公式サイト見に行ったんですもん。
   その他の武将も、今流行っているそういう戦国絵巻ゲームほどキラキラしくなく、けれどあのポケモンの丸顔とは違ったカンジで、ポケモンをやってきた少年少女が最初にであう戦国武将のヴィジュアルとして、ほどほどであるように見ました。でも、ノブナガとミツヒデは力を入れてイケメンに描いてあったと思いますよ。逆に、ケンシンは、あまり中性的美形にしすぎない感じ。史実を元にした年齢関係を考えると、あんまりお若い姿もまずいしね。ケンシンやシンゲンはおじさま的年頃を意識してると思いますよ。いや、でもモトナリも「自分は旧世代」と言いつつ(公式に吹き出し付きの画像があった)壮年のお顔立ちになってましたけど。

   さすがだ、コーエー&株式会社ポケモン(いつの間に会社の名前までポケモンになったの!?)

   ゲームの動画も上がっていましたが、いわゆるポケモンの、昔ながらの点で描いたような小さい姿で闘っている絵と、そのバトルの前後の、今時のソフトの、アニメにも匹敵する滑らかな描線の華麗なブショーの絵の落差がちょっとオドロキでした。

   「……受験が終わったらやってみるか?」と虎美に聞いてみましたところ、
   「うん……」と、まんざらでもない感じ。
   「DSで出来るのか? 3000円くらいなのであろう」
   「これはゲームだから5000円くらいかなあ」
   商品情報の頁に飛ぶと、希望小売価格5800円でした。
   「任天堂凄いな」
   「すぐ下がるよきっと」

   さあ、虎ちゃんこれでやる気を出しておくれ。
   そして、ここから戦国時代ものにはまる少年少女が増えるといいな。

|

« おかあさんは怒っているんだよ | トップページ | 「平清盛」#2 武士とはなにか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53744297

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポケモン + ノブナガの野望」 ~ 攻撃は最大の防御 ~ その2 :

« おかあさんは怒っているんだよ | トップページ | 「平清盛」#2 武士とはなにか »