« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

2011年12月 8日 (木)

一期一会的なもの

   今度こそ復活! と思って夏号が来てからずっと心がけていて、次の締め切りは11月30日だというのでカレンダーに印をつけん勢いでノートなんかを整理していたのに! 
   ちょうど虎美の件で中学校に呼ばれて、歩いてる最中にちょうど思い浮かんだ叙景歌が、きれいに31文字にまとまったというのに! 
   ちゃんとおうちに帰ってくるまで覚えてて、メモを残せたのに!

   いざ11月末になって、大塚女子大学同窓会報に投稿しようとしたら、

   うちに官製葉書がなかった(はて、郵便局で売ってる葉書は今でも「官製」でいいの?)。

   あら、どうしよう、って言ってる間にメモの方もなくしてた

   嗚呼、大塚女子大学同窓会報短歌欄、今号も活田舞子(仮名)華麗に復活……成らず

   記憶を元に再現しようと思ってるんだけど、

      色を競ふ樹々の木の葉の散り果てて
         奥より出づる山茶花の紅      舞音

   風景としてはこんな感じだったんだけど、なんかこうオチが違う。どーん! と「×××なる山茶花」と言い切ってたと思うんだけどなあ。なんで思い出せないんだろう。

   こういうのはほんと良くあります。思いついたときはバシーっと決まったと思ったのに、あれ、字に起こそうと思ったらなんて言ってたか忘れた……って、ああ、情けない。四苦八苦しながら、その時の自分の連想をたどって、
   「もう落葉樹はみんな葉が落ちちゃってる、ちょっと前はきれいだったのに」
   「ああ、あんなところに山茶花がもう咲いてる、11月だもんなあ」
   「あんなところに山茶花があったなんて、夏には気がつかなかったなあ、前に落葉樹が茂ってたからなあ。落葉樹が散ったから見られたんだなあ」
   ……という連想を積み重ねて、こうなって、こうなって、と自分の思考を追っかけていって再現を試みるのです。まあ、ものが三十一文字ですから、だいたい詰めたり盛ったりしてるうちに、最初の形を辛うじて再現、もしくは、近いところでなんとかまとめることが出来るのですが。

   今回は悔いが残ります

   かすめたるなないろ軌跡を掴みかね
     しかと描けぬアウローラの貌(かほ)     舞音

   アウローラというのは暁の女神なんだそうで。夜の終わりを告げる女神であるとと同時に、芸術のインスピレーションを与える女神だとか。解りますねえ、流れ星みたいな。キラっと一瞬きれいな物が脳裏をかすめる、それを、うまく捉えて形に出来れば芸術をこの世に留めることが出来る……ってカンジ。幸運の女神は前髪だけってのと似てますかね。

   ああ、ほんとにこうしっくり来ない……でも、アウローラの歌が出来たから今回はこれで勘弁してやろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

踊らにゃ損

   日本で一番季節に敏感なのは流通なんじゃないでしょうか。秋風が立てば月見、お彼岸の打ち菓子をしまったらもうハロウィーン、めまぐるしいお店のしつらえの移り変わりに目を回してきましたが、11月中から既にミスターイトウのクッキーがサンタパッケージになって呆れて。

   12月になったらとうとう1日から、
   「今日からキャッシャーさんはこれを被って貰います!」って、サンタさんの赤い三角帽、白いファーとポンポン付きが貸与!
   わーい、と被ってレジに立ちました。
   「まあ、もうサンタさんなのね」と、奥様連中も好意的。
   「はーい」と前向きに前向きに対応してきました。

   今日なんか、古株の社員のおねえさん……たぶん小学生くらいのお嬢さん持ち、が、トナカイ(の角の)カチューシャをしてたので、さすがに目を剥いてしまいましたが。
   (……それってやっぱり私物ですかーって突っ込むべきかな、あのロッカーにワンピースの磁石コンプリートしてた方だから、もしかしてチョッパーのグッズなんだろうか)
   悶々としつつも、声を掛けられないおかあさんです。
   社員さんの、お若い方のひとが、
   「それってチョッパーなんですか? お客さんに痛々しいからやめろって突っ込まれますよ」なんて突っ込んでくれました。
   「浮かれてるんですって言い切っちゃう。チョッパー! ああそうか、チョッパー帽を被っちゃうって手もあったか!」
   「やめてくださいよ」云々と、かなり辛辣ながらも仲良くやってました。おかあさんもまざりたいよう。

   アルバイトちゃんたちには気軽に声を掛けられるんですけどね、ここんとこが長女気質なんだろうか。
   「若い子の方がやっぱ似合うねえ」なんて声を掛けてるんですが、今日、テスト中だったとかで、12月になってやっと初出勤になった子が、
   「ギャー! あたしも被るんですか!? マジ!?」とか言ってて、
   「何を言うんだ! 若いんだからこれぐらいいけるだろう! おばちゃんだって被ってるんだ! 飲み屋なんかでバイトしてみろ、帽子どころかミニスカサンタのコスプレだぞ! 大人しくかぶれ!」
   「やですー! あはははは」
   なんておっきな声でやってました。

   いや、こういうのはれーせーに見下してたってさみしいだけだから。
   ここは阿呆になって、踊らにゃ損、損♪  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

乙女心の受験生

   どうせ通えないんだから私立の受験はするだけ無駄とかほざいていた虎美ですが、いくら何でも併願校なしに受験に臨むのはチャレンジャーと言うことで、担任の先生にご紹介いただいたクランバハをネットで調べました。
   「最寄り駅は小田急線パシモン、徒歩12分!? そんなとこに学校あったっけ、どうしてしんけんゼミの併願校サーチで見つからなかったんだ!?」
   それは、神奈川と東京の国境線の入り交じってるところでした。そう、クランバハ女子学院の所在地は東京都町田市だったのです。もうね、ちょうど境目。
   でも、私学だから通えればどちらからも受験可能、案内には東京都立併願の場合と神奈川県立併願の場合と2本立てでタイムスケジュールが書いてありました。ナルホド。
   サイトの制服や学校の様子の画像を見ると、
   「制服可愛い! ここでもいい!」
   ……OTL。いまどきの女の子は!
   面接で、先生に、なんだかクランバハを滑り止めにしてもいい気持ちになってきましたとお伝えすると、先生ホッとした面持ちで、でも、前期流石、後期流石で盤石の布陣を指定されました。いやさ、お兄ちゃん今苦労してるから、できるんならもう少しいいとこ狙っておきたいのよ。
   「ですが、どうしても公立でないと困るのでしたら、後期は流石を押さえて置いた方が」ってさー。解るよ、でも、虎美ここで安全圏だと思ったら露骨に勉強しなくなるじゃん。
   「とりあえず、今週末学校説明会ありますから、絶対行ってきてください、ああいう私立の併願は、学校説明会くることが最低条件ですッ」
   土曜だったんですけど。
   虎美を恐る恐る送り出して、自分はお仕事行きました。
   これがまた、帰ってきた虎美、ごっきげんで、
   「クランバハ行きたい! すっごくよかった!」って。
   辻辻に案内の先生が立っておられて、道は間違いようもなく、ミッション系で、創立X周年記念があったところで、パシモンの駅を下りたらどこからでも見える大きな時計台ができたばかりでもうきれいでうっとり! だったそうです。そりゃ入学金20万も取ってればなあ。ケンちゃんのママにお尋ねしたら、この辺も結構クランバハ生多いそうで、
   「ああ、凄いところに修学旅行行くとかで、積み立て大変って聞いた」
   修学旅行はオーストラリアだそうで。うう~む。通わせられるか心配だこりゃ。
   でも、そんなに派手派手な感じの生徒もおらず、施設はきれいで、女子校だけに、監視カメラが20も付いていて、不審者対策はばっちり! と先生達胸を張っていたと虎美の報告。
   この期に及んで見学に行くのはほとんど居ないだろうと思って、心細さに途中で挫折して駅で立ち読みして帰ってくるんじゃないかと思ってたんですが、意外や、親子連れでいっぱいだったそうです。その中で一人で行ったもんだから、
   「一人で来たの? 偉いね」
   「合格できたらいいね」と、そこら中の職員さんからいいこいいこされたそうです。……よっぽど心細そうな顔をしていたのだろうか。
   「図書館も凄くて、『アニメージュ』がバックナンバーもみんな揃ってるって!」おまえは何を目的に行くのだ……。でも、行きたいと思う学校がこの期に及んででもできて良かったねと思わず抱きしめてしまいました。
   ……そんで学費はどうすんのよ。
   しっかり、特待生や奨学生の制度について聞き込んできた虎美でした。逞しいわ。

   それで、滑り止めの決まった虎美、しんけんゼミから秋の実力テストが帰ってきたら、また成績が上がっていて、「流石はもちろん、甘木も合格圏内」ってのを見て、その気になっちゃって。そりゃ、甘木なら中学校の裏だからおかあさんも安心だけどさ。あそこは一応全員4年生大学に入れるつもりでカリキュラム組んでるところだし。でも、内申が足りないので先生からはおすすめしないって言われてるし……ああ、悩ましいッ!

   そして、おかあさん腹をくくって、
   「ゲームを封印して全力でサポートするから甘木受けてみなさい」って言ってみたんだけど、
   「ええーっ、何を見てくれるわけ? いいって」
   虎美ちゃんもう入った気になっちゃってる!
   それをもうなだめすかして夕食後、二人してごろごろしながら書き取り。
   「そんなに言うなら母がおまえの漢字能力を見てやろう。ラノベのおかげでややこしい漢字の読みだけは出来るというなら書きもそれなりに出来るはずだ。
   恥ずかしい漢字の書き取りを試してやろう!」
   「ナニソレ」
   「第1問! 『いてつくやみのつめたさ』ッ」
   「イヤーッそんな恥ずかしい単語ッ」って既に「凍てつく」が書けません。
   「冷凍の『凍』ッ! 送りがなは『てつく』ッ」
   「第2問! 『てんさいしれいとう』」
   「キャーッ」
   「第3問! 『きこうし』、プリンスの方だ」
   「おかあさんヒント多すぎ」
   「こくさいじあい」
   「しょうたいせんしゅ」
   「こどくなたましい」
   「りだつ」
   「しつい」
   「こしょう」
   「かれいにふっかつ」
   「かみのりょういき」……
   ……結構書けない字も多くって、もう、
   「『てっけんせいさい』、それは鉄挙だろうがおバカッ!」

   ……やっぱり流石が似合いのレヴェルなのかも。
   そしてコートやバッグまで指定のクランバハ女子学院に、通わせることが出来るのでしょうか……。
   最終進路決定書の締め切りは水曜日です。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »