« 萌えを翼にして | トップページ | 「へうげもの」 ~ そして茶に帰結する ~ »

2012年1月27日 (金)

この季節最も大切にされている人達へ

   とりあえず神奈川県下公立高校入試前期日程は終了と。

   昨日NHKの朝の情報番組で「不安を軽減する方法」と言うのをやっていたので、食事を終えて自室に籠もってしまった虎美を引きずり出して見せました。

   バンジージャンプをさせる被験者2人を、緊張が極まった瞬間にその場から離して緊張を持続させ、一定時間置いてからバンジーに臨ませる。片や宙ぶらりんの心理状態で放置されて恐怖でゲドゲドになりながら飛び、片や、笑顔いっぱいで余裕を持って飛んだ、その2人の違いは待ち時間の過ごし方にあった! というイントロでした。

   ゲドゲド君は、ああ、もうすぐだ、どうしよう、大丈夫かなとバンジーの恐怖だけを考えて追い詰められていったそうですが、にこにこ君は、小川のせせらぎを聞いていたそうで。すうっと不安が消えて、楽しい気持ちでジャンプに臨めたんだとか。
   ……そりゃその時点で小川のせせらぎ聞く余裕があればなんでも行けるよ。

   虎美正座して聞いてましたけど、その後、「小川をイメージして、そこに葉っぱを浮かべて流す、流す葉っぱの上に、今、自分を悩ませているものを載っけて流す、と、不安を取り除かれた自分がいる」という理屈だそうで。虎美はそれを覚えて受験に出かけ、待合室(前期日程は面接のみ)でそのイメージを頭にいっぱいにして待って、平常心で面接に臨めたんだそうです。

   

N H K あ り が と う  !

   中に神奈川県の人いたのかしら。そりゃひとりふたりはいただろうけど。

   あと、「おおきく振りかぶって」の初期のメンタルトレーニングで、緊張するのはピンチの時とチャンスの時、それはどういう状況? サードにランナーがいるとき! じゃあ、サードにランナーがいると見たら/思ったらリラックスできるように今からトレーニングしよう! という練習方法でした。以降「サードランナー!」は彼らのリラックスの合い言葉なんですが(そういうふうになんでも素直に取り組めるのが彼らのいいところ)、
   「おい、サードランナーだ!」と虎美に申しますと、敵も然る者、
   「受験生だから、じゃあ、受験番号!」と、すぐに自分に応用します。
   「『受験番号を言ってください』とか言われたらリラックスするようにすればいいのね!」
   これも十分役だったそうです。ありがとう、ひぐちアサさん。

   11時過ぎには無事帰ってきました。さて、うまくいってるといいなあ。

   「葉っぱの川流れ」と「サードランナー」、周囲の受験生の皆さんにも、教えて差し上げてください。

   それで、当の番組の最後の時間、当日の内容についての視聴者からのFAXの紹介なんかがあるんですが、
   「パワハラで苦しんでいる主人に勧めましたところ、その不安材料を載せた
   『葉っぱが沈んだ』と申しました。こういう時はどうしたらいいでしょう!?」ってお便りが紹介されていて。
   「ご主人相当お悩みのようですね」
   ……出演してた医師も困ってました(でも冷静な受け答え)。なんて返してたんだったかな。


|

« 萌えを翼にして | トップページ | 「へうげもの」 ~ そして茶に帰結する ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53833688

この記事へのトラックバック一覧です: この季節最も大切にされている人達へ:

« 萌えを翼にして | トップページ | 「へうげもの」 ~ そして茶に帰結する ~ »